カテゴリ:V6

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/25(月) 08:23:38.99 ID:pv0yfwnk0 BE:819973909-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_suberi.gif
     V6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)が24日、結婚したことを連名で発表した。
    報道各社にFAXを送付した。

     これを受け、V6の森田剛(38)と三宅健(38)は、2人を祝福するコメントを所属事務所を通じて発表した。
    森田と三宅のコメント全文は以下の通り。

     森田剛「ご結婚おめでとうございます。心から祝福したいと思います。どうか末永くお幸せに」

     三宅健「V6の末っ子にこんな日が来るなんて想像もしなかったです。とても嬉しく、また頼もしく
    思います。家族思いの岡田。きっと、守るべき者が出来たことで更に強く優しい男になるんだと思います。
    22年間たくさんの人に愛されて、支えられてきた僕たちですから、これからも感謝の気持ちを忘れずに
    一緒に歩んでいきましょう。本当におめでとうございます!」

    そーす
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171224-OHT1T50102.html
    岡田准一&宮崎あおい結婚発表に、三宅健「V6の末っ子にこんな日が来るなんて」
    森田剛「心から祝福したい」即コメント発表

    【森田剛「心から祝福したい(棒)」 三宅健「V6の末っ子にこんな日が来るなんて(棒)」】の続きを読む

    1: 2017/12/25(月) 08:42:51.43 ID:CAP_USER9
     TOKIO・国分太一(43)が25日、MCを務めるTBS系「ビビット」に出演し、
    女優の宮崎あおい(32)と結婚した所属事務所の後輩、V6の岡田准一(37)を祝福した。

     国分は23日に結婚したことを24日に発表した岡田に対し「そりゃないよ。ネットで知ったよ。
    V6長野君の結婚の時は『結婚するかもしれない』という情報をいただいたりしていたんですけど…。
    岡田、番号知ってるじゃん。何でくれないのよ」とぼやいた。

    「ビビットをやるようになってから後輩が情報を教えてくれなくなったんですよ」と嘆きながらも
    「美男美女なので本当にすてきだなと思います。ぜひメールください。おめでとう」と祝福した。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000004-tospoweb-ent

    【【TOKIO】国分太一 V6岡田結婚に「ネットで知った。そりゃないよ」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/25(月) 20:13:40.41 0

    【V6岡田准一の結婚に対するファンのブログが泣けると話題に】の続きを読む

    1: 2017/12/23(土) 13:55:52.92 ID:CAP_USER9
    岡田准一、宮崎あおい結婚 高級住宅街に5億豪邸か
    2017年12月23日8時0分
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201712230000075_m.html
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201712230000075_m.html?mode=all

     ジャニーズの人気グループV6の岡田准一(37)が、女優宮崎あおい(32)と結婚することが22日、分かった。周囲には既に報告を済ませており、近く婚姻届を提出する。
    2人はもともと友人関係にあったが、15年春に交際をスタート。交際約2年半で、ゴールインとなった。V6では、3人目の既婚者となる。

     岡田がファンクラブ会員宛てに、結婚報告の封書を24日着と期日指定で送ったところ、2日前の22日に一部で誤配送されたため、インターネット上などで大騒ぎとなり、結婚が明らかになった。
    封書には結婚相手や日取りなどは明記されていなかったが、岡田は既に仕事先などに報告を済ませており、近く婚姻届を提出する。

     2人は08年の映画「陰日向に咲く」(平川雄一朗監督)の共演をきっかけに、互いに尊敬し合う関係になった。12年の映画「天地明察」(滝田洋二郎監督)でも共演するなど、仕事でも縁があった。

     宮崎は、07年6月に高岡奏輔(35)と結婚したが、11年12月に離婚した。2人は一時は疎遠となったが、15年に入って再会し、親交を深め、同年春に真剣交際に発展したようだ。

     15年8月、2人が共通の知人宅マンションで行われたホームパーティーにそろって参加する姿を週刊誌にキャッチされ、交際が判明した。
    当時、双方の所属事務所は交際報道について「コメントすることはございません」と否定しなかった。
    これまで2人は公の場で交際について質問されても終始無言を貫いていたが、しっかりと、静かに愛を育んでいた。


