タグ:キスマイ

    1: 2019/10/15(火) 18:00:50.57 ID:j4KL98O+9
    Kis-My-Ft2の北山宏光が10月23日に発売される雑誌「anan」2173号の表紙およびグラビアページに登場する。

    北山がソロで「anan」の表紙を飾るのは今回が初めて。北山は“骨でカラダ調整”を特集テーマにした本号で、鍛え上げた健康的かつセクシーな体を披露している。
    グラビアはパーカスタイル、デニムスタイル、ライダーススタイル、ニットスタイルの4パターンで撮影。インタビューでは自分の体との向き合い方や仕事をするうえで
    自身の軸になっていることについて、Kis-My-Ft2のメンバーから学んだことも交えて語っている。

    ■ 北山宏光 コメント
    この仕事をする人間として、普段から決まったメニューを継続していいラインをキープすることは常に意識しています。この撮影が決まって、さらに自分のカラダと
    向き合ってコンディションを高めてきました。鍛えてきたカラダを披露できるのはうれしいです。

    音楽ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000000-natalien-musi
    no title

    【【キスマイ】北山宏光「anan」初ソロ表紙、鍛え上げた体を披露】の続きを読む

    1: 2019/10/06(日) 02:29:51.53 ID:rpsmRTm/9
    女優の吉岡里帆(26)が5日放送のフジテレビ系「もしもツアーズ」で、燃える闘魂・アントニオ猪木(76)のこん身のモノマネを披露した。

    番組で東京・新宿の小田急百貨店で開催されている北海道物産展を訪れ、サンマの焼き寿司を食したもしツア一行。番組が18年目に突入したとあって、
    レギュラーのキャイ~ン・ウド鈴木が吉岡に「吉岡さんが、もしツア18年目をおめでたいということで、御祝いの言葉、ぜひ、おめでたいギャグをやりたいってことで」とムチャぶりした。

    「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!言ってないよぉ~」と抵抗していた吉岡だが、いざ始めるとノリノリ。

    下あごを突きだして「18年目のもしツア、元気ですかっ!?本日はとてもおめでたいお祝いごとなのでやらせていただきます。皆さま、ご唱和ください!行くぞっ!イチ、ニイ、サン、マーッ!」と絶叫し、猪木ばりに右腕を突き上げた。

    キャイ~ンの2人は笑いをこらえきれなかったが、福原遥とKis-My-Ft2の千賀健永は硬直。千賀は「ちょっと下品ですね」と突き放し、吉岡は「やだー、頑張ったのに~」としゃがみ込んでいた。

    ちなみに吉岡は先月24日に行われたテレビ朝日系ドラマ「時効警察はじめました」のイベントでも、猪木のモノマネを豪快に決めている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17188222/
    2019年10月5日 19時12分 デイリースポーツ

    no title


    【吉岡里帆、猪木モノマネさく裂! キスマイ千賀「ちょっと下品ですね」】の続きを読む

    1: 2019/09/02(月) 08:03:10.94 ID:sWn3Mo+n9
     テレビ朝日系で放送中の実験バラエティー『10万円でできるかな』。きょう2日(後8:30~9:48)は、
    サンドウィッチマンとKis-My-Ft2のフルメンバーによる宝くじ企画で、高額当せんが続出した模様を放送する。
    さらに、俳優の菅田将暉が番組初登場、5月6日放送の“スクラッチくじ削り旅”で高額当せんを連発した吉田沙保里も参戦する。

     あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく番組。
    今回挑戦したのはサマージャンボ宝くじ&サマージャンボミニ。1等・前後賞合わせて7億円もの賞金が当たる…かもしれない、
    あの夢とロマンにあふれた宝くじを10万円分購入し、この夏一番の勝負に出る。
    すると…菅田&吉田もビックリ仰天!? 高額当せん連発で、“番組史上初の快挙”までも達成! その全貌がついにオンエアされる。

     今回は3つのグループに分かれて、本気で高額当せんを狙うことに。
    サンド&吉田&北山宏光&藤ヶ谷太輔&玉森裕太&千賀健永は“宝くじのプロが教える必勝理論”にのっとり、サマージャンボを購入。
    一方、菅田は最新の買い方=ネット購入で、サマージャンボを買いまくる。
    さらに、宮田俊哉&二階堂高嗣&横尾渉はサマージャンボミニを購入し、開運スポットで当せん祈願をして勝利を狙うことに。
    視聴者にとっても参考になる必勝法をそれぞれ実践しながら、全員が高額当せんを目指して突っ走っていく。

