タグ:キムタク

    1: 2018/11/14(水) 21:55:38.286 ID:wHVbDhLVa
    あるの?

    【お前らがキムタクに勝ってるところ】の続きを読む

    1: 2018/11/13(火) 08:15:05.17 0
    no title

    【キムタクの娘ついに父親とのツーショットを披露!】の続きを読む

    1: 2018/11/11(日) 13:30:19.41 ID:CAP_USER9
    俳優の木村拓哉(45)が11日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、芸能界デビューについて語った。

     マツコがテレビ出演を増やした裏に「ものすごく熱心に口説いてくれた人がいた」ことを明かすと、木村も「自分も全く一緒かな」と同調。「他の(メンバーの)話を聞くと自分で書類に写真貼って、全部記入して、封筒に入れてお願いしますって感じで履歴書を送るみたいな話を聞くんだけど、全然違う」とし、親戚が無断でジャニーズ事務所の選考に応募したことを明かした。

     中学2年の終わりごろの話として、「いついつに来てくださいっていうのも、アンチだったから嫌だって言って、4回ぐらいバックレて。5回目に『やりたくてもやれない人がいるから1回行ってみなさい』って言われて行った」といい、「『ジャニーっていうのがいるから会ってくれ』と言われて。ジャニーズ事務所に対してもむしろアンチだったから(知識がなくて)、ジャニーって聞いたら頭の中は外国人じゃん。外国人さんを探してもいないから、おじちゃんに『ジャニーさんどこにいるんですか?』って聞いたら、『僕だよ』って。『とりあえず踊っちゃいなよ』って言われた」と秘話を語った。

     マツコは「(学校で)『あの人ジャニーズらしいよ』みたいな噂は回るじゃん。今だから言えるけど、『ふーん、こんなものなのね』って最初思った」と切り出し、「あんた、だんだん顔ができてきた」と当時を回顧。木村が「そういう言い方するなよ。ただでさえ整形疑惑あるんだから」と笑うと、マツコが「そんなのあんの?これは加齢よ。この人いじってないです。可愛い感じだったのよ最初は。途中からキリっとしだしたの。スイッチが入ったのかなって思った」と完全否定していた。

    2018年11月11日 12時25分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15579044/

    【<キムタク>ジャニーズ入り秘話!ジャニーズ事務所に対してもむしろアンチだったから(知識がなくて)」】の続きを読む

    1: 2018/11/06(火) 12:34:29.44 ID:uGUwTOSza
    no title

    【キムタクさん、足が遅すぎる】の続きを読む

    1: 2018/11/08(木) 19:03:49.14 0
    教えて

    【キムタクの作品でこれだけは見とけ!ってやつある?】の続きを読む

    1: 2018/11/06(火) 00:59:04.01 0
    全盛期 no title

    現在 no title

    【【悲報】キムタク急激に老けるwww】の続きを読む

    1: 2018/11/04(日) 13:25:42.74 ID:CAP_USER9
    俳優の木村拓哉(45)が4日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。
    ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、プライベートでの親交などについて語った。

    番組冒頭で木村が「本日のゲストはこの人、マツコ・デラックスさんです!」と紹介すると、
    マツコは「すごいね、あんた。そこが超一流なんだね。急にスイッチが入れられるんだ。こんなに声張るんだね」と早速イジり。
    プライベートで木村と会ったことがあるか?との問いには、「会ったことあるってしとくと、色々と言ってしまうから、ないってことにする?」とおどけた。

    普段のマツコの様子について、木村は「リアルトトロみたいな感じ」と表現。
    「普段の方が好きかな。マツコ・デラックスを背負っている必要がないから。言葉が大げさじゃない。思ったことをポロっと出している」とし、
    「テレビでは波動砲みたいにエネルギーを放っている」と笑った。

    マツコは自身の“キャラ”の誕生秘話を告白。「高校卒業する年ぐらいかな?遊びに行くときに女装していたのよ。完全に趣味だったの」とし、
    「そういうことしていると、目立ってくると、イベントとかパーティーやっている人に『ちょっとステージ上がってよ』って言われるようになってくる。
    小遣い稼ぎにやります、みたいな感じでやったりとか、女装仲間が自分でやっているイベントにゲストでちょっとやってくれないってところから、
    商売みたいになってきたわねっていうのが始まり」と明かした。

