タグ:いい人

    1: 2018/07/07(土) 05:24:15.83 0
    昨日のMステでやたらモー娘をフォローしてくれるし、ツッコミくれるし
    娘の話にリアクションしてくれるし、モー娘が歌ってると後ろでノリノリだし
    この前の関ジャムのモー娘特集でも凄い扱い良くしてくれたしありがたいわ

    【関ジャニの村上っていい奴だよなwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/09/28(木) 09:13:27.39 ID:CAP_USER9
    現在“充電期間”としてグループ活動を休止しているKAT-TUNメンバーの中で、もっとも露出が多い亀梨和也。今年4月期の主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)では共演の山下智久と「亀と山P」を結成して主題歌を担当し、8月には『24時間テレビ』(同)のメインパーソナリティーを務め、現在はソロコンサートを開催中。それ以外にも、スポーツ番組のレギュラーやCMを抱えるなど多忙を極めている。もともとグループ内でもずば抜けた人気を誇っていた亀梨だが、業界評もかなり高いようだ。

     ある撮影で、亀梨と一緒に仕事をしたというスタッフは、「いろんなジャニーズタレントを見てきたけれど、亀梨くんほど礼儀正しいジャニーズは見たことがない。芸能人の中でもトップクラス」と絶賛。

    「撮影終了の合図がかかって、みんなで『お疲れ様でした~』とあいさつした後、普通の芸能人ならすぐに控室に帰っていくのが当たり前。スタッフに頭を下げながら去って行くのは良い方で、仕事が終わった途端にかったるい感じで退場する人だっています。しかし、亀梨くんは笑顔であいさつしてスタジオの出入り口まで歩いて行ったと思ったら、そのままそこで立ち止まったんです」

     ほかのスタッフ達も「どうしたのかな?」と困惑したものの、とりあえず片付けに取り掛かったとか。結局、亀梨はスタッフが片付け終わり、スタジオを出て行くまでずっとその場を動かなかったという。

    「実は、亀梨くんはスタッフが仕事を終えるまで待つためだけに、そこに立ち続けていたんです。スタッフが1人、また1人とスタジオを出ていくたびに、改めて『今日はありがとうございました』と伝え、最後の1人にまでお礼を言い終えてから帰って行きました」(前出のスタッフ)

     たまたま次の仕事までに余裕があったのかもしれないが、それならなおのこと、さっさと1人になって休んでも良かったはずだ。特に、亀梨が忙しいのは周知の事実なのだから、早々に控室に消えて行っても誰も変に思わなかっただろう。

    「ぶっちゃけ、あきらかに態度の悪いジャニーズだっています。それだけに、亀梨くんの礼儀正しさには感動しました」(同)

     その人となりこそが、亀梨が愛される理由といえそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359350/
    2017.09.28 09:00 トカナ

    【【KAT-TUN】亀梨和也の“裏の評判”を取材したら…とんでもない結論が!】の続きを読む

    1: 2017/05/07(日) 17:11:58.18 ID:CAP_USER9
    主演映画の公開に併せて木村拓哉(44)が最近、メディアをジャック。昨年のSMAP解散騒動やNHK紅白歌合戦欠場についてもカッコいい言葉で振り返り“いい人アピール”に必死だ。
    これを取り上げるメディア側は猫もしゃくしもヨイショしまくりだが、SMAP全盛期を支えたある人物にこんな愚痴をこぼされたら、木村の言葉は白々しくしか聞こえない。

    「その昔、SMAPの代表曲をいくつも手掛けた音楽プロデューサーをクビにするという、あり得ないことをやらかしたのが木村。
    10年近くジャニーズを干されてるから言うわけじゃないが、俺は木村が大嫌い。
    その性格の悪さ、ナルシシストぶり、年上にも上から目線の洗礼は、SMAP人気が絶頂のころ散々受けたからね」

    木村主演映画の製作に何本か関わったスタッフからもこんな苦情が…。

    「彼、自分の出番がない撮影現場にも顔を出すのはいいけど、ずっと立ったままなの。
    スタッフが気を使ってイスを用意しても、頑として座らない。高倉健さんをマネてるんだろうけど、
    スタッフからしたらたまったもんじゃない。“空気読めよ!”って感じですよ」

    外ヅラはいいが、実は現場で嫌われていた木村が、SMAP内でどんな存在だったかは推して知るべしだが、
    他のメンバーとの溝を深める決定的なきっかけは2000年末、工藤静香(47)とのデキちゃった婚だったとの指摘もある。

    00年11月23日のSMAPコンサートツアー最終日、木村はライブ後の会場で緊急単独会見。
    同日朝の結婚報道を受け、未入籍だが近々結婚し、静香は妊娠4か月だと明かした。「舞台裏はそりゃ大変だった」と振り返るのは当時のツアー関係者だ。

    「SMAPをずっと面倒見てきたIマネジャーも欺かれ、現場は“ロンバケ(1996年の連ドラ『ロングバケーション』)やラブジェネ(翌97年の連ドラ『ラブジェネレーション』)
    で共演した松たか子ならよかったのに、なんで静香なんだ?”って空気。当時すでに木村君のことを操れる人が誰もいず、SMAPは4対1に割れていた。
    『何でアイツだけこんなワガママ通用するんだよ!』と他のメンバーたちはブ~ブ~言ってた。Iさんも『どうせすぐ別れるから』とサジを投げてる感じだった」

    だが木村&静香夫妻には01年に長女、03年には次女が生まれる。メンバーからは「木村だけ好き勝手やって」と疎まれていたという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13030484/
    2017年5月7日 16時30分 東スポWeb

    【キムタク“いい人”アピールを無にする悪評の数々】の続きを読む

    このページのトップヘ