タグ:キムタク

    1: 2018/04/26(木) 15:12:13.81 ID:Y2xqP6Hyp
    やっぱりキムタクがナンバーワンだわ

    【結局キムタクが1番まともな気がしてきた】の続きを読む

    1: 2018/05/03(木) 23:48:23.78 0
    「TOKIO」の山口達也(46)が女子高生に対する強制わいせつの疑いで書類送検され、
    起訴猶予処分になったことを受け、ほかのメンバー4人が2日に都内で会見した。

     会見では、4月30日に5人で話し合いの場をもうけた際、
    山口が「TOKIOを辞めます」とリーダーの城島茂(47)に辞表を託したが、
    受理については保留していることが明かされた。

    また、来年デビュー25周年を迎えるが、山口の事件のせいで活動計画が白紙であることも明かされた。
    「メモリアルイヤーに復帰となればTOKIOにとっても山口にとっても一番いい形だが、
    まずは山口のアル中を治療することが優先。山口は女性絡みの犯罪なので、
    いくらジャニーズ所属とはいえ、そう簡単に復帰できないはず。
    城島が辞表を受理するのも時間の問題か」(会見を取材した記者)

    TOKIOのファンにとってはなんとも悲しいメモリアルイヤーになりそうだが、
    あるビッグプランが浮上しているというのだ。

    「SMAPの解散騒動ですっかり“戦犯”にされてしまったキムタクの加入です。
    キムタクはすでに今後公開される映画の撮影を終え、ドラマも入っておらず、今やCMも0本で宙ぶらりんの状態。
    それを見かねたメリー喜多川副社長がキムタクの加入を猛プッシュしているのだとか。
    熊本地震の際、TOKIOの長瀬智也とともに現地入りして炊き出しをした経験もあり、
    TOKIOのメンバーにすんなり溶け込めそうです。
    キムタクはギターも弾けるので山口に変わる超強力なサポートメンバーになりそうです」(芸能記者)

    以前から肉体派をアピールしていたキムタクだけに、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で
    TOKIOのメンバーたちとともに作業に精を出す日が近そうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180503-35150524-jitsuwa

    【【速報】元SMAPの木村拓哉がTOKIOに電撃加入か!?】の続きを読む

    1: 2018/04/16(月) 20:20:34.85 0
    安定感がやっぱ凄い
    no title

    no title

    【キムタクより視聴率とれる主演俳優は今後現れるのか?】の続きを読む

    1: 2018/04/19(木) 13:44:22.09 ID:TdoH+oIBr
    no title

    【28歳のキムタクが神がかり的にイケメン】の続きを読む

    2105709_201802140105491001518582624c



    【キムタクの“身辺警護人”買って出た女性3人組の正体】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/04/02(月) 20:46:54.09 ID:CAP_USER9
    3月29日発売の「週刊文春」が、メルマガ読者投票を元に制作した「好きな俳優」「嫌いな俳優」ランキングを発表した。
    今年の「嫌いな男優」部門の第1位は、またしてもあのジャニーズタレントだった。

    「『嫌いな男優』ランキングの1位は、昨年に続いて元SMAP・木村拓哉でした。しかも2位の坂上忍が73票なのに対し、木村は448票とダントツの結果に。
    投票した読者からは『劣化が著しい』『格好つけたばかりの芝居はやめたほうがいい』と手厳しいコメントが並んでいます」(芸能記者)

    また今回、木村以外で「嫌いな男優」にランクインしたジャニーズタレントは、嵐・松本潤だった。
    松本は今年、ドラマ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)で主演を務め、高視聴率を連発していたものの、実際の人気には結びついていない可能性があるという。

    「今回のランキングで木村は、嫌い部門で1位を獲得したものの、好き部門は3位にランクイン。そして元SMAPの草なぎ剛も嫌い11位にランクインしていますが、好きは8位とバランスが取れている。
    しかし松本は嫌い部門のみに7位で顔を出しているのです。やはり世間にはまだ、同誌が報じた井上真央と艶系女優・葵つかさの二股報道の印象が強く残っているのでしょう」(芸能記者)

