カテゴリ:KAT-TUN

    1: 2019/05/31(金) 12:15:31.77 O
    30日に放送された二階堂ふみ(24)亀梨和也(33)がダブル主演するフジテレビ系連続ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(木曜午後10時)第8話の平均視聴率が、
    5・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが31日、分かった。前回の6・2%より1ポイント、ダウンした。

    初回から7・8、6・4、6・6、6・7、6・7、6・8、6・2%だった。

    原作は累計400万部の小説「姫川玲子シリーズ」。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-05270403-nksports-ent

    【二階堂&亀梨「ストロベリーナイト・サーガ」視聴率まさかの5・2%】の続きを読む

    1: 2019/05/26(日) 15:41:39.75 ID:UOk/51zc9
     アイドルグループ「KAT-TUN」の中丸雄一さん(35)が、大麻取締法違反の疑いで逮捕された田口淳之介容疑者(33)をめぐる一部の憶測に反論したことに、
    ファンらから「ありがとう」の声がインターネット上に相次いでいる。

     中丸さんが否定したのは、田口容疑者が送検時に「微笑み」のような表情を浮かべていたことに関するさまざまな憶測だ。「カメラを向けられると口角が上がるクセがある」
    として、「(表情に)深い意味はない」と訴えたのだ。

    ■「深い意味はなくて、クセ」

     中丸さんは2019年5月26日朝放送の情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)に出演。2001年のグループ結成から、16年に田口容疑者が脱退するまで、
    約15年にわたって活動を共にしてきた元メンバーの逮捕について、神妙な面持ちでコメントした。

     まず中丸さんは、逮捕を知った際の心境について「心底残念ですし、ひっくり返りましたね」と振り返る。そのうえで、

      「元メンバーなので、最後まで信じたかったですけど、使用の供述もあると聞いたので、そうなると擁護する点は1つもないかな、と思います」

    と厳しい。さらに続けて、「KAT-TUNだった頃のファンの人たちも裏切る行為だということを、彼はわかってやっていたのか聞いてみたい」と辛らつな意見を重ねた。

     ただ、田口容疑者が送検時、うっすらと笑ったような表情をしていた件について尋ねられると、中丸さんは、

      「口角が上がっていたことに対して、いろいろ分析されている方がいると思うんですけど...」

    と一言。田口容疑者の表情をめぐる憶測について、次のように反論したのだ。

      「学生時代から知っている者としては、これはシンプルな話で、カメラを向けられると口角が上がるクセがあります。たぶん、表情に関しては深い意味はなくて、
    そのクセが出てるのかな。表情を見ていると昔のことを思い出したんで、これは合っていると思います」

     田口容疑者の「微笑み」をめぐっては、複数のメディアがその心理を分析していた。例えば、日刊スポーツ(ウェブ版)は5月25日の記事で、精神科医の香山リカ氏の
    コメントを掲載。香山氏は田口容疑者の表情について、

      「スターだった自分が逮捕、取り調べを受けている実感が持てなく、ドラマの中にいるような心境なのでは」

    と分析していた。また、ウェブメディア「ハーバービジネスオンライン」は26日朝、「表情分析の専門家」だという男性による分析記事を掲載。文中では、

      「恥や罪悪感表情を浮かべていない田口容疑者は、社会的ルールを破ったという意識が希薄なのだと考えられます」

    などと指摘していた。

     なおJ-CASTニュースでも、「逮捕の田口淳之介、『笑顔』の心理とは?」と題した記事を23日に掲載。心理学博士の男性のコメントとして、「犯した悪事の重大性を
    薄めようとしての表情と言えるでしょう」などの分析を紹介していた。

     こうした様々な憶測に対して、親交のあった中丸さんが「クセ」「深い意味はない」などと当人をフォローするような発言をしたことについて、田口容疑者や
    KAT-TUNのファンとみられるユーザーからは、

      「もやもやがいっこ晴れた、ありがとう中丸さん」
      「中丸くんが田口についての精神科医の表情分析をぶった切ったのが爽快」
      「田口の表情については、中丸はいっておきたかったのだろうと...結構色々言われてたもんね」

    といった感謝の声がツイッターに続々と寄せられている。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000003-jct-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000003-jct-ent&p=2

    【【芸能】田口淳之介「うすら笑い」したんじゃない KAT-TUN中丸雄一「援護」にファン感謝】の続きを読む

    1: 2017/01/22(日) 11:34:49.18 ID:w1lPKm920
    一昔前、KAT-TUN旋風を巻き起こして大人気だったが、解体して活動休止状態・・・
    あれだけいたファンはどこに流れたの?

