カテゴリ:タッキー&翼

    1: 2018/09/14(金) 09:22:34.38 ID:CAP_USER9
    ナインティナインの岡村隆史(48)が、滝沢秀明(36)が芸能活動を引退してプロデュース業など裏方に専念することに「ジャニーズ、安泰ちゃう?」
    と期待した。

    岡村は13日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の冒頭、「びっくりしました。タッキーがもう、完全裏方という、
    ようこんな決断するよね、あの子も。こんだけスポットライトを浴びてきたのに、裏方に入りますっていう。すごいなぁと思って」と滝沢の電撃発表に
    触れた衝撃を語った。

    「だって、やっぱり1回スポットライトを浴びたら、なかなか芸能界ってやめられへんやんか。スパーンと『もう辞めます』って言ったところで、やっぱり
    戻ってきはる人も多いし。まだ若いですよ。俺なんかやったら、絶対ようせんわ」と岡村。「ジャニーズ、安泰ちゃう? こういう人が裏方でアレして」と
    私見を述べ、「ジャニーさんからどんどんバトンを受け継いでいくというか、『こういう道もあるよ』っていう、また新しい道をタッキーが作って
    いくわけやんか。すごいなぁ」と感心しきり。「頑張ってほしい」とエールを送った。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00329872-nksports-ent

    【岡村隆史、滝沢裏方専念「ジャニーズ安泰ちゃう?」】の続きを読む

    1: 2018/09/15(土) 22:58:44.65 ID:CAP_USER9
     年内で芸能活動を引退しプロデュース業に専念する滝沢秀明(36)が15日、ニッポン放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(土曜・後10時半)で、
    ファンに向けて「タッキー&翼」の解散と自身の引退を報告した。

     滝沢は「いろいろとご心配をおかけして申し訳ありません。いきなりの発表で受け入れられないとか、悲しいとか」とファンの気持ちを思いやった上で
    「悩み抜いた結果、こういった決断をしました」と語った。

     そして「この1年、お互い考える時間があって、今後どうしていくか会社、翼とも話し合った結果、今回は解散という形を取ってまた新たな道をお互い
    進んでいこうとなりました」と話した。

     また自身の引退については「ジャニー(喜多川)さんから、(ほぼ同時に)今後、後輩の育成のお手伝いをしたらと話があった」と明かし
    「タレント活動をしながら、他の人の人生を触っていくのは『どうかな』と思った」という。

     さらに「人の人生を背負うとなると覚悟を持たなきゃいけない」と引退を決めた理由を説明した。

     そして「でかい男になって、ジャニーズエンターテインメントを滝沢なりにお届けしていきたい」と決意を口にした。

     ユニットはデビュー15周年の昨年9月から活動休止中で、今月10日付で解散した。引退後は、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)の
    そばで学んできたタレント育成や舞台、コンサートのプロデュース業に専念。今井翼(36)は近く事務所を退社し、新たな一歩を踏み出す。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000203-sph-ent

    【滝沢秀明が引退報告「でかい男になって、ジャニーズエンターテインメントをお届けしていきたい」】の続きを読む

    1: 2018/09/14(金) 05:40:33.94 ID:CAP_USER9
    [ 2018年9月14日 05:30 ]
    タッキーが“校長” ジャニーさん仰天プラン 初の養成所設立

     滝沢秀明(36)が年内で芸能界を引退し、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)が手がけるタレント育成、公演プロデュースを継承することを発表した13日、ジャニー氏が事務所の公式企業サイトにメッセージを公開。滝沢が所属する新グループ会社を、スターの卵を英才教育する養成所にする構想を明かした。

     1962年創業のジャニーズで、養成所の設立は初。ジャニー氏は「私の意思を継承してくれるタレントを絶え間なく育成する養成所を設立することが永年の夢」とし「タレントたちにとって必要な基礎と応用の全てに対応できる場所をつくりたいと考えて温めてきた構想がいよいよ形になります」とつづった。

     従来所有していたレッスンスタジオとは性質が異なるという。芸能関係者は「稽古場で踊りや歌をただ覚えるというのではなく、座学も含めてエンターテインメントのイロハや理論から学んでいく、学校のような位置づけを考えているのでは」と話した。

