カテゴリ:山下智久

    1: 2017/07/26(水) 00:16:31.71 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所の山下智久に独立の可能性が出てきた。山下は現在、ドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』
    (フジテレビ)に主役で出演中。ドラマは7月17日から始まり、初回放送の平均視聴率は16.3%で今期ドラマのなかでは1位だった。

    「過去に2期放送されたドラマの3期目で、以前の実績あるメンバーもほとんどが出演しています。宣伝費も相当に掛けているので、視聴率15%越えは
    ある程度予想されていました」(テレビ雑誌編集者)

    ドラマはドクターヘリの現場を舞台に、フライトドクターを目指して全国から翔陽大学附属北部病院救急救命センターに集まった医師たちの人間模様
    が描かれる。山下の演じる藍沢耕作はすでにドクターヘリの現場を離れ、脳外科医として活躍している。

    視聴率は上々の滑り出しをしているが、山下の演技に対する評判はあまり芳しくないものもある。

    「脚本、演出が悪いのかもしれませんが、山下は目に表情がなく、高飛車の物言いが目立ちます。敬語も使わず『~~だろ』『~~なのかよ』と、
    ぞんざいな命令口調で、患者から嫌われる医師の典型に見えてしまいます。同僚でまだ救命センターに残っている白石恵(新垣結衣)に対して
    『お前がいるからよ』と言ったのには驚きました。親や夫、彼氏でもないのに“お前”と呼ぶのは、女性が最も嫌う蔑視的な呼び方です」(同・編集者)

    私生活でも横柄な態度

    ドラマの横柄な役柄は、実物の山下と似たようなものだという話もある。過去に在籍していた『NEWS』からは、メンバーのレベルが低いという理由で脱退。
    「自分のギャラが安い」とジュリー喜多川副社長に直談判し、けんかになってジュリー氏からは「事務所から出ていけ」と言われたこともある。

    「中居正広がジャニーズ事務所を辞めたら、山下も中居に追随して辞めていたでしょう。ただし、山下は中居と親しい訳ではなく、中居の独立で起きる
    混乱に乗じて、うまく逃げようと考えていただけだと思われます」(芸能プロダクション関係者)

    山下には、ジャニーズ事務所から独立しても、芸能界で立ち回れる“奥の手”がある。山下は石原さとみと交際中であることが利用できるのだ。

    「年内にも婚約発表があるとみられますが、結婚が決まればジャニーズを辞める気持ちでいます。石原は業界の超大手のHプロ所属なので、
    山下もその系列事務所に所属させてもらえばいいのです。Hプロはジャニーズに対抗できる実力がある芸能事務所で、山下は石原と結婚できれば、
    ジャニーズを退所になっても全く気にしないでしょう」(同・関係者)

    山下には驕りがあり、それが態度に出ているようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/26960

    【山下智久がすでに「ジャニーズ独立」決意か】の続きを読む

    1: 2017/07/25(火) 09:23:52.61 ID:CAP_USER9
     俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー?ドクターヘリ緊急救命?THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第2話が24日に15分拡大で放送され、平均視聴率は15・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。

     初回は16・3%。7月クールの連続ドラマのうち、トップの好発進。2週連続の15%超えとなり、月9としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶり。

     ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター」たちの姿を中心に描く人気医療ドラマの第3シーズン。1stシーズン(2008年7月期)、2ndシーズン(10年1月期)に続き、7年ぶりに復活。藍沢耕作(山下)ら5人の医師・看護師が10年以上のキャリアを積み、人生の新たな局面に立つ。

     今回も山下をはじめ、新垣結衣(29)戸田恵梨香(28)比嘉愛未(31)浅利陽介(29)の主要キャスト5人が勢揃い。山下の“月9”主演は5回目になり、歴代3位タイ。今シリーズから脚本は「大切なことはすべて君が教えてくれた」「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」などの安達奈緒子氏に変更。演出は1st、2ndシーズンも担当した西浦正記氏ほか。主題歌は前2シリーズから引き続き、Mr.Childrenの「HANABI」。

