タグ:ジャニーズJr.

    1: 2017/07/22(土) 11:17:20.06 ID:CAP_USER9
    1997年にKinKi Kidsが主演した連続ドラマのスペシャル版
    「ぼくらの勇気 未満都市2017」(後9・00)が21日に放送された。

    芸能界を引退した元ジャニーズジュニアの小原裕貴さん(37)が出演。
    インターネット上では「懐かしい!」「前と変わらずイケメン」とドラマファンが喜びを爆発させた。

    大人が死に絶えて子供だけになった街(幕原)で、
    暴力に対抗するヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)を描いた物語。
    スペシャル版では20年後の登場人物の新しい冒険を描いた。

    小原さんはヤマトが幕原に行くきっかけとなった親友キイチを熱演。
    「20年前の約束忘れたわけじゃないんだぜ」「(再会する約束の日は)クリスマスだっただろ。
    子どもが熱出したりしてさ」とヤマトと携帯電話で話す場面に登場した。

    芸能界引退から17年。久々のドラマ挑戦となったが、ブランクを感じさせない演技を見せた。

    インターネット上では「小原くんに感動」「伝説のジュニアだ!」
    「相変わらずイケメンだ」「歳の取り方が素敵」など“伝説のジュニア”と称された小原さんの
    “一夜限りの芸能界復帰”を喜ぶ声が集まった。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/21/kiji/20170721s00041000396000c.html

    【人気No.1だった元ジャニーズJr.が一夜限りの芸能界復帰にファン歓喜「相変わらずイケメン」「今一番熱い一般人」】の続きを読む

    1: 2017/06/01(木) 17:32:11.00
    週間ジャーナリズム@編集部 @syoan49
    リーク情報です。

    AKB小嶋真子さんとジャニーズJr.宮近海斗さん、同じく中村海人さんが一緒に誕生日パーティーをしているような写真を提供して頂きました。
    no title

    no title


    【【悲報】AKBの小嶋真子ジャニーズJr.と自宅誕生日パーティー】の続きを読む

    1: 2017/05/22(月) 18:00:28.17 ID:CAP_USER9
    週刊女性PRIME 5/22(月) 16:30配信

     元KAT-TUNの田口淳之介や田原俊彦など、元ジャニーズタレントのメジャー復帰が続くなかで、本家ジャニーズ事務所では信じがたい異変が起きていた。

    「今後は、Jr.のCDデビューがなくなるようです」(レコード会社関係者)

     4月上旬、Jr.のダンスレッスンの際に、ジャニー喜多川社長からの「お達し」が、ある人物から言い渡されたというのだ。

    「ファンにはおなじみの振付師・Sさんが“もうお前らはデビューできないから、もし進路に迷ったら相談してくれ”と言ったんです。Jr.の“CDデビュー”という形態を
    今後は取らない、という趣旨の言葉だとみられています」(ジャニーズ事務所関係者)

     つまり、今までのようにCDを出すグループが生まれなくなるということだ。とはいえ、Jr.には今も多くのグループが存在する。

    「ジャニーさんの“ユー、やっちゃいなよ”みたいな気まぐれで、増えすぎちゃったんですね。人気イベントの『ジャニーズ銀座』にも10グループくらい出演していて、
    デビュー組以上の人気を誇っているグループもあります」(前出・レコード会社関係者)

     なかでもダントツなのが『Mr.King』。そのメンバーの1人・平野紫耀はジャニー社長のいちばんのお気に入りだ。

    「そんな『Mr.King』が先日『ジャニーズ銀座』を卒業しました。もしかしたら、彼らがCDデビューの最後になるかもといわれています」(前出・レコード会社関係者)

     もちろん、CDデビューしなくても食べていけるJr.はいるという。

    「ライブの集客力が以前より増えていますし、また、ユニットなら先輩たちのコンサートツアーについていくことができ、収入が確保できますからね。逆に、
    ユニットに所属していないと苦しいのではないでしょうか」(芸能プロ幹部)

     事務所との契約関係においても、Jr.の立場は不安定だとされる。

     それだけに振付師のSさんも彼らの進路を心配して、気遣いを示したのだろう。

    「しかも、レッスンをしていたのは人気メンバー20~30人でした。すべてのJr.は“CDデビュー”を目指しているので、本人たちもそうとうにショックを受けていますよ。
    “いつジャニーズを辞めようか”という話も出ています。“Sさんのように振付師という道も……”という子もいます」(前出・ジャニーズ事務所関係者)

     インターネットでの音楽配信が盛んになるなか、ジャニーズはむしろCDを出すことにこだわってきたはずなのだが……。

    「オリコンで1位をとるのが難しくなってきているんです。ただ、ジャニーズは時代に逆行していて、最新のシステムに非常に弱いところがあるんです。

     先日も電子チケットのトラブルがあったり、いまだにWEBでの写真使用を禁止したりしてますからね。ですから、楽曲のネット配信についても体制が整うまで
    時間がかかるんじゃないでしょうか」(音楽誌記者)