     これまで実現してこなかった理由としては「ジャニー氏の知識や感性を、きちんと教えられる先生がいなかったことが大きいのでは」と指摘した。今回、ジャニー氏の“イズム”を知り尽くした滝沢という最適任の“校長”が現れたことで夢プランが動きだした形だ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/14/kiji/20180914s00041000040000c.html

    【タッキーが“校長” ジャニーさん仰天プラン 初の養成所設立】の続きを読む

    1: 2018/09/14(金) 17:48:28.39 ID:CAP_USER9
    9/14(金) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000001-ykf-ent

     今年いっぱいで芸能活動を引退し、来年からジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)の後継者として後進の育成や、プロデュース業務に専念することを明らかにした滝沢秀明(36)。並み居る大先輩たちを飛び越えての“後継指名”だが、いったい何があったのか。

     12日、ジャニーズ事務所が発表した。昨年9月から活動を休止しているタッキー&翼は解散。今井翼(36)は事務所を退社しメニエール病の治療に専念するという。

     滝沢の後継指名については「ジャニー社長が滝沢に提案したそう。滝沢は2006年から舞台『滝沢演舞城』に主演し10年に『滝沢歌舞伎』になってからは演出も手がけている。ジャニー社長は活動の根幹は舞台と考えており、滝沢はそれを継承できると見込まれていた」と芸能評論家の肥留間正明氏。

     とはいえ、ここ10年はジャニー社長の後継は東山紀之(51)と見られていた中、事務所全体では中堅クラスの滝沢が大抜擢されたことで、幹部候補といわれていた近藤真彦(54)や木村拓哉(45)も抜き去った形になる。

     「滝沢は舞台にも多くの後輩を起用しており、面倒見もよく、“小さいジャニーさん”と慕われているうえ、上の世代ともうまくつながっている。近藤はカーレース中心の生活で後継育成には興味がない。肝心の東山も最近は若手と交流する機会が減り人望がなく、木村も育成には興味がないという。これから若手を引っ張っていくのは滝沢しかいないという判断です」と肥留間氏。

     こんな見方もある。「ジャニー社長は現在86歳と高齢。これまでのようにデビューを控えた若手たちのプロデュースを一手に担うには、体力的にも無理がある。まだ元気なうちに滝沢を後継指名して、後ろ盾となり新路線を推し進めたいという狙いもあるのです」とマスコミ関係者。

     これから何が起きるのか。「マネジメントはジュリー景子副社長が担い、滝沢の役割はあくまでも後進育成。滝沢が先輩に対して何か行動を起こすわけではないだろうが、若手がみんな滝沢の配下になっていくことを面白くないと思う人がいて、ジャニーズを離れていく可能性は捨てきれない」と肥留間氏。

    【ジャニーさん後継はタッキーに決定 マッチ、ヒガシ、キムタク…ベテラン勢はどうなる? 退社の可能性も】の続きを読む

    1: 2018/09/13(木) 09:35:13.29 ID:CAP_USER9
     ジャニーズの人気デュオ「タッキー&翼」が解散することを12日夜に発表したが、同じ事務所の先輩であるTOKIOの国分太一(44)が
    13日朝のTBS系情報番組「ビビット」でコメントを出した。

     番組は冒頭からこの話題を取り上げ、街頭でのファンの反応などを紹介したが、今週は夏休みでスタジオに不在の国分はテロップで
    「僕より大人な選択をしたのだな、2人は。話し合って出した『結論』なのだから、きっと間違いないでしょう」とデュオ解散、
    さらに滝沢秀明(36)が芸能活動を引退し、後進の育成やプロデュース業務に専念すること、今井翼(36)がジャニーズ事務所を
    退所することに理解を示し、さらに「大きな決断をした2人がこの先に進むことがジャニーさんへの恩返しになる」とエールを送った。

     新たな進路を選択した後輩2人に「翼の真面目で素直なところはいつも感心していたし、タッキーはジャニーさんを手助けするために
    裏方になるということで、改めて尊敬できる後輩だなと思います。僕なんかより大きく成長している2人に大きな期待を込めて…」と
    今後の活躍に思いをはせた。

     未成年女性に対する強制わいせつ問題で山口達也(46)が5月にTOKIOを脱退、事務所を退所するという衝撃を経験している
    国分だけに「僕より大人な選択をしたのだな」というコメントには、重いものが感じられた。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000004-tospoweb-ent