     第2話は、藍沢(山下)が救命救急センターに戻り、1週間が経過。白石(新垣)と藍沢はフェローへの指導方針などを巡り、ぶつかり合っていた。藍沢は特に横峯(新木優子)への指導が厳しく、白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める。一方、藤川(浅利)は冴島(比嘉)の妊娠を知ったものの、本人が話さないため聞くこともできず、思い悩んでいた…という展開だった。

    2017年7月25日 09:05
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/25/kiji/20170724s00041000327000c.html

    【山P主演「コード・ブルー」第2話15・6% 月9で3年ぶりの2週連続15%超え】の続きを読む

    1: 2017/07/23(日) 13:44:53.80 ID:33V7sKNm0
    その結果卒アルでワイだけ無表情

    ほんと山ピー責任取れや

    【山下智久(山P)に影響されて卒アルが悲惨な事になったんだが・・・】の続きを読む

    1: 2017/07/12(水) 16:21:52.14 ID:IqLo4lVx0
    いうほどか?

    【山Pっていうほどイケメンか?】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 20:58:21.64 ID:gaj2YVsW0
    ウエイト板ではちょっとした話題になってる模様
    no title

    【【画像】山P、とんでもない体になる】の続きを読む

    1: 2017/07/19(水) 13:26:14.92 ID:CAP_USER9
    今クール(7~9月期)の連続テレビドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の第1話が17日、放送された。
     

    白石恵(新垣結衣)がリーダーを務める翔陽大学附属北部病院の救命救急センターは、深刻な人手不足に悩んでいた。
    ある日、救命患者が搬送されてきた際に呼び出された脳外科医で元救急医の藍沢耕作(山下智久)は、その深刻さを目の当たりにする。

    窮状に危機感を抱いた救急医の緋山美帆子(戸田恵梨香)は白石に対し、なんとか藍沢を呼び戻すために説得するよう嘆願。
    白石は藍沢に相談するも、断られてしまう。
     そんななか、祭で大規模な事故が起こり、白石ら救急医は総出で現場に向かうも、人手不足に加えて、
    若いフェローたちも使い物にならず救命作業は難航する。

    そしてある建物のなかで小さな子どもが障害物に挟まれた状態で発見され、白石が現場に向かうと、脳の異常が起こっている兆候を察知。
    他の救急医たちはそれぞれ患者への対応で手が塞がっており、白石は迷った末に藍沢に電話をかけ応援を求める。

    ヘリコプターで駆けつけた藍沢は、子どもが挟まったままの状態で現場で開頭手術を行い、一命をとりとめる。

    そして後日、ついに藍沢が自らの意思で救急センターに戻ってくるところまでが放送された。
     
    このほか、冴島はるか(比嘉愛未)が妊娠するも多忙な夫・藤川一男(浅利陽介)へその事実を告げられないという葛藤や、突然に三井環奈(りょう)が休業を宣言し緋山らが反発するも、
    実はその理由が三井の子どもが難病を抱えていることを緋山が偶然知るなど、救急センター内の医師たちの多彩な人間ドラマも描かれている。
     

    第1話を見た感想としては、エンタメ性も満載でドラマも細部までつくり込まれており、十分に楽しむことができる作品に仕上がっていると感じた。
    救命現場のシーンはリアル感に満ちており、随所で挟まれるしっかりとキャラクター設定された医師たちの軽妙な掛け合いトークもおもしろい。

    それぞれの医師たちが抱える悩みなども丁寧に描かれており、バラエティ豊かな人間模様が繰り広げられている点は好印象だ。
     

    フジテレビ月曜夜9時台の連ドラ、いわゆる“月9”はここ最近、視聴率低迷が続いていたが、本作は高い視聴率が期待できるのではないだろうか。
     
     

    しかし、ひとつだけ気になるのが、主演の山下のセリフが常に棒読みで、しかもずっと無表情のままで、「もはや演技をしていないレベルではないか……」という違和感を感じてしまうという点だ。
    そもそも山下がまったく医師に見えないという根深い問題も、この違和感を助長させている。

