タグ:キムタク

    1: 2017/05/22(月) 16:10:40.76 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2017/05/22298574.html?p=all

    第70回カンヌ国際映画祭に参加した元SMAPの木村拓哉さん(44)が、レッドカーペットイベントの写真撮影で「つま先立ち」をしていた――。こんな内容の「デマ情報」がインターネット上で拡散され、それを信じるユーザーが続出する騒ぎになっている。

    デマの「発信源」とみられるのは、ネット掲示板「2ちゃんねる」に寄せられた書き込みだ。一体なぜ、たった一人のユーザーが寄せた投稿を、多くの人が信じてしまったのだろうか。その経緯をJ-CASTニュースが追うと......。

    「証拠」とされた画像

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)の入選で、約13年ぶりにカンヌ国際映画祭に参加。2017年5月19日(日本時間)には、共演した女優の杉咲花さん(19)と三池監督と共に、レッドカーペットイベントに臨んだ。

    今回の「つま先立ちデマ」が拡散され始めたのは、イベント2日後の21日昼頃のこと。ある「2ちゃんねる」ユーザーが、

    「キムタクがカンヌでも爪先立ちに必死で笑い者になる」
    と題したスレッドを立て、一枚の画像を「証拠」としてアップロードしたのだ。

    その画像は、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルが公開している動画の一部分を切り取ったもの。木村さんと三池監督、杉咲さんの3人がレッドカーペットの上で横に並び、メディアの写真撮影に応じる様子が写っている。

    確かに、この画像で木村さんの足元を見ると、両足のかかとを高く浮かせて、つま先だけで立っている。さらに、木村さんの後方に立っている女性は口に手を当てており、まるで笑いを堪えているようにも見える。

    こうした画像はネット上で大きな注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

    「何これ 足まで写ってると思わなかったんやろか」
    「カッコいいんだから堂々としてればいいのに」
    「身長にコンプレックス持ちすぎ」
    などと面白がったり、木村さんを批判したりする書き込みが数多く出ることになった。

    さらには、グーグルの検索欄に「キムタク」と入力すると、関連ワードの二番目には「つま先立ち」が表示される状況となっている(5月22日14時時点)。

    元の動画を確認すると...

    しかし、J-CASTニュース編集部が、今回拡散された画像の元になったYouTube動画を確認したところ、木村さんが「つま先立ち」をして写真撮影に応じる場面はなかった。

    実は、「つま先立ちをしている」として切り取られた画像は、木村さんがレッドカーペット上で披露した空手アクションの瞬間を写したものだったのだ。そのシーンを再現すると、次のようになる。

    木村さんはメディアの撮影に応じる中で、いきなり右手で正拳突きを繰り出した。その時、両足のかかとは一瞬だけ「ピッ」と浮いていた。木村さんは先に拳を引っ込めたため、ほんの一瞬ではあるが、つま先だけでまっすぐ立っている瞬間があった。

    つまり、今回の画像をアップロードしたユーザーは、このわずかな一瞬を切り取り、木村さんが「つま先立ち」をしているように誤解を誘う画像を作ったとみられる。実際、木村さんの後方に居た女性が笑っていたのも、動画を見る限り、空手のアクションに反応したからだと思われる。

    すでにこの画像が「作られたもの」だと気付いたネットユーザーも現れており、ツイッターやネット掲示板には、

    「こうやってデマって広がっていくのか」
    「(一瞬を)切り取って笑うとか人としてどうよ?」
    といった声も出ている。

    【キムタク、カンヌ写真撮影で「つま先立ち」 「デマ情報」が急拡散したワケ】の続きを読む

    1: 2017/05/21(日) 11:08:53.85 ID:CAP_USER9
    フジテレビ「月9」10月期は“キムタクNG”で篠原涼子と高橋一生に主演オファーか
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00009723-jprime-ent
    週刊女性PRIME 5/21(日)

     フジテレビの“月9”が看板枠だったのは、いつのことだったか。視聴率低迷からの脱却もかなわず、5月9日にはフジテレビの亀山千広社長の退任が決まった。

     2016年1月期の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以降、視聴率は平均1ケタ台、今年1月期の『突然ですが、明日結婚します』では月9史上最低の視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という体たらく。現在放送中の嵐の相葉雅紀主演の『貴族探偵』も1ケタ台に落ち込んでいる。

    「『貴族探偵』は視聴率がさらに低下するようであれば、“打ち切りも”という噂が出るほど苦戦を強いられています。

     すでに発表されている7月期の月9は山下智久主演の『コード・ブルー』です。こちらは7年ぶりの復活になりますが、人気絶頂の新垣結衣も出演しますから、ある程度の数字は期待できるでしょう」(テレビ誌記者)

