タグ:キンプリ

    1: 2018/09/07(金) 17:00:15.84 ID:V9YfS26fa
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    勘違い野郎

    【【悲報】ZIPでジャニーズがスーツアクターに弟子入りするも子供達の前でマスク外して顔出し】の続きを読む

    1: 2018/08/31(金) 05:24:52.00 ID:CAP_USER9
    2018年8月31日5時0分 スポーツ報知
    キンプリ高橋、神宮寺、岩橋が10月から日テレ系連続ドラマでトリプル主演

     6人組アイドルグループ「King&Prince」の高橋海人(19)、神宮寺勇太(20)、岩橋玄樹(21)が、日本テレビ系連続ドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(10月22日スタート、月曜・深夜0時59分)にトリプル主演することが30日、分かった。同名コミックを原作にしたコメディーで、3人は連ドラ初主演となる。

     今、最も勢いある新人グループの3人が連ドラ主演の座を射止めた。グループは、5月にジャニーズ事務所で4年ぶりのCDデビューを果たし、デビュー曲「シンデレラガール」は初週で歴代2位の57・7万枚を売り上げた。高橋はドラマ出演も初めてだが、昨年9月に当時「Mr.KING」の1人として東京・帝国劇場でジャニーズJr.だけの1か月公演「ジャニーズ YOU&ME アイランド」を成功に導いた。今作に「プレッシャーも大きいですけど、頂いたチャンス。いい形で爪痕を残せれば」と力を込めた。

     グループでは平野紫耀(21)がデビュー前から映画「ういらぶ。」(11月9日公開)など主演2本が決まるなど、特に高い人気を誇る。3人も今作をきっかけに、グループ人気をさらに押し上げるべく、岩橋は「いい意味で僕たち『King―』のギャップを見せられるようなドラマ」と反響を期待した。

     ドラマは高校生サッカー部員3人組を主人公に、部活をサボることしか考えていないリアル部活男子の姿を描く。神宮寺は「高校生の時の懐かしかった感情を『でも、そういうのあるよね』って笑ってもらえたり、感じていただけたら」と思いをはせた。

     ◆主題歌は新曲 ドラマ主題歌は、6人が歌う2ndシングル「Memorial」(10月10日発売)が起用されることも決まった。デビュー曲は平野が出演したTBS系連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌を務めており、2作連続のドラマ主題歌。カップリングは、開催中のツアーで披露している新曲3曲を候補にファン投票で決定。ファンを巻き込んで、70万枚を突破したデビュー曲超えを目指す。


    連ドラ初主演が決まったKing&Princeの(左から)岩橋玄樹、高橋海人、神宮寺勇太
    no title


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180830-OHT1T50300.html

    【キンプリ高橋、神宮寺、岩橋が10月から日テレ系連続ドラマでトリプル主演】の続きを読む

    1: 2018/08/11(土) 05:03:13.78 ID:CAP_USER9
    8/11(土) 5:00 スポニチアネックス
    キンプリ“王道第一歩” 初の全国ツアー ジャニー社長「間違いなく一時代築く」

     5月にデビューしたジャニーズ事務所の6人組「King&Prince」の初の全国ツアーが10日、横浜アリーナで開幕した。

     デビュー曲「シンデレラガール」は売り上げ70万枚を超えて大ヒット中。いずれ劣らぬ美形ぞろいで“ジャニーズの王道アイドル”との呼び声高いトップスター候補。公演を見届けたジャニー喜多川社長が「間違いなく一時代を築く」と断言する中、“王道の第一歩”を堂々のステージで踏み出した。

     登場から規格外だった。宝箱のような宙づりのゴンドラが下降しながら開くと、それぞれのカラーの玉座に鎮座した6人が登場。メンバーがジャニー社長の助言を仰ぎ、スタッフと決めた華やかでゴージャスな演出にファンからは悲鳴にも似た歓声が起きた。

     元は別々の3人組だったがデビュー決定時に合体。開演前の取材に、初代リーダー岸優太(22)は「気合の表れ」と大きく刈り上げた髪形で現れ「6人でツアーを回らせていただく感謝を毎公演込めたい」と話した。

     6人になって個性がより際立ち、輝きも増した。永瀬廉(19)は「(6人体制が)ハマってるなと我ながら思うときがある」と特別なオーラを自覚。TBSドラマ「花のち晴れ」に主演した平野紫耀(21)は「6人になってからの強さ、勢いを感じてほしい」と力を込めた。

     「ジャニーズが築いてきたエンターテインメントの歴史に、キンプリの名を刻めることは誇らしい」と岩橋玄樹(21)は感無量。高橋海人(19)は「年を重ね、ジャニーさんの期待に応えたい」と話した。この日は、10月10日に2枚目のシングルを発売することも発表。NHK紅白歌合戦への意欲を聞かれた神宮寺勇太(20)は「声が掛かるならばぜひ」。6人の前には無限の可能性が広がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000165-spnannex-ent

    【キンプリ“王道第一歩” 初の全国ツアー ジャニー社長「間違いなく一時代築く」】の続きを読む

    1: 2018/08/03(金) 13:12:54.59
    オリコンの6月末までの上半期音楽ランキングによると、シングルTOP10 は、以下のような楽曲が並ぶ。

     1位 「Teacher Teacher」 AKB48
     2位 「シンクロニシティ」 乃木坂46
     3位 「ジャーバージャ」 AKB48
     4位 「ガラスを割れ!」 欅坂46
     5位 「シンデレラガール」 King & Prince
     6位 「Find The Answer」 嵐
     7位 「無意識の色」 SKE48
     8位 「Candy Pop」 TWICE
     9位 「Wake Me Up」 TWICE
     10位 「ワロタピーポー」 NMB48

    「10曲のうち多くの人が、“あ、知ってる” と思えるのが、ドコモのCMで流れまくっている欅坂46の『ガラスを割れ!』と、
     King & Princeの平野紫耀主演ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で、主題歌も担当した『シンデレラガール』のサビ部分といったところでしょうか。

     ランキングを見ればわかると思うのですが、今のところ小学生から中高年がわかるような、いわゆる“国民的ヒット”がないんです」

     と、ある芸能記者は言う。

    「AKB48だって、この季節、盆踊りの曲によく使われる『恋するフォーチュンクッキー』が2013年、朝ドラの主題歌だった『365日の紙飛行機』が2015年。
     それ以降の曲は、枚数こそミリオンを記録しますが、万人が“知ってる”、“聞いたことある” というレベルまで達していないのではないでしょうか。」

    AKB48が1位でも、今年上半期の歌&芸人に「国民的ヒット」がないウラ事情
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00012996-jprime-ent

    【週刊誌「2018年上半期TOP10でAKBが1位でも、多くの人が知ってる曲は欅坂のガラスを割れ!とキンプリのシンデレラガールだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