タグ:イッテQ

    1: 2019/09/22(日) 11:19:12.97 ID:VGZ4fsem9
    9月15日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、番組レギュラーの手越祐也がロケ企画に登場した。

    手越が登場したのは、番組特製カレンダーに使う世界各地の写真を撮影しに行く恒例企画『カレンダープロジェクト』。『ロッチ』の中岡創一、『ガンバレルーヤ』、宮川大輔らが撮影した1月~5月分の写真に続き、手越は6月の担当としてポルトガル・アゾレス諸島へ向かうこととなった。

    VTR冒頭には、番組スタッフが手越にロケ概要を説明する場面が流され、「カレンダーの季節がやってきました」「おっ!やってきましたか」とのやり取りが。すると、ここでスタッフは「実は手越くんに視聴者からメールが来ていまして」との話を切り出し、「今年行われたシャッフル企画、手越くんだけシャッフルされていないという話が…」と、5月のオンエアに対する質問が届いていたことを明かしていった。

    シャッフル企画とは、レギュラー陣が「イッテQ!」の各企画を担当する出演者と入れ替わってロケに挑む、番組恒例のお祭り的企画。今年5月のオンエアでは、イモトアヤコの「珍獣ハンター」に「ガンバレルーヤ」よしこ、出川哲朗の「はじめてのおつかい」に『ANZEN漫才』みやぞんが入れ替わって出演していたが、手越はレギュラーにもかかわらず、この企画に参加していなかった。

    手越自身も知っていた〝手越降板説〟
    すると当時、手越がプライベートで問題続きだったことも相まって、本サイトをはじめとした各所では「手越イッテQ!降板説」が浮上。ネット上では降板がまことしやかに囁かれていたが、今回の放送では、当時、手越が参加しなかった理由が『NEWS』のツアーを優先するためだったことが明かされた。

    さらに、手越自身もこの降板説を知っていたようで、VTR内のスタッフとのやり取りでは「(ツアー優先のため不参加という)そういう判断をしたことで、『手越イッテQ降板すんじゃねぇか説』が流れて…」と苦笑いでコメント。その後も「〝説〟って怖いよね。自由だから(笑)」と続け、自身の状況をネタにしながらスタジオの笑いを誘っていった。

    この発言に視聴者も笑ってしまったようで、ネット上には、

    《手越イッテQ降板説を本人もスタジオもめちゃくちゃ笑ってんじゃんwww》
    《降板説をネタにしちゃうところほんと手越祐也すき》
    《手越くん直々に否定されるのは草通り越して花咲き乱れた》
    《ウワサされてるの知ってたんだな(笑)》

    などの声が。また、「番組は手越をロケに投じることで暗に降板を否定しており、降板どころか〝手越愛〟に満ちている」と、ポジティブな見方を示すファンも見られている。

    とはいえ、手越が問題行動を起こし続ける限りは、いくら番組内で否定しようとも〝説〟がやむことはなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2012805/
    2019.09.22 10:32 まいじつ

    【『イッテQ!』手越祐也が“降板説”を完全否定! 出番減の理由とは…】の続きを読む

    1: 2018/11/15(木) 06:46:07.42 ID:CAP_USER9
    no title


    先週号で報じた「橋祭り」デッチ上げ疑惑は大騒動に発展した。日テレは現地コーディネート会社に責任をかぶせ、「やらせ」を否定。そんな折、小誌に寄せられた新疑惑――。NEWSの手越祐也が参戦した「カリフラワー祭りinタイ」の実態を現地で徹底取材した。

    「最大の問題は、番組が他国の祭り、文化を捏造したことです。もし海外メディアが韓国の祭りを東京で開催したら、日本人はどんな反応をするのか。そう考えたらいかに失礼かわかるはずです。それに番組によるでっち上げのケースは、『ラオス橋祭り』だけではなく、他国でも存在します。その一つが昨年2月に放送されたタイの『カリフラワー祭り』です」(番組関係者)

    本文:7,978文字

    最終更新:11/14(水) 16:00
    記事提供期間:2018/11/14(水)~2019/7/12(金)
    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-10000440-bunshuns-ent
    --------------------------
     日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した。

    「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

     だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

    「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

     さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担していることなどが分かった。

     日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のように答えた。

    「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

     また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

     11月15日(木)発売の「週刊文春」では、タイでの“祭り”の詳細や宮川大輔の番組にかける思い、下請けに責任を押し付ける日本テレビの対応について、6ページわたって詳報している。

