カテゴリ:滝沢秀明

    1: 2019/10/14(月) 13:14:39.28 ID:2bAw0y1V9
    ジャニーズJr.内グループ・7MEN侍の菅田琳寧に事務所退所疑惑が上がっている。

    6月に五十嵐玲央が不祥事で退所して現在6人組グループの7 MEN 侍。菅田退所疑惑の発端となったのは、出演予定だった舞台『DREAM BOYS』を突然降板したこと。
    9月3日に初日を迎えたこの舞台だったが、降板が発表されたのは8月末。理由については「私事都合」だとされており、ファンから戸惑いの声が聞かれていた。
    その後、菅田は雑誌、ユーチューブ動画、『ザ少年倶楽部』(NHK総合)などからも姿を消し、「退所したのでは?」といったファンからの不安の声が浮上している。

    「舞台降板発表以降、公式からの説明は一切ありませんが、菅田の妹でスリジエというアイドルグループで活動している菅田音杏も、10月、11月のライブやイベントを休止することが運営で発表されています。
    そのため、『家族の都合?』『身内関係で何かがあったのか?』といった声も聞かれていますが、一方ツイッターでは、
    『女とやって妊娠させ(ヤり逃げ?)中絶の費用も出さず切って相手の女が事務所に訴えたそうです』と真偽不明の情報も。公式からの情報がない分、ファンも混乱しているようです」(芸能ライター)

    ネットの噂が真実だとすれば、不祥事による謹慎ということにもなるが、ジャニーズJr.ファンには「眉唾だ」と断罪できない理由があるという。

    「実は9月10日、ネットに出回った画像でJr.内グループ・HiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗に年内活動休止処分が下されました。画像は二人が顔を真っ赤にして寝ているものや、女性と添い寝しているもので、二人は事実を認めたとのこと。
    また、HiHi Jetsについては、メンバーの猪狩蒼弥がコンサート中、『“日本破壊”でツイートしといて!』と、コンサートの盛り上がりを形にするためにファンにハッシュタグでのツイートを呼びかけ、実際トレンド1位を獲得して物議に。
    公式サイトや後日コンサートでも謝罪がありましたが、トラブル続きという印象は否めなくなっています」(同)

    今やジャニーズ事務所副社長にまで上り詰めた滝沢秀明氏が、Jr.のプロデュースを行う会社・ジャニーズアイランドの社長に就任して以降、不祥事が連続して浮き彫りになった形に。
    ジャニーズ事務所と言えば、これまで些細なスキャンダルはスルーを貫いてきたが、滝沢社長はきちんと対応し、体質を一新させるような姿勢を見せてきた。
    しかし、その結果、トラブル連続。今が滝沢社長の真価が問われる時なのかもしれない――。

    http://dailynewsonline.jp/article/2039188/
    2019.10.14 12:10 リアルライブ

    【ジャニーズJr.、遂に退所か 滝沢社長が就任以来不祥続々で真価問われる】の続きを読む

    1: 2019/10/08(火) 04:13:49.09 ID:aapvy93W9
    https://www.sanspo.com/geino/news/20191008/joh19100804000002-n1.html

    滝沢秀明氏、ジャニーズ事務所副社長就任も「何も変わらない」

     2019.10.8 04:00

     男性5人組、A.B.C-Zの主演舞台「ジャニーズ伝説2019」が7日、東京・有楽町の日生劇場で開幕した。

     先月27日にジャニーズ事務所の副社長に就任し、演出をサポートした滝沢秀明氏(37)は報道陣から副社長就任を祝福されると、「(やることは)何も変わらないです」と照れ笑い。抱負を聞かれ、「タレントや事務所スタッフの皆さん、ジャニーさんが作ってくれた世界と会社、応援してくれているファンの皆さんとともに、変わらず引き続き、ジャニーズのエンターテインメントをみなさんに喜んでもらえる会社にしたい」と誓った。

    【滝沢秀明氏(37)、ジャニーズ事務所副社長就任も「何も変わらない」】の続きを読む

    1: 2019/10/02(水) 20:16:09.59 ID:DLL/H28b9
    9月27日にジャニーズ事務所の公式サイトで発表された新体制が注目を集めている。

