カテゴリ:NEWS

    1: 2017/03/23(木) 13:45:15.43 ID:CAP_USER9
     3月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、ゲストとしてNEWSの手越祐也(29)が登場。
    そこで手越が見せた“ある変化”が、ファンの間で話題になっている。

     この日の放送では、手越のデビュー当時のエピソードが語られた。
    小学校、中学校時代はずっと人の前に出るタイプだった手越だが、NEWSのメンバーになった当時は人気・知名度ともに最下位。
    手越はその頃の心境を振り返り、「いづらすぎてNEWSすごい嫌いでした」とコメントした。

     そこで、TOKIOの城島茂(46)が「人気の差っていうのは肌で感じるの?」と手越に質問。
    それに対して手越は、「山Pさんとかは、やっぱり(ジャニーズ)Jr.時代から人気だったので」と回答。
    元NEWSの山下智久(31)との人気の差をファンの歓声の違いで感じていたことや、
    ソロでの歌唱をなかなか担当させてもらえなかったことを語った。

     この中でファンは、手越が山下のことを“山Pさん”と呼んだことに大きく反応。
    山下がまだNEWSに所属していた当時、手越は“山下くん”と呼んでおり、SNSなどでは
    「なんだろう、すごい距離感があるような……」「なんだよ“山Pさん”って! ずっと“山下くん”呼びだったじゃん!」
    「山Pに触れてくれたことはすごくうれしいけど、かつての関係を知っているだけに呼び方が変わってるの悲しい」といったコメントが多く上がった。

    「確かに手越は昔は“山下くん”と呼んでいましたし、憧れの先輩として山下の名前を挙げていたこともあります。
    NEWSは山下と錦戸亮(32)の脱退後、他グループのファンから
    “イチゴのないショートケーキ”とからかわれていた時期もありました。そんな厳しい時代を知るファンは、
    手越の“山Pさん”という呼び方に、二人の微妙な関係を想像してしまうのかもしれません」(アイドル誌ライター)

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    日刊大衆 2017年03月23日 11時00分 公開
    http://taishu.jp/detail/27089/

    【【NEWS】手越祐也、山下智久を「山Pさん」呼びでファン騒然?】の続きを読む

    1: 2017/03/16(木) 22:40:28.41 0
    NEWSキテると思うの俺だけかな

    【SMAPの席は嵐が座るんじゃなくてNEWSが座ると思うんだよね】の続きを読む

    1: 2017/03/15(水) 23:16:24.34 ID:ZK3eFCWe0
    長瀬「軽のワゴンに乗ってるような子」
    TOKIO・手越「?」

    【手越「長瀬くんの好きな子のタイプ教えてよ」】の続きを読む

    1: 2017/03/16(木) 08:21:57.13 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ・TOKIOの国分太一が、15日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:30)で、昨年10月に誕生した第1子となる長女が、NEWSの手越祐也を見て泣きやみ、釘付けになっていたエピソードを明かした。

    この日は、手越がゲスト出演し、ジャニーズ事務所に入ったきっかけやオーディション秘話などを告白。自身の恋愛についても語り、10代のときに失恋して号泣したエピソードや、手越流の恋愛テクニックを明かした。

    そして、恋愛トークの場面で、国分が「この間、赤ちゃんが号泣していて、『あやして』って言われてあやしていたら、ちょうどうNEWSが歌番組で『EMMA』を歌っていて…うわーって泣いていたうちの赤ちゃんが、手越のアップになった瞬間にハッて見て泣きやんじゃったの」と長女のエピソードを告白。「手越だけは本当に勘弁してくれ」と笑いながら訴えた。


    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://s.news.mynavi.jp/news/2017/03/16/060/

    【【NEWS】手越、TOKIO国分の娘を誘惑する】の続きを読む


    【NEWSが好きな女性のしぐさwww】の続きを読む

    1: 2017/03/02(木) 23:04:38.79 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ「放課後プリンセス」の候補生・太田希望(24歳)が、NEWS・小山慶一郎(32歳)との親密ぶりを連想させるSNSを投稿し、ネットでは2人の交際疑惑が浮上。2月25日には太田が事務所から解雇され、ファンの動揺と混乱が一段と深まっている。

