タグ:キムタク

    1: 2017/07/14(金) 17:05:15.72 ID:CAP_USER9
     独立すると目されていた中居正広(44)が一転、事務所残留を決めたことで、
    心中穏やかでない人がいる。木村拓哉(44)だ。木村がいち早く事務所残留を
    決めたことが、解散の遠因となったとされる。それでも木村は幹部候補に名を連ねることに。
    しかし中居の決断でそれも揺らぎ始めているという。木村の焦燥は募るばかりだ。

     今秋の契約更改を前に、“独立派”と目されていた中居が事務所残留を決めたニュースは
    大きな話題となった。

     「もともと中居は一昨年に行われたジャニー喜多川社長の誕生日会にも顔を出すなど、
    SMAPの中でも、ジャニーズ愛が強いほう。とはいえ、稲垣(吾郎)や草なぎ(剛)、
    香取(慎吾)とともに独立すると見られていたし、実際にそうした動きがあったのも
    確かなだけに驚きました」とは芸能リポーター。

     中居の残留の背景には自身が出演するテレビ番組のスタッフへの配慮や将来的な
    社内独立の狙いがあるとされているが、「紆余曲折あったとはいえ、億単位の収入を
    もたらす稼ぎ頭の中居が残留したことは、事務所サイドも高く評価しているようです。
    近藤真彦や東山紀之、滝沢秀明らとともに一躍、幹部候補生の仲間入りを果たしたとも
    言われています」(同芸能リポーター)

     だが、こうした中居の動きに不信感を募らせているのが木村だという。

     「木村からしてみれば、真っ先に残留を表明したことで“裏切り者”よばわりまで
    されたのに、中居ばかり高く評価されたのではたまったものではない。最近公開された
    主演映画『無限の住人』は伸び悩みましたが俳優としての実績もありますしね。
    最近の中居への厚遇ぶりを見ると、忸怩たる思いもあるでしょう」と別の
    芸能プロダクションマネジャー。

     さらに、その矛先はジャニーズ事務所にも向いているという。木村は先月20日、
    東京・調布市の都道を運転中、バイクと車計3台の玉突き事故を起こした。幸いにも
    ケガ人はなく、「考えごとをしていてブレーキを緩めてしまった」との木村の言葉が多くの
    メディアで報じられた。

     しかし「2001年に稲垣が道路交通法違反などの容疑で逮捕された際、
    多くのメディアが容疑者呼称ではなく、“稲垣メンバー”と報じたのは有名な話ですが、
    全盛期なら、ここまで大きく報じられることはなかったでしょうから。今後も
    考えごとが増えそうですね」(前出の芸能リポーター)

     果たして、木村の巻き返しはあるのか。

    夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000002-ykf-ent

    【キムタク、中居正広の“厚遇ぶり”にいらだち 自分は“裏切り者”よばわりまでされたのになぜ…】の続きを読む


    【【関ジャニ】メンバーが選ぶ一番ロマンチックなプロポーズをしそうなメンバー】の続きを読む

    1: 2017/07/09(日) 20:56:36.17 ID:1nT8XJrA0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
    元SMAPの木村拓哉(44)が近いうちにジャニーズ事務所から独立するという話が浮上している。

    昨年の解散以降、その去就が注目されていた元SMAPメンバーだが、大きな番狂わせと
    なったのが中居正広(44)の残留だった。
    だが、この中居の選択が最終的にキムタクを追い込むことになるという。

    「そもそもキムタクがジャニーズ事務所の幹部に重用されるきっかけとなったのが、
    SMAP解散&独立騒動での立ち居振る舞いだった。メンバーの中で誰よりも早く残留を
    表明したことで、ジャニーズ幹部の座を手にしたといわれていたんです。ところが、今回、
    中居が残留したことでキムタクの立場が微妙なものになってしまった。今や中居の立場は、
    キムタクの立場と同等、いや、それ以上です。キムタクにとってはまさに想定外のことでした」(芸能プロ幹部)

    中居がキムタクよりもジャニーズ内で重宝される理由は明快だ。中居の年間売上額は、
    CMなどもろもろ含めると20億円以上にもなる。一方のキムタクは売上額が1億円にも満たないという。

