タグ:キンプリ

    1: 2019/03/31(日) 19:33:29.73 ID:bTQaEeGb9
    2016年の大みそかにSMAPが解散して以降、ジャニーズ事務所のタレントに問題が続出している。
    不祥事や病気療養、解雇や退所ほか、これまでなら大事にならなかったであろうニュースが、ポロポロとこぼれ落ちるように報じられている。

    そこで同社は悪しきイメージを一新すべく、昨年8月、会社組織を刷新。コーポレートサイトをオープンした。
    これを当のタレントも歓迎しているという。その理由が社員食堂の新設と無料奉仕だという。

    「社員食堂は和食、洋食ほか多国籍料理があるそうです。タレントはどれだけ食べてもタダ。
    オープンした昨年8月には、Kis-My-Ft2の北山宏光と宮田俊哉、風間俊介、Hey!Say!JUMPの中島裕翔、King & Princeの岩橋玄樹、長谷川純が偶然にも同じ時間に集い、一緒に食事をしたとか。
    宮田はラジオで4回も足を運んだと明かしています」(スポーツ紙芸能記者)

    所属タレントでも、この食堂を使用するには条件がある。オフィスエリアに入室するための入館許可証を提示しなければならないのだ。
    タレントはすでに、このパスを手に入れており、入口の警備員に見せて入館する。しかし、スムーズにいかないことが多いようだ。

    「北山は今でもしょっちゅう止められるそう。宮田は必ず止められると自覚しているので、直前にパスを首からぶら下げているといいます。
    そのパスをすでに紛失してしまったのは、玉森裕太。彼はほとんど事務所に行かないため、問題ないそうです」(前出・スポーツ紙芸能記者)

    そんなキスマイの北山は最近、衝撃の事実を知らされている。

    「北山が昨年デビューしたばかりの後輩のキンプリに『また下で止められた』と愚痴ると、『えっ、そうなんっすか。僕はぜんぜん、1回も止められたことないです』といつもスルーできていることを知らされたんです。
    キスマイとキンプリの差を知って、北山はヘコんだとか」(前出・スポーツ紙芸能記者)

    昨年から今年にかけてのキンプリの追い上げは、先輩ジャニーズにとっても驚きだったようだ。今春、再び5大ドームツアーを行うキスマイでもそれは同じだ。そこで突きつけられた、警備員からの手荒い仕打ち。
    キンプリはOKで、キスマイはNG。残酷すぎる実情だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16246030/
    2019年3月31日 18時14分 アサジョ

    【キンプリはOKでキスマイはNG!北山宏光が愕然とした“扱いの差”】の続きを読む

    1: 2019/03/21(木) 14:01:09.25 ID:YJeJ6kva9
    TBS系「CDTV」春の特番となる「CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2019」が3月21日(木・祝)今夜、3時間にわたり生放送。超人気アーティストが集結、この春新たな門出を迎える卒業生に向けスペシャルライブを開催する。

    今回が3度目となる本企画、今年は「卒業の季節にアーティストから歌の贈り物」をテーマにいまの音楽シーンを代表する9組の超人気アーティストが出演。

    スタジオでの歌唱はもちろん学校など卒業生のもとへと出演アーティストがサプライズ訪問、忘れられない思い出を共に作っていく。もちろん卒業生だけでなく、かつて卒業生だった視聴者も“卒業した頃”を思い出せる、様々な年代に向けた「珠玉の卒業ソング集」を懐かしのVTRと共にお届けする。

    出演アーティストは昨年も「Teacher Teacher」をはじめリリースした楽曲が軒並み大ヒット、ヒットチャートを席巻した「AKB48」。

    昨年はアルバム「Yummy!!」などをリリースし自身初の5大ドームツアー「Yummy!! you&me」を敢行、大成功を収めた「Kis-My-Ft2」。

    昨年春から放送されたメンバーの平野紫耀主演ドラマ「花のち晴れ」の主題歌「シンデレラガール」がメガヒット、ドラマと共に一大ブームを巻き起こした「King&Prince」。

