タグ:イチゴ

    1: 2018/01/30(火) 14:42:57.30 ID:+ATaycR90
    糖度16、海外でも評判

     農家が育成し昨年2月に品種登録を受けたイチゴ「咲姫」が、平均糖度16という甘さを武器に、海外からも引き合いが強い有力品種に育っている。
    佐賀県白石町の中村和好さん(65)が作り上げた新品種で、開発のきっかけは、人気アイドルグループのTOKIO。
    メンバーがイチゴの品種改良をする姿をテレビで視聴し、見よう見まねで育成に成功した。ブドウ並みの甘さが自慢。「TOKIOにも、ぜひ食べてもらいたい」と中村さんは笑う。(金子祥也)

     ある日、イチゴの出荷を終えた中村さんは、何気なくつけたテレビにくぎ付けになった。放映していたのは、イチゴの品種改良にTOKIOが挑戦する企画。
    メンバーがよどみない手つきで未熟花に花粉を付ける様子を見て、「自分もやってみよう」と思い立った。

     当初は趣味として取り組む考えだったという中村さん。テレビの情報だけで改良に着手した。
    JAや試験場に問い合わせたり本を読んだりもしなかったが、初めから交配はうまくいったという。

     2年目には、着花数が少なく摘果の手間が省ける株の選抜に挑戦。食味は期待していなかったが、交配でできた株が付けた実を試食して驚いた。
    イチゴ栽培歴40年の中村さんをうならせるほど、甘い品種に仕上がっていたからだ。

     開発した品種「咲姫」と名付け、翌年にはハウス1棟の品種を「さがほのか」から切り替えた。
    現在は20アールのハウス全てで「咲姫」を栽培し、年間4万5000パック(1パック 300グラム)を出荷している。
    「TOKIOがいなければできなかった品種。ぜひ食べてもらいたい」と話す。

     中村さんが生産する「咲姫」は、9割が地元のJAさが白石地区を通して市場に出荷する。数量が少ないため、出荷先は反響が大きかった大阪市場に限定した。
    取り扱う仲卸業者の販売先で最も大きいのが海外だ。他品種のイチゴと同じ便で、連日香港の業者に輸出している。
    出荷するイチゴの品種は仲卸業者に任されているが、「咲姫」だけは指定があるという。仲卸業者は「味が確かな支持を得ている証拠だ」と実感する。
    果皮が硬めで棚持ちが良いため、海外輸送が多いにもかかわらずクレームはほとんど入らないという。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14228484/

    【イチゴ農家「TOKIOがイチゴの品種改良やっとる…ワイもやってみるか」】の続きを読む


    【【KAT-TUN】イチゴを食べまくる【タメ旅 2/19】】の続きを読む

    このページのトップヘ