    【【岡田准一、宮崎あおい】V6で3人目の既婚者へ!それを知った関ジャニ丸山の反応www】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/09(土) 01:31:04.15 ID:CAP_USER9
     今月に入り、女優の宮沢りえ(44)が突如、自身のインスタグラムを閉鎖してしまった。

     「宮沢が交際中のV6・森田剛の主演舞台を娘と一緒に観劇したといううわさが森田のファンの間で広がった。そのため、インスタのコメント欄に森田ファンからの誹謗中傷が殺到。さすがの宮沢も閉鎖を決めたようだ」(芸能記者)

     若かりしころ、貴乃花親方(45)との婚約破棄騒動を発端に、数多くの男性と浮名を流して来たりえだが、すっかり森田に“ロックオン”してしまったようだ。

     「このところのりえは、自らの主戦場である演劇の舞台での才能がある男性にひかれている。森田は数々の舞台を踏み、その才能が高く評価されているので宮沢のお眼鏡にかなった。逃がさないように娘も交えて“家族ぐるみ”の交際をスタートさせた」(演劇関係者)

     一部によると、森田は宮沢が娘と暮らす自宅の近所にお引っ越し。そうして暮らすようになってからは、すっかり骨抜きにされてしまったようだ。

     「森田よりも6歳年上の宮沢だが、あっちの方はかなりお盛んらしい。森田の自宅が近くなったのをいいことに、子供が寝静まってから夜な夜な森田の自宅を訪れては事に及んでいるのだとか。そのせいもあってか、最近、森田は以前よりもやつれた印象。森田の前の彼女はセクシー女優だが、“恋愛マスター”の宮沢の方がテクニックが上のようだ」(同)

     いまのところ、宮沢と森田が破局する可能性は限りなく低そうだ。


    http://wjn.jp/article/detail/6182440/
    no title

    【【V6】森田剛 “肉食女子”宮沢りえにすっかり骨抜きにされる】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/05(火) 15:53:51.28 0
    女優の宮沢りえさん(44)が2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっている。

    宮沢さんはこの1年ほど「V6」森田剛さんとの「熱愛」を報じられており、これに反発する森田さんのファンが彼女のインスタに殺到していた。
    「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさい」。宮沢さんは11月30日、最後にこんな長文の投稿を残した。

    宮沢さんは11月30日、花の写真とともに「このインスタを始めてどのくらいだったのかな。
    普段、ファンの方と触れ合う機会が少ない私なので、こういう場を通して共有できる何かがあれば良いな。。と思って…」
    とインスタを更新した。その上で、インスタを始めた当初の思いを

    「私は美しい言葉が好きです。美しい言葉に触れると幸せな気持ちになるし、心が前向きになれるから。私がインスタを初めたきっかけは、そういう想いでした」(原文ママ)

    と明かした。

    宮沢さんは続けて、
    「今まで見て下さった皆様、ありがとう。みなさんのコメントに励まされたり微笑んだり楽しい時間でした。
    そしてその逆に不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね…そんな皆さんの言葉からも学ぶべきものがありました。
    人には様々なも想いや言葉や感情が溢れていることを改めて知ることが出来ました。感謝です」(原文ママ)

    と投稿。

    「私はこれからも、演じるという事を通して希望も絶望も表現できる役者を目指して、頑張ろうと想います。
    求めてくださる方がいたら、劇場で待っています…そこで心から分かち合うことが、私には1番合っているような気がします…今日も笑顔で過ごせますように…今まで本当に本当にありがとう」

    と締めくくった。

    宮沢さんはその後、12月5日現在までにアカウントを削除している。

    宮沢さんがこうしてインスタをやめたきっかけは、「V6」の森田さんのファンがコメント欄で批判の声を上げたからではないか、との臆測が広まっている。

    宮沢さんと森田さんは2016年10月の「週刊新潮」で熱愛を報じられた。一部週刊誌はその後も沖縄旅行や舞台観劇のデートを報じ、2017年末に結婚するとの観測まで打ち出した。