    【タッキー&翼の解散にTOKIO・国分「僕より大人な選択をしたのだな、2人は」】の続きを読む

    1: 2018/09/13(木) 10:30:21.00 ID:CAP_USER9
     俳優の滝沢秀明(36)と今井翼(36)によるユニット・タッキー&翼が9月10日をもって解散したことが13日、わかった。
    所属するジャニーズ事務所によると、滝沢は年内いっぱいで芸能活動を引退し、同事務所でタレント育成やプロデュース業など
    裏方の仕事に専念する。病気療養で3月末から活動を休止している今井は事務所を退所し、治療に集中するとしている。
    以下、滝沢と今井によるコメント全文。

    ---------------------------
    「タッキー&翼」アーティスト活動に関するお知らせ

     平素より大変お世話になっております。

     本日は私たち、滝沢秀明と今井翼から、今までタッキー&翼を支えてくださった多くの皆さまへ大切なご報告をさせていただきたいと
    思います。

     タッキー&翼の活動休止から約1年が経過しました。それぞれの時間を過ごす中、これからの2人、そして滝沢秀明、
    今井翼おのおのの人生について、深く考える時間を持つことができました。

     それはこれまでタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼を支えて下さった皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していくことが
    できるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、
    このたび、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことにいたしました。

     タッキー&翼をこれまで愛してくださったファンの皆さま、常に叱咤激励を続けてくださった多くの関係者の皆さまのお気持ちに
    お応えすることができないままで、大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、ともに30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生を
    それぞれに見つめての決断とご理解いただけたら幸いです。

     私、滝沢秀明はタッキー&翼の解散をもって年内いっぱいで芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、
    プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に
    専念することを決意いたしました。これは、私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります。

     そして私、今井翼は現在も病気療養中の身です。まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という
    背負いも無くした状態で病気を克服し、心身ともに健康な状態になることに専念したいと思います。この先のことについては、
    全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆さまにご報告できるように
    頑張っていきたいと思います。

     繰り返しになりますが、デビューから今日まで、私たちを支えてくださった全ての関係者の皆さま、お世話になった方々お一人お一人に
    今までの感謝を申し上げたい気持ちではございますが、このような形でご報告になりましたことをお許しください。

     これからはそれぞれの道を歩むことになりますが、今までお世話になった皆さまへ恩返しができますよう、それぞれ精進してまいりますので、
    これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜れますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

    2018年9月13日 
    滝沢秀明 
    今井翼

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000300-oric-ent

    【タッキー&翼が解散!滝沢は引退し裏方に 今井は退所し病気治療に専念【滝沢秀明&今井翼 コメント全文】】の続きを読む

    1: 2018/09/05(水) 11:18:35.42 ID:CAP_USER9
    8月30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)が、滝沢秀明(36)を後継者に指名したと報じ、大きな反響を呼んだ。

    その後、滝沢の後継者争いの“ライバル”として、近藤真彦(54)、東山紀之(51)、木村拓哉(45)といった名前も各メディアをにぎわせたが、もう1名、忘れてはいけない人物がいる。

    「タッキー&翼」で滝沢の相方を務める今井翼(36)だ。

    今井は今年3月、持病のメニエール病が再発したために入院。治療に専念するため、当面の活動休止が発表された。

    「実は、今井はすでに退院しているようなんです。ですが、いまだに活動は再開されていません。もちろん退院後も治療を続けている可能性もありますが……」(芸能事務所関係者)

    今井は、2014年11月にメニエール病を発症し、活動を休止。

    このときは2か月ほどで復帰している。

    「今回の活動休止はもう5か月になりますが、これまで今井の状態についての発表はゼロ。
    5月上旬に、出演予定だった舞台『オセロー』の降板が発表された際も、病状に関する公式コメントはありませんでした。
    ここまでファンに対して何のフォローもないのは少々不自然です。
    なので、ここへきて復帰せずにこのまま事務所を退所するのでは、という見方も強くなってきているんです」(前同)