     そんな中、菅田が初参戦にして“もってる男”ぶりを発揮するなど、夏の甲子園にも負けない(!?)
    劇的なサマージャンボ・ドラマが次々と展開はたして誰がいくら当てたのか…!? そして“番組史上初の快挙”の実態とは!? 
    “令和初のサマージャンボに賭けた者たちの熱闘”、その一部始終を見届けるべし

    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/o/539804/

    【サンド&キスマイ、サマージャンボ宝くじで番組史上初の快挙を達成】の続きを読む

    1: 2019/07/17(水) 10:31:45.98
    こいつらの人気だけはどうしても理解できないんだけど
    わかる人いる?

    【最近の人気ジャニーズ キンプリ←わかる 関ジャニ←わかる 平成ジャンプ←わかる セクシーゾーン←まあわかる キスマイ←これ】の続きを読む

    1: 2019/07/16(火) 07:08:12.49 ID:5wHo6sxq9
    2019-07-16 04:00
     Kis-My-Ft2のシングル「HANDS UP」が、初週19.6万枚を売り上げ、7/22付オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得。
    これで「デビュー曲からのシングル連続1位獲得作品数」を、「Everybody Go」(2011年8月発売)から24作連続に更新した。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.oricon.co.jp/news/2140161/full/
    (最終更新:2019-07-16 04:00)

    【【キスマイ】シングル24作連続1位】の続きを読む

    1: 2019/06/16(日) 13:22:27.49 ID:pvM25oGw9
    ジャニーズ事務所のグループ・Kis?My?Ft2(キスマイ)の玉森裕太が10日、都内で行われた主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した様子を、各メディアが報じている。
    玉森は、キスマイのメンバーの北山宏光や宮田俊哉が同作を鑑賞したことを明かし、「宮田さんからは『ちょっとエロかった』と言われました」と激白。

    最もドキッとした劇中のセリフとして、「もう、あいつと寝たの?」を挙げて生披露したが、「こんなセリフ、もう実生活では言うことないでしょうね」と照れていたという。

    「大ヒット御礼という割には、観客動員数も累計の興行収入も明かされず、動員に苦戦していることが明らかになった。
    ジャニーズの映画でよくあるのが、イベントの際にはファンが客席を埋め尽くすため、ヒットしているような感じに思わせられてしまう」(イベントを取材した記者)

    キスマイは5月6日の東京ドームから2年連続となる5大ドームツアーをスタートさせた。
    また、お笑いコンビ・サンドウィッチマンと出演しているテレビ朝日系バラエティー番組「10万円でできるかな」はもともと深夜枠だったが、今春からゴールデンに昇格したのだが…。

    「ジャニーズとしては、この先、どうやって売っていったらいいのか頭を悩ませている。
    というのも、もはやグループとしての“伸びしろ”がない状態で、このままではこの先、どんどん影が薄くなってしまいそう。
    ちなみに、ドーム公演は席が余って転売屋は原価割れで売りさばくほどだった」(芸能記者)

    ジャニーズといえば、今年に入って新会社が設立され、タッキーこと滝沢秀明氏が社長に就任した。
    もっぱら、猛烈にジャニーズJr.の売り出しに力を入れており、一部では、その方向性にSexy Zoneのメンバーが不満を漏らしていることが報じられていた。

    そのうち、現状の体制に不満の声を上げるキスマイのメンバーが出そうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1877942/
    2019.06.16 12:00 リアルライブ

    【ジャニーズJr.の勢いに押されあのグループがピンチ?】の続きを読む

    1: 2019/05/27(月) 17:11:55.35 ID:38rHUObo9
    一般人を嘲笑!『キスマイ』玉森の“俳句”に非難続出「性格悪過ぎる」

     『Kis-My-Ft2』の玉森裕太が5月23日、『プレバト!!』(TBS系)にゲスト出演した。共演者とは一風異なる斬新な俳句を詠みスタジオを笑いに包んだが、一部視聴者からは「一般人をばかにしている俳句だ」と非難する声も聞こえてくる。

     出演者が俳句を詠み、専門家がランキング付けしていく同番組。この日は「5月の昼休み」が題材だった。テーマに添えられた写真には、日中、暑い中半袖で店に行列を作る人たちの姿が写されていた。

