タグ:ジャニーズ

    1: 2017/09/02(土) 06:36:27.10 ID:As57DQ4D0
    長瀬定期

    【ジャニーズでガチでイケメンwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/02/28(火) 08:30:13.99 ID:Lh3widaV0
    なぜここまでジャニーズは楽曲に恵まれなくなってしまったのか?
    嵐のワンラブ以降記憶に残る曲がない…

    【ここ数年のジャニーズに心に残る曲がない件】の続きを読む

    1: 2017/11/24(金) 20:47:23.93 ID:CAP_USER9
    おみそかの「第68回NHK紅白歌合戦」にジャニーズ事務所のアイドルグループ・Hey! Say! JUMPが初出場する。

     同グループは、今年10周年のメモリアルイヤーだが、いまだに国民の誰もが知るような楽曲はない。メンバー全員の名前を言えるのもファンぐらいなのではないのだろうか。

     今年で5年連続出場となるSexy Zoneにしても、楽曲もメンバーの顔と名前もそこまで知れ渡っているわけではない。

    「他の事務所は、紅白に人気歌手を1人でも多く出すため、ジャニーズに何枠か枠を譲ってほしいと嘆いているようです」(レコード会社関係者)

     現役で活動するグループで唯一事務所名が付けられている「ジャニーズWEST」も大々的にデビューを果たしたが、そこまで大きな仕事はしていない。

     それでも、最近は、世界190ヶ国で配信される動画配信サイト・ Netflixオリジナルドラマ「炎の転校生REBORN」に出演。ジャニーズのタレントとして初めてネットドラマに出演したことで話題にはなったが…。

    「又吉直樹の芥川賞受賞作品『火花』をドラマ化してNetflixで配信したところそれほど話題にならなかった。そもそも、まず年配の人の目に触れることがない媒体のコンテンツですしね」(芸能記者)

     期待のグループがここまで伸び悩んでしまった理由とはなんなのか?

    「菅田将暉、山崎賢人、竹内涼真らジャニーズ以外のイケメン若手俳優が続々とデビュー。ジャニーズの若手が売れるきっかけになる作品に出演する機会が以前ほど恵まれなくなった。脇役でもいいから、話題になりそうな民放キー局のドラマや映画にどんどんねじ込んで顔と名前を売るべき」(同)

     ジャニーズが“戦略”を変更するとは思えないが、今後も幅をきかすことはできるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000012-reallive-ent

    【ジャニーズ期待のグループが伸び悩む理由とは?】の続きを読む

    1: 2017/11/24(金) 13:55:58.94 0
    紅白毎年最低5枠
    毎週のようにMステに出る
    バズリズムにも進出してきた
    大型音楽番組全部10組ぐらい出る
    自分の番組で新曲演奏してる(嵐)

    これだけ出ても曲もダンスも流行らない・・・

    こんなゴリ押しこの国じゃジャニーズだけ

    【ジャニーズが10年間ヒット曲出してないんだけど】の続きを読む

    1: 2017/11/23(木) 20:52:13.42 ID:aiJNFQpeH
    これは青春アミーゴ

    【ジャニーズ史上一番の名曲wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/11/19(日) 07:48:56.99 ID:CAP_USER9
    キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本「ジャニーズ映画」は惨敗続き
    11/19(日) 6:01配信
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11190601/?all=1
    no title

    来年はW主演で巻き返せるか?

    ■ ヒットは「忍びの国」と「関ヶ原」

     100億円超え! の謳い文句だった、キムタク主演「無限の住人」(4月29日公開)は10億円にも届かず、
    クリント・イーストウッドにも認められた“演技派”二宮和也主演「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(11月3日公開)は3位発進……どうした? ジャニーズ。
     ***
     昨年大晦日のSMAP解散から一夜明け、2017年のジャニーズの調子がおかしい。1月7日公開の年明け第1弾、Hey!  Say!  JUMPの中島裕翔主演「僕らのごはんは明日で待ってる」は初週トップ10にも入らず圏外スタートで始まった。
    ま、これは昨年、女優の吉田羊との7連泊愛の影響もあるかもしれないが、前述の通りキムタク、ニノをしても大ヒットには遠く及ばないのだ。