     相葉、山下と今年の月9の主演はジャニーズ勢が続き、一部では「10月期は、木村拓哉主演」とも報じられたが、ここにきて風向きが変わったという。

    「木村の主演は、亀山社長時代に決まったものですが社長交代によって白紙に戻ったようです。そこに浮上したのが篠原涼子。

     篠原が出演したフジのドラマといえば『アンフェア』『ラストシンデレラ』『大人女子』など、いずれも高視聴率でした。何をやっても裏目に出るフジにとっては、ここで篠原を投入して盛り返したいと意気込んでいます」(テレビ局スタッフ)

     さらに、篠原の相手役は今、もっとも旬の俳優、高橋一生だという。

    「高橋は3年先まで埋まっていると言われるほどのハードスケジュールですが、大河ドラマの撮影が終わる夏ごろなら、10月期ドラマの撮影は可能です。篠原の相手役というより、ダブル主演級でオファーしているとも」(前出・同スタッフ)

     6月の株主総会を経て、宮内正喜新社長体制になるフジテレビに捲土重来の日は来るのか。

    【フジテレビ「月9」10月期はキムタクNG”で篠原涼子と高橋一生に主演オファーか】の続きを読む

    1: 2017/05/21(日) 17:11:22.94 0
    no title

    【【画像】キムタクがカンヌでもつま先立ちに必死で笑い者になる】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 15:47:31.00 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all

    元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

    問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。この日の杉崎さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが......。

    約13年ぶり2度目のカンヌ

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

    日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

    この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

    「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

    結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

    「流石のキムタクも緊張してしまった」?

    こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

    「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」
    「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」
    「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」
    「いくら素敵な人でもドン引きする」
    といった書き込みが相次いでいる。

    ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

    「流石のキムタクも緊張してしまった模様」
    「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」
    と理解を示すような意見も出ていた。

    なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。

    ■ 前スレ (★1が立った日時 2017/05/20(土) 14:31:13.78)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495258273/

    【キムタク、着物女優をエスコートせず海外で大バッシング】の続きを読む

    1: 2017/05/10(水) 20:23:43.62 ID:CAP_USER9
    2018年公開予定の映画「検察側の罪人」にて、元SMAP・木村拓哉と嵐・二宮和也が共演するとして大きな注目を集めている。
    監督を務める原田眞人によると、2人の起用は以前から考えていたという。

    「監督は、木村の起用に関して『(映画の)世界観にぴったりはまるのは木村拓哉だと思った』『いつか一緒にフィルム・ノアールをやりたいと思っていた』と説明。
    また二宮に関しては、『「硫黄島からの手紙」以来、ずっと狙っていた』と、2006年に彼が出演したハリウッド映画の熱演が起用のキッカケだったと語っています」(映画ライター)

    そんな「硫黄島からの手紙」といえば、二宮はオーディションによって重要な役を勝ち取っている。
    当初、その役は30代後半という設定だったものの、彼の演技を見た監督のクリント・イーストウッドは「類まれなる才能」と絶賛し、二宮のために台本を書き換えて起用した。

    しかしこの時、大きな屈辱を味わったのが先輩の木村だったという。

    「『硫黄島からの手紙』の時、実は木村もオーディションを受けていたのです。
    しかし彼が狙っていた役は、後輩の二宮が勝ち取り、木村は落とされてしまった。
    するとその屈辱からか、当時の木村は仕事場で、かなりのピリピリムードになっていたとも言われています。
    そのため今回、因縁の二宮との共演が実現したことで、木村は“今度こそ負けられない”とばかりに、
    現場が一触即発の空気に包まれる可能性があるのです」(前出・映画ライター)

    映画やドラマの現場では、共演者との間でいつも独特の緊張感を漂わせるという木村。
    今回は、11年前のリベンジということもあり、二宮と激しい演技バトルが繰り広げられることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1308993/
    2017.05.10 15:05 アサ芸プラス

    【キムタク&嵐・二宮 あの因縁が勃発?「検察側の罪人」の共演で一触即発の危機】の続きを読む

    1: 2017/05/08(月) 11:10:44.22 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉が、来年公開予定の映画「検察側の罪人」にて、嵐・二宮和也と共演することが発表され、大きな注目を集めている。
    元SMAPと嵐メンバーの作品共演は、今回が初めてだという。

    「これまでSMAPと嵐といえば、ジャニーズ内での派閥が違うため、メンバーの共演はほぼ許されませんでした。
    しかし昨年、SMAPが解散し、上層部と対立関係にあったと言われるマネージャーも退社。
    そして木村は事務所に残留することを決めたため、共演が実現したのでしょう」(芸能記者)