    この日、元たいそうのおにいさん小林よしひさ、コラムニストの犬山紙子氏、片岡鶴太郎らと順位を競うことになった玉森だが、5人中最下位に。
    同番組に出演してきた「Kis-My-Ft2」のメンバーが詠んだ全91句の中でも2番目に低い「20点」の評価が下された。

    ■俳句に若者言葉を盛り込み専門家ドン引き

     玉森が詠んだ俳句は「炎天下 待ち行列に 草生える」というもの。「草生える」は〝笑い〟を表わすネットスラング。昼休みに行列を作る人たちを「笑える」と表現したことに、浜田雅功は「失礼や!」と思わず声を上げた。
    玉森は「涼しい喫茶店に入ればいいのに、行列を作っているところがおかしい」と俳句を詠んだ理由を説明した。しかし、柴田理恵や梅沢富美男は「草生えるって言うのね…」と「草生える」の意味が分からなかった様子だ。

     審査した俳人の夏井いつき氏も「論外だよ」「ネット用語を使ってはいけないとは思っていないが、伝わる(ように)工夫しなさい」と玉森に説教。「どう(直)していいのか分からない」と呆れた様子を見せた。

     玉森ファンからは笑う声も出たが、視聴者は、

    《玉森性格悪過ぎて草》
    《玉森やばくね… 炎天下の行列みて草生えるとか…》
    《草生える面白いけど、並んでるのとか店とかバカにして、上から見てる感じ》
    《玉森の句、「あいつら炎天下で行列とかバカじゃねwww」ってすげー最悪な内容だな……》
    《炎天下の行列を見て草を生やすのは、あんまりかっこよくない》

     などと非難していた。

     昼休みにランチの行列に並ぶのは、社会人なら普通のこと。視聴者が怒るのも無理はないだろう。

    まいじつ 2019.05.24 11:00
    https://myjitsu.jp/archives/84310


    キスマイ玉森 ネットスラングで俳句をつくり"最高"と話題に「プレバト!!」出演が話題

     人気芸能人には本当に才能があるのか?をランキング形式で専門家が評価する「プレバト!!」(MBS系)。5月23日の放送では、Kis-My-Ft2・玉森裕太さんがゲストとして登場し、「爪痕を残した」と話題になっています。

    ■「一番下は宮田ですか?」キスマイ史上、下から2番目?

     最初のコーナーはプレバト内でも人気の俳句を作るコーナー。今回のお題は、「都会のキッチンカーに集まる、5月の昼休み」。
    奇をてらってネット言葉を使った玉森さんは100点中20点で、今回の挑戦者の中で最下位という結果に。過去にキスマイメンバーが詠んだ全91句のうち、何と下から2番目だったそう。

     それを聞いた玉森さんは、「一番下は宮田ですか?」と当たり前のように聞きます。
    一番下は北山宏光さんの13点とのことでしたが、残念そうにとぼとぼと最下位のイスに向かう玉森さんに、MCの浜田雅功さんは「メンバーに早くオンエア見てほしい!!」と笑いを誘っていました。

    ■「草生える」ネットスラングを使って俳句を詠む玉森

     今回玉森さんが詠んだ俳句は「炎天下 待ち行列に 草生える」。"草生える"とは、"(笑)"を意味する「www」が草に似ていることからきたネットスラングで、
    暑い中涼しい場所行けばいいのに、わざわざ外に並んでいる人を見て笑っているという様子を詠んだようです。

     ゲストの梅沢富美男さんや柴田理恵さん、俳句の先生も意味を知らなかったようで、文字通り植物の草が生えるという意味だと勘違い。
    俳句の先生は「ネット用語は使っていいけど伝わる工夫をしなさい!」と初めて修正に「www」の英字を入れ、ルビで「草生える」と付け足しました。

     最初は草生えるではなく「かっこわら」にしようと思ったという玉森さんに、先生は更に怪訝な表情を浮かべます。浜田さんは「(ネット用語使うなんて)初めてで面白かった」と大笑いでした。

    (※以下略)

    COCONUTS 2019/05/24 10:39
    https://coconutsjapan.com/entertainment/kismyft2-tamamori-purebato/14513/

    >>2-5あたりに、キャプチャー画像)

    【ネットスラングを使ったキスマイ・玉森の俳句「炎天下 待ち行列に 草生える」に夏井先生激怒で草生える】の続きを読む

    このページのトップヘ