タグ:キムタク

    1: 2018/07/19(木) 00:14:16.05 ID:CAP_USER9
    キムタクが「キムタクじゃない」!? 「髪型のせい?」「え、こんな顔だった?」驚きの声続出
    7/18(水) 20:37配信 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/07/18334126.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000014-jct-ent

    柔らかい表情の木村拓哉と二宮和也
    no title


    キムタクが「私が知ってるキムタクじゃない」――!? ツイッターで2018年7月18日、そんな驚きの声が続出することとなった。

    近日発売のファッション誌で表紙を飾っている木村拓哉さん(45)のルックスが、まるで「別人に見える」というのだ。

    ■「え、こんな顔だった?」

    木村さんと「嵐」の二宮和也さん(35)が、18年7月24日発売の男性向けファッション誌『UOMO』9月号(集英社)で表紙を飾ることが18日、各メディアで報じられた。

    表紙の画像がインターネット上で拡散されると、木村さんのルックスがひときわ注目を集めた。
    これまでのイメージを覆すかのような「ぺたんこ」ヘアに「何でそんなにキムタク髪ぺちゃんこなの笑」「髪をモリモリに立てていない木村拓哉がこんなにもかわいらしいおじさんだとは」とのツイートが寄せられたのだ。

    中には、一部のファンからしてみると、その顔つきもいつもと違って見えるようで、ツイッターでは

     「これキムタク?!? ! え、こんな顔だった?」
     「キムタクが髪型のせいか別人みたいに見える」
     「これキムタク? 顔変わってない?」
     「キムタクが私が知ってるキムタクじゃない...」

    との声も。実際、ツイッターの検索欄で「キムタク」と入力すると、検索候補が「顔」「髪型」「髪」の順に出ていた。

    2人は、8月24日公開の映画『検察側の罪人』(原田眞人監督)で初共演を果たした。雑誌媒体で2人が並んで表紙を飾るのは、史上初めて、という。

    誌面では「木村拓哉 二宮和也 このふたり、そうだったんだ!」と題し、2人の対談インタビューを10ページにわたり展開する。出会いから映画の共演、ここだけの「裏話」まで明かす、まさに「永久保存版」だ。

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531916656/

    【キムタクが「キムタクじゃない」!? 「髪型のせい?」「え、こんな顔だった?」「顔」「髪型」「髪」驚きの声続出】の続きを読む

    1: 2018/07/18(水) 16:38:32.97 ID:CAP_USER9
    明石家さんまが企画・プロデュースしたドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)に、元SMAPの木村拓哉が出演していることがわかった。
    同ドラマで木村は、若き日のさんまの先輩芸人役を務めているという。
    「ジミー大西の半生を描いた『Jimmy』は当初、さんま役を小出恵介が務めていましたが、昨年、未成年女性との飲酒疑惑が報じられ、芸能活動を休止。
    ドラマは急きょ、撮り直しとなり、代役には玉山鉄二が起用されました。当時、ラジオでさんまが、木村から『代役、オレやりましょうか?』と言われたという話を披露していましたから、
    その関係で今回の出演することになったのかもしれません」(テレビ誌記者)
    木村はさんまを“オジキ”と呼ぶほど慕っているため、ドラマの撮り直しというピンチに、今回は手を差し伸べたのかもしれない。

    そんな木村と絆を深める一方、さんまと距離を置いていると思われるのが中居正広である。
    「7月14日に放送された音楽番組『音楽の日2018』(TBS系)にて、さんまと大竹しのぶがデュエット曲を披露しました。
    しかしなぜかその時だけ、司会を務める中居の姿が消える事態が発生。そのため歌唱中、さんまが『中居、呼んでこい!』と吠える一幕がありました。
    この2人といえば、16年の『27時間テレビ』内の『さんま・中居の今夜も眠れない』(フジテレビ系)にて、さんまが中居にSMAP解散に関する質問を繰り返したことで、
    ジャニーズ事務所が激怒したと一部が報道。以後、この番組は打ち切りとなっています。さんまとトークさせることで、ブラック体質が明るみになることを恐れた事務所が、
    絶対的な共演NGの状況を作っている可能性があるとも一部では囁かれています」(芸能記者)
    さんまと中居がテレビで共演する姿は、もう2度と見られないのだろうか。