     そんななか、堂本光一が『日経エンタテインメント』6月号のインタビューで注目の発言をしている。

    《個人的な本音としてはもう、配信は絶対積極的にやるべきだと思ってるんです。ただうちの事務所はネットに対して非常にお堅いので、ここは僕と
    意見が分かれるところなんですけど(笑)》

     その『日経エンタテインメント』元編集長の品田英雄氏は「CDのシステムは、利益がうまく確保できない時代になっている」としたうえで、

    「ジャニーズならファンがいくらでもCDを買ってくれるので、インディーズで作ってコンサート会場で売れば成り立つと思います。おそらくメジャーで出すのを
    やめるということなのかもしれませんね。

     流通コストもかからないし、在庫を抱えるリスクもないわけですから、今後は音楽配信の時代になっていくことは間違いないと思います」

     時代の変化もあいまって“CDデビュー打ち止め”もやむなしということなのだろうか。だが、その選択は事務所の未来にさらなる異変をもたらすという見方も。

    「中居(正広)クンの動きに注目しているJr.が増えているといいます。彼が“新事務所”などを作った場合、そこに行けばひょっとしたら舞祭組のように
    “CDデビュー”が叶うと考えているのでしょう。Jr.が大量脱退する日も近いかもしれません」(前出・芸能プロ幹部)

     SMAP独立騒動から始まった“激震”は、まだまだおさまりそうにない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00009690-jprime-ent

    【CDデビュー打ち止め”発言にジャニーズJr.らが将来を不安視】の続きを読む

    1: 2017/05/21(日)02:17:34 ID:o8n
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    しかも渋谷区代々木上原育ちのオボッチャマ
    これはさすがのお前らも認めるしかないんちゃう?

    【【リアル王子様】ジャニーズJr.の京本大我イケメンすぎwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/05/16(火)17:51:24 ID:Vsh
    受け付けるで

    【ジャニーズJr.やけど質問ある?】の続きを読む


    【【ジャニーズJr.】岩橋がうるさすぎて、岸と神宮寺に怒られるwww】の続きを読む

    1: 2017/04/30(日) 01:28:23.68 ID:CAP_USER9
    【嵐・ジャニーズJr./モデルプレス=4月28日】28日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金曜よる8時)では、嵐がゲスト出演。曲中のバックについたジャニーズJr.が話題を呼んでいる。

    総勢24人のジャニーズJr.が集結

    この日、嵐が歌唱したのは相葉雅紀が主演をつとめるフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」(毎週月曜よる9時)の主題歌「I'll be there」。大サビでは階段で、嵐のバックにジャニーズJr.が並び、息ぴったりの圧巻パフォーマンスを見せた。

    バックについていたのは、「MADE」の稲葉光、福士申樹、秋山大河、冨岡健翔、「Travis Japan」の川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日、「SixTONES」の高地優吾(※「高」は正式には「はしごだか」)、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎、「Love-tune」の安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、森田(※Travis Japanと兼任)、長妻怜央、諸星翔希、阿部顕嵐、そして森継亮太。総勢24人のジャニーズJr.が出演した。

    Jr.ファン絶叫!トレンドを独占の事態

    告知なしの突然のJr.の登場に、ファンからは「ちょ、待って、バックのJr.メンツやばくない!?」「ああああトラジャもいるううう」「ストが嵐様のバックに!すごすぎて震えた」「皆さん!このどセンターにいるのは長妻怜央です!!」「今日のMステ何?これは夢?」などSNS上で驚きと歓喜の声が殺到。

    また、Twitterでは「嵐のバック」「ジュニア」「トラジャ」「SixTONES」など関連ワードがトレンドを独占するほどの反響ぶりを見せていた。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1682814

    【嵐のバックに総勢24人のジャニーズJr.が集結! ファン歓喜の絶叫!】の続きを読む

    1: 2017/04/08(土) 21:51:42.25 ID:CAP_USER9
    4月7日から4月9日までさいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催されているコンサート「ジャニーズJr. 祭り」で4月8日、入場トラブルが発生したとの情報がTwitterで続々と報告されています。

     今回の公演で導入されていた「デジタルチケット」に不具合が発生し、開演時間が遅れたとのこと。騒動は広がり、14時ごろにはTwitterのトレンドにも「デジチケ」が入りました。

     現地のファンによると、会場で発券されたチケットに存在しない座席番号が印刷されるなどしている他、QRコードを読み取る機械が故障している、席がないチケットを持つ人たちには手書きのチケットが配られている、など情報が錯綜しています。

     今回のコンサートでは、チケットの高額転売対策によるものとみられる「デジタルチケット」が導入されていました。チケットが当選したファンにはQRコードを送信しており、座席は当日、現地に行くまで分かりません。また発券の際には身分証明書が必要で、入場時に本人確認を行うなど、徹底した対策が取られると期待されていました。