    そんな木村だが、4月29日から公開されている主演映画「無限の住人」は、過去最大のプロモーションもむなしく、興行収入が大苦戦している。

    そのため、今後、映画「無限の住人」は黒歴史として扱われる可能性があるという。

    「公開から1週間と経たずに次回作を発表したということは、早くも『無限の住人』を過去のものにしたいという事務所の思惑があるのでしょう
    そのため今後、同映画はジャニーズの中でタブー扱いとなり、事務所は率先してアピールすることはなくなると思われます。
    このやり方には、一部ジャニーズファンから『映画がコケたからって嵐人気にすがるのか!』『無限の住人のスタッフに失礼』といった辛辣な意見も飛び交っています」(前出・芸能記者)

    興収低迷の話題をかき消すかのようなタイミングで発表された木村と二宮の共演。
    万が一、次回も爆死ということになれば、今度こそ木村は窮地に立たされることになりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13032720/
    2017年5月8日 11時0分 アサ芸プラス

    【キムタク、嵐・二宮和也との共演で「無限の住人」が早くもタブー扱いに】の続きを読む

    1: 2017/05/07(日) 07:54:19.11 ID:CAP_USER9
    中居正広(44)がここのところ、SMAPの元メンバーの名前を立て続けに発言している。5月2日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、
    20年前の地方ライブでのエピソードに言及。宿泊先のホテルをそれぞれチェックアウトする際、草なぎ剛(42)の部屋の有料ビデオの代金が高額になったことに触れたのだ。

    話はさらに続き、その場に現れた香取慎吾(40)が、代金を安く済ませる新たな裏ワザを提示。中居は草なぎとともに感嘆の声をあげたというものだ。

    「3日放送の『ナカイの窓』(同)では、稲垣吾郎(43)の名前を出しています。『吾郎ちゃんいるじゃないですか。
    稲垣吾郎ちゃん、ゴルフ1人でやるのよ』と自ら切り出し、そんな稲垣を『気持ち悪い』と切り捨てて笑いをとっていました」(芸能ライター)

    一体どうして中居は盟友の名前を次々と口にするようになったのか?

    ■移籍先が円満に決まった?

    「彼のことですから、自分の発言が話題となり、またネットニュースに載るということまで計算しているのでしょう。
    この背景にあるのはやはり、SMAPという盾がなくなった今、使えるネタは出し惜しみせず、存在感を強めようとする意図も見え隠れします。
    ゴールデン進出を遂げた『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)は初回7.6%と少し低調でしたから、
    ほかの冠番組も盛り上げなければという危機感も若干あるのかもしれません」(エンタメ誌記者)

    ファンの中には、解散しても切れない絆を強調しているという声もある。
    だがもう1つ濃厚な説としてのぼっているのが、木村拓哉(44)を除くほかメンバーとともに他事務所への移籍が内定したことで、
    あえて名前を出してアピールしているのかもしれないというものだ。

    業界関係者も、

    「移籍先が円満に決まった安堵感が、彼をそうさせているのかもしれません」

    と話す。だとすれば、事務所に忠誠を誓い、残留した木村の名前は二度と中居の口から出ないということにもつながる。
    ファンにとってはその奇跡を信じて待つほかないのであろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1307629/
    2017.05.07 07:00 デイリーニュースオンライン

    【キムタクだけ除外?中居正広がSMAPメンバーの名前を公言し始めたワケ】の続きを読む

    1: 2017/05/07(日) 17:11:58.18 ID:CAP_USER9
    主演映画の公開に併せて木村拓哉(44)が最近、メディアをジャック。昨年のSMAP解散騒動やNHK紅白歌合戦欠場についてもカッコいい言葉で振り返り“いい人アピール”に必死だ。
    これを取り上げるメディア側は猫もしゃくしもヨイショしまくりだが、SMAP全盛期を支えたある人物にこんな愚痴をこぼされたら、木村の言葉は白々しくしか聞こえない。

    「その昔、SMAPの代表曲をいくつも手掛けた音楽プロデューサーをクビにするという、あり得ないことをやらかしたのが木村。
    10年近くジャニーズを干されてるから言うわけじゃないが、俺は木村が大嫌い。
    その性格の悪さ、ナルシシストぶり、年上にも上から目線の洗礼は、SMAP人気が絶頂のころ散々受けたからね」

    木村主演映画の製作に何本か関わったスタッフからもこんな苦情が…。

    「彼、自分の出番がない撮影現場にも顔を出すのはいいけど、ずっと立ったままなの。
    スタッフが気を使ってイスを用意しても、頑として座らない。高倉健さんをマネてるんだろうけど、
    スタッフからしたらたまったもんじゃない。“空気読めよ!”って感じですよ」