     映画評論家の北川れい子氏が言う。

    「ヒットしたと言えるのは、嵐の大野智主演『忍びの国』(7月1日公開)とV6の岡田准一主演『関ヶ原』(8月26日公開)くらいかしら。でも、『関ヶ原』は大作で、
    見ているのは歴史好きな中高年で、岡田クンが主役とは思えない作品でした。脂ののった役所広司に格の違いを見せつけられていましたからね。
    岡田くんの主演映画には『追憶』(5月6日公開)もありましたが、こちらも共演の小栗旬や柄本佑に喰われてパッとしませんでした。
    他には有村架純と嵐の松本潤が共演した『ナラタージュ』(10月7日公開)は話題になったのは有村のベッドシーン。広瀬すずと生田斗真の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)も
    『ナラタージュ』同様、教師と生徒が出来ちゃう映画。人気女優の双璧を持ってくるあたりはさすがですが、どうして似たような映画をこんなに短期間に公開するんでしょうねえ」

    ■ ジャニーズのタガが緩んだ

     ジャニーズに所属するタレントの出演するジャニーズ映画はザッと見回しただけでも今年1年で20本以上! ふた月に3本以上が公開される計算で、ジャニーズ映画同士で喰い合っているのが低調の原因との声も上がっている。

    「ホントに多いですよ。なんだか、自分の所のタレントを代わりばんこに使って、ストーリーよりも主役を目立たせたいというものばかり。それにジャニーズはキムタクを筆頭に高齢化が進んでいるようにも見えます。
    もちろん若い子がいるのも知っていますけど、映画なら同じ20代でも菅田将暉(24)や松坂桃李(29)など
    ジャニーズではやらないようなヤバい役をやる役者の方が見応えがありますからね。そういった流れも低調な理由かもしれません」(北川氏)

     SMAP騒動後のジャニーズに変化が起こり始めているというのは、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などの著書があるライターの矢野利裕氏だ。

    【【ジャニーズ映画】キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本惨敗続き】の続きを読む

    1: 2017/11/18(土) 11:05:48.73 ID:CAP_USER9
    空前のジャニーズJr.ブームが起こった90年代、彼らのダンスレッスン場はおもに六本木だった。
    レッスン終了後、一緒に帰っていたのが嵐の二宮和也と相葉雅紀、KAT-TUNの亀梨和也、風間俊介、山下智久だ。
    この5人には共通点があったからだ。
    アイドル事情に詳しい芸能ジャーナリストは言う。

    「実家住まいだった彼らは、総武線沿線に住んでいたんです。
    嵐になって“にのあい”と呼ばれているようになった当時、ニノは快速が停車する駅、相葉は各駅停車しか停まらない駅に住んでいました。
    2人だけでラーメンを食べて帰ったり、相葉のために二宮が鈍行電車に付き合ったり、とにかくイイ話が多いです」

    そんな相葉がかわいがっていたは、2歳年下の山下。総武線内で、優しさあふれる行動を見せていた。

    「山Pが降車する駅が近づいてくると、相葉は携帯電話で山Pのお母さんに電話をかけて『もうすぐ着きますから』と連絡を入れてあげていたんです。
    そもそもJr.には、先輩が後輩と行動をともにして、先輩のバックダンサーとして地方に行った際は、手をつないで事故を防ぐという決まり事があるんです。
    特に山Pは、入所時から美男子で注目されていた子。相葉くんが守っていたのもわかる気がします」(前出・芸能ジャーナリスト)

    そんな山下が、歌手デビュー前の亀梨と組んだ期間限定デュオ・修二と彰は、デビュー曲の「青春アミーゴ」がいきなりミリオンヒット。
    今年、およそ12年ぶりに亀と山Pとなって復活して、「背中越しのチャンス」をリリースすると、オリコン週間ランキングでトップに輝いている。
    いっぽう、役者の道に進んだ風間は、出演中の連ドラ「陸王」(TBS系)が好調な滑り出し。
    「チーム総武線」には、ダイヤの原石が詰まっていたのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1377054/
    2017.11.18 10:15 アサジョ

    no title

    no title

    【ジャニーズの帰宅仲間「チーム総武線」はダイヤの原石だらけだった】の続きを読む

    1: 2017/10/30(月) 00:09:09.42 0
    キスマイの北山には勝ってる自信ある

    5: 2017/10/30(月) 00:14:21.15 0
    このランキングだな!
    1位 草なぎ剛(SMAP)24.7%
    2位 北山宏光(Kis-My-Ft2)19.3%
    3位 横尾渉(Kis-My-Ft2、舞祭組)19.3%
    4位 宮田俊哉(Kis-My-Ft2、舞祭組)19.0%
    5位 城島茂(TOKIO)16.7%
    6位 丸山隆平(関ジャニ∞)15.3%
    7位 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)13.7%
    8位 村上信五(関ジャニ∞)13.3%
    9位 菊池風磨(Sexy Zone)12.7%
    10位 井ノ原快彦(V6)12.0%