    一方でネット上には、宮沢さんが11月下旬に森田さんが主演する舞台「すべての四月のために」を娘と観劇していた様子を目撃した、との書き込みが流れた。
    これが森田さんのファンを激怒させ、宮沢さんのインスタに誹謗中傷の書き込みが集まったとみられる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000005-jct-ent

    【宮沢りえのインスタにジャニヲタがアンチコメ連日書き綴った結果、宮沢りえが謝罪コメントしてインスタ垢削除】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/19(木) 08:25:15.046 ID:hPcZvyZd0
    岡田のおかげ?
    それともKAT-TUNやらSMAPやらNewSやらが消えて流れてきたの?

    【ここにきてV6の人気が盛り返したのってなんで?】の続きを読む

    1: 2017/11/18(土) 08:51:31.33 ID:CAP_USER9
    11月16日に「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手46組が発表された。ジャニーズ勢からは“ヘイジャン”ことHey!Say!JUMPが初出場を果たした一方で、
    KinKi KidsとV6は落選。そのためジャニーズ勢は6組が出場した前回から、5組へと減ることとなった。

    ただKinKi Kidsはもともと、大晦日と元日に京セラドーム大阪でのライブ開催が決まっており、地元の関西を優先した形だ。
    そのため実質的な“落選”はV6だけとなっており、この状況にジャニーズファンの間では大論争が発生しているという。

    「今回の紅白は『ジャニーズ祭り』になるとの噂すらあったのに、フタを開けてみたら出場組数が減っていたことにファンは衝撃を受けています。
    そのため『嵐を司会者にゴリ押ししたためにV6が外された!』との不満が巻き起こっているのです。
    また、V6が外されてヘイジャンが入ったという状況については、両グループのファン同士がネット上で言い争いになる場面もありました」(芸能ライター)

    そのV6とヘイジャンの音楽活動を比較すると、「V6 LIVE TOUR 2017」が横浜アリーナや大阪城ホールなどを巡るアリーナツアーだったのに対し、
    「Hey!Say!JUMP DOME TOUR 2017-2018」は大阪ドーム、ナゴヤドーム、東京ドームで計8公演を開催。
    集客力ではヘイジャンが上回っており、紅白選出も順当と言えそうだ。

    「ただV6は今年、3年ぶりにシングルを2枚リリースし、2年ぶりのツアーを行なうなど音楽活動にも精力的に取り組んできました。
    それゆえ今回の落選の矛先をヘイジャンに向けるV6ファンもいるのでしょう」(前出・芸能ライター)

    今後もジャニーズの内部競争は激化するのか。ただでさえSMAP解散の余波でごたごたするなか、新たな火種を抱え込むことにならなければいいが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376892/
    2017.11.17 18:14 アサジョ

    【V6が嵐と平成ジャンプの犠牲に?紅白落選でジャニーズファンが大論争!】の続きを読む

    1: 2017/11/15(水) 07:33:42.05 ID:G8bKO4yN0
    4人だった

    【3大アンチがいないジャニーズ「TOKIO長瀬」「NEWS増田」「V6長野坂本」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/16(木) 11:04:56.36 ID:CAP_USER9
     NHKは16日、大みそかの「第68回紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)の出場歌手
    46組を発表。来年9月16日での引退を発表している歌手・安室奈美恵(40)の名前は、この日発表された
    出場歌手リストにはなかった。

     昨年出場した46組中、14組が出場リストから消え、白組では、7回出場の「AAA」、15年に
    白組の司会を務めた井ノ原快彦(41)が所属する「V6」の名前がなかった。

     紅組では19回出場のベテラン演歌歌手・香西かおり(54)の名前が消えた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000078-spnannex-ent

    【【紅白】「V6」「AAA」今年は出場せず ベテラン香西かおりの名もなし】の続きを読む

    このページのトップヘ