    「利益を追求する企業倫理からみれば、どちらを優遇するかは明らかです。しかも、
    近い将来、事務所内に中居をサポートするチームが立ち上がるともいわれている。
    中居の方が格上だということを示しているようなものです」(ジャニーズに詳しい関係者)
    当然、このような状況になればプライドが人一倍高いキムタクは、ジャニーズ事務所内に
    残ってはいられなくなるということなのだ。

    「おそらく妻でタレントの工藤静香を通じて、別事務所への移籍の道を探るはずです。
    工藤には芸能界のドンと呼ばれる人物がバックについていますから、それで揉めるような
    こともないでしょう」(前出の芸能プロ幹部)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/209102/1
    no title

    【【速報】キムタクがジャニーズ退社か】の続きを読む

    1: 2017/07/09(日) 16:36:28.14 ID:CAP_USER9
     元SMAPの木村拓哉(44)が“3つの悩み”に頭を抱えているという。

     SMAP育ての親であるI女史が独立を画策した際、メンバーの中で1人だけ残留を選択。“裏切り者”のレッテルを貼られたのは記憶に新しい。結果的に稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が退所が決まり、中居正広(44)は残留するという結果になったが、メンバーの去就発表2日後に自身は追突事故を起こした。「考え事をしていた」というコメントは何とも意味深だ。

     テレビ誌の関係者がこう耳打ちする。

    「木村さんは、ネットニュースや某大型掲示板を見るそうなんです。すると、どうしても自分へのバッシングが目に入ってしまう。ジャニーズ事務所のスタッフがいろんなメディアの記者に『あんまり変なふうに書かないでね。本人すごく気にしているから』と配慮を求めているんですよ」

     木村が悩んでいるのはネットの書き込みだけではない。現在、テレビ界で木村の共演者をキャスティングするのが難しくなっているという。すでに本紙では昨年10月の段階で、今年1~3月に放送されたTBS系ドラマ「A LIFE」の共演女優が決まらないと報じていたが、実はライバル役の浅野忠信(43)も一度断ったらしい。

     芸能関係者が言う。

    「もともと木村さんと同年代でライバル役になる人を探していたんですが、なかなか見つからなかったんです。それは、やはりマイナスイメージがつくから。しかも視聴率が悪いと、キムタクファンが原因の矛先を周りに向けるのでみんなウンザリしている。浅野さんにオファーしたときも断られたんですが、ギャラを上乗せし、何とか承諾したと聞きました」

     浅野のマネジャーに確認したところ「全くの事実無根ですね。脚本の内容でおかしいところはディスカッションしましたが…」と真っ向否定されてしまった。ところが、この話、TBSの記者懇親会の席で某幹部が複数の記者に話している内容と一致するのだ。

     どちらかがウソをついているか、あるいは現場レベルではなく、もっと事務所上層部とのやりとりだった可能性もあるかもしれない。いずれにしてもスンナリといかなくなっている現状はある。

     さらに、木村を追い詰めているのが、相次いで辞めているジャニーズ事務所スタッフだ。

    「辞めているのは、いずれもI女史一派です。近々、彼女と合流するのでしょうが、木村が最もショックだったのが、5月にF氏が辞めたこと。古株で木村のマネジャーだったこともありますからね。で、このF氏は、I女史すら知らない木村のスキャンダルを握っているとされています。業界内では、木村は『リークされるかもしれない』という恐怖と戦っているといわれています」

     残留をいち早く選んだ木村。その代償は自身の芸能人生を大きく左右することになるかもしれない。

    2017年07月08日 16時30分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/706586/

    【キムタクの芸能人生左右する3つの心配事とは】の続きを読む

    1: 2016/10/16(日) 11:33:58.66 ID:f9wUTIbq
    何か全然見なかったよね。

    【2016年キムタクは何をしていたのか?】の続きを読む

    1: 2017/06/24(土) 10:37:03.228 ID:EJPcJurF0
    貯金はあるだろうが生活レベル落とさないといかんだろ?

