カテゴリ:Hey!Say!JUMP

    1: 2019/10/15(火) 16:50:36.17 ID:7M5h/7Pz9
    「第36回ベストジーニスト2019発表会」が15日、都内で開催。
    Hey! Say! JUMPの中島裕翔が3年連続で受賞し、殿堂入りを果たした。

    「ベストジーニスト2019」
    今年で36回目を迎える「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会が、ジーンズの良さを多くの方々に知ってもらおうという趣旨で開催しているアワード。

    「一般選出部門」「協議会選出部門」「次世代部門」の3つの部門があり、各部門ごとに毎年選出・表彰される。

    中島裕翔が殿堂入り、山本美月は初受賞
    「一般選出部門」は、総数426,516票の投票の結果、男性は3年連続受賞となる中島、女性は初受賞となる山本美月が選ばれた。

    殿堂入りとなった中島は、嬉しさが隠しきれないほどの笑顔で「本当にこれは名誉ある賞ということで…そして今年で3年連続、ストレートで取らせていただき、心なしか昨年よりもずっしりと重みを感じます。感慨無量です」と盾を手にスピーチ。「本当に投票してくださったファンの皆様、ありがとうございました」と殿堂入りできたことに感謝した。

    そして初受賞の山本は「この度は歴史ある賞をいただき、誠にありがとうございます。まさか自分がいただけるとは思っていなかったので、すごくビックリしています」と驚きの様子で、「普段からジーンズを愛用しているので、8万人近い方々が私のことを頭におきながら投票してくださったことが嬉しいです。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

    「協議会選出部門」では、出川哲朗、長谷川京子、E-girlsが選出。
    E-girlsからは代表して楓が発表会に登壇。
    このほか、「協議会選出 特別貢献賞」に、パナソニック株式会社代表取締役専務執行役員/コネクティッドソリューションズ社社長の樋口泰行氏、本年より新設された「次世代部門」に、第31回ジュノンスーパーボーイコンテストにてDDセルフプロデュース賞を受賞した現役高校生・井手上 漠、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」でブルーリボン賞の新人賞をはじめ多くの新人賞を受賞している石橋静河が受賞した。

    第36回「ベストジーニスト2019」TOP10
    <男性>
    1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)…126,853票
    2位:ジェジュン…97,776票
    3位:永瀬廉(King & Prince)…24,646票
    4位:高橋恭平(なにわ男子/関西ジャニ―ズJr.)…23,120票
    5位:西島隆弘(AAA)…21,324票
    6位:正門良規(Aぇ! group/関西ジャニ―ズJr.)…14,738票
    7位:末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニ―ズJr.)…13,041票
    8位:増田貴久(NEWS)…11,945票
    9位:森田美勇人(7ORDER project)…9,022票
    10位:小瀧望(ジャニーズWEST)…8,504票

    <女性>
    1位:山本美月…79,502票
    2位:新木優子…62,204票
    3位:今田美桜…25,595票
    4位:石原さとみ…21,370票
    5位:中条あやみ…17,630票
    6位:新垣結衣…16.555票
    7位:山本彩…12,320票
    8位:白石麻衣(乃木坂46)…11,941票
    9位:滝沢カレン…10,821票
    10位:森星…10,131票

    http://mdpr.jp/news/detail/1882944

    山本美月
    no title

    昨年に引き続き、マイケル・ジャクソンのターンを披露した中島裕翔(昨年とは違うバージョン)
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/zEUT/hm/zEUTajLOGpO3qnd4Jwpzqp7fw2RBvK4taD_ucPSsnTw.jpg
    殿堂入りした中島裕翔、初受賞した山本美月
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/23tZ/wm/23tZMi0DvTIIrks_SExVXb1QSx6b3vq7EQogG4x8VnM.jpg
    (左から)井手上 漠、石橋静河、山本美月、出川哲朗、長谷川京子、楓
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/0hNf/wm/0hNf5CO8ElXWqnUG_4_0OBhFAziozszMMc4qJlHkt3o.jpg