     今年7月に同事務所の社長だったジャニー喜多川氏が亡くなったことにより、ジャニー氏の姪でこれまで副社長を務めていた藤島ジュリー氏が新社長に就任。
    副社長には昨年末にタレント活動を引退し、ジャニーズJr.の育成やプロデュースなどをジャニー氏から引き継ぎ、今年1月からジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任していた滝沢秀明が就任。
    滝沢は社長と副社長という二足の草鞋を履くことになる。

    「ファンの間では、滝沢がジャニーズ事務所の副社長となったことで2016年7月期放送のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)が思い出されているようです。
    このドラマで滝沢は、世界的に有名な宝飾品および銀製品のブランドであるティファニーの日本支部・ティファニージャパンの副社長を演じていたのです。
    宝飾品とタレントとの違いはありますが、人気ブランドの副社長という点ではある意味同じですからね。
    そんなこともあり、今や伝説と化している、同ドラマで滝沢演じる三好海里がエアギターを弾きまくるシーンをもう一度見たいという声が続出しているようです」(女性誌記者)

    今後ジャニーズをどのように運営していくのか、滝沢の手腕に期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/2025066/
    2019.10.02 18:00 Asagei Biz

    【滝沢秀明のジャニーズ事務所副社長就任に「あのドラマと同じ」とファン歓喜】の続きを読む

    1: 2019/09/27(金) 18:38:55.12 ID:00koOzSz9
    今年7月に社長のジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなったジャニーズ事務所の新体制が27日、明らかになった。同事務所の公式サイトで発表された。

    ジャニー氏のめいの藤島ジュリー副社長が新たに社長に就任し、昨年末にタレント業を引退した滝沢秀明氏(37)が副社長になる。ジャニー氏の姉で副社長だった藤島メリー氏は、会長に就任する。同事務所史上、会長職が置かれるのは初めて。

    滝沢氏は昨年末にタレント活動から引退し、ジャニー氏からジャニーズJr.の育成やプロデュース面を引き継ぎ、今年1月にジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任していた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17147065/
    2019年9月27日 17時56分 日刊スポーツ

    【滝沢秀明氏ジャニーズ副社長、引退し子会社社長経て】の続きを読む

    1: 2019/09/07(土) 05:11:05.15 ID:58Nf+x159
    9/7(土) 4:00 スポニチアネックス
    衝撃の退所発表も…滝沢秀明氏、錦戸&関ジャニにエール「これからも応援」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000001-spnannex-ent


     ジャニーズJr.のSnow Man、SixTONES(ストーンズ)が出演する舞台「少年たち To be!」(7日開幕)の公開稽古が6日、東京・日生劇場で行われた。7月9日に亡くなったジャニー喜多川社長(享年87)に代わり演出補佐を務める滝沢秀明氏(37)が取材に対応。前日5日に退所を発表した関ジャニ∞の錦戸亮(34)について「ジャニーさんは事務所を辞めた人も応援していた。関ジャニや錦戸をこれからも応援していく」と語った。

     滝沢氏は36歳だった昨年9月、芸能活動を引退して裏方に専念することを発表した。錦戸は34歳の決断。「年齢的にも先のことを考えるのは当然のこと。いろんな経験ができる場所にいますし、まだ体力のある今だからということもある」と理解を示した。

     “ジャニーさんイズム”の後継者として、退所するメンバーへの考え方も踏襲。「ジャニーさんは“どこにいても、輝いていればいいんじゃない”というスタンスだった。受け入れたメンバーも凄い。これからも関ジャニや錦戸を応援していきます」とエールを送った。

     4日に行われたジャニーさんのお別れの会には、郷ひろみ(63)ら元ジャニーズのタレントも多数参列。「“原点はジャニーさんだよ”という言葉を聞いた。辞めていく人の心のどこかにそういった思いがあればいい」と話した。

     ジャニーさんが亡くなったことで、アイドル帝国が揺らぐのではないかとの声もあった。錦戸の退所は昨年10月からメンバー間で話し合い、今年3月末には決まっていた。滝沢氏はジャニー社長の不在と退所は「全く関係ないと思います」とキッパリ。今後の事務所について「全員がジャニーさんのイズム、温度感を絶対に感じている。今まで以上にジャニーさんの温かさを感じていくことになると思う」と団結を強調した。

    (おわり)

    【滝沢秀明氏、錦戸&関ジャニにエール「これからも応援」】の続きを読む

    1: 2019/07/14(日) 11:20:22.78 ID:H8FtV8Ln9
    ジャニーズを率いたジャニー喜多川社長が亡くなり、所属タレントが次々と追悼のコメントを寄せている。嵐のメンバーはコメントを発表。
    TOKIOの国分太一はMCを務める「ビビット」(TBS系)の生放送で、ジャニー氏への思いを涙ながらに語った。少年隊の東山紀之は「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)で、故人との思い出を振り返っている。

