カテゴリ:KAT-TUN

    1: 2017/10/08(日)22:18:33 ID:9jI
    本当に凄え奴らが持ち上げられるべきだよなぁ?

    no title

    【TOKIOより本当に凄いこのジャニーズグループが持ち上げられるべきだよなぁ?】の続きを読む

    1: 2017/09/30(土) 13:51:45.20 ID:BcPzaKSF0
    結果は2年経っても120キロも出ず(MAX115km/h)プロジェクト打ち切り

    【亀梨和也140km/h挑戦プロジェクトとかいう闇wwwwww】の続きを読む

    1: 2017/10/02(月) 17:47:44.92 ID:CAP_USER9
    2日、第34回「ベストジーニスト2017」が発表され、一般選出部門にてモデルで女優の菜々緒が20,403票で昨年に引き続き2年連続受賞。
    都内にて行われた授賞式に出席した。

    “菜々緒ポーズ”再披露

    昨年の授賞式で2012年に発売した写真集の表紙で話題となった、長い脚をクロスしてヒップを突き出す“菜々緒ポーズ”をジーンズ姿のまま披露し話題になった菜々緒。

    今回、ショート丈トップスに、ジーンズパンツにデニムスカートを重ねたようなユニークなボトムを履きこなし登場。
    最後に記者から「今回難しいと思うんですけど…」と恐縮気味にリクエストが飛ぶと、「絶対言われると思ったので一応柔軟してきました」と笑い、サービス精神旺盛に披露。
    沢山のカメラを向けられた。

    来年受賞となれば殿堂入りとなるため、「またカムバックできるように応援して下さい」と来年の舞台でも“菜々緒ポーズ“披露を約束した。

    中島裕翔、初受賞

    そのほか、同じく一般選出部門では初受賞となったHey! Say! JUMPの中島裕翔、協議会選出部門では俳優の別所哲也、モデルの梨花、滝沢カレンが受賞。
    さらに、一般新人部門ではグランプリ・高尾光さん、準グランプリ・脇坂めいさん、アーティスト賞・八軒綾音さんが受賞し、授賞式に出席した。

    第34回「ベストジーニスト2017」TOP10
    <男性>
    1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)/28,379票
    2位:上田竜也(KAT-TUN)/21,675票
    3位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)/16,327票
    4位:山下智久/7,385票
    5位:松村北斗(SixTONES)/2,434票
    6位:増田貴久(NEWS)/1,954票
    7位:永瀬廉(Mr.KING)/1,912票
    8位:岩沢厚治(ゆず)/1,823票
    9位:戸塚祥太(A.B.C-Z)/1,737票
    10位:中島健人(Sexy Zone)/1,622票
    <女性>
    1位:菜々緒/20,403票
    2位:新木優子/4,076票
    3位:北川景子/3,530票
    4位:新垣結衣/3,376票
    5位:石原さとみ/2,421票
    6位:山本美月/1,858票
    7位:新川優愛/1,526票
    8位:広瀬すず/1,385票
    9位:森星/1,379票
    10位:桐谷美玲/1,194票

    (全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1718485

    「ベストジーニスト2017」を受賞した菜々緒
    no title

    no title

    “菜々緒ポーズ”を披露
    no title

    【「ベストジーニスト賞」ジャニーズ勢独占 !1位中島裕翔 2位上田竜也 3位玉森裕太】の続きを読む

    1: 2017/09/28(木) 09:13:27.39 ID:CAP_USER9
    現在“充電期間”としてグループ活動を休止しているKAT-TUNメンバーの中で、もっとも露出が多い亀梨和也。今年4月期の主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)では共演の山下智久と「亀と山P」を結成して主題歌を担当し、8月には『24時間テレビ』(同)のメインパーソナリティーを務め、現在はソロコンサートを開催中。それ以外にも、スポーツ番組のレギュラーやCMを抱えるなど多忙を極めている。もともとグループ内でもずば抜けた人気を誇っていた亀梨だが、業界評もかなり高いようだ。