    【【ベストジーニスト発表】山本美月、初受賞!Hey! Say! JUMP中島裕翔が殿堂入り】の続きを読む

    1: 2019/05/28(火) 22:58:13.58 0
    no title

    no title

    【山田涼介に花飾りをかけた笠原桃奈がジャニヲタに叩かれてる件wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2019/08/23(金) 14:51:03.21 ID:OONuRq5N9
    2019年8月23日 12時17分
     Hey!Say!JUMPの中島裕翔につきまとい行為をした疑いで、都内在住の20代女性が逮捕されたことが23日、分かった。デイリースポーツの取材に対し、所属事務所が概ね事実を認めた。

     女性はつきまとい行為を繰り返していたことから、警視庁から警告を受けていたが従わなかったため、逮捕となった。

     Hey!Say!JUMPのファンについては、一部の熱狂的なファンの公共交通機関利用のマナーが改善されないため、今年5月にアリーナツアーが見送りになると発表されたばかり。近年、メンバーの新幹線の移動時に一部ファンがホームに殺到したり、飛行機の搭乗ゲート前の通路をふさぐなどして、一般利用者に迷惑をかけることが問題となっていた。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16969658/

    【【平成ジャンプ】中島裕翔につきまとい行為をした疑いで、都内在住の20代女性が逮捕される】の続きを読む

    1: 2019/06/13(木) 18:07:53.432 ID:HOvJnNZO0
    なぜこんなに前髪を固めるのか・・・?

    no title

    no title

    no title

    【【画像】ジャニーズの伊野尾慧さん、前髪が不自然にテカるwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2019/06/05(水) 03:15:45.51 ID:8lv1nTgM9
    ◆ 【ツアー中止】Hey!Say!JUMP 実は「メンバー脱退騒動」

    ◇ 報道が出た直後にツアー中止発表の謎

    ジャニーズの人気グループ Hey!Say!JUMP(以下:平成)が、5月19日に事務所公式サイトで、今年の全国ツアーを中止すると発表し、波紋が広がっている。

    「一部の暴徒化したファンの迷惑行為が、さんざん警告したにもかかわらず、一向に改善されないことに対し、遂に事務所側が決断を下した形になった。その後、各女性週刊誌がジャニーズの迷惑ファンの特集記事を掲載し、一種の社会問題となっている」(ジャニーズに詳しい芸能記者)

    ジャニーズの狂信的なファンは『オリキ』といわれ有名であるが、それを通り越した犯罪スレスレの行為を繰り返す者たちを『ヤラカシ』と呼び、平成に関わらず、先輩グループや後輩グループも悩まされてきた問題である。

    「迷惑行為を通り越して、完全に犯罪となり警察のやっかいになったファンもいる。ジャニーズは、なんだかんだいって“ファンありき”の商売というのを理解しているので、あまり報道が表沙汰にならないようにちゃんとケアしていた」(同前)

    そんな事務所側の甘さに付け込んだヤラカシどもの迷惑行為の果ての今回のツアー中止は、現代のアイドル活動に一石を投じる形となった。しかし、ジャニーズにとって全国ツアーは“ドル箱営業”の一つ。

    「ファンクラブ会員にチケットを優先的に売るため、まずはその会費で稼ぎ、そしてツアーではチケット代はともかくグッズが飛ぶように売れる。あとはライブDVDで更に稼ぐ。まさに3段活用で、それをまるまる中止にするのはいささか不自然」(元J関係者)

    たしかにSMAPや嵐など、平成の何倍も人気のある先輩たちは、中止などせずに実施していた。

    「その辺りのビッグネームは規模が違い過ぎるので、警備員の数も桁違い。要は予算が違います。現在はSNS全盛期。平成の場合はファンもSMAPファンなどに比べたら親子ほど年が違うので、グループLINEで連絡を取って徒党を組みやすく、色々な情報が広まりやすいのも一因」(同前)