    この記事の全文は下記サイトで購読できます
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-10000440-bunshuns-ent
    https://news.line.me/issue/bunshun-cp/direct?utm_source=oa-shukanbunshun&utm_medium=banner&utm_campaign=none&oa_id=oa-shukanbunshun

    11月14日
    http://bunshun.jp/articles/-/9660

    【【文春砲】「イッテQ!」手越祐也参戦の「カリフラワー祭りinタイ」にもデッチ上げ証言 日テレが謝罪】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/08(日) 22:22:46.25 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/08/kiji/20171008s00041000344000c.html
    2017年10月8日 20:59

     「嵐」の松本潤(34)が8日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)にゲスト出演。
    お笑いタレント・宮川大輔(45)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」100回目記念スペシャルを盛り上げた。

     松本と宮川は、タイで行われた「田植え祭り」に参戦。田んぼに設置された4メートルの平均台と45度の上り下りの坂、そして、足を取られる底なし沼を突破し、苗を植える田んぼのトライアスロンに挑んだ。

     1分以内でゴールすることが予選通過の目安となるレースだが、今大会は地元の猛者たちが予想以上の好記録を連発。
    そんな中で登場した松本は、泥だらけになりながら53秒72の好記録をマークし予選通過を決めた。“お祭り男”の宮川は45秒05を叩き出し、予選1位で決勝に進んだ。

     直後に行われた決勝では松本が抜群の身体能力を見せ、予選から大幅にタイムを縮める43秒72を記録。優勝が期待された宮川は45秒91に終わった。

     最終順位は、松本が優勝者とわずか0・28秒差の2位。宮川が3位となった。
    宮川とともにトロフィーを受け取った松本は「大輔さんには勝てたけど、チャンピオンに勝てなかったね。1位獲りたかったんだけどな~」と悔しさをあらわにしていた。

    【【嵐】松本潤「イッテQ!」世界の祭りで奮闘 “お祭り男”宮川大輔に勝利】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/22(金) 13:24:07.00 ID:CAP_USER9
    嵐の松本潤(34)が人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の10月8日放送予定回にゲスト出演することになった。昨年末に井上真央(30)とセクシー女優・葵つかさ(27)の二股交際が報じられ、人気が急落。視聴率が好調なイッテQ人気にあやかろうとしている。同番組とジャニーズといえば、6月に元SMAPの木村拓哉(44)がサプライズ出演したのは記憶に新しい。人気が落ちたジャニーズの“駆け込み寺”のような存在になっている。

     松本の登場が予定されているのは、イッテQの“お祭り男”こと宮川大輔(45)の人気企画だ。宮川の記念すべきコーナー100回目の「世界で一番盛り上がるのは何祭り? 100回目スペシャル inタイ」に揃って登場し、タイの田植え祭りにチャレンジするというもの。

     松本がゲストに選ばれたのは、2008年の映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」で宮川と共演した関係からなどと説明されているが、表向きの目的は「放送前日の7日に松本が有村架純とダブル主演する映画『ナラタージュ』が公開となるので、その宣伝が主たる目的でしょう」と日テレ関係者は語る。

     だが本当の目的は、よくある映画の宣伝だけでは決してない。「ナラタージュ」は、妻がいる高校教師役の松本と、教え子だった女子大生役の有村架純(24)の禁断の愛を描いた作品で、とてもイッテQの主な視聴者であるファミリー層と合致するとはそもそも思えない。それでも松本がわざわざ海外にまでロケに出向いて出演するのは、松本自身にそのファミリー層の支持がどうしても欲しいからだという。

    「葵とは、恩人の中村勘三郎さんの通夜会場で知人に紹介されたのがきっかけといわれる“お葬式ナンパ”。それに加え、4年にわたって続いた“ゲス二股”報道、さらに葵による松本を連想させる“暴露”などで、松本のイメージは一気に崩れ落ち、ファンも一気に離れてしまった。コンサート会場で松本の紹介となったときには、一部のファンからブーイングみたいな声が上がったこともあったそうだ。そこでイッテQで頑張る姿を見せて、新たなファンをつかもうという作戦。それだけちびっ子、その親たちに対するイッテQの影響力は大きいからです」と芸能プロ関係者。