    【あれだけいたKAT-TUNファンはどこにいったの?】の続きを読む

    1: 2019/05/14(火) 08:31:23.70 ID:DRxBAnX29
    2019-05-14 05:00

     人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が出演する「保険見直し本舗」新CM『自宅で』篇、『インタビュー』篇が17日より放映される(関東・関西・中京・福岡・宮城・静岡エリアが中心)。

     『自宅で』篇では亀梨がCMの企画についてマネジャーと口論するシーンからスタート。亀梨が断るCMの企画内容とは。『インタビュー』篇では、肺活量のすごい亀梨がスタッフも驚がくの“息の長い”発声を披露している。

     亀梨は「今回も、前作以上にインパクトのある作品に仕上がったと思います。保険見直し本舗さんらしい遊び心がある作品で、視聴者の皆様も楽しんで頂けるのではないでしょうか。息継ぎ無しの『ぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー』にご期待ください」と呼びかけている。

    (最終更新:2019-05-14 05:00)
    https://www.oricon.co.jp/news/2135372/full/

    【亀梨和也、驚異の肺活量で圧倒 「息継ぎ無しの『ぽーーーーーーーーーー』にご期待ください」】の続きを読む

    1: 2017/10/12(木) 20:53:47.076 ID:T/XPOlSt0
    デビュー前に東京ドーム公演やったり
    デビューシングルは年間1位で初動60万枚だか出した
    デビュー前後の盛り上がりだけならヒカルゲンジやKinKi Kidsに匹敵するレベルだろ

    【KAT-TUNてデビュー前後の勢いはマジで凄かったよな?】の続きを読む

    1: 2019/04/19(金) 10:29:03.77 ID:Aq0H6NdE9
     18日に放送された女優の二階堂ふみ(24)とKAT―TUNの亀梨和也(32)がダブル主演のフジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」
    (木曜・後10時)の第2話視聴率が6・4%だったことが19日分かった。

     初回は7・8%で発進。今回は1・4ポイントダウンした。

     「ストロベリーナイト」は2010年に竹内結子(38)主演でスペシャルドラマ化され、12年の連ドラ(フジ系)は全話平均視聴率15・4%を記録。
    13年に映画化され、興収21・5億円を記録した人気作だ。

     二階堂は連ドラ初主演で初の刑事役に挑戦。ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任したヒロインの女性刑事・姫川玲子を演じ、亀梨は年上の
    部下となる巡査部長・菊田和男役でタッグを組む。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000023-sph-ent

    【二階堂ふみ、亀梨和也ダブル主演「ストロベリーナイト・サーガ」第2話視聴率は6・8%】の続きを読む

    1: 2019/04/05(金) 19:41:15.01 ID:RUkI36t29
    俳優の山下智久(31)が4日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。ユニット「修二と彰」結成直前の亀梨和也と不仲について明かし、周囲を驚かせた。

    山下はドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で亀梨とW主演。05年に「修二と彰」名義で主題歌「青春アミーゴ」を歌い、162万枚の大ヒットとなった。

    一世を風靡した2人だが、当時について「バチバチしてましたね」と山下。「カメ(亀梨)は、華麗にウインクを決めて、“きゃー”って言われて。
    僕は男とばっかりつるんでいて、そういうのが恥ずかしいというか」と話し、そういう亀梨に「嫉妬していました」と打ち明けた。

    「今思えば、カメのプロ意識というか、それをできない自分をふがいないと思って…」と当時あった亀梨への反発について説明し、MCの有吉弘行(44)から「正直、仲悪かった?」と質問されると
    「仲悪かったです」ときっぱり。それでも、ドラマの撮影に入る前に「お前のここが嫌いだ」「俺はお前のここが嫌いだ」と思いをぶつけ合ったことで「ゼロになってスッキリしてからドラマの撮影に挑んだ」と振り返った。

    同事務所の「嵐」櫻井翔(37)が「むかついたまま(撮影に)入るんじゃないの。ゼロになるんだ」と驚きの声を上げる中、「毎年お正月は、カメの家で一緒に飲む。4、5年続いている」と、仲良しぶりを明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16270183/
    2019年4月5日 11時14分 スポニチアネックス

    【山P、亀梨和也と不仲だった過去「お前のここが嫌いだ」思いぶつけ合う】の続きを読む

    このページのトップヘ