    【キムタクと中居はなんとか将来の目途も立ちそうだが稲垣・草粥・香取はマジでやばいだろ】の続きを読む

    1: 2017/06/19(月) 06:36:59.04 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000066-spnannex-ent
    スポニチアネックス

     ◇元SMAP香取&草なぎ&稲垣独立

     昨年1月のSMAP分裂・解散騒動以降、世間からの批判の声を一人で浴び続けてきたのが木村拓哉(44)だ。

     一昨年の夏に元女性マネジャーから独立話が出てきた当初から、事務所への恩義と家族のために「残留」を決意。そして一貫してその姿勢を崩さなかったにもかかわらず、一人だけ批判の的となってきただけに、今回再びメンバーが「残留・独立」で分裂してしまったことを「複雑な思いで受け止めているはず」(関係者)という。

     先月中旬にカンヌ国際映画祭に参加して以降、デビュー以来初の長期休暇に入っている。関係が疎遠になったメンバーたちからは、昨年8月のSMAP解散決定の時と同様「おそらく電話などでの連絡はなかっただろう」(関係者)という。ただ、弟的存在でかつては自宅にもよく遊びに来た香取ら3人が、ともに育った事務所から去ることに「胸を痛めている」という。

     周囲には「自分は役者として地に足を着け、歯を食いしばって頑張っていくだけ」と話しているという木村。SMAPへの思いは今も変わらない。

    【胸を痛めるキムタク 周囲には「歯を食いしばって頑張るだけ」】の続きを読む

    1: 2017/06/15(木) 18:16:31.25 ID:CAP_USER9
    6月14日に放送された『業界激震!?マジガチランキング』(AbemaTV)で、10代の男女644人に聞いた、「人気があるけど演技がイマイチだと思う女優・俳優ランキング」が発表された。

    10代にアンケートをとり、業界の事情を無視した“マジでガチ”なランキングを紹介している同番組。MCを務めるカンニング竹山は、ランキングの1位を予想し、外した場合は視聴者プレゼントを自腹で買い取らなければならない。

     ランキングテーマが発表されるなり、竹山は「いやいや、人気ある人はみんなうまいよ」と困り顔に。悩みながらも、最終的には元AKB48の前田敦子が1位と予想した。

     それに対し、ゲスト出演したお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信は「番組の傾向からして、福士蒼汰くんけっこう出ますよね」とコメントしたが、その予想が的中する結果に。竹山が予想した前田は18位に入っていた。

     1位に選ばれた福士には、街頭インタビューで「泣く演技や喋る演技が棒読みみたいに聞こえる」「かっこいいけど恋愛ものに向いていない」など厳しい声が。

     1位に福士蒼汰の名前が挙がると、竹山は「うわー、小宮当てた!」と驚きの表情。スタジオで拍手が起きると、小宮は「いやいやいや、10代はそう思うんですよ」とあくまで10代の意見であると強調していた。なお、ベスト3にはその他に、2位に山粼賢人、3位に本田翼がランクインした。

    2017年6月15日 14時46分 AbemaTIMES
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13206156/

    1位福士蒼汰
    2位山崎賢人
    3位本田翼
    4位相葉雅紀
    5位東出昌大
    6位木村拓哉
    7位桐谷美玲
    8位広瀬すず
    9位菅田将暉
    10位千葉雄大

    順位表
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13206156/

    【<人気があるけど演技がイマイチだと思う女優・俳優ランキング>6位木村拓哉、4位相葉雅紀、1位は?】の続きを読む

    1: 2017/06/12(月) 13:50:36.34 ID:CAP_USER9
     木村拓哉主演の映画『無限の住人』(三池崇史監督)は4月29日の公開以降、興行成績などに触れて“爆死”という表現で大コケを誇張するメディアの報道が
    多い。だが、果たして実際のところはどうなのだろうか?

     同映画は、5月17日から開催された「第70回カンヌ国際映画祭」のアウト・オブ・コンペティション部門に出品され、渡仏した三池監督、木村、杉咲花の
    現地での様子は大きく報道されたが、同時に本作の興行成績が芳しくないという記事も多数見受けられた。

    初登場6位のスタート

     興行通信社が発表している映画動員ランキングを見ると、4月29日に公開された『無限の住人』は、土日2日間で動員14万5000人、興収1億8900万円で、初登場6位という結果だった。

     『無限の住人』と同週に公開され、動員ランキングベスト10に入った映画は、人気シリーズの8作目となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』が3位、菅田将暉主演の『帝一の國』が4位、アニメ映画
    『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』が10位という結果だった。