     ある撮影で、亀梨と一緒に仕事をしたというスタッフは、「いろんなジャニーズタレントを見てきたけれど、亀梨くんほど礼儀正しいジャニーズは見たことがない。芸能人の中でもトップクラス」と絶賛。

    「撮影終了の合図がかかって、みんなで『お疲れ様でした~』とあいさつした後、普通の芸能人ならすぐに控室に帰っていくのが当たり前。スタッフに頭を下げながら去って行くのは良い方で、仕事が終わった途端にかったるい感じで退場する人だっています。しかし、亀梨くんは笑顔であいさつしてスタジオの出入り口まで歩いて行ったと思ったら、そのままそこで立ち止まったんです」

     ほかのスタッフ達も「どうしたのかな?」と困惑したものの、とりあえず片付けに取り掛かったとか。結局、亀梨はスタッフが片付け終わり、スタジオを出て行くまでずっとその場を動かなかったという。

    「実は、亀梨くんはスタッフが仕事を終えるまで待つためだけに、そこに立ち続けていたんです。スタッフが1人、また1人とスタジオを出ていくたびに、改めて『今日はありがとうございました』と伝え、最後の1人にまでお礼を言い終えてから帰って行きました」(前出のスタッフ)

     たまたま次の仕事までに余裕があったのかもしれないが、それならなおのこと、さっさと1人になって休んでも良かったはずだ。特に、亀梨が忙しいのは周知の事実なのだから、早々に控室に消えて行っても誰も変に思わなかっただろう。

    「ぶっちゃけ、あきらかに態度の悪いジャニーズだっています。それだけに、亀梨くんの礼儀正しさには感動しました」(同)

     その人となりこそが、亀梨が愛される理由といえそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359350/
    2017.09.28 09:00 トカナ

    【【KAT-TUN】亀梨和也の“裏の評判”を取材したら…とんでもない結論が!】の続きを読む

    1: 2015/11/25(水)21:21:43 ID:cJP
    松潤いなくなって
    櫻井いなくなって
    二宮いなくなって
    大野と相場だけになった感じ?

    【KAT-TUNの歴史を嵐で例えると?】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 13:26:49.06 ID:CAP_USER9
    すごい人気だ! ジャニーズの人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也(31)が行っているソロコンサートのチケットが“暴騰”しているという。
    特に最終日に組まれている亀梨の地元での“凱旋公演”では、8300円のチケットがなんと60倍近い値をつけているとの話も。いったい何が起きているのか?

    7月13日の神戸公演を皮切りに、全国のべ19都市を回るコンサートツアーを行っている亀梨。
    東京公演も先日、東京国際フォーラムで行われ、グループやソロでの楽曲のほか、山下智久(32)との「青春アミーゴ」や「背中越しのチャンス」などを熱唱した。

    「ステージでは歌唱のほかにもアクロバチックなダンスなども披露している。
    先日の東京公演では、ドラマで共演した広瀬すずや木村文乃なども駆けつけて、大興奮で見ていたそうです」とは音楽関係者。

    そんな亀梨のツアーでの公演回数は当初の予定より大幅に増えている。

    「亀梨本人にファンと近い場所でやりたいという希望があって、ありがちなドームとかアリーナとかの規模での開催でなく、ジャニーズでは珍しい小規模の会場でのコンサートなんです。
    ほぼ平日開催のコンサートなんですが、チケットは即完売で、ファンの要望から追加公演がドンドン決まるという事態なんです」と前出の関係者。

    中でもファンが熱望しているのが、10月30日に行われるツアー最終日の東京・江戸川区総合文化センターでのチケットだという。

    「この会場は亀梨の出身地でいわば凱旋公演のようなもの。亀梨が幼稚園の時代にお遊戯会で主役を張ったという思い出の場所でもあり、いわば“聖地”のようなところなんです。
    ファンとしてはどうしても行きたいのでしょうが、ここのキャパが1500人弱。
    当然、パンク寸前で、この最終日のチケットに限って言えば、インターネットのサイトなどで8300円のチケットが約60倍の50万円近くにまで高騰しているんです。
    20万~30万円くらいで売りに出ているようなものなら、ほぼ売買が成立していてプラチナ化しています」と同関係者は言う。