    「デイリーニュースオンライン」によると、放課後プリンセスファンが集まる大手掲示板で、2人に関する話題が投稿されたことをきっかけに、ファンが太田のブログやインスタグラムを調査。小山との交際を思わせる数々の事実が投稿されていたことを発見したというのだ。

    例えば、小山が「ハマっている」と『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で紹介していた江戸切子のグラスをはじめ、小山が持っているGUCCIのスニーカー、PRADAのバッグなどが見つかった。さらに、昨年10月に太田がハワイを訪れた日程が、小山とかぶっていたようだ。

    この熱愛疑惑にTwitterでは、

    「交際を匂わせる行為をしなければ誰も悲しむことはなかったのに」
    「ツアーで小山みた瞬間、太田希望が脳裏に浮かぶことが今から想像できる」
    「太田希望って誰?? 小山さんの彼女とか何?? いや待て、テスト前に頭が混乱やわ 落ち着け自分」

    とファンは大いに動揺した様子。

    だが、2月25日に状況は一変。「グループのルール違反が発見された」として、太田が所属事務所から解雇されたのだ。この展開に、

    「解雇=認めたも同然じゃん。太田のせいで小山担どんだけ辛いと思ってんだよ本当に今年1腹立ってる」
    「太田希望さんルール違反で解雇されちゃったの?! って事は本当に小山くんと付き合ってたってこと…か?」
    「太田さん解雇されらしたぞ~~~ 認めとるやんけこれ~~~ 小山さんなにも対応しないのだめよ 本当に怒ってるよ」

    と動揺とともに怒りの声も寄せられている。

    太田の解雇通告は終息を告げるものではなく、火に油が注がれた形となり“大炎上”。さらなる混乱を招いているようだ。今、ファンが一番求めているのは、熱愛の真偽はもちろんだが、小山本人の言葉だといえそうだ。
    (山中一生)

    (R25編集部)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00000006-rnijugo-ent

    【【NEWS】小山慶一郎の熱愛疑惑、太田希望さん解雇の結末にファン動揺】の続きを読む

    1: 2017/02/23(木) 18:47:57.73
    no title

    no title

    女性アイドルとの交際疑惑を一部で報じられたジャニーズの人気グループ「NEWS」小山慶一郎(32)が23日、メーンキャスターを務める日本テレビ「news every.」(午後3時50分~)に出演。番組ではAKB48・小嶋陽菜(28)の卒業コンサートなど芸能ニュースを扱ったが、自身の“熱愛疑惑”に触れることはなかった。

    小山の相手とされるのはアイドルグループ「放課後プリンセス」候補生(放プリユース)の太田希望(のぞみ=24)。太田が自身のツイッターとインスタグラムに小山との親密さをうかがわせる写真を掲載したことから、小山ファンから「交際」「同棲」を疑う声が上がっていた。太田が投稿した写真のサングラス、バッグ、食器などが検証され「交際の証拠」としてネット上で拡散されている。

    放課後プリンセスは23日午前1時すぎ、公式ツイッターとブログで太田が同日のライブを休演すると発表したが、理由については明らかにしていない。

    太田は2014年1月から15年1月までTBS系情報バラエティー番組「王様のブランチ」のリポーターを担当。15年9月からアイドルグループ「ハート×ストリングス」のメンバーとして活動し、今月14日に「放課後プリンセス」に加入した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000041-tospoweb-ent

    【【悲報】 ジャニーズの人気メンバー、女性アイドルの交際発覚! ジャニヲタ発狂wwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/02/18(土) 08:35:31.10 ID:CAP_USER9
    今年、放送10周年を迎えた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

    2月12日の『世界の果てまでイッテQ! 10周年記念2時間スペシャル』でも、平均視聴率22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字をマークしている。
    そしてこの放送でのNEWS手越祐也(29)の姿が、ファンの間で「ここまで体を張れるアイドルは他にいない」と話題になっているようだ。

    今回、手越は宮川大輔(44)とともにタイの「カリフラワー祭り」に参加。出だしから「オーケー! 行こうぜ行こうぜ祭りに行こうぜ~!」と、
    芸人顔負けのハイテンションで登場した手越は、ロケで宮川に顔中をシャンプーまみれにされたり、二人羽織で現地の料理を食べたりと、芸人さながらの“体当たり芸”を見せた。