    すでに井上とは破局したとも一部では伝えられている松本。今後、葵と結婚するという男気を見せてくれれば、人気は回復するかもしれない。

    アサジョ / 2018年4月2日 14時55分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_49153/

    【「嫌いな俳優1位」のキムタクより松本潤がヤバイ理由】の続きを読む

    1: 2018/03/30(金) 10:06:36.97 ID:1tFutUxk0
    木村拓哉 『BG』打ち上げでSMAPを熱唱
    NEWSポストセブン
    2018年03月30日 07:00

    「もうスピンオフドラマや映画化の話がでているんです」(ドラマ関係者)

     3月15日に最終回を迎えたドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)。主演・木村拓哉(45才)をはじめ、江口洋介(50才)、石田ゆり子(48才)、特別ゲストの山口智子(53才)など『ロングバケーション』(1996年)、『101回目のプロポーズ』(1991年)といった往年のトレンディードラマを彷彿とさせるキャスティングも話題を呼んだ。

     全話平均15.2%、最終回では瞬間最高視聴率22. 3%を記録するなど、好調のまま放送を終了。それだけに、最終回放送日(3月15日)に行われた打ち上げは大いに盛り上がった。

    「出席者は200人超え。会場はもちろん食事もお寿司やステーキが並ぶビュッフェと超豪華。木村さんは黒のジャケットに人気ブランドSupremeのTシャツ姿で、座長としてあちこちのテーブルへ挨拶に出向いていました」(出席者の1人)

     会場では全員で最終回を鑑賞し、後半は出演者らがめいめい景品を持ち寄ったビンゴ大会も行われた。

    「1等の景品は木村さんが提供した『南の島旅行』。2等は江口さんの『星野リゾート宿泊券』で、3等がこの日欠席だった、山口さんの『スペイン旅行』とこれまた豪華。ちなみに2等賞をなんと木村さんが当てたので、みんな大ウケでした」(前出・出席者)

     その後2次会のカラオケへと移動。周囲から熱烈なオファーを受け、木村もマイクを握った。

    「歌ったのがSMAPの『SHAKE』だったんです! 超貴重な“単独コンサート”に震えました。SMAPの曲を歌ってくれるだけで嬉しくなるというか…。会場は一気にテンションが上がっていました。その後も、ウルフルズを熱唱したりと、とにかく座長として盛り上げてました」(別の出席者)

     興奮冷めやらぬまま、御一行は3次会へ。再びカラオケを楽しんだという。

    https://www.news-postseven.com/archives/20180330_663151.html

    【【悲報】キムタク、ドラマの打ち上げでSMAPを熱唱wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/24(土) 22:21:43.11 ID:BuQHNYqP0
    ヘイトは全て木村へ向けジャニーズ残留
    番組も勿論継続