    2: 2017/10/30(月) 00:10:35.77 0
    自撮りアップ

    3: 2017/10/30(月) 00:11:11.17 0
    山ピー 山田 中島健人 赤西 SMAP TOKIO には負ける でもそれ以外には勝ってるね

    【オタクは確かに不細工だけど、ジャニーズもほとんど不細工だよな。要はオシャレと雰囲気】の続きを読む

    1: 2017/11/03(金) 23:49:44.18
    no title

    no title


    乃木坂とも共演した時はスルーだったのに
    欅には食いつきが全然違う
    男は美少女を見たらお近づきになりたいと思うのはしゃーないw

    【ジャニーズさん、欅坂に反応してしまう】の続きを読む

    1: 2017/11/03(金) 21:16:24.54 ID:CAP_USER9
    「昨年はジャニーズ事務所から6組が出場しました。さらに白組司会も『嵐』の相葉雅紀だったので、7枠あったようなものです。
    白組司会はここ何年もジャニーズの所属タレントが続いています。
    視聴率は取れるのですが、もう少し枠を減らしてくれという紅白ファンからの意見もあります」(NHK関係者)

    昨年は嵐と『TOKIO』、『V6』、『関ジャニ∞』に加えて『Sexy Zone』も出場。さらにベテランの『KinKi Kids』も初出場を果たした。

    「ジャニーズが権勢を振るっていたのは、『SMAP』が存在していたからです。彼らが出場するしないで、これまでは視聴率や注目度に大きな差がありました。
    しかし、もうSMAPは解散し、NHKも下手に出る必要が無くなりました。いつまでも甘くする理由はありません」(同・関係者)

    そんな“空気”もあってか、今年はジャニーズにとって想定外の不幸があるかもしれない。

    「関ジャニ∞とSexy Zoneの連続出場は危ぶまれています。
    Sexy Zoneはジャニーズのなかでも音楽性が高いグループという位置付けなので、ジャニーズ事務所からの強い要望で昨年は出場しましたが、事情が変わりつつあるなかではどうなるか分かりません。
    一方で、関ジャニ∞はこれまでに紅白へ5回出場していますが、昨年の出場時の視聴率33.1%は全出場歌手中で最低です。
    もともとバラエティー番組を中心に活動しているグループであるため、落選の筆頭候補になっています
    とはいえ、ジャニーズはSexy Zoneと関ジャニ∞がだめでも次の若手を出場させろと強要します。
    それが難点です」(音楽ライター)

    ジャニーズ以外に落選しそうな出場者は…
    ジャニーズ以外にも不要だとされる出場者はいる。例えば『E-girls』だ。
    昨年の出場時視聴率33.6%は関ジャニに次ぐ下から2番目の数字だ。

    「ジャニーズの2組とE-girlsのほかには、『欅坂46』も落選候補に挙がっています。
    特定のファン層には好評でも、一般受けをしていないという判断です。
    また、過去に7回出場している『AAA』も、出場時視聴率が33.7%でと下から3番目でした。
    彼らは事務所の力で出ているのでしょうが、視聴者が見たいかは疑問と言わざるを得ません」(同・ライター)

    紅白歌合戦の人選は、謎に包まれている部分が多い。

    「和田アキ子が当たり前のように連続で出場していたころ、マスコミからの『なぜ和田か?』の問いに、NHKは独自アンケートの結果だと答えていました。
    和田はNHKが調べると好感度が高かったらしいのです」(同・ライター)

    まもなく今年の紅白歌合戦も発表があるだろうが、どんな出場メンバーになるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1372191/
    2017.11.03 10:30 まいじつ

    【紅白歌合戦「ジャニーズ枠大幅縮小」の見通し】の続きを読む

    このページのトップヘ