タグ:グランメゾン東京

    1: 2019/09/08(日) 16:41:31.24 ID:JYS6UPMA9
    10月スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で主演の木村拓哉(46才)が挑むのは、自身の慢心からすべてを失いながらも、世界最高の三つ星レストランを目指して立ち上がるシェフ。


    Kis-My-Ft2の玉森裕太(29才)との共演も話題だが、さらに大きな注目を集めているのが、クランクイン場所だ。

    世界最高峰のレストランが軒を連ねるフランス・パリの中でも、ミシュランの三つ星評価を受けているのは9店のみだが、
    撮影場所となった「ランブロワジー」は30年以上にわたって三つ星を獲得し続けている、世界でも希有なレストランなのだという。

    「同店でドラマ撮影が許されたのは、今回が世界で初めてのことです」(ドラマ制作スタッフ)

    ランブロワジーは「世界一予約が取りにくい」レストランとしても有名だ。


    「あまりに予約が取りにくいことから、“格式の高いホテルからでないと予約ができない”とか“流暢なフランス語でないと門前払いされる”といった噂が流れるほどです。
    過去にはとある日本の著名人がフランス大使館を通じて予約を取ろうとしたところ、“1か月前では無理”と断られたそうです。仮に予約が取れたとしても、かなりの常連にならないといい席には座れないとも聞いています。
    ちなみに料金は1人3万~4万円ほどです」(フランス在住のジャーナリスト)

    それほど格式の高い店だけに、撮影許可を得るのは“奇跡”に近いことだった。

    「もちろん最初は断られました。しかし、“ドラマが目指すもの”を切々と伝えるスタッフの料理に対する熱意が、ランブロワジーのシェフの心を動かした。それほどこのドラマは料理の描写に力を入れている。
    木村さんも、そんなスタッフの情熱に応えてくれています。ランブロワジーの花形である肉部門のシェフを務める日本人男性に、料理の手ほどきを受け、熱心に耳を傾けながら、撮影に臨んでいました」(テレビ局関係者)

    当然、フランス語のシーンも多いが、そこには力強い助っ人がいたという。

    「娘のKoki,さんは幼少期からインターナショナルスクールに通っていて、英語だけでなくフランス語も堪能。木村さんは出発前にKoki,さんのレッスンを受けていたそうです。
    また、月に1度パリを訪れているKoki,さんが木村さんを案内したという話があり、木村さんはプライベートの時間も楽しむことができたといいます」(前出・テレビ局関係者)

    ロケの合間には、こんな楽しみも。

    「共演する鈴木京香さん(51才)や沢村一樹さん(52才)たちと『ランブロワジー』で食事を楽しむことができたようです。特に鈴木さんは“ずっと来てみたかったお店”とあって、大興奮でしたね」(前出・テレビ局関係者)

    超高級三つ星レストランならではの雰囲気も、ドラマの大きな見所になりそうだ。

    ※女性セブン2019年9月19日号

    https://news.livedoor.com/article/detail/17050793/
    2019年9月8日 16時0分 NEWSポストセブン

    https://wine-kyokasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/L-Ambroisie.jpg
    https://guruyaku.jp/assets/img/restaurant_img/PAR00177/PAR00177_2.jpg
    https://stat.ameba.jp/user_images/20121017/15/kiramekipunch/b6/a9/j/o0640048012241337044.jpg
    https://pds.exblog.jp/pds/1/200604/27/51/e0074251_13231052.jpg

    【木村拓哉の新ドラマ、仏レストランの撮影許可得られた奇跡】の続きを読む

    1: 2019/08/30(金) 05:07:18.63 ID:rE5mCWnO9
    https://thetv.jp/news/detail/203155/

    10月スタートの木村拓哉主演ドラマ「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)が、フランス・パリでクランクイン。木村らキャスト陣のコメントが到着した。

    同ドラマは、己の慢心から店も仲間も全て失ってしまった型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)との出会いを通じて世界最高の三ツ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