     日曜午後8時枠のトップをひた走り、視聴率好調のイッテQには、ジャニーズからNEWS・手越祐也(29)がレギュラー出演している。

     5月に映画「無限の住人」でカンヌ映画祭に行った木村も、出川哲朗(53)のパパラッチコーナーにセレブの一人として登場した(放送は6月)。

    「今までの木村だったらこういう形で出演することは絶対になかった。だけど、SMAP解散・退社騒動で取り返しがつかないほどイメージ、評判が落ちてしまったことで、イッテQ人気に頼った形となった。ジャニーズの幹部はイッテQの影響力を高く評価しており、今後、不人気となったジャニタレが出演するというのが“方程式”となりそうだ」(前出関係者)

     ちなみに昨年、不倫騒動を起こしたベッキー(33)は、もともとはイッテQのレギュラーメンバーなのだが、騒動後、いまだ復帰できていない。

    「それは裏を返せば、番組の視聴者であるファミリー層に対し、不倫は完全にNGということ。松本の場合は不倫ではないですが、ビッグネームということで、かろうじて番組側もOKしたのでしょう」(テレビ関係者)

     ベッキーが木村や松本のように、スペシャルゲストとして再び番組に出演できる日が来るのかも気になるが、松本がこれでイメージアップできるのかにも注目だ。

    2017年9月22日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13647011/

    【【嵐】<松潤>人気回復へ“キムタク方式”導入!「イッテQ!」でイメージアップ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/17(日) 22:40:25.57 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1715082
    2017.09.17 20:55

    嵐の松本潤が、10月8日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(19:58~)に出演することが発表された。

    松本は、映画で共演した“お祭り男”宮川大輔の記念すべき100回目の祭り参加を祝うためにサプライズで登場。「世界で一番盛り上がるのは何祭り?100回目スペシャル inタイ」と題し、「タイの田植え祭り」に参戦する。

    同イベントは、田んぼに設置された4mの平均台と45度の上り下りの坂、そして足を取られる底なし沼を突破し、苗を植える田んぼのトライアスロン。過去に宮川が準優勝しているため、今回は優勝を狙う。

    松本は、田んぼでドロドロになるこの祭りに不満と負けん気が爆発。1分切れば優勝も夢ではないと言われ、練習で50秒台の好成績を叩き出すが、無敵のチャンピオン含め、地元の猛者たちも予想以上の好記録を連発していく。(modelpress編集部)

    【【嵐】松本潤「イッテQ」記念すべき100回目の祭りに参戦 宮川大輔と田んぼでドロドロに】の続きを読む

    1: 2017/08/07(月) 07:51:25.72 ID:CAP_USER9
    手越祐也「イッテQ!」降板が回避できた「決め手」はベッキーだった!?
    2017年8月6日 17:59
    http://www.asagei.com/excerpt/86244
    no title


     いまやジャニーズ事務所の最大の問題児となったNEWSの手越祐也。
    その手越を巡ってテレビ業界では、レギュラー出演する「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から降板させられるとの噂でもちきりとなっている。

    「手越にはもはや数えきれないほどの女性スキャンダルがあり、日曜ゴールデンタイムの番組としては彼の出演には問題があった。
    さらに犯罪者と交流があったことさえ明らかになり、これではさすがにシャレにならないと降板は確実視されている状況だ」(番組関係者)

     ところが当の手越はイエ口ーカードこそ突きつけられているものの、降板というレッドカードは免れているというのである。
    そこにはジャニーズ事務所という大きな後ろ盾があることも大きいが、それ以上にキーマンになっているのが同番組のプロデューサーだという。

    「その番組プロデューサーは局内きっての人格者として、業界内でも評価の高い人物。『イッテQ!』の持ち味であるファミリー意識の高さも、彼の人柄の反映でしょう。
    それゆえ彼は、不貞騒動を理由にベッキーを降板させたことを非常に後悔しており、手越については守るという意向を示しているそうです。これには悪童・手越も感激し、
    『番組のために命を賭ける』と誓ったとさえ言われています」(番組関係者)

     ファミリーの中には一人くらいヤンチャ者がいても不思議はない。ここは「改心」したという手越の今後の言動に注目したい。

    (浦山信一)

    【【NEWS】手越祐也「イッテQ!」降板が回避できた「決め手」はベッキーだった!?】の続きを読む

    1: 2017/07/31(月) 09:27:39.78 ID:CAP_USER9
     30日に放送された日本テレビ系バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時)の平均視聴率が19・6%だったことが31日分かった。

     5月7日20・6%、14日21・2%、21日21・0%、28日20・2%、6月4日21・6%、11日20・6%、18日22・2%、25日20・3%と8週連続で20%の大台超えを続けていたが、その後、7月2日18・2%、9日18・9%、16日18・3%と3週続けて大台超えを逃した。前回4週ぶり20%超えの20・4%を記録したが、今週は惜しくも20%割れ。2週連続の大台超えはならなかった。