    山下がセリフを話したり画面に登場するたびに、テンポよく流れていたドラマの流れが止まってしまうのだ。はっきり言って、山下には主演は無理ではないかと感じてしまった。
     
    同じ現象は前クールの月9作、『貴族探偵』でも起こっており、その主演も山下と同じジャニーズ事務所所属の相葉雅紀(嵐)だったが、月9は2クール連続で主演ジャニタレにドラマをぶち壊されているといえよう。

    また、主演であるにもかかわらず、山下のドラマのなかでの存在感が薄すぎるというのも、『貴族探偵』とまったく同じ現象だ。
     
    せっかく期待が持てる『コード・ブルー』だが、山下のせいで台なしになってしまわないかが懸念される。
    (文=米倉奈津子/ライター)



    2017.07.18 ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19828.html

    【<コード・ブルー>山Pのセリフ棒読み&無演技がドラマぶち壊し!主演無理が露呈か?】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 09:06:31.47 ID:CAP_USER9
     俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」
    (月曜後9・00)が17日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は16・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

     ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター」たちの姿を中心に描く人気医療ドラマの第3シーズン。1stシーズン(2008年7月期)、
    2ndシーズン(10年1月期)に続き、7年ぶりに復活。藍沢耕作(山下)ら5人の医師・看護師が10年以上のキャリアを積み、人生の新たな局面に立つ。

     今回も山下をはじめ、新垣結衣(29)戸田恵梨香(28)比嘉愛未(31)浅利陽介(29)の5人が勢揃い。山下の“月9”主演は5回目になり、
    歴代3位タイ。今シリーズから脚本は「大切なことはすべて君が教えてくれた」「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」などの安達奈緒子氏に
    変更。演出は第1シーズン、第2シーズンも担当した西浦正記氏ほか。

     1stシーズンの初回は21・2%、2ndシーズンの初回は18・8%。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000079-spnannex-ent

    【山P主演 月9「コード・ブルー」初回16・3%の好発進】の続きを読む

    1: 2017/07/15(土) 11:41:52.01 ID:CAP_USER9
     松居一代のみならず、芸能情報もネット先行の時代なのか。女優の石原さとみ(30)と、
    ジャニーズ事務所の「山P」こと山下智久(32)が9月中に結婚発表へとの臆測情報がネットで
    盛り上がり、芸能マスコミが裏取り取材に奔走する事態になっている。 

     発端はネットのニュースサイト。石原が出演している映画「忍びの国」(公開中)の
    インタビューで、「大切なものは、20代で築いたと思っています。そして、30代になった今は、
    その大切なものや人たちを大切にしていきたい」といったコメントをしており、これが結婚の意思を
    示唆しているのではないかと報じたのだ。

     ベテラン芸能記者、青山佳裕氏はこう言う。

    「火のないところに煙は立たぬの通り、何か根拠があるのかも知れない。大体、こういう
    臆測情報の発信源は近い関係者だったり、あるいは手の込んだ番宣だったりして、公には
    発表できないとか、抑えられているといった、何らかの事情みたいなものが隠れています。
    それで今回も芸能マスコミは探し回ったようですが、なかなか見つからない。石原さんも山下さんも、
    それぞれ9月以降も仕事が入っているし、
    妊娠などの情報もない。謎ですね」

     山下は7月、フジテレビ「月9」で主演ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の
    新シーズンがスタート。石原はCM8社と契約中の売れっ子で、テレビ放送の調査・測定を行う
    ニホンモニターによる「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」で新垣結衣、武井咲、
    菜々緒らと並んで4位にランクインしている。そんな超人気者2人の結婚情報である。

     事実ならビッグニュースだが、業界関係者の多くが「ない、ない」と手を顔の前でひらひら
    させているにもかかわらず、ネット上だけは臆測が臆測を呼んで、まことしやかに情報が
    拡散しているのだから不気味だ。社会学者の太田省一氏はこう言う。