    ◆最高峰のレストランで世界初のテレビドラマ撮影

    クランクインの舞台は、世界最高峰の味を誇り、パリで最も予約が取れないことでも有名な超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」。世界最高峰のレストランが軒を連ねる激戦区・パリの中でも、ミシュランに三つ星の評価を受ける店はわずか9店舗。中でもこの「ランブロワジー」は、その三つ星を20年以上獲得し続ける世界でも希少なレストランだ。

    「ランブロワジー」にテレビドラマのカメラが入ったのは、今回が世界初。日本のドラマ史上初の快挙とも言えるこの撮影は、ミシュランガイドの全面協力により実現した。

    そして、撮影交渉の際にこのドラマが目指すものについて熱く語ったスタッフの熱意と、それを聞き入れた「ランブロワジー」のシェフ、ベルナール・パコー氏の心意気も大きく、今回の撮影を許可したのは、スタッフの話を直接聞いて「(彼らは)信頼できるし、料理に対して真っすぐだ」と納得したことが大きかったという。

    また、木村も「ランブロワジー」での撮影が、自身にとっても作品にとっても貴重な体験だったと語る。

    中でも、「ランブロワジー」で花形である肉の部門シェフを務める日本人男性・吉冨力良氏との出会いは印象深かったようだ。弱冠23歳で単身フランスに渡り、現在は世界最高峰の三つ星レストランで腕を磨く吉冨氏の生き様や料理に対する姿勢に感銘を受け、撮影の合間にも進んで厨房に立ち、料理の演技に関して手ほどきを受ける他、料理に関するあらゆる知識の指導も受けた木村。

    さらに木村は撮影初日、塚原あゆ子監督に、ファーストシーンでいまパリで流行している“あるモノ”を使って登場するアイデアを提案する場面も。

    ◆鈴木京香、沢村一樹も参加

    今回パリで撮影されたのは、尾花がパリに自分の店を持ち二つ星を獲得していた頃のシーンと、重大事件によってその座を追われ、店も仲間も全て失いどん底まで転落した尾花が、倫子と出会うシーン。

    さらに、かつて尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・京野陸太郎を演じる沢村一樹も、パリで撮影を行った。彼に経営を任せていたはずの尾花がなぜ店を失うことになったのか、その秘密が明らかになる非常に重要なシーンとなっている。

    なお、今回のパリでのロケの模様は、9月1日(日)放送の「ノーサイド・ゲーム」(毎週日曜夜9:00-9:54)第8話から解禁となる「グランメゾン東京」の予告映像で見ることできる。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    日曜劇場「グランメゾン東京」
    10月スタート
    毎週日曜夜9:00-9:54
    TBS系で放送

    【キムタク、主演ドラマがパリの三ツ星レストランで撮入「絶対、面白いものにします!」】の続きを読む

    1: 2019/08/19(月) 05:04:04.62 ID:kKcUqmjm9
    キスマイ玉森裕太、木村拓哉と日曜劇場枠で初共演へ
    [2019年8月19日4時0分]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908180000766.html

    TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主演する木村拓哉
    no title

    TBS系ドラマ「グランメゾン東京」への出演が決定した、左から玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹
    no title



    木村拓哉(46)主演の10月期TBS系日曜劇場枠連続ドラマのタイトルが、「グランメゾン東京」(日曜午後9時)に決定したことが18日、分かった。

    同作での木村の役どころは、パリで開店したフランス料理店で2つ星を獲得するが、慢心や事件によって店も仲間も失ってしまった天才シェフの尾花夏樹。鈴木京香(51)演じる早見倫子と出会い、3つ星レストラン「グランメゾン東京」を作ろうと奮闘する姿を描く大人の青春ストーリーだ。

    また、Kis-My-Ft2玉森裕太(29)尾上菊之助(42)及川光博(49)沢村一樹(52)の出演も決定した。玉森はかつて尾花の部下として働き、現在は一流ホテルの料理長の平古祥平役。ジャニーズ事務所の先輩、木村とは初共演で「緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。木村さんとは現場に入ってからたくさんお話しする機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います」とコメントした。


    (おわり)

    【キスマイ玉森裕太、木村拓哉と日曜劇場「グランメゾン東京」で初共演へ】の続きを読む

    このページのトップヘ