カテゴリ:タッキー&翼

    1: 2017/02/06(月) 18:40:49.27 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000571-sanspo-ent
    サンケイスポーツ 2/6(月) 18:32配信

     タッキー&翼の滝沢秀明(34)が6日、東京都内で行われた白髪染め「メンズビゲン ワンタッチカラー」の新CM発表会に出席した。

     白髪染めのCMにジャニーズタレントが起用されるのは初。1995年にジャニーズ事務所に入所し、芸能生活20年以上の滝沢は、今回のオファーに「びっくり。10代、20代じゃ想像できなかった。30代に入り、そういう年になってきたのかなと。大人になったと実感」と年月の経過にしみじみ。大人の男性像について「中身も見た目もかっこいい人に憧れる」と理想を語っていた。

    【タッキー、ジャニーズタレント初の白髪染めのCMオファーに驚き「大人になったと実感」】の続きを読む


    【【タッキー 12/26 東京 夜】ディナーショーレポまとめ】の続きを読む

    1: 2016/12/26(月) 08:45:13.86 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 12/26(月) 5:45配信

     タッキー&翼の滝沢秀明(34)が25日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で
    ディナーショーを行い、公演前の取材対応で大みそかをもって解散するSMAPについて語った。

     96年のジャニーズ??時代にバックダンサーを務めたこともあるSMAPの解散が間近に迫り
    「残念です。もっと見たいです」と寂しげな表情。
    「(解散の)話が変わってくれと思っていた」といい
    「今もそれを願っている人もいる。でも先輩が決めたことなので」と受け止めた。

     また、週刊誌の直撃取材に「(育ててくれた事務所に)感謝するのは当たり前。それが分からないのはアホ」と
    話したことが、一部夕刊紙で木村拓哉(44)以外のメンバー4人を「アホ」と批判したと報じられた件にも言及。
    「大先輩にそんなことを言うはずがない」と報道を否定し「感謝の気持ちを持つのは当たり前」という
    発言が曲解されたと主張した。

    この日は22、23日に帝国ホテル大阪で開催した初ディナーショーに続く公演。一席4万円の会場は
    550人で満席。大人の雰囲気が漂う中、滝沢はスローナンバーを中心に構成した11曲を熱唱。近藤真彦(52)の
    人気曲「夕焼けの歌」をカバーし、電飾衣装やけん玉、エアギターなど遊び心に富んだ演出も盛り込んだ。
    滝沢は「コンサートとも舞台とも違う大人な空間。こういうことができる年齢になった」と感慨深げに語り
    「手応えを感じている。来年もぜひやりたい」と熱望。自分以外のジャニーズアイドルの持ち歌を毎年
    1曲ずつ歌う構想を明かし「上の先輩から順番に歌っていきたい。来年は少年隊さん」と話した。

     ディナーショーは26日の昼夜2公演と合わせて、計5公演で2650人を動員する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000002-spnannex-ent

    【“SMAPはアホ”報道 タッキー「大先輩に言うはずない」と反論】の続きを読む


    【【タッキー 12/26 東京 昼】ディナーショーレポまとめ】の続きを読む

    1: 2016/06/05(日) 23:55:03.45 ID:6ljAn/z50
    ・A.B.C-Zをバックダンサーにして7人組ぐるーにする(ジャニーズ版の3代目JSB的な)

    【タッキー&翼が嵐くらい売れる方法を考えるスレ】の続きを読む


    【【タッキー 12/25 ANAホテル東京】ディナーショーレポまとめ】の続きを読む


    【【タッキー 12/23 帝国ホテル大阪】ディナーショーレポ】の続きを読む


    【【タッキー 12/22 帝国ホテル大阪】ディナーショーレポまとめ】の続きを読む


    【【嵐】櫻井、滝沢のサシ飲みのその後wwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/11/27(日) 16:02:23.23 ID:CAP_USER9
    「感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」

    一見すると手厳しい発言を放ったのは、タッキー&翼・滝沢秀明。「週刊文春」(文藝春秋、9月21日発売)に掲載され、
    ジャニーズファンのみならず大きな話題となったことが記憶に新しい。

    これは同誌が今年9月に滝沢を直撃取材した際のコメントで、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長と、
    SMAPの元チーフマネジャー飯島三智氏の間の“派閥問題”について問われたときに飛び出したもの。
    この発言の前に滝沢は、「派閥があろうがなかろうが、関係ないですよ。
    うちのタレントは事務所に守られているけど、それぞれ自分の仕事は自分で決めてますから」と説明。
    事務所に所属するタレントは全員、ただの少年から人気アイドルへと人生を変えてもらったことに
    「ただ恩返しをしているだけ」と語り、「感謝するのは当たり前~」というコメントに続いて発せられたものだ。

    滝沢はあくまでも「所属事務所には感謝しなくてはならない」と考えを述べているだけなのだが、この記事が出た直後、ニュースサイト「東スポWeb」が
    「滝沢秀明がSMAP糾弾! 独立組の4人は『アホ』」という見出しで「週刊文春」の記事を紹介。
    今年いっぱいのグループ活動終了が発表されているSMAPの名前を出し、滝沢がSMAPメンバーを批判したかのような記事として配信したのだ。

    今年1月に巻き起こった「SMAPの解散・分裂騒動」の際には、飯島氏が事務所を退社することにより、
    中居正広をはじめとする“独立派”と、“残留派”の木村拓哉に分かれ、グループが解散の危機にあると報じられていた。

    「東スポWeb」は、この“独立派”に対して滝沢が「痛烈に批判するような強烈な言葉を口にした」と伝えており、記事を読んだファンに大きな衝撃を与えていた。

    しかし前述の通り、滝沢は「週刊文春」のインタビューで「SMAP」という言葉は口にしておらず、“独立派”を批判したとは断定できない。

    そして、この報道に口を挟んだのが、KinKi Kids堂本光一である。

    11月25日発売の「フライデー」(講談社)には、同誌から直撃取材を受けた際の光一の写真と、SMAPについてのコメントが掲載されている。
    記者からSMAPの解散について「やっぱり悲しいですよね」と聞かれると、光一は「ええ、それはもう……」と答えており、
    同誌には「光一くんのSMAPメンバーに対するリスペクトは本物」というテレビ局関係者の証言もある。

    そして記者は、滝沢が“独立派”を批判するような発言をしていたと伝えるが、光一は「彼は別にそういう意図で言ったワケじゃない」と否定。
    また、SMAP解散について「メリー喜多川副社長の判断が強引なのでは?」という質問には、「……ボクたちみたいな中の人間でも、正直どうなっているのか、わからないんです……」と、多くは語らなかったようだ。

    直撃取材だったにもかかわらず、後輩である滝沢を冷静にフォローした光一。
    SMAPが解散した後のジャニーズを陰で支えするのは、彼のような人物になるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1234733/
    2016.11.27 15:00 ジャニーズ研究会

    【KinKi Kids光一も否定! 滝沢秀明の「独立組はアホ」報道を再検証】の続きを読む

    このページのトップヘ