カテゴリ:V6

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/18(木) 10:38:28.36 ID:ozRO8cYe0
    V6岡田准一(37)が、来年放送されるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ「白い巨塔」に主演することが17日、分かった。地上波としては異例の5夜連続放送の大型ドラマ。

    主人公の外科医、財前五郎を演じるが、医者役は初挑戦だ。「財前五郎という人物は現代にはなかなかいない。この『白い巨塔』を上っていこうとあがき、もがく男。
    『やるからには財前五郎を味わい尽くそう』という気持ちで、監督を信じてついていきたいです」と意気込んでいる。

    同作は、医学界の内幕に鋭いメスを入れた山崎豊子氏の名作。これまで故田宮二郎さんや唐沢寿明(55)の主演で何度も映像化されている。

    母子家庭で育った財前は、たゆまぬ努力で成功を勝ち取り、大学病院のスター准教授として君臨する。
    教授の座に向かって野心を燃やし、さまざまな工作を開始するが、欲望が渦巻く教授選挙は思わぬ展開を見せていく。
    no title

    【【V6】岡田准一「白い巨塔」で財前五郎役、テレ朝5夜連続ドラマ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/14(日) 09:33:32.81 ID:1kheONRG0
    まさかだよな

    【まさかジャニーズで一番無事なのがV6ってあの頃想像できた奴おる?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/12(金) 15:54:08.10 ID:CAP_USER9
    V6の三宅健(39)とモデル女性の交際を、きょう12日発売の写真誌「フライデー」が報じている。
    同誌によると、女性はブラジル人の父と日本人の母を持つハーフで、ファッション誌などで活躍中のプリシラ(32)。
    2人で三宅の自宅を出入りし、スクーターに2人乗りしたり、都内のカフェでデートする姿を掲載している。

    三宅が所属するジャニーズ事務所は「プライベートは本人に任せています」と話している。
    V6のメンバーは07年の井ノ原快彦(42)をはじめ、長野博(46)、岡田准一(37)、森田剛(39)と結婚ラッシュ。
    三宅がゴールインすれば、グループ5人目の妻帯者となる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15433913/
    2018年10月12日 12時0分 スポニチアネックス

    【【V6】三宅健、ハーフモデルと交際 事務所は「プライベートは本人に任せている」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/04(日) 06:32:00.944 ID:TjtdWkYt0
    やたら英語のタイトルばっかだから

    【SMAPやTOKIOやキンキの曲は曲名思い出せてもV6はなかなか出てこないよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/08(月) 19:44:19.08 ID:CAP_USER9
    9月29日?30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、3位にV6の岡田准一の主演映画「散り椿」が入った。

    同作は名カメラマンの木村大作氏が映画監督第3作として手がけた時代劇だ。同28日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2000人、興収1億0800万円を記録したのだが…。

    「ターゲット層はシニア世代の作品ですが、ほかにターゲット層がかぶる作品もなく、もっと動員できると思っていました。
    正直、岡田の主演作としてはかなり物足りない数字です」(映画業界関係者)

    ここ数年の岡田の主演作では「永遠の0」(13年)が興収87・6億円、「蜩ノ記」(14年)が11・2億円、「海賊とよばれた男」(16年)が23・7億円、
    「関ヶ原」(17年)が24・0億円をそれぞれ記録。これらの作品で数々の映画賞を受賞していた。

    「今や映画業界では『侍や軍人は岡田に頼めば鉄板』と言われている。そんな期待に応えるべく、岡田はフィジカルトレーニング、
    映画の撮影に必要な殺陣の鍛錬などを欠かさない。しかし、今作でややその評判がダウンしてしまった」(同前)

    昨年12月に結婚した妻で女優の宮崎あおいが第1子の出産を控える岡田。

    宮崎との新居として、岡田は都内に5億円の豪邸を建てたことも報じられている。

    「もともと、岡田は宮崎との不倫交際からスタート。事務所としてもそのイメージをなんとか打ち消したいが、ここに来て“ファン離れ”が起こり映画の動員に響いたのかもしれない」(芸能記者)

    初のホラー作品となる主演作「来る」(12月7日公開予定)の公開を控えた岡田だが、とりあえず、「散り椿」の動員が気になって仕方ないはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536185/
    2018.10.08 18:40 リアルライブ

    【【V6】岡田准一、新作主演映画が期待はずれ? 「侍や軍人を任せれば間違いない」と評判も】の続きを読む

    1: 2018/10/02(火) 23:56:04.10 ID:CAP_USER9
    2018.10.01 10:30
    https://myjitsu.jp/archives/63355
    no title