    この手越の姿は、ファンにとってかなり衝撃的だったようだ。放送中からツイッターには「手越、面白すぎだろ」「宮川さんと絡む手越くん大好きだ」
    「一応アイドルだからね!」「こういうことも全力でやる手越くんには好感度上がるわ」といった称賛コメントが多数上がっていた。

    「パンツ一丁で全身に蜘蛛のボディペインティングをしたり、高所恐怖症なのにスイスで220メートルの高さからバンジージャンプしたり、
    ヘビやトカゲを体に乗せながら歌う“キラーカラオケ”に挑戦したりと、『イッテQ』での手越はジャニーズというより、もはや芸人です。

    本人もこの番組に関しては気合いの入り方が違うようで、2月12日の『チカラウタ』(日本テレビ系)では“イッテQで言ってくることはNGなしでやろうって決めてるんです”と語っていますね。
    さらに“カッコ悪いところやダサい一面も見せられるアイドルは少数。僕は少数のことをしたい”と、ふだんのチャラ男キャラらしからぬ、骨のある顔を見せていました」(アイドル誌ライター)

    『イッテQ』の放送開始からレギュラーとして活躍してきた手越祐也。

    『世界の果てまでイッテQ 10周年記念2時間スペシャル』収録後の囲み取材では、
    「自分の中で、すごくいろんなことを勉強できた番組。手越祐也という、一人の人間を作った心臓のような番組でもあります」と語っている。

    『イッテQ』は、アイドルではない「人間・手越」が見られる貴重な番組ということだろう。

    2017/2/18 06:30 日刊大衆
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170218-83597441-taishuq

    【【NEWS】手越祐也に称賛の嵐!】の続きを読む

    1: 2017/02/12(日) 21:00:27.33 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1663036
    2017-02-12 18:17

    NEWSの手越祐也が、12日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。
    2007年よりレギュラー出演している「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜19:58)の加入秘話や、番組に賭ける想いなどを赤裸々に明かした。

    当時は6人で活動していたNEWS。フロントに立つメンバーがいたにも関わらずなぜ手越にオファーが来たのかを番組チーフディレクターに尋ねたところ、
    「フィーリングで、手越くんを使ったら面白くなる気がする」と答えが返って来たという。

    手越も自身のキャラクター付けに悩んでいた時期で「歌が大好き、歌が得意、っていうのはあったけど、その時に手を差し伸べてくれたのが、まだNEWSで他のメンバーがやっていなかったバラエティーっていうジャンルだった」とポジションを開拓。
    「ジャニーズらしくないからこそモチベーションが湧いてくる」「自分がかっこ悪いところを見せたり、ダサい一面を見せたり、それを笑いに変えるジャニーズは他にいるかって言われると少数。
    僕は少数のことをしたい」とこれまでのジャニーズがあまりやってこなかったことに挑戦しようと試みたようだ。

    そんな手越でも、高所恐怖症なのに220mのバンジージャンプを飛ぶなど番組で過酷なロケがあったことを告白。
    「ロケが決まってから飛行機の中でもずっとナーバス」だったというが、集中力を切らさないために説明から実行までノンストップで行ったという。
    飛んでいる最中にはしっかりと“アイドルスマイル”も浮かべており、手越は「お世話になったイッテQに、NGや、できませんって言うのはやめようと思った」とその胸中を明かした。

    今では何事にもポジティブに立ち向かう精神が高評価を得ている手越。
    「何の仕事でも、第一に楽しむこと。ハードなことを嫌がってたら自分がつらくなるしストレスだから、だったら楽しむモチベーションに変えた方がいい」と真摯に語る姿勢に、
    視聴者からは「手越くん本当すごい。尊敬する」「手越くんの仕事に対する精神を見習いたい」「今ではしっかりNEWSでのポジションを確立してるてごちゃん素晴らしい」など反響が寄せられた。
    (modelpress編集部)

    【NEWS手越祐也を変えた「イッテQ!」加入秘話「ジャニーズらしくないからこそ」…決死の想いに反響】の続きを読む


    【NEWSとキスマイの絡みがやばいwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