    メリー喜多川副社長から「ウチのトップ」とされた近藤真彦もまた追悼のコメントを発表した。だが、このコメントが思わぬ波紋を呼んでいる。

    マッチのコメントは闘病中のジャニー氏とのエピソードを明かし、氏の強さと優しさを改めて示している。そして「長男でいながら、何度も泣いちゃいいました。
    叱られそうです。ジャニーさんありがとう」と感謝の気持ちを綴った。

    「この『長男でいながら』という部分が注目を集めています。マッチはジャニーズに在籍しているタレントの中では最古参で、その意味では確かに長男です。
    ただ、昨年、滝沢秀明がジャニーさんに後継者として指名されてから、タレント出身者内の序列は下がったと一部マスコミが報じています。
    以前は近藤、東山、滝沢の順だったのが、今は滝沢、東山、近藤と格下げされたとか。滝沢は、カーレースに夢中のマッチを事務所に必要ない人間と考えているとも。
    『長男でいながら』発言は、自分がトップであると世間に誇示したかったのではないでしょうか」(芸能関係者)

    ネット民も「マッチの必死さがにじみ出てる」「タッキーとヒガシを牽制してる」とザワつく事態に。今後、ジャニーズ事務所の権力争いはますます激しくなりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1922658/
    2019.07.14 10:15 アサジョ

    【タッキー、ヒガシを牽制!?近藤真彦の「長男」発言がジャニーズ序列に波紋!】の続きを読む

    1: 2019/07/13(土) 20:58:28.86 ID:+viSK6hz9
    昨年末で芸能活動を引退して、9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)のタレント育成面の後継者、滝沢秀明氏(37)が13日、
    TBS系音楽特番「音楽の日 2019」に手紙を寄せて、初めてコメントした。

    司会を務める中居正広(46)が手紙を代読。
    「みなさんもご存じのように私の恩師でもあるジャニー喜多川社長が先日87歳で人生の幕を下ろしました。
    一同、動揺しましたが、こんな時こそ『Youは人を笑顔にするんだよ。
    悲しんでいる場合じゃないよ』というジャニーさんの声が聞こえるような気がして。私たちは少しずつ前に進み始めています」。

    そして、裏方に専念した理由を「ジャニーズが大好き、ジャニーさんに恩返しがしたい、そんな強い思いからでした。
    ジャニーさんの存在は大きすぎ、決して超えられるものではない。だからこそ今、この仕事は私の一生をかけたテーマになりました。
    私は今、ジャニーズJr.に思い寄せ、彼らと共に苦しみ、共に喜び合う決意をしました。
    ジャニーさんが育てたジャニーズJr.。
    これからは、私から彼らが巣立っていけるように全身全霊をささげてやっていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と結んだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16769907/
    2019年7月13日 20時31分 日刊スポーツ

    【滝沢秀明氏の手紙を中居が代読、ジャニー氏継ぐ決意】の続きを読む

    1: 2019/07/12(金) 20:57:33.84 ID:KN6e426T9
    7月9日に亡くなったジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏の「家族葬」が12日、しめやかに行われた。

    「ジャニーの子供でございますタレントたちとJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきます」

    と事務所側が発表していたように、参列したのはジャニーズ所属のタレントや事務所スタッフのみ。しかも、報道陣は完全シャットアウトで、
    葬儀場ではなく事務所が所有するビル内で行われた。

    「ここは主にJr.がレッスンなどに使う場所で、ジャニーさんが“子供たちのためにどうしてもNHKに近い場所に欲しい”と願い、16年ごろにビルを
    買い取り作った、思い出の場所です。しかも、今年1月にタッキーこと滝沢秀明が芸能界を引退し、設立した会社『ジャニーズアイランド』が
    入っているビルでもありますね」(ワイドショー関係者)

    「家族葬」に参列するため、午前9時過ぎころから所属タレントたちを乗せた事務所車が続々と地下駐車場へ。大型バス2台でやってきたのは、
    関ジャニ∞大倉忠義、KAT-TUN中丸雄一、Hey!Say!JUMP八乙女光、伊野尾慧など喪服に身を包んだ人気アイドルたちは、皆神妙な面持ちで
    粛々と入っていった。