    画/彩賀ゆう

    滝沢秀明新体制となるジャニーズ事務所。所属のタレントも“滝沢との距離”次第で、今後の芸能生命を左右しかねないようだ。
    「以前から滝沢は営業をやっていたんですよ。例えば所属のAとBの話を持ってくる。こちらがAを使いたいと言うと、滝沢はBの方が将来性があると推すのです。コチラがBでと従うと、『信念ないんですね』なんて平気で嫌味を言う。初志貫徹してAに戻すと、『優柔不断ですね。今回はどちらもひとまず流しましょう』なんて言ってくる。すごい高飛車ですよ」(制作会社関係者)

    滝沢は年内でタレントとしては引退。裏方に回る。かねてコンピを組んでいた『タッキー&翼』は解散。翼は退社することを発表している。しかし、不思議なことがある。6月に『V6』三宅健と結成したばかりの新ユニット『KEN☆Tackey』だ。ユニットは7月に新曲まで発売している。
    「今井を追い出すために新ユニットを作ったそうですが、できたばかりなのに、滝沢の引退でなし崩しにその存在が消えます。ここでネックになっているのが三宅のようです」(ジャニーズライター)

    ■ 滝沢もジャニー社長の慧眼を受け継ぐか

    三宅&滝沢といっても多くのファンも「何だか変なコンビ」と思っていたはずだ。
    「三宅を滝沢のパートナーに指名した時点で、将来の青写真は描かれていたようです。三宅は『V6』にいても、ほとんど仕事らしい仕事がない。それどころか2016年から18年まで『滝沢歌舞伎』に出させてもらっている“仕事の恩人”なので、滝沢の言うことにはベッタリ。今後も滝沢次第でしょう」(女性誌記者)

    滝沢に恩がある三宅は“翼追い出し”に新ユニットを組んで一役買ったわけだ。
    「一応、三宅も『V6』のメンバーですから帰るところがある。でも、今後の上がり目はなさそう。そこで三宅は滝沢が営業に転向すると同時に、滝沢のカバン持ちと運転手に転出するという話もある。あまり知られていませんが、ジャニーズはタレントとしてモノにならなかった人間を事務所に入社させたり、新たにマネジャーとして再雇用することも行っています」(同・記者)

    いかにも三宅はカバン持ち&運転手が似合いそうな風貌をしている。滝沢もジャニー喜多川社長と同様、人を見抜く目はスゴイものがあるのかもしれない。

    【『KEN☆Tackey』とは何だったのか…三宅健が滝沢のカバン持ちと運転手に転出の噂も】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/04(木) 07:28:31.76 ID:CAP_USER9
    10/4(木) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000004-sanspo-ent

     V6の三宅健(39)が3日、東京・新宿区の東京グローブ座で主演舞台「二十日鼠と人間」の初日を迎えた。

     ジャニーズ事務所の後輩で、元タッキー&翼の滝沢秀明(36)が来年からプロデューサー業に専念し、今井翼(36)が事務所退社を決断。公演前の会見で三宅は「本人たちが選んだ道なので応援したい」とエールを送った。

     滝沢とは舞台「滝沢歌舞伎」で共演し、ユニット、KEN☆Tackeyも結成。報道後に連絡を取ったといい、「どんな会話!? いうわけないだろー!」とおちゃめに語り、「とにかく2人が幸せになってほしい。あとは何よりファンの皆さんがすごくびっくりしていると思う。心の整理がつかないと思うので、そこが一番心配ですね」と思いやった。

     舞台では世界恐慌下の米国で農場を持つ夢を見る出稼ぎ労働者役を熱演。激しく怒るシーンもあり、「この作品に感情を引っかき回されている。難しい役なので演出家や役者の皆さんとディスカッションしながら進めたい」と意気込んだ。東京公演は28日に千秋楽を迎え、大阪公演は森ノ宮ピロティホールで11月8~11日まで上演する。

    ▽ 関連
    【ジャニーズ】『KEN☆Tackey』とは何だったのか…三宅健が滝沢のカバン持ちと運転手に転出の噂も
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538492164/

    【【V6】三宅、タッキーと翼にエール「本人たちが選んだ道…応援したい」 連絡取ったのは報道後】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/02(火) 15:42:41.11 ID:pjzyJQ540
    no title


    小栗旬の圧勝だった・・・

    【ジャニズ一のイケメン岡田准一(165cm)がフツメン小栗旬(184cm)と並んだ結果】の続きを読む

    • カテゴリ:
    2: 2018/09/24(月) 19:25:26.84 0
    TOKIOの方が知られてそう

    3: 2018/09/24(月) 19:25:59.64 0
    V6の全盛期って今の高校生が生まれる前だよな

    4: 2018/09/24(月) 19:28:13.06 0
    いのっちと岡田は知ってるやろ
    【今の高校生がV6を見てキャーキャー騒ぐか?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/09/24(月) 16:15:47.90 ID:CAP_USER9
     先日、芸能界からの電撃的な引退を発表した、滝沢秀明。