    外ヅラはいいが、実は現場で嫌われていた木村が、SMAP内でどんな存在だったかは推して知るべしだが、
    他のメンバーとの溝を深める決定的なきっかけは2000年末、工藤静香(47)とのデキちゃった婚だったとの指摘もある。

    00年11月23日のSMAPコンサートツアー最終日、木村はライブ後の会場で緊急単独会見。
    同日朝の結婚報道を受け、未入籍だが近々結婚し、静香は妊娠4か月だと明かした。「舞台裏はそりゃ大変だった」と振り返るのは当時のツアー関係者だ。

    「SMAPをずっと面倒見てきたIマネジャーも欺かれ、現場は“ロンバケ(1996年の連ドラ『ロングバケーション』)やラブジェネ(翌97年の連ドラ『ラブジェネレーション』)
    で共演した松たか子ならよかったのに、なんで静香なんだ?”って空気。当時すでに木村君のことを操れる人が誰もいず、SMAPは4対1に割れていた。
    『何でアイツだけこんなワガママ通用するんだよ!』と他のメンバーたちはブ~ブ~言ってた。Iさんも『どうせすぐ別れるから』とサジを投げてる感じだった」

    だが木村&静香夫妻には01年に長女、03年には次女が生まれる。メンバーからは「木村だけ好き勝手やって」と疎まれていたという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13030484/
    2017年5月7日 16時30分 東スポWeb

    【キムタク“いい人”アピールを無にする悪評の数々】の続きを読む

    1: 2017/05/03(水) 05:02:50.90 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 5/3(水) 5:00

     元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

     2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

     元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

     「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

     7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。


    映画化される「検察側の罪人」
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170503-00000000-spnannex-000-2-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

    【【元SMAP×嵐】キムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演】の続きを読む

    1: 2017/05/02(火) 18:46:32.55 ID:CAP_USER9
    4月29日、木村拓哉(44)主演の映画『無限の住人』が公開された。PRのため木村拓哉は、
    NHK『あさイチ』、日本テレビ『火曜サプライズ』、フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』など、人気番組に次々に出演。
    その中でキムタクが最も多く出演した局がテレビ朝日だった。テレ朝は、この映画の製作委員会に名を連ねている。つまり「出資元」という事情があった。

    「『報道ステーション』や『徹子の部屋』のほかに、高校時代の同級生でもあったマツコ・デラックス(44)の『夜の巷を徘徊する』、
    さらに深夜1時前の『お願いランキング』など、番組の規模に関わらずキムタクは出まくっていました。
    また公開前日の朝には、『グッド!モーニング』とその後の『モーニングショー』に“はしご”して生出演するほどの気合の入れようでした」(週刊誌記者)

    そんななりふり構わぬ怒涛の露出をしていたにもかかわらず、元メンバーである香取慎吾(40)が司会を務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)には出ていないことに対し、
    「SMAP解散の原因は不仲ではない」と強く信じているファンもさすがに違和感を覚えているようだ。

    「1週間前の4月22日の『スマステ』には、かつての盟友・中居正広(44)が、ゴールデンに進出する『中居正広のミになる図書館』(同)の番組宣伝のために出演。
    久々のメンバー再会にファンは歓喜した。当然、キムタクにも映画告知のために出てほしい、と期待感が高まったのですが、
    『無限の住人』公開初日の夜、『スマステ』で香取の隣にいたのは、デビュー20周年を迎えた人気デュオ・ゆずの2人。
    こうした異変に気付いた視聴者は多かったようです」(前出・記者)

    ■過去、10回以上の出演歴があるキムタクなのに…?

    『スマステ』にはこれまで10回以上出ている木村。2年前の2015年4月11日には、5日後に迫ったテレ朝のドラマ『アイムホーム』の宣伝のために出演し、仲良くトークしていた。
    今回もファンは解散以来の“共演”を待っていたのだが……。

    「ちなみに5月6日の『スマステ』のゲストは及川光博(47)が決定済み。映画『サクラダリセット』(後篇)公開の宣伝のために出演します。
    及川は『アイムホーム』や1月クールのドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)でも木村と共演しているだけに、
    少しでも『木村』にまつわる話が飛び出せばと、ファンは一縷の望みを持っているがどうなることやら」(前出・記者)

    もう二度と、香取と木村との共演はないのだろうか? ファンならずとも気になるところである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1306235/
    2017.05.01 19:00 デイリーニュースオンライン

    【中居は良くてキムタクはダメ?香取慎吾と共演できない違和感の深層 [】の続きを読む

    このページのトップヘ