    また、午後1時30分ころ、霊柩車がビルのエントランスに着けられる。出棺ギリギリにTOKIOの城島茂と松岡昌宏がうつむき加減で会場へと入っていった。

    午後2時半、ジャニー喜多川氏を乗せた黒塗りの霊柩車が、地下駐車場から雨天の空の下へと姿を現した。通常、親族などの喪主が座る助手席には、
    遺影を胸の前に大事に持った滝沢秀明が悲しみをこらえるかのように、うつむきながら静かに座っていた。

    「本来なら、姉であるメリー喜多川さんか、ジャニーさんの跡を継ぎ事務所社長に就任すると噂される、姪のジュリー藤島さんがその席に座るのが
    自然なハズ。ですが、そこに“血の繋がりの無い”タッキーが座っていたというのは、とても不思議でなりません。テレビやスポーツ紙などの
    大手マスコミは排除されていたので、対外的な目を気にしてメリーさんやジュリーさんが、あえて滝沢にそこを譲ったとは考えにくい。
    となると、考えられるのは、ジャニーさんが生前に滝沢と『養子縁組』をしていた可能性も否定できないですよ」(芸能プロ関係者)

    18年9月に滝沢が芸能界引退しプロデュース業に専念すること発表した際、ジャニー氏は、

    「私は驚きとともにうれしくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています」

    と喜びにあふれたコメントを出している。

    ジャニーズグループの子会社の社長でしかなかった滝沢。葬儀での立ち位置を見ると、ジャニー氏の跡を継ぎ、ジャニーズ帝国に君臨する日は、
    そう遠くないのかもしれない…。

    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00010009-friday-ent
    ジャニ―氏の遺影を胸に抱え、霊柩車の助手席に座る滝沢秀明
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggWW7omtCMbbHCnuMUZ9At1w---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20190712-00010009-friday-000-8-view.jpg

    【ジャニー氏「家族葬」 霊柩車の助手席に滝沢秀明が座る「深い意味」】の続きを読む

    1: 2019/07/06(土) 04:40:32.47 ID:qtbaBfG69
    解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で入院中のジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長(87)が作・構成・演出を手がける舞台「ドリームボーイズ」(9月3~27日、東京・帝国劇場)の製作発表会見が5日、都内で行われ、昨年末にタレント業を引退し、ジャニー社長の下で演出補佐を務めているプロデュース会社「ジャニーズアイランド」の滝沢秀明社長(37)がスポーツ報知などの取材に応じた。

    滝沢社長は2004年に初演された同作の初代座長。この日も裏方とは思えないオーラを放ちながらも、スーツをビシッと着こなし、社長として公演を成功させる覚悟を明かした。ジャニー社長が救急搬送される2日前にも打ち合わせで熱弁を交わしたばかりだった。搬送直後、近藤真彦(54)らと病室に駆けつけた滝沢社長は「ジャニーさんはいつも奇跡を起こす人。回復を信じている」と語り、「タレントの中には『ジャニーイズム』がある。それをみんなで守っていく」と強調した。

    ジャニー社長の病室にも時間を見つけて足を運んでいるという。「『おなかへった~』とか、しゃべりかけたりしている。本当にすごいな、と思ったのは先輩も後輩もJr.も、どの世代もジャニーさんに対するしゃべり方とか対応がみんな同じだということ。全員に同じ教育をしていたんだな、って」と一貫した姿勢でタレントに向き合っていた“恩師”の姿に感謝した。

    滝沢社長の「―アイランド」はJr.の育成・プロデュースが“本業”だが、「本社とも連携を取って、みんなと協力し合っていく」と説明。副社長の藤島ジュリー景子氏とも「ほぼ毎日ぐらい直接会って、互いに気になっていることを話したりしています」とし、一丸となって緊急事態に立ち向かっている。「ジャニーズ事務所が好きで、ジャニーさんを尊敬して引退した。ジャニーさんに怒られないよう、物事を進めていくのが大事。ガンガン作っていきます」と前向きに進んでいくことを誓った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16730447/
    2019年7月6日 4時1分 スポーツ報知

    no title

    気持ちを込めてポーズをとる(前列左から)岩崎大昇、神宮寺勇太、岸優太、高橋優斗、鳳蘭、(後列左から)佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、藤井直樹、佐藤龍我、井上瑞稀、橋本涼、猪狩蒼弥、作間龍斗(カメラ・佐々木 清勝)