     タッキー&翼の解散と同時に発表された自らの文書によると、《ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念》とあり、来年以降は、裏方としての役回りになるという。

     その衝撃の熱も冷めやらぬままに発表されたのが、12月から帝国劇場でおこなわれる舞台『ジャニーズ King & Prince アイランド』だ。

    「製作発表の際に、ジャニー社長が、『本人(滝沢)には言っていない』としたうえで、この舞台に、彼にも大きな関わりを持たせると明言したんです。

    ※省略

    ■所属タレントへの影響

    「ジャニーさんには長年の夢であった、未来のタレント達を育成する養成所をつくる計画があり、その中心となるのがタッキーだとされています。

     彼はジャニーさんの考えをよく理解していますし、“ミニジャニーさん”と呼ばれていたほどなので、多くを任せていい、という判断でしょうね」(前出・スポーツ紙記者) 

     プロデューサー・演出家のような裏方として重要なポジションに収まることにより、今後、所属タレントたちに、大きな影響はないだろうか。芸能ジャーナリストが分析する。

    「タッキーを後継者にするということ自体、もともとメリーさんとジュリーさんは反対していました。そこをジャニー社長が押し切ったような形ですが、ジャニーさんが考えている構想は、あくまでも自身がプロデュースする舞台と、ジャニーズJr.の育成。

     言ってみれば、テレビやコンサートを中心に活躍するタレントたち、特に、それまで“ジュリー班”“メリー班”と言われたような人たちは、ジャニーさんの元から巣立ったともいえます」

     嵐やTOKIO、関ジャニ∞などの活動に関しては、滝沢体制下での影響はこの先もないとみる。

    「タッキーが舞台をプロデュースするといっても、『Endless SHOCK』シリーズを自ら手がけている堂本光一にとっては、何の影響もないはずです。何年も連続して舞台出演している、ふぉ~ゆ~も同じではないでしょうか」(前出・ジャーナリスト)

    ■損するジャニタレは?

     では、タッキー体制となって“得する”のは、どのジャニーズなのだろうか。前出の芸能ジャーナリストは言う。

    「『滝沢歌舞伎』シリーズに出演しているSnow Manは、とりわけタッキーのお気に入りだと言われています。今後『滝沢歌舞伎』がどうなるかは不明ですが、新たな演目を行うにしても、『滝沢歌舞伎』のDNAを受け継いだ新作を、タッキーが手がけるのではないでしょうか。

     そのときはSnow Manが残留し、大きく関わる可能性は高いですね。昨年の作品は、東京五輪を意識したパフォーマンスになっていましたが、五輪に大きな情熱を持ったジャニーさんの意志を意識した作品になりそうです」

     ジャニーさんが社長である以上、今後も決定権はジャニーさんにある。しかし、タッキーの“人選”に興味があるのも事実だ。SnowMan以外に考えられるグループは、まだ他にもあるという。

    「『滝沢歌舞伎』に小学生のころに出演し活躍した、ジャニーさんのお気に入りのHiHi Jetsの2人、橋本涼と井上瑞稀も、キャリアによる実力の高さから再登場という可能性がありそうです。

     また、Jr.時代に出演していた、キスマイやA.B.C-Zのメンバーも、気心が知れ信頼できる後輩なので、声がかかる可能性は高い。好奇心の高いジャニーさんですから、タッキーの人選には、興味津々にだと思いますよ」

     では一方で、タッキー新体制によって、“損する”ジャニーズはいるのだろうか。

    「『滝沢歌舞伎』に3年連続出演していた、V6の三宅健がどうなるかですね。今年は共演がきっかけでユニット『KEN☆Tacky』としてCDデビューし、スマッシュヒットを記録しました。

     集客力のある三宅を、新作舞台でも重要な役割として残したいという思いがあるかもしれませんが、現時点では全くの白紙。同舞台は“春の恒例”になりかけていたのに、なくなってしまう可能性すらあります。

     また、“得する”ジャニーズでも名前を出しましたが、『タッキーはSnow Manを贔屓している』と言われたくないため、逆に彼らを外す可能性も否定できません」(同前)

    2018年9月23日 17時0分
    週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/15347396/

    【「ジャニーズ」滝沢体制で得する・損するタレントは…V6三宅健の今後は白紙】の続きを読む

    このページのトップヘ