    追加公演ができればいいのだろうが、10月末というとプロ野球の日本シリーズ真っ最中。
    「Going! Sports&News」(日本テレビ系)でプロ野球取材に出かけるなど多忙の亀梨にとって、おいそれと追加公演ができる時期ではない。

    ジャニーズは最近では、チケットを購入した本人でないと会場に入れないような対策も立ててはいるが、
    あるイベント関係者が「すべてのコンサートでそういうことができているわけではない」というように、まだまだ万全の対策とは程遠いのが現実だ。

    先日の「24時間テレビ」では「時代をつくった男 阿久悠物語」で主人公の作詞家・故阿久悠さんを演じ、
    「24時間テレビ」内のスペシャルドラマでも歴代3位に入る視聴率を獲得した亀梨。チケットの暴騰だけでなく、この勢いは止まることはないだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13605630/
    2017年9月13日 11時0分 東スポWeb

    【【亀梨】人気急騰!8300円のコンサートチケットが50万円に】の続きを読む

    1: 2017/09/03(日) 08:56:32.925 ID:+aLIZbVRp
    現メンバー
    亀梨
    上田
    中丸

    辞めたやつ
    赤西
    田中

    あと一人・・・

    【KAT-TUNの元メンバー含めて最後の一人思い出せない説】の続きを読む

    1: 2017/09/04(月) 20:38:12.47 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所の亀梨和也が、中居正広を裏切っていたという話が伝わってきた。亀梨は少年時代にリトルリーグで野球に打ち込んでいた
    経緯から、野球好きの中居と事務所内では最も親しい先輩、後輩と見られていた。

    「3月に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の練習を一緒に取材し、談笑する姿が目撃されています。本当に馬が合うのだと思われていました」(ジャニーズライター)

    しかし、亀梨は不可思議な発言をしていた。それは同じ3月、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演したときのことだ。

    「『TOKIO』の国分太一に『事務所で仲のいい人は?』と問われると、亀梨は『木村さんです』と即答していました。しかし、木村の家に行った話や洋服をもらった話など
    “美談”ばかりで、作り話っぽかったのは確かです」(テレビ雑誌編集者)

    当時の木村は世間から、『SMAP』を解散に追いやった人間という扱いを受けており、一方で中居はジャニーズ事務所からの圧力に耐える正義の人という評価をされていた。

    「亀梨はジャニーズ事務所に説得されて、木村を持ち上げたとみられていました。しかし、実際にはそのころからすでに中居を見限り、自ら“木村派”に転じていたようです。
    事務所きっての“中居派”でしたが、中居を裏切っていたのです」(同・編集者)

    中居は稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛とは別行動を取り、ジャニーズ事務所へ残ることを決めた。そのため、芸能界内外で悪評が増える一方になっている。

    「亀梨は、このまま中居についても自分の評価を下げるだけだと判断したのでしょう。むしろジャニーズ事務所に忠義を尽くした木村に寄るのは賢明な判断です。
    亀梨は8月に、活動休止中の所属『KAT-TUN』を復活させたいとテレビ番組で発言しました。ということは、今後も事務所に忠誠を尽くすということです。中居と
    親しかったというのは、もはや表面上の話です」(前出・ライター)

    https://myjitsu.jp/archives/30473

    【亀梨和也「親密な先輩」中居正広を見限った】の続きを読む

    1: 2017/08/30(水) 04:43:48.60 ID:CAP_USER9
    2017.8.30

    亀梨激白!KAT-TUN復活プラン 「充電は正解」「来年中に東京Dで」

     昨年5月の東京ドーム公演をもって充電期間に入ったKAT-TUNの亀梨和也(31)の初ソロツアー東京公演が29日、東京国際フォーラムで初日を迎えた。
    5000人を沸かせた亀梨は、会見で愛するグループについて「充電は正解」と個々の能力向上を喜び、再始動について「今年ではないと思う。来年中に東京ドームで集まることができたら素敵」とプランを激白。
    復活後もグループ活動と並行してのソロ活動継続が、KAT-TUNの強みになるとも力説した。