    メンバーの佐藤勝利主演ドラマ「Missデビル」の主題歌となった「イノセントデイズ」などをヒットさせ、6度目の紅白出場も果たした「Sexy Zone」。

    昨年6月リリースの29thシングル「U.S.A.」が大ブームを巻き起こしMV再生回数が1億回を突破、16年ぶりに紅白出場し大復活を遂げた「DA PUMP」。

    音楽活動はもちろん、バラエティでの“スイーツ大好きキャラ”でそのタレント性にも大きな注目が集まった「Toshl」。

    昨年明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場で2会場間を往来しながら同時コンサートを開催、レコード大賞2連覇を果たすなどさらなる進化を続ける「乃木坂46」。

    昨秋クールのTBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」主題歌「オールドファッション」と先日放送が終了したばかりのTBS系火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」主題歌「HAPPY BIRTHDAY」で、改めて楽曲の魅力に惹かれるファンが急増した「back number」。

    この2月に日本武道館2Daysコンサートを開催した「Little Glee Monster」は卒業生たちとともに定番卒業ソング「旅立ちの日に」を大合唱する特別企画を実施する。

    この9組の超人気アーティストが“驚き”と“感動”、“音楽”の詰まった卒業シーズンを彩る3時間の音楽の祭典「CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2019」は3月21日(木・祝)今夜20時~TBS系で生放送。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000004-cine-movi

    【キンプリ&乃木坂46&back numberら9組が集結「CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2019」】の続きを読む

    1: 2019/03/11(月) 14:10:06.62 ID:UolSafUm9
    毎年夏恒例のテレビ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)をめぐり、今年のメインパーソナリティーに人気ジャニーズグループ、
    King&Prince(キンプリ)が“内定”したと3月5日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。
    さらに、同番組内ではパニック障害で療養中のキンプリメンバー、岩橋玄樹の復帰企画も予定されていると1月に東京スポーツが報じているが、テレビ局関係者が語る。

    「キンプリという名前を聞いても、大部分の人にとってはピンとこないかもしれませんが、
    昨年発売されたデビュー曲『シンデレラガール』が70万枚近くの売上を記録するヒットとなるなど、
    デビューからわずか1年足らずでその人気はKis-My-Ft2(キスマイ)や昨年の『24時間』でメインパーソナリティーを務めたSexy Zone(セクゾ)ら先輩の若手ジャニーズグループを凌ぐ勢い。
    今年の『24時間』は、毎年メイン会場として使用されてきた日本武道館から場所を移して行われますが、十分に大きな会場を満員にする力を持っています」(週刊誌記者)

    では、すでに報じられているとおり、今年のメインパーソナリティーはキンプリで決まっているのだろうか。
    「キンプリの方向で一時はほぼ内定といえる状況だったことは間違いありませんが、ここへきて問題が浮上しているようです」と明かすのはテレビ局関係者だ。

    「日テレのある番組内でキンプリが出演したコーナー内で“粗相”が起こり、『24時間』のメインスポンサーとなる某大企業の機嫌を損ねてしまったのです。
    粗相の原因は、どちらかといえばキンプリではなく日テレ側にあるのですが、そのスポンサー企業がキンプリをメインパーソナリティーに起用することに難色を示しているというのです」

    つまり、キンプリ内定が“キャンセル”される可能性もあるということだろうか。

    「現在日テレ内では、キンプリ以外にもセクゾや、1月に来年いっぱいでの活動休止を発表した嵐の名前まで候補として挙げられ、検討が進められているようです。
    ただ、セクゾだと昨年から2年連続となるので、いまいち代わり映えせず、嵐になれば人気も話題性も十分ですが、『紅白歌合戦』(NHK)の司会ですらメンバーがソロで務めるほどの“大物”。
    さすがにメンバー全員を長時間にわたり拘束するのは難しい。ということで、今はまだ流動的といえる状況のようです」(別のテレビ局関係者)

    ちなみに『24時間テレビ』のメインパーソナリティーは2003年以降、昨年まで16年連続でジャニーズタレントが務めているが、
    「完全にジャニーズ枠なので、ジャニタレが一人も選ばれないという可能性はない」(同)という。正式発表が待たれるところである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725864/
    2019.03.10 19:00 ビジネスジャーナル

