タグ:バレーボール

    1: 2019/09/30(月) 16:14:11.31 ID:JEXGxceG9
    バレーボール男子のワールドカップ(W杯)が10月1日に開幕するのを前に、
    スペシャルサポーターを務めるアイドルグループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん(27)と藤井流星さん(26)が30日、日本戦を中継する関西テレビで取材に応じ、
    「男子は迫力があり、つなぐバレーの女子とは違う魅力がある」などと、見どころを語った。

    29日まで行われた女子の試合を通じ、すっかり競技の魅力にとりつかれ、知識を深めたという2人。
    重岡さんが「バレーボールはチーム力が大事。
    選手たちの結束力を見ていると、見ている方も熱くなる」と語れば、
    藤井さんも「生中継もいいが、会場で見るともっと熱くなる」と話す。
     
    男子の注目選手については、重岡さんは西田有志選手を挙げ、「点を決めると、チームを鼓舞する選手がいる。西田選手はそういう面があり、
    日本の力になる」と期待を寄せると、藤井さんは女子代表の石川真佑選手の兄、
    祐希選手の名を挙げ「(真佑選手は)今大会のニューヒロイン。
    お兄さんの活躍に期待している」と話した。

    男子大会は10月15日まで。カンテレ系で午後7時(5日のみ午後7時6分)から、日本戦全11試合を生中継するほか、「フジテレビオンデマンド(FOD)」
    や民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」でも配信。
    BSフジでは、日本戦のハイライトや日本戦以外の強豪国の試合を中継する


    9/30(月) 14:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000534-san-spo

    【男子バレーW杯、1日に開幕 ジャニーズWESTの2人が見どころアピール】の続きを読む

    1: 2016/05/23(月) 16:52:07.64 ID:CAP_USER9
    21日、女子バレーボールがリオデジャネイロ五輪への出場を決めた。これにて4大会連続出場を達成したが、バレーといえばジャニーズタレント。
    4年に1度開催される『バレーボールワールドカップ』(FIVB World Cup)の大会サポーターに抜てきされたグループが、歌手デビューをはたし、
    デビュー曲が大会テーマソングに起用されるのが慣例になっているからだ。
    バレーとジャニーズ新人。その歴史をひも解くと……。

    突破口を開いたのは、95年のV6。テーマソングはデビュー曲の『MUSIC FOR THE PEOPLE』だ。
    メンバー最年少は、当時大阪の中学校に通っていた岡田准一。
    バレーの練習をする旨であまたのジャニーズJr.が集められ、右も左もわからない岡田がマジメに取り組んでいたため、最後の6人目に抜てきされた。

    その4年後、99年に誕生したのが嵐。デビュー曲の『A・RA・SHI』がテーマソングに起用された。
    大野智と二宮和也はすでに会社に辞意を伝えており、櫻井翔もバレー後に退所しようと決めていた。
    つまり、嵐5人のうち3人が、アイドル続行の意思がなかった。それが今では、日本を代表するスーパースターだ。

    03年にはNEWSが誕生。デビューシングル『NEWSニッポン』は、セブン-イレブン独占販売という異例な形が取られた。当時は9人。現在は4人。
    メンバーが半数を割るという、ある意味で希少価値の高いグループだ。
    脱退した森内貴寛は、歌手の森進一と森昌子の息子として注目されたが、加入直後に退所。
    現在は大人気ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル・Takaとして活躍している。

    その4年後の07年には、ジャニーズ史上最多グループ(10人)となるHey!Say!JUMPが誕生。
    全員が平成生まれというのが特色で、年少組のHey!Say!7とHey!Say!BESTによって構成された。
    大会テーマソングは、『Ultra Music Power』。横浜アリーナでの発表だった。

    対して、帝国劇場での記者会見直前に本人たちがデビューを聞かされたのは、11年のSexy Zone。
    デビュー曲は、嵐と同じくグループ名の『Sexy Zone』だ。
    昨年(15)もスペシャルナビゲーターを務め、ジャニーズ史上初の2期連続となった。

    4年に1度のバレーで、ジャニーズ新ユニットが誕生する。となれば、次は19年。東京五輪を翌年(20年)に控えたこの時期、どんな事変が起こるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1133764/
    2016.05.23 15:30 リアルライブ

    http://iikom.com/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/babo6.jpg
    http://www.fujitv.co.jp/sports/vabonet/photo/top_ichioshi.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=ESXVUCzhCes


    FNS歌謡祭2014 嵐 A.RA.SHI

    【バレーボールとジャニーズの歴史】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 12:58:29.02 ID:???*.net
    「社運をかけたイベント」らしい。バラエティーもドラマも軒並み惨敗中のフジテレビ。ドラマ「恋仲」は初回視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と「月9」史上初の1ケタ発進となり、
    「バイキング」や「直撃LIVEグッディ!」も低視聴率続きだ。

     そんな傷だらけのフジが“最後のとりで”として期待を寄せるのが、22日に開幕した「バレーボールW杯」。

    アイドルグループ「Sexy Zone」がスペシャルナビゲーターを務め、人気の高い中島健人(21)、佐藤勝利(18)、菊池風磨(20)の3人は日本戦全戦でテレビ中継の副音声を担当する。

     しかも、試合前にアイドルたちが歌う「コートパフォーマンス」がW杯では2大会8年ぶりに復活。

    “引き”の強いジャニーズを武器に再起を図ろうというフジの気迫が伝わってくる。が、必しになるあまり、内部からはこんな不満も聞こえてくる。

    「『Sexy Zone』の起用は、“W杯の前回大会でスペシャルサポーターを務めた実績が評価され、大会組織委員会から任命された”とされていますが、正直いって真逆。

    ジャニーズアイドルを起用していた当初から、“神聖なコートでアイドルが踊ったり歌ったりするのは不愉快”という意見がバレーファンの間で沸き起こっていました。

    それを考慮して、コートでのパフォーマンスをやめたのですが、今年になってフジテレビの方からバレーボール連盟に『どうしてもライブパフォーマンスをしたい』と頭を下げてきたそうです。

    にもかかわらず、フジが『ウチからお願いしたということは伏せていただきたい。連盟さんの方から提案があったという流れにした方が自然だと思います。アイドルが歌わないと、席も埋まらないから大変でしょ』と上から目線で言ってきたとか。
    これには連盟も怒り心頭だったそうです」(事情通)

     お願いする立場にもかかわらず、プライドを捨て切れないところにもフジ低迷の一因がありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000012-nkgendai-ent

    【「ジャニーズライブ」復活の裏事情『どうしてもライブパフォーマンスをしたい』】の続きを読む

    このページのトップヘ