    【タッキー社長、ジャニーさんはいつも奇跡起こす人 回復信じている…時間みつけお見舞い】の続きを読む

    1: 2019/04/27(土) 11:20:33.73 ID:jVGVO9Zs9
    あの「SMAPvs嵐」のような派閥争いに発展か!?
    SMAPが解散して、再来年には嵐が活動休止するジャニーズが、令和の幕開けとともに大きく変わりそうだ。

    その革命児となるのは、昨年末で引退した滝沢秀明・ジャニーズアイランド社長(37)だ。
    滝沢氏はジャニーズ事務所が長年続けてきた“テレビ出演の鉄の掟”にも風穴を開ける覚悟だが、これが内紛につながりかねないという。

    数多くの男性タレント、グループを輩出してきたジャニーズには、出演番組をめぐって、破ってはならない暗黙の取り決めがある。

    「各テレビ局の編成局には“ジャニ担”と呼ばれるジャニーズ事務所を担当する編成マンが存在する。
    新番組のキャスティングは、この担当者を通じて行う。

    ジャニーズタレントが出演する同時刻の裏番組には別のジャニーズタレントは出演できないし、事務所としても認めなかった。
    各テレビ局には曜日、放送時間できれいに縦と横の区割りができ、ジャニーズがジャニ担を通じてコントロールしている」(テレビ局関係者)

    特別番組などでタレントが「大人の事情でいったん休憩」と画面からいなくなるのは、出演する裏番組の放送時間となったことを表す。
    だが、ジャニーズ事務所の場合、個人ではなく所属タレント全員がその対象だ。過去に朝の情報番組でキャスターがバッティングしたケースがあったが、これは例外。
    大手芸能プロでここまで徹底している社はない。

    ところが、このジャニーズ独特の“テレビ行政”に疑問を持ち、正面突破を図ろうとする人物が現れた。
    昨年末に表舞台からの引退を表明し、今年から裏方のプロデュース業に専念することを表明した「ジャニーズアイランド」のタッキーこと滝沢社長だ。

    「社長に就任したタッキーが、今一番力を注いでいるのがジャニーズJr.の底上げ。
    Jr.はとにかく数が多く、先にデビューした先輩グループと競合することになる。なかなか日の目を見ることができない。

    そんな閉鎖的なことをやっていたら、いつまでもタレントが育たない。昔ながらの慣習を打破しようと考えている。
    その第一歩として裏番組出演の解禁に動いているのです」(別のテレビ局関係者)

    昨年5月にメジャーデビューを果たし、人気を博している「King & Prince」(通称キンプリ)は「ジャニーズWEST」以来、実に4年ぶりのデビューだった。

    「年次順でいえば、『SixTONES』、『HiHi Jets』などがデビューを待っていますが、現在のジャニーズ執行部がなかなか許可しない。
    そもそも、キンプリより先にデビューした『ジャニーズWEST』『Sexy Zone』『A.B.C-Z』といったグループもブレークと呼ぶには寂しい状況」(芸能プロ関係者)

    そんな中、滝沢社長が最も売り出しに力を注いでいるJr.が9人組の「Snow Man」だ。

    「先ごろ、プロデュースして大成功を収めた舞台『滝沢歌舞伎ZERO』でもメインキャストはSnow Manだった。
    パフォーマンスのレベルは相当なものだと、タッキーは太鼓判を押している」(放送作家)

    滝沢社長自らテレビ局行脚し、Snow Manの売り込みに動いているという。

    「タッキーはジャニーズにとって神といわれるジャニー喜多川社長から全ての権限を委譲され、思うがままに動いている。
    “裏番組解禁は自分の権限でできる”という強気の姿勢で、その動きにはジャニーズの現執行部が相当イライラしている。
    タッキーにはおいそれと意見できない状態にあるわけですからね」(芸能プロ関係者)

    そうなると、かつての「SMAPVS嵐」のようなジャニーズ内の派閥争いが再燃しかねない。

    「近々、タッキーと執行部がぶつかるような事態も想定される。そうなると、ズバリ『キンプリvsSnow Man』という対決構図になるのです」(同)

    各テレビ局はどちらに味方するのか、頭を悩ませそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000006-tospoweb-ent

    【 滝沢秀明 改革でジャニーズ事務所内紛火種、派閥争いに発展か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