    うまくやりすぎやろ

    【【悲報】元SMAPの中居さん、あの3人を切り捨て一人だけ勝ち組へ】の続きを読む

    1: 2018/03/24(土) 21:55:05.34 ID:8dWSNcc40
    アイドルのビジュアル担当ってあぁいう人だろう


    最近はともかく

    【全盛期のキムタクって何だかんだイケメンだったよな】の続きを読む

    1: 2018/03/24(土) 16:07:02.68 ID:CAP_USER9
    ドラマファンにとってこの冬は見所の多いクールだったに違いない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が総括した。
    .
    今期のドラマも次々に幕を閉じました。前評判に対して、放送された後のギャップはいかに? 事前の注目度と視聴者の反応に、差があったのか無かったのか? 下馬評の高かった3つのドラマを振り返ると……。
    .
    ●『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)
    .
    SMAP解散のタイミングもあり、まず視線が集中したのが木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』。キムタクが演じたのは身辺警護人=ボディガードの島崎章。民間の日ノ出警備保障に所属しチームメンバーと共にさまざまな人の警護を担当、危機一髪を乗り越えていく、という一話完結型に近い物語でした。
    .
    キムタクは40半ばの中年にして軽やかな身のこなし、アクションシーンもあり。一方、冒頭から失敗エピソードも盛り込まれるなど人間臭さを演出。息子に受け入れてもらえない、ちょいダメ親父像も見え隠れしましたが、しかし全体としてやはり「キムタク」。想定内のヒーローに留まり新鮮味に欠けた。
    .
    ふと、このドラマが「コント」に見えてしまったという人は、はたして私だけでしょうか? いったいなぜ、コントに見えてしまったのか、その理由を考えてみるに……。
    .
    例えば、元自衛官という同僚BGの高梨雅也(斎藤工)は、髪の毛がウエーブしている。襟足を伸ばしている。ヤサ男役ならばいい。けれど、「警護人」ならやはり短髪が基本ではないでしょうか? 趣味やファッション性を抑え、できるだけ個性や気配を「消す」のが警護の仕事のはず。とっくみあいになった時、長髪は敵から掴まれるリスクあり、とケンカが得意な人も指摘していた。
    .
    同じく日ノ出警備保障の菅沼まゆ(菜々緒)も、化粧濃すぎ。つけまつげが長くて唇が真っ赤で目立ちすぎ。警護に徹するためにはできるだけ悪目立ちする装いを避けるのがプロ。

    つまり、細部のリアリティに欠けていた。地に足がついていなかった。詰めが甘いがため小芝居っぽい感じが漂っていたのかもしれません。もはやキムタク以前の問題かも。
    .
    そもそも「コント(conte)」とは仏語で「短い物語・童話・寸劇」が語源。短い時間に完結する、笑いを目的とする寸劇です。簡単な衣装や小道具を使って、一瞬だけ違う空間を出現させるのもコントの役割。劇の間に挿入したりし転換を進めていく。だから、コントは場面場面を楽しめばいい。
    .
    その意味でも、コント的だったかも。キムタクの復帰ぶりを「チラ見」「ながら見」するのには的確だったのかもしれません。
    .
    ●『アンナチュラル』(TBS系)
    .
    先にブームを生んだ『逃げ恥』の脚本家・野木亜紀子氏が手掛けることもあって、やはり前評判の高かった石原さとみ主演の『アンナチュラル』。
    .
    蓋を開ければ……リアリティ、伏線を張って意外性を演出しスリリングに展開するストーリー、そして社会問題を織り込んだ緊張感と、要素が見事に揃っていました。「法医解剖医」というキャラクターも石原さとみが上手く演じ切り、高い評価が集まりました。
    .
    最終回まで人気を引っ張り、続編を示唆する話も出ているとか。これだけ手応えがあれば、持続していくエネルギーも制作側に蓄えられたはず。ただし、女優・石原さとみは良い意味で「跳ね」ている人。どこへ飛んでいくかわからない魅力を湛えている人。石原さんに「ドクターX状態」は似合わない。ミコトが今後あまりにシリーズ化パターン化しお定まりになってしまってはいけない。
    .
    「わけ知り顔した石原さとみはかんべんして」「石原さんの魅力は医療モノや警察モノの定型とは別のところにある」という声もたしかに聞かれました。
    .
    『ディアシスター』『失恋ショコラティエ』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』とドラマで多種多様な役を演じてきた石原さん。特に校閲ガールは驚きの一言。
    .
    雑誌グラビアから飛び出したかの如く千変万化するファッションを着こなし、楽しませてくれました。「地味」の極限にあるような校閲の仕事も、彼女が演じることで違う輝きに包まれた、という意味でスゴイ! だからこそ、今後もミコトの枠に留まらず意外性を見せ続けて欲しい、というのが一ファンの率直な願いです。

    >>2以降に続く

    3/24(土) 7:19
    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180324-00000005-pseven-ent&p=1

    【木村拓哉の「BG」がコントに見えてしまったのはなぜか 作家が今期ドラマを総括】の続きを読む

    このページのトップヘ