    【『24時間』メイン、キンプリ内定取り消しの可能性浮上か…某大物グループも候補か 】の続きを読む

    1: 2019/02/17(日) 17:49:24.94 ID:2GUaI5Ix9
    パニック障害の治療に専念していた6人組「King&Prince」の岩橋玄樹(22)が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」から活動を再開することが17日、所属のジャニーズ事務所から発表された。岩橋のコメント全文は以下の通り。

     休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきましてありがとうございます。

     皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

     改めて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開することになりました。まずは、今回、活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

     すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています。今は焦るときではないと一日一日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

     また、今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服してもどってきます。

     ファンの皆さま、いつも変わらぬご声援をいただき、ありがとうございます。これからもKing&Princeをよろしくお願いします。

     2019年2月17日

     King&Prince

     岩橋玄樹

    2/17(日) 17:32配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000132-sph-ent

    【【キンプリ】岩橋玄樹「必ずパニック障害を克服してもどってきます」…コメント全文 】の続きを読む

    1: 2019/02/17(日) 17:40:38.91 ID:A0jtUyc39
     ジャニーズ事務所は17日、パニック障害の治療で休養している「King&Prince」の岩崎玄樹(22)が、同グループの3枚目のシングル
    「君を待ってる」(3月20日発売)で芸能活動を一部再開すると発表した。

     発表によると、医師の見解を踏まえ、岩崎の状態とパニック障害の性質を第一に考えたこと、約3か月にわたって仕事から完全に離れていたことなどを
    考慮し「段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させる」ことになったという。

     岩崎も復帰にあたってメッセージを寄せた。以下全文。

     休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきまして
    ありがとうございます。

     皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

     改めて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開することになりました。まずは、今回、活動を再開することができたのは、待っていて
    くださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

     すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています。
    今は焦るときではないと一日一日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

     また、今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで
    活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ず
    パニック障害を克服して戻ってきます。

     ファンの皆さま、いつも変わらぬご声援をいただき、ありがとうございます。これからもKing&Princeをよろしくお願いします。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000011-tospoweb-ent

    【【キンプリ】岩橋玄樹が芸能活動一部再開へ!】の続きを読む

    1: 2019/01/31(木) 08:06:47.65 ID:AdZCg4ra9
    2020年末をもって活動を休止するというアイドルグループ・嵐の発表には、当然、同じジャニーズ事務所に所属するタレントたちにも衝撃を与え、
    事前に連絡があったという後輩であるKAT-TUNの亀梨和也も「驚きというか、鳥肌が立った」と表現をしている。

    SMAPなきあと、まさにジャニーズの先頭に立って、テレビにおいても“いつも出ていて当然”という5人だっただけに、改めて嵐の存在の大きさに気付かされた人も多いことだろう。

    ところが、同じジャニーズのグループを応援しながらも、嵐の活動休止について、あたかも“歓迎”するかのような声があがっているという。

    「昨年5月にデビューしたジャニーズの6人組若手グループ『King & Prince』の一部ファンです。SNS上には『嵐の後はキンプリの時代だ』
    『世代交代待ったなしだね』などといった挑発的なツイートを投下、嵐ファンの神経を逆なでしています。
    確かに、キンプリの勢いには目を見張るものがありますが、彼らの躍進には、嵐を始めとしたジャニーズの先輩たちが作り上げた“道”があってのこと。
    そういった思いがある嵐ファンがいい気がするわけありませんから、ネット上にはティアラ(King & Princeのファン総称)VSアラシック(嵐のファン総称)の構図が出来上がってしまっています」(エンタメ誌ライター)