    2018年7月18日 14:15 アサ芸プラス
    https://www.asagei.com/excerpt/108594

    【ジャニーズがブチギレた!?明石家さんまと中居正広が絶対共演NGの裏事情】の続きを読む

    1: 2018/07/15(日) 22:02:21.64 ID:CAP_USER9
    タレント・明石家さんま(63)がプロデュースした、動画配信サービス「Netflix」のドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(20日配信スタート)に、元SMAPの木村拓哉(45)が出演していることを、各スポーツ紙が報じた。

    木村といえば、16年のSMAP解散騒動の際、すっかりファンの間で“戦犯扱い”されイメージダウン。

     いつの間にか出演しているCM、レギュラー番組ともに0本となってしまった。

     「昨年、主演映画『無限の住人』がまさかの大コケ。8月24日には主演映画『検察側の罪人』の公開を控えていますが、現在の露出ぶりだと映画のPRも満足にできません。
    そこで、さんまに頼み込んで出演させてもらったのでは。この時期に名前が出れば映画のPRにもなり一石二鳥ですが、以前のキムタクならば考えられない“安売り”です」(芸能記者)

     そのうち、ジャニーズとしてはかなりの“特例”で、モデルデビュー後、話題になっている娘・Koki,のインスタに登場する可能性もありそうだ。

    https://wjn.jp/article/detail/2128138/

    【露出大幅激減で“安売り”し始めたキムタク】の続きを読む

    1: 2018/07/14(土) 13:22:04.11 ID:CAP_USER9
    木村拓哉(45)が13日放送のTOKYO FM「木村拓哉のWhat's up SMAP」(金曜後11・00)で、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会での日本代表の戦いについて言及。「見ている僕たちを熱くさせてくれた」となどと振り返った。

     決勝戦、3位決定戦を残すだけとなったW杯。「日本のイレブンの皆さんが奮闘した試合は、全て観戦させていただきました、ライブで」と、日本代表の全4戦をライブ観戦したことを明かし、「結果は結果でしたけれども。見ている僕たちを非常熱くさせてくれましたし、スポーツってものすごいパワーを与えてくれるなあっていうのが、今回の日本代表の皆さんの試合を見てて非常に思いましたね」と、スポーツの持つ力について語った。

     また、木村が取り上げたのが、MF本田圭佑(32)が決勝トーナメント1回戦でベルギーに逆転負けを喫した後、報道陣に語った言葉。W杯敗退が決まり「しっかりここで伝えたいのは、仲間に感謝している。本当に選手のみんなを好きになった。こんなに好きになれると思わなかったぐらい、好きになった」と仲間への感謝の気持ちを口にしていた。

     「何だろうな。本田選手もおっしゃってましたけど、『本当にこのチームが好きだった』っていう。『好きになれた』っていう」と、そのコメントに触れ、「それってきっと、ピッチ上だけではなくて、ピッチに立ってなかった選手も含め、スタッフを含めての話なんじゃないかなということが凄く頭の中にふわーと出てきた」と、言葉の真意を推測。その上で「4年後のワールドカップ。また、熱く応援したいなぁっていう気にはなりましたよね」と続けた。

    スポニチ 7/14(土) 12:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000101-spnannex-ent

    【<木村拓哉>サッカーW杯ロシア大会での日本代表の戦いについて言及!「見ている僕たちを熱くさせてくれた」】の続きを読む

    1: 2018/07/07(土) 19:04:34.03 ID:CAP_USER9
    キムタクが挙げた「一番難しかった」役…「あれはキツかった。エグかった」
    2018年7月7日 16:38 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/07/kiji/20180707s00041000263000c.html

    元SMAPの木村拓哉(45)が6日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉のWhat's up SMAP」(金曜後11・00)に出演。これまでドラマや映画などで演じた役の中で最も難しかったものとして、アイスホッケーの選手役を挙げた。

    リスナーから届いた「演じることが難しかった役は?」との質問に「やっぱホッケーかなぁ。『やって』って言われて、『はい』ってできるもんじゃないので」と回答。
    04年1月に放送されたドラマ「プライド」(フジテレビ系)での実業団アイスホッケーチームのキャプテン・里中ハル役を挙げた。

    当時のドラマのプロデューサーが「タクヤだったらさ、一週間くらい練習しちゃえば、ホッケーなんかパーンってできちゃうんだよ」と話していたと振り返り「『この人、頭おかしいな』って思いながら話を聞いていた」と木村。
    実際の練習では「カラクリ人形みたいにしか動けなくて、いやぁ、あれは厳しかったですね」と打ち明けた。