    同時期公開の 『帝一の國』に動員、興収で敗北

     ここで、比較対象として大きく取り上げられたのが、『帝一の國』だ。

     『無限の住人』と同じく人気コミックの実写映画化であり、国内最大手・東宝の配給、劇場スクリーン数も292と、無限の住人の331スクリーンと比べても、それほど大きな差はない。

     結果は『帝一の國』は動員16万6000人、興収2億1400万円を挙げて、『無限の住人』よりも高い数字を残した。スクリーン数で劣る『帝一の國』が動員、
    興収ともに『無限の住人』に勝ったということで、“若手実力派俳優の菅田将暉がジャニーズのキムタクを上回った”という内容の記事も見受けられた。この件に対して
    劇場スタッフはこう語る。

     「確かに、数字を見れば、『帝一の國』が『無限の住人』よりも良い結果を出したというのは事実です。しかも過去の木村さん主演の映画の興行的な数字を
    見れば、『無限の住人』は物足りない結果だと言われることは仕方ないことだとは思います」

     そして、こう続ける。

     「木村さんは“高視聴率男”としてドラマ界で数々のヒット作を世に送り出していますが、映画の出演はそれほど多くはありません。いわゆる国内メジャー配給作品の
    主演作品と言えば『武士の一分』(松竹)、『HERO』(東宝)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(東宝)程度です。『武士の一分』は公開から
    3日間で動員37万7000人、興収4億3600万万円を記録し、最終的には41億円という興収をあげました。
    『HERO』シリーズは、ドラマの大ヒットもあるので、参考外だとは思いますが、第1弾作品は公開週の土日だけ74万人を記録し、興収も10億円超え。
    第2弾にしても初週の土日2日間で動員54万人、興収7億3200万円という数字を残しました。『SPACE BATTLESHIP ヤマト』も賛否はありましたが、
    オープニングの動員は41万2000人、興収5億2800万円という数字で、最終興収は41億円という結果。この比較から『無限の住人』のスタートは、
    過去の木村さんの作品と比べても、良い数字とは言えないでしょう」

    スタートダッシュにつまづいた!?

     こうして見ると、確かに『無限の住人』は上記の木村主演の映画と単純に“数字”を比較すれば、物足りなさを感じることは否めない。

     その要因として、スタートダッシュにつまづいたことをあげるのは映画雑誌の編集者だ。

     「興行成績というのは、同時期に公開される映画との兼ね合いで大きく変わることがあります。だからこそ、公開時期にはかなり神経質になります。
    『無限の住人』が公開された時期は、今年の大本命と言われたディズニー映画『美女と野獣』や、東宝のドル箱コンテンツとして定着している『名探偵コナン』の
    最新作などが公開して間もなく、まだまだ勢いがありました。同時期にヒットしている映画が多数あれば、劇場側のスクリーンは奪い合いになります。
    初速の結果次第では、以降の劇場での編成は大きく変わってきます」。

     そのうえで、『無限の住人』のオープニング成績である、動員14万5000人、興収1億8900万円について、

     「数字だけ見れば、そこまで悪いものではないと思いますが、やっぱり木村拓哉さん主演だったり、製作費や公開規模を考えれば、物足りないと感じる人も
    いるのではないでしょうか。現時点で興収10億円前後だと思いますが、少なからず、スタート後の伸びという意味では、初速の数字が陰を落としているかもしれません」と分析する。
    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000003-wordleaf-ent

    【キムタク主演映画『無限の住人』は本当に“爆死”、“大コケ”だったのか?】の続きを読む

    1: 2017/06/11(日) 20:35:38.46 ID:CAP_USER9
     11日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に
    元SMAPの木村拓哉(44)が“サプライズ出演”を果たした。

     タレントの出川哲朗(53)と谷まりあ(21)が世界の大物スターやセレブと一緒に
    写真撮影するミッションに挑戦する「パパラッチ出川」。今回の企画で出川は
    カンヌを訪問。カンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩くスターを柔道着姿で直撃した。
    暫くすると、時代劇「無限の住人」の公式上映に合わせてカンヌを訪れていた木村の姿が。
    出川と谷は興奮を隠せず、主演を務めた木村に写真撮影を直談判。木村は快く応じ、
    出川の自撮り写真に納まった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000157-spnannex-ent

    【キムタク「イッテQ!」“サプライズ出演” 出川パパラッチ企画で撮影応じる】の続きを読む

    このページのトップヘ