    「今回はいわゆるフェイクニュースの印象が強いように思います。検証や十分な裏付けもないまま、
    いかにも事実であるかのように報じられ、その事実関係はどうかというより、そうなったら
    面白いとか、盛り上がるだろうというようなノリで、ものすごいスピードで拡散していって
    しまうのです。最近はそんなSNSなどでのネット意見をマスコミが世間の見方として扱い、
    マスコミとネットが持ちつ持たれつの関係になっていますが、これはどうでしょうか。しかも
    ネット発の場合、ほとんどが匿名で、誰が何のために言っているのか分からなかったりする。
    無責任に煽っていたり、名誉を毀損している場合もあり、慎重になるべきなのです。またネットは
    匿名とはいえ記録として残りますので、安易な加担であったりしても、後に言い逃れが通らなかったり
    するので、そのことを発信する側も心得ておく必要があります」

     先日は俳優の西田敏行について「激ヤセしたのは違法薬物のせい」「間もなく逮捕」などと
    虚偽の記事を書いていたブロガー3人が書類送検されたばかり。玉石混交のネットニュースには
    読者にも相応のメディアリテラシーが求められる時代である。

     2人の結婚情報。真夏の怪談か、はたまた……。

    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000011-nkgendai-ent

    【石原さとみ&山下智久“結婚情報”出どころの謎】の続きを読む

    1: 2017/07/14(金) 00:02:16.01 ID:CAP_USER9
    2017年7月13日 16時20分 トピックニュース

    12日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、山下智久が、ジャニーズ事務所に入った際に受けた「洗礼」を明かした。

    番組では、山下がゲストで登場し、入所時からの芸能活動を振り返っていた。入所したとき、山下は最年少の11歳であり、敬語使いに苦労したという。中学2年生や3年生の先輩にタメ口で話しかけた結果、「かなりの洗礼」を受けたそうだ。

    「洗礼」の詳しい内容は明かさなかったが、山下は萎縮し、「ヤバい、こういう世界なんだ」と、芸能界の厳しさを肌身で感じたという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13332585/

    【山下智久 ジャニーズ入所後の「洗礼」を告白「ヤバい、こういう世界なんだ」】の続きを読む

    1: 2017/07/14(金) 05:23:12.93 ID:CAP_USER9
    2017年7月13日22時11分 スポーツ報知

    山P、高校時代に「キング」と呼んでいた先輩・松潤の自宅をフグ持参で訪問

     13日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「VS嵐 豪華2時間SP」(木曜・後7時)に、17日スタートの同局系新月9ドラマ「コード・ブルー」(月曜・後9時)の出演者チームが出演。山Pこと主演の山下智久(32)が、同じ高校の2学年先輩である嵐の松本潤(33)とのエピソードを明かした。

     松本が「俺、高3の時の高1」と山Pを紹介すると、ゲスト出演していたお笑い芸人のザキヤマこと山崎弘也(41)が「一番強くなるやつね“高3の時の高1”の言い方。一番上下関係キツイやつね」と、ふたりの先輩・後輩の関係に鋭くツッコミ。

     これに松本は「仲良かったの!」と反論していたが、山Pは高校時代の話として、「知られてないんですけど、僕たち1年生の時、先に教室入ってて、朝会みたいなのが1、2、3年ってみんな一緒なんですよ。僕たちは先に入ってて、潤くんが歩いてくるのが分かるんで『あっ、キング来た、キングが来たぞ』って」と、松本を「キング」と呼んでいたことを明かし、ひそかに“恐れて”いたことをうかがわせた。

     しかし、「でも唯一、嵐のメンバーの中で家に遊びに行ったことあるんです」と山P。松本も「こないだね、山Pがうちに来てくれて飲んだんだけど、『手ぶらで来るのもなんだと思ったんで』って、皿にフグ盛ってきて。『僕の知り合いの店でやってもらったんです』って」と、山Pがさばいたフグ持参で松本家を訪問した“デキた後輩”エピソードを語った。

     すると山Pは「それもね、同じ高校出身だったヤツが料理やってて『キングのためなら作ります』って」と、今も高校時代の仲間では松本が「キング」であることを付け加えた。

     これを聞いていた二宮和也(34)は、「山P、今度うち来いよ!」と、わかりやすい“フグ狙い”でのお誘い。メンバーが爆笑する中、山Pは苦笑するばかりだった。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170713-OHT1T50260.html

    【【嵐】山P、高校時代に「キング」と呼んでいた先輩・松潤の自宅をフグ持参で訪問】の続きを読む

    このページのトップヘ