    どうやら熱狂的すぎるファンにも問題がありそうだが、もっと気になるのが、ちょうどこのツアー中止の数日前に噴出したある報道だ。

    「主要メンバーの中島裕翔(25)が平成からこの秋にも脱退すると一部夕刊紙が報じた。どこまで取材した記事なのか、正直内容は薄かったが、その後にこのツアー中止発表があり、憶測が憶測を呼んでファンは混乱している状況」(ジャニーズ番記者)

    まだウワサの域を出ないこの中島脱退報道、果たして、本当にそれがツアー中止の原因なのか。

    「ツアー中止は、あくまで本当に迷惑ファンへの警告の意味がある。そして中島は、過去に報じられた女優の吉田羊との連泊報道や一般人への痴漢報道などもあったが、個人の役者業は順調で、事務所のバックアップをかなり受けているのも事実。そんな中島が脱退なんてことになったらツアー中止どころかグループの存続にかかわる問題」(同前)

    どちらにしても、もう今年の平成のツアーが行われないのは決定済み。時代が令和に変わり、平成ジャンプ自体が消滅、なんてことにならなければ良いが。(瀬戸ジーニアス)

    覚醒ナックルズ 2019.06.03
    https://k-knuckles.jp/1/5381/2/
    no title

    【Hey!Say!JUMP、ツアー中止の原因は「メンバー脱退騒動」!?】の続きを読む

    1: 2018/06/20(水) 20:42:51.82 0
    ぶっちゃけ勝ってるでしょ

    no title

    【これがジャニーズの人気グループらしいんだけどお前らのほうがマシな顔してね?】の続きを読む

    1: 2019/05/20(月) 12:49:39.77 ID:6LDn2Oh/9
    19日、ジャニーズ事務所が、Hey! Say! JUMPの毎年恒例となっていたアリーナ会場での全国ツアーを見送ると発表した。

    これまで、ファンの公共交通機関の利用マナーについて、たびたび注意してきたジャニーズ事務所。オフィシャルとしてはもちろん、メンバーからも直接お願いをしていたが、ツアー移動時に一般の客に迷惑をかける行為が収まらず、今回の決断に至ったという。

    「メンバーの八乙女光が、昨年、会員制のサイトで“マナーの悪い人が多かった”、“ライブが出来なくなる”などと注意をしていたにも関わらず、声は届かなかったようですね。関ジャニ∞の大倉忠義も一部ファンについて苦言を呈することもありましたが、まったく改善されていないようです」(エンタメライター)

    ネットでは、異例の事態に大荒れ。一部のファンに怒りを露わにする人、事務所に苦情を言う人など様々。中には、「今年はツアーをしない」と言っているのは、何か開催出来ない理由があったからで、それをファンのせいにしているのでは? と勘ぐる人までおり、まさに“カオス状態”に。また、Hey! Say! JUMPのメンバーに謝罪する人が多くいる中、謝るべきは交通機関で迷惑をかけてしまった一般の客の方だと呆れる声もあった。

    そんな中。20日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)で、同事務所に所属する風間俊介がコメント。社会全体として一部ルールを守らない人の行動が大きいとし、Hey! Say! JUMPのファンに限らず、「ルールを守って気持ちよく過ごせるように考えてくれたら」と語った。

    「ジャニーズ的にも、これだけの反応があることは承知していたでしょうから、少しでも改善されればいいんですがね。しかし、散々注意していたのに改善されないところを見ると、一部ファンが“自分じゃない”と思っているのか、もしくは、確信犯でやっているとか……。そんなやり方で応援しても、一生気持ちが届かないことが分からないのでしょう。残念です」(同上)

    この問題は、一部ファンの暴走を止める一手となるのか。改善されることを期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16486813/
    2019年5月20日 12時40分 リアルライブ

    【【Hey! Say! JUMP】ファンが怒りのツイートでネットはカオス状態に、お門違いのコメントをする人も?】の続きを読む

    このページのトップヘ