     これまでに嵐や関ジャニ∞、渋谷すばるソロコンサートなどでの導入実績もありましたが、ファンからは今回のデジタルチケット導入に対して「アクセス集中してデジチケ表示できないとかはさすがにないかな?」「デジチケ不安でしかない」「デジチケの仕組みがわかってなさすぎて不安!」など、心配の声があがっていました。

     また来場者の一部からは、チケットの返金が提案されているという情報や、開演が遅れていることについて、ジャニーズJr.の安井謙太郎さんから謝罪の言葉があったという情報も多数報告されており、「ファンの気持ち考えて返金って言ってるのか」「返金で済む問題じゃない。返金するなら交通費も払って。遠征組がかわいそう」「ファンとタレントをなんだと思ってんだよ事務所」「安井さんにごめんなさいって謝罪させた事許せないので事務所関係者一発殴らせてください」などと怒りの声があがっています。

    ●ファンからの怒りの声

     編集部がジャニーズ事務所に問い合わせたところ「スタッフの多くが現地に行っており、詳細な状況が把握できていない」とのこと。またさいたまスーパーアリーナのスタッフ側にも問い合わせましたが「現場対応中のため、どのような発表を行うか検討中」とのことでした。

     今回の公演は、Mr.KING、Prince、HiHi Jet、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Love-tune、Travis Japanなど人気Jr.たちが一堂に会するもので、5月3日には大阪城ホールでの公演も決定しており、今後の対応と対策に注目が集まっています。

    ねとらぼ 4/8(土) 16:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000024-it_nlab-sci

    【【ジャニーズJr. 祭り】デジタルチケットに不具合(?)混乱報告続々...「席がない」「手書きチケット配布」 】の続きを読む

    1: 2016/05/28(土) 22:58:01.77 ID:fa6qVFR2r
    今江大地(いまえだいち)
    生年月日:1995年11月6日
    星座:蠍座
    身長:156cm
    足のサイズ:25cm
    体重:48kg
    血液型:B型
    出身地:京都府

    周りがあきれるほどの筋肉バカ。腹筋もムキムキである。松竹座の舞台ではおいしい位置にいて、客を沸かせる。
    http://matome.naver.jp/odai/2137726399512783901

    【【ジャニーズJr.】今江大地くん(20)のプロフィールwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/02/12(日) 00:44:49.44 ID:CAP_USER9
     TBS系で放送されるスポーツエンターテインメント番組「SASUKE2017」の出場者が11日、発表され、1stステージが同局の横浜・緑山スタジオで行われた。

     突破が容易でない巨大なフィールドアスレチックなどに一般参加者から芸能人までさまざまな出演者が挑む同番組。この日発表された100人の参加者には、2014年の又地諒、川口朋広、15年の森本裕介ら歴代のファイナリストを始め、同局系「スポーツマンNO・1決定戦」でも常連の元体操選手・池谷直樹(43)や妻の声優・金田朋子の妊娠を発表したばかりの森渉(33)らアスリート系タレントの名前も。

     2015年に1stステージを突破したヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二(36)、3回目の出場となる同じく「ゴールデンボンバー」の喜矢武豊(31)やジャニーズの5人組グループ「A.B.C-Z」の塚田僚一(30)らが名を連ねた。

     また、同番組の総合演出を手掛ける乾雅人氏が自身のツイッターで9日に「あ、土曜日発表になりますが、ジャニーズからまた一人、SASUKEに出場します。ご推薦いただいたファンの皆さん、ありがとうございました」とつぶやいたことから、ジャニーズ・ファンの中ではこの1人が誰かが話題に。同局系「炎の体育会TV」(土曜・後7時)で人気となっている現在グループ活動を充電中の「KAT-TUN」の上田竜也(33)の予想もあったが、発表されたのはファンの予想にも挙げられたジャニーズJr.のユニット「Snow Man」の岩本照(ひかる、23)だった。

     フジテレビ系「モシモノふたり」(水曜・後9時)で筋力トレーニング風景を公開し、体脂肪4%台のカラダを披露していた岩本は、以前から「SASUKE」への出演を熱望していた“筋肉系ジャニーズ”。出場者が発表された後は「ひーくん、おめでとう」「岩本君、夢がかなったね」などの声が並び、ツイッターのトレンドランキングに「岩本」やニックネームである「ひーくん」がランクインするなどした。

     その他、女性ではアイドルユニット「バニラビーンズ」のレナ、グラビアアイドルの都丸紗也華(20)や今野杏南(27)らがエントリーされた。

    全文はソースで
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170211-OHT1T50218.html

    【「SASUKE」にA.B.C-Z塚田 ジャニーズJr.金爆・樽美酒も初参戦】の続きを読む

    このページのトップヘ