    衝撃の今井翼退所情報――。それは、今回の滝沢の後継者報道で、あまりにも静すぎる今井の動向が、逆に注目されることになったのが原因のようだ。

    「昨年9月、『タッキー&翼』のグループ活動無期限休止が発表されたときには、これは不仲による事実上の解散で、今井が独立に動くという“退所説”がささやかれました。
    もし滝沢が“後継者”になれば、事務所内に今井の居場所はなくなります。今後の動きも白紙ですし、いよいよ今井の退所説が現実味を帯びてきた、というところですね」(同)

    そもそも今井の退所説には、SMAPの解散騒動が大きく影響していたと、ある芸能記者は振り返る。

    「今井翼はSMAP派、もっといえば“中居派”なんです。中居正広(46)と今井は神奈川県藤沢市出身で、小中も同じ学校。
    2人にはジャニーズの先輩後輩という関係以上に、“地元のツレ”的な深い絆があります。
    しかし今井が中居を慕う一方、相方の滝沢は“反SMAP派”。
    大先輩ではありますが、SMAP解散・退所の騒動をよく思っておらず、そこで今井と滝沢の溝が決定的となり、グループ活動休止にまでつながったといわれていました」

    滝沢は、今井の活動休止直後の4月5日、東京・新橋演舞場で行われた舞台『滝沢歌舞伎2018』の囲み取材の中で今井について質問され、
    “まだ翼と話せていないので、僕も状況を把握しきれていない”と発言。はからずも「両者の溝」を裏づけるようなかたちとなった。

    「7月14日に放送された、中居がMCを務める『音楽の日』(TBS系)に、滝沢と三宅健(39)のユニット『KEN☆Tackey』が出演しました。
    この中で、中居が“(KEN☆Tackeyを)今井翼が見てたら嫉妬すんじゃないの?”と滝沢に話をふったんです。
    滝沢は“大丈夫です”なんて笑顔で返していましたが、これは今井をないがしろにしている滝沢への、中居流の“厳しいツッコミ”だったのかもしれません」(前出の芸能記者)

    身辺が大きく揺れているという今井翼だが、とにもかくにも早く元気な姿を見せて、ファンを安心させてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1515481/
    2018.09.05 06:00 日刊大衆

    https://www.youtube.com/watch?v=BY1E7Dd26I8


    タッキー&翼 仮面

    https://www.youtube.com/watch?v=75CRrJJHI2o


    タッキー&翼 卒業さよならは明日のために

    【今井翼「ジャニーズ退所」秒読み!? 滝沢秀明“後継者問題”も影響か】の続きを読む

    1: 2018/08/29(水) 16:37:59.36 0
    http://news.livedoor.com/article/detail/15227729/

    ジャニーズ事務所の社長をつとめるジャニー喜多川氏(86)が滝沢秀明(36)を後継者に指名していたことが、「週刊文春」の取材によって分かった。


     今回、後継者に指名された滝沢は、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきた。

     今井翼とのユニット「タッキー&翼」でデビュー後も、ジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍。
    2010年から公演を行っている「滝沢歌舞伎」では演出まで任されている。

    「事務所が肥大化していくなかでテレビの仕事が主流になりつつありますが、ジャニーズ事務所の保守本流の仕事はあくまで舞台。
    その意味でも滝沢はトップリーダーの条件を備えているのです」(ジャニーズ関係者)

     すでに滝沢はタレント売り込みのため、テレビ局詣でを続けているという。

     ジャニーズ事務所に今後の滝沢の活動について聞いたが、「担当者不在」との理由で回答はなかった。

     8月30日(木)発売の「週刊文春」では、スキャンダルに揺れるジュリー体制のきしみ、ジャニー氏とジュリー氏の路線対立、滝沢が後継者に指名された経緯、近藤真彦、東山紀之、中居正広、嵐との関係なども含め、詳報している。

    【ジャニーズ喜多川社長が滝沢秀明を後継指名キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    1: 2014/10/25(土)12:12:05 ID:czMZJfZLO
    滝沢秀明で異論ないな?唯一の欠点低身長も気にならない程のイケメン

    no title


    no title


    no title

    【ジャニーズ屈指のイケメンは・・・】の続きを読む

    CnU77CwVIAEQ2tr


    【滝沢秀明×櫻井翔がまさかの熱烈キス寸前!?】の続きを読む

    このページのトップヘ