    当時から木村はスターとしてテレビなどで活躍していたが、マツコは「すごい意地があったと思うんだけど、あなたと同じ学校で近くにいたって話は自分からは本当にしなかった」という。
    「当時はテレビに出ようとか思ってなかったけど、今思うと、私がおとなしい人間だったとしたら、飲みに行ったらキムタクと学校同じだったのってすんなり言っていたと思う。
    こうなった(芸能人になった)のが落ち着くのは、あなたに対して負けちゃダメみたいなのがあったから」と振り返っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545578/

    2018年11月4日 12時37分 スポニチアネックス

    【マツコ、キムタクと同じ高校だと自ら公言しなかった理由告白 キャラ誕生秘話も】の続きを読む

    1: 2018/10/29(月) 03:55:48.54 ID:zj/zClq0r
    ギフト

    【キムタク主演で一番面白かった作品】の続きを読む

    1: 2018/10/02(火) 17:58:04.89 ID:CAP_USER9
    「Koki,さんが初めて出演するのは、大塚製薬さんのドリンクCMです。これを聞いて“ピンッ”ときた方は、かなりの“キムタク通”です(笑)」(広告代理店関係者)

     10月2日に行われた大塚製薬の新CM発表会に出席した、木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,。彼女がCMキャラクターに就任したのは、大塚製薬新ブランドの健康サポート飲料『ボディメンテ ドリンク』で、9日の発売とともに出演CMもお茶の間に流れる。

    ●さかのぼること25年前

    《夢に向かって頑張る人を応援したい。努力と結果をつなぐサポートをしたい》というコンセプトから生まれたブランドだけに、「世界を舞台に活躍できるファッションモデルや作曲家」を目指すKoki,を起用したという同社。

    彼女自身も「(私も)夢に向かって努力しているので頑張りたいと思います」と、笑顔で話した。

    退場の際には“両親”に関する質問も投げかけられたが、これに応えることなく会場を後にしたKoki,だった。

    5月にモデルデビューした若干15歳は、8月に『ブルガリ』、9月に『シャネル』のアンバサダーに就任。そして10月にCM初出演が決まるなど、トントン拍子に芸能界の扉を開き続けている。

    「もちろん一般人離れしたオーラもあってこそですが、やはり“キムタクと静香さんの娘”というインパクトは、他の2世タレントとは一線を画した存在。このCM出演を機に、今後は女優・歌手デビューなど、さらなる芸能界での飛躍が期待されます。かつてお父さんがそうだったように」(芸能プロ関係者)

     さかのぼること25年前の'93年末、Koki,の父親である木村が、初めてソロとしてCM出演した商品がある。  

     笑顔、抱~きしめ、悲しみすべて、街の中から消してし~まえ~♪

     後にSMAPの代表曲のひとつ『オリジナルスマイル』もタイアップ起用された、大塚製薬を代表する栄養ドリンク『オロナミンC』だ。

     '93年10月に放送されたフジテレビ系月9ドラマ『あすなろ白書』で、ヒロインに一途な思いを寄せる“取手クン”を演じて大ブレイクした木村。そして『オロナミンC』CMに大抜擢されたのを機に、SMAPが広く認知されて国民的アイドルにまで上り詰めた、その第一歩と言っても過言ではないだろう。

     というのも当時の『オロナミンC』と言えば、絶対的な人気を誇っていた読売ジャイアンツの選手らがCMキャラクターを歴任していた時代。
    それを割ってまで起用されたのが木村。イチアイドルに過ぎなかった彼が、誰もが知る「キムタク」として飛躍した年だったのだ。

    「この背景を知る側としては、Koki,さんの抜擢はお父さんから“受け継いだ”枠と考えてしまうのが当然なのです。

    それに、あのころの『オロナミンC』は、商品購入者対象のキャンペーンも行われたことがあったのですが、賞品が木村さんのシークレット・ソロコンサート招待券でした。それ目当てにファンがこぞって購入したと言いますから、大塚製薬さんからの25年来の“お礼返し”ではないでしょうか。

    さらに言うと、いずれ実現するかもしれない親子CM共演への“布石”ということも(笑)」(前出・広告代理店関係者)

     Koki,が芸能界入りを決めたことに対して、「(親父の背中を)見せるしかない」とテレビのインタビューで話していた木村。この世界を知っていくほどに、娘は父親の偉大さを知ることになるだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00013466-jprime-ent

    【Koki,大塚製薬CM起用のウラにあった、“25年前のキムタク”へのお礼返し】の続きを読む

    1: 2018/10/02(火) 15:05:43.51 0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【キムタクの娘が加工なしだと佐々木と田口を足して2で割ったハロプロ顔な件】の続きを読む

    このページのトップヘ