    一部のキンプリファンが、ここまで嵐を目の敵にするようになったのには、あるきっかけがあったという。
    前出のエンタメ誌ライターが説明する。

    「昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』に、キンプリは初出場を果たしていますが、現在休養中の岩橋玄樹が不在だったため、5人での初出場となりました。
    そんなキンプリのパフォーマンス前のトークで、嵐の松本潤が『僕らも5人なんで、みんなで緊張を楽しみながらやった記憶がありますね』と、
    キンプリも自分たちと同じ5人組グループだと言っているように受け取れるような発言をしたんです。これについて、一部キンプリファンは『失礼過ぎる』と松本を批判しました。
    松本としては、5人という部分に深い意味合いはなく、メンバーたちがいてくれたから心強かったと言いたかったのでしょうが、それを曲解した過激なファンは、ずっと根に持っているというわけです」

    嵐ファンも事態が事態だけに、今回のキンプリファンからの心無い声には敏感になってしまっている部分があるだろう。一部のファン同士で、SNS上の争いが勃発してしまったようだ。

    当人である嵐が、キンプリに道しるべを示したように、嵐のファンたちも、キンプリのファンたちに“憎しみのない応援”なるものを示してあげたほうがいいのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15952097/
    2019年1月31日 7時15分 アサジョ

    【ファンはやはり根に持っていた!?嵐、活動休止発表に「キンプリの時代」の声】の続きを読む

    1: 2019/01/28(月) 18:27:06.26 ID:kNJiH+1F9
    突然の活動休止発表から1夜。2020年末までまだ2年の時間があるとはいえ、
    「嵐」の活動休止の衝撃は列島を駆け巡り続けている。そ
    んな中、嵐のファンと「King & Prince」のファンの間で抗争が勃発している。

    共にジャニーズ事務所所属の両グループだが、2019年1月27日夕の嵐の活動休止発表直後から、
    ネット上には「嵐の後はキンプリの時代じゃーーーーー!」など、
    一部のKing & Princeのファンの雄叫びがツイッター上を中心に続々。

    「世代交代していかないとジャニーズも大変よね」と、King & Princeの時代到来は必然とする声も上がっている。
    しかし、これに対し、嵐ファンから猛烈な反論が上がり始めた。

    嵐ファンからは怒りの声が続出

    一部のKing & Princeファンからの挑発的なツイートに対し、
    嵐ファンからは、「嵐兄さんが活動休止になるからキンプリの時代?? んなわけねーだろ」といった猛抗議が続々。
    「キンプリの時代? ふざけんなそんなこと言ってるティアラ(※注・King & Princeのファン)が
    キンプリのイメージ悪くしてるんだよ」との苦言も上がっている。

    また、拡大する争いに対しては、

    「私はティアラだけど嵐活動休止後キンプリの時代が来るなんて言って喜んでいる人は不謹慎すぎるし、
    嵐が居なくなったからキンプリの時代っていうのは素直に喜べないな」
    と、自制を呼びかける声も上がり始めているが、双方のなじり合いを止めるには至っていない。

    そんな中、今後の争いの火種になりそうなのが、嵐ファンの中でも「狂信的」とされる「アラシック」だ。

    「アラシック」と「ティアラ」

    デビュー20周年を記念した「ARASHI Anniversary Tour5×20」の予定総動員数は237万5000人に達するなど
    根強いファンを持つことで知られる嵐。その中でも特に熱心とされる層は「アラシック」と呼ばれているが、
    時折、その熱心さが周囲への迷惑行為となって現れることがある。

    コンサートのたびに散見されるのが、メンバーの顔写真がプリントされた団扇を路上に並べ、
    それに向かって土下座をしたり、駅の中に貼られた嵐のポスターに対し、やはり祈りを捧げる「儀式」を行ったりする人たちだ。

    これらの行為は当然ながら通行を妨害することになるため、コンサート会場を通る人々からは迷惑行為として認識されている。
    また、ジャニーズのほかのグループに対して嵐の優位性を説くなどするため、
    ネット上ではそのつど論争を巻き起こすことでも知られる。

    嵐が実際に活動を休止する2020年末まで、「アラシック」と「ティアラ」の応援合戦は続きそうだ。

    https://www.j-cast.com/2019/01/28348996.html?p=all

    【嵐の活動休止で抗争勃発…アラシックvsティアラ 】の続きを読む

    このページのトップヘ