    実は木村の代役を、米国から招いていたという。NHLからスカウトを受けるような逸材で、背格好も木村と全く一緒だっとし「あ、これはイケる」「もうこのドラマは成功したと思った」。しかし、ハプニングに見舞われた。
    長野冬季五輪でも使われた会場でタイトルバックの撮影をした際、スタッフがやって来て慌てながら「すみません」と謝罪。理由を聞いたところ、その代役の米国人がいなくなってしまったとか。

    「で、急きょ『全部、ご自分でお願いします』ってなって、それでやってましたね」と代役なしで演じることになったことを明かし「あれはキツかった。エグかったですね」と話した。

    【元SMAPの木村拓哉が挙げた「一番難しかった」役はアイスホッケーの選手役 代役なしで演じ「あれはキツかった。エグかった」】の続きを読む

    1: 2018/07/02(月) 21:34:36.04 ID:q6gTWh/E0
    凄かったなあって

    【キムタクって演技も歌もジャニーズトップレベルでAKBGに勝てるやついないよな】の続きを読む

    1: 2018/06/30(土) 19:13:42.91 ID:MeiTViTG0
    あれやぞ

    【【朗報】木村拓哉の代表作満場一致であれに決まる】の続きを読む

    1: 2018/06/28(木) 11:43:04.13 ID:CAP_USER9
    おニャン子クラブのヒット曲「セーラー服を脱がさないで」を工藤静香(48)が約10年ぶりに歌い、1985年の発売時と同じ振り付けを披露したというので話題だ。

    ソロデビュー30周年記念と銘打ち、このほど9カ所10公演のライブツアーをスタートさせた静香。木村拓哉(45)との間に生まれた次女、光希(15)がコウキの芸名でファッションモデルを始め、その動向が注目される中、歌手として再始動である。夫キムタクはSMAPの解散以降、パワーダウンが明らかなだけに、芸能ファミリーを仕切る静香の深謀遠慮に芸能マスコミの注目が集まっている。まず、静香を知る関係者はこう言う。

    「ライブはこれまでも時々、やっているんですよ。彼女(静香)には自分の事務所があり、それを維持していくためにも、何らかの形で露出していかなければならない。ライブなどで露出することによってCMにつなげられたらという狙いはあるでしょう。
    SMAPの解散騒動で元マネジャーの飯島三智さんがジャニーズを退社するまで、静香は『表に出るな』と散々言われてきたし、飯島さんについてジャニーズを出ていくかキムタクが迷っていたときは真っ先に引き留めて、
    それがSMAP分裂と解散の原因になったとSMAPファンから悪者扱いされてきた。そういう圧力や逆風が少し収まり、自由に動けるようになったことも大きいかもしれません」

    かくして、自分の歌手活動のほか、ステージママならぬプロデューサーとして、静香が次女の売り出しに動いていることも間違いないようだ。ジャニーズ担当の芸能記者が言う。

    「もともと次女コウキは長女とあわせ、美人姉妹として芸能事務所から注目されていました。『おニャン子』時代からの付き合いが今も続いている秋元康プロデューサーもその存在を知っていて、AKBグループへの加入説もあったほど。
    結局そうはならず、ファッション誌の表紙モデルからのスタートとなったのも静香さんの考えでしょう。木村との結婚のときから後ろ盾となってもらっているメリー(喜多川・ジャニーズ副社長)さんにまたお伺いを立て、今はコウキの所属事務所を決めているところだと思います。大手芸能プロとの提携という形にするのではとみられています」

    ライブでは、中2のときに挑戦した1984年の「ミス・セブンティーンコンテスト」当時のエピソードも披露。同コンテストで特別賞に輝き、翌85年に「セブンティーンクラブ」としてレコードデビューしたのは、ファンには有名な話。当時の思い出を振り返り、改めて同世代へアピールするとともに歌手として新機軸を打ち出そうというのだろうか。

    「キムタクは静香の決めたことに口出しすることはない」(事情通)というから、自らと次女のプロデュースで業界を動き回っているのかも知れない。デビュー31年目。アラフィフになった静香からは凄みも出てきたともっぱらだ。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/232139/2

    【キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い】の続きを読む

    1: 2018/06/27(水) 00:31:07.904 ID:eyWui39f0
    いや役者全員そうじゃん

    【キムタクはダメ。どんな役でも木村拓哉だから。←これwwwww 】の続きを読む

    木村拓哉BG


    【木村拓哉、初海外での“アイドルらしい撮影”思い出語る】の続きを読む

    このページのトップヘ