     「イッテQ!」は2月5日の「イモトWT99か国の軌跡―」が22・5%と、2010年2月21日放送回で記録した22・6%に続く番組史上2位の数字を記録。同12日の「祝10周年 イモトWT(ワールドツアー)に草刈正雄がやって来た!2時間SP」も22・6%を記録した。

     今回は「NEWS」の手越祐也(29)がイモトアヤコ(31)に代わって「ワールドツアー」でベトナムへ。現地の魅力と触れ合いをテーマにした「テゴ散歩」に挑む様子などが放送された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    2017年7月31日9時9分
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170731-OHT1T50090.html

    【【NEWS】手越が「イッテQ!」でアノ週刊誌ネタをいじられるwww】の続きを読む

    1: 2017/07/07(金) 17:17:45.07 ID:CAP_USER9
    木村拓哉が日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』に営業を仕掛けているという。

    「ジャニーズ事務所の思惑としては、中居正広のレギュラー出演番組が多い日本テレビに木村を差し込んで、
    元『SMAP』メンバーのふたりのバランスを取ろうということでしょう。初めはゲストで出演してという感じのようです。
    木村の責任でもないのに“解散責任”を背負わされ、マーケティング調査でも嫌われ始めた木村の好感度を上げるためにも、ジャニーズ事務所は調整しなくてはなりません。
    これまで木村は、ほとんど日本テレビとは縁がなかったので、これを機会にドラマなどの出演へのきっかけにしたいという思惑があるのでしょう」(芸能関係者)

    この木村の日本テレビへの進出を、巨人ファンの中居は面白く思っていないようだ。

    「不快感を示したというより、中居は木村に対して『おまえ、俳優じゃないのかよ。いつから芸人枠になったんだよ』というスタンスで“バラエティー”へ進出されるのを面白く思っていないはずです。
    木村は気の利いたアドリブを言えるわけではありません。
    前にマツコ・デラックスと出演した『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)という番組でも、マツコにフォローされまくっていました」(同・関係者)

    一説には、マツコと番組を持つという情報も錯綜していたが、これはマツコ側が「木村の未来を背負うなんて荷が重すぎる」として断ったようだ。

    「早ければ8月にも、木村はゲストでイッテQに出ます。
    同じジャニーズ事務所の手越祐也や、イモトアヤコ、またスタッフも『話題になるならウエルカム』だとして歓迎しているといいます」(同・関係者)

    ■ 木村を歓迎しない人物も

    だが、気になる情報がある。

    「歯を食いしばって初期から番組を支えた宮川大輔が、あまり木村を歓迎していないということです。
    同番組はまさに世界の果てまでタレントが行くから価値がある。
    『いまさらどこにも行ってないタレントが何を言いよんねん。どっか行ってからこんかい』というのが宮川の本音でしょう」(同・関係者)

    木村がバラエティー番組でそれなりに愛嬌を振りまいておけば、おすぎに「中居君の嫌なところを散々見てきた」と暴露されてイメージを下げている中居との立場が逆転するかもしれない、という見方もある。

    「木村のバラエティー進出については、妻の工藤静香の助言が効いたと言えます。
    木村もそろそろ50歳へと向かい、とても若者とは呼べない年齢。
    落ち着いてパネラーとして見識あるところを見せないと、嫌われている若い女性層を取り込めません」(同・関係者)

    木村がバラエティー番組へ“行ってQ”になり、成功を収めることはできるだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/25592

    【木村拓哉が「イッテQ」へ積極果敢に出演交渉中】の続きを読む

    1: 2017/06/11(日) 20:35:38.46 ID:CAP_USER9
     11日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に
    元SMAPの木村拓哉(44)が“サプライズ出演”を果たした。

     タレントの出川哲朗(53)と谷まりあ(21)が世界の大物スターやセレブと一緒に
    写真撮影するミッションに挑戦する「パパラッチ出川」。今回の企画で出川は
    カンヌを訪問。カンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩くスターを柔道着姿で直撃した。
    暫くすると、時代劇「無限の住人」の公式上映に合わせてカンヌを訪れていた木村の姿が。
    出川と谷は興奮を隠せず、主演を務めた木村に写真撮影を直談判。木村は快く応じ、
    出川の自撮り写真に納まった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000157-spnannex-ent

    【キムタク「イッテQ!」“サプライズ出演” 出川パパラッチ企画で撮影応じる】の続きを読む

    このページのトップヘ