     充電から約1年4カ月。7月からスタートした初のソロライブまっただ中の亀梨が、来年のKAT-TUN再会を思い描いた。

     3人は昨年5月1日の東京ドーム公演後から個々での活動を強化。亀梨はドラマや映画で役者として経験を積み、26、27日には日本テレビ系「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを務めるなど走り続けた。
    中丸雄一(33)が司会、この日客席から見守った上田竜也(33)は初の連ドラ主演決定と結果を残している。

     「最終ギアを入れている。充電は正解」。メンバーそれぞれの成長に十分な手応えを感じている亀梨は、再結成について
    「今年ではないと思います。来年中に東京ドームで集まることができたら、すごく素敵」と温めているプランを口にした。

     再集結後の活動はジャニー喜多川社長(85)の言葉を参考にする。「ユーたちも個々にソロコンサートやって、東京ドームでボンと集まったりしなよ」。
    06年のデビュー後から社長は、個性の強いグループの個人強化を望んでいた。亀梨は「原点に立ち返る。個々の仕事を引き続き意識するのが力になる」と復活後のソロ活動継続も示唆した。

     この日のライブは「24時間テレビ」から間もなかったが、疲れも見せず躍動した。
    4月期の日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」で結成したユニット「亀と山P」の相方で歌手の山下智久(32)がビデオでサプライズ登場。
    「甘えん坊」と素顔を明かされた亀梨は「まさか山P!うれしい」と喜び、ユニット曲「背中越しのチャンス」やKAT-TUNの楽曲「絆」など22曲を熱唱した。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/30/0010507238.shtml

    【亀梨激白!KAT-TUN復活プラン 「充電は正解」「来年中に東京Dで」】の続きを読む

    1: 2017/08/27(日) 17:03:35.48 ID:CAP_USER9
    http://news.mynavi.jp/news/2017/08/27/094/
    2017/08/27

    アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也が、日本テレビ系大型特番『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(~27日20:54)の「日本アニメ100周年スペシャルメドレー」企画で、『妖怪人間ベム』のベムに扮して主題歌「妖怪人間ベム」を熱唱した。

    亀梨は、2011年にドラマ・映画で実写化された『妖怪人間ベム』で主人公のベム役を熱演。ベロ役を鈴木福、ベラ役を杏が務めた。

    今回の企画では、ベム役の亀梨とベロ役の鈴木は当時のまま、ベラ役は杏ではなく、なんとお笑い芸人の椿鬼奴! ベロ役の鈴木に「わーベラ見て、ここには人間がたくさんいるよ!」と声をかけられ、後ろを向いていたベラ役の鬼奴が「ベロ、あんまり騒ぐんじゃないよ」と言いながら振り返ると、会場から笑いが起こった。

    そして、ベム役の亀梨が「おいベラ、今日はなんだかいつもより声がかすれていないか?」とツッコむと、鬼奴は「かすれてないわよ。だってほら!」とお馴染みの熱唱パフォーマンスを披露。「ベラ! 落ち着け、いつもと様子が違くないか」「そうかしら」と爆笑やりとりを繰り広げた。

    そして、3人で「妖怪人間ベム」を披露し、「早く人間になりたい!」と熱唱。その後、出演者全員による「アンパンマンのマーチ」合唱にも参加して、笑顔で踊って歌って会場を盛り上げた。

    SNS上では「ベム亀梨かっこよすぎやろ、、、」「亀梨くんのベム大好きだから観られて嬉しい……最高」「亀梨くんのベムは相変わらず美しい」「亀梨和也とベムの声のギャップにまた惚れた」「かめのベム復活嬉しい!!懐かしすぎる」「妖怪人間ベムの亀梨はほんと美しいなぁ…」「鬼奴ベラさんとの小芝居も良かった」などと反響を呼んでいる。

    no title

    no title

    【【KAT-TUN】『妖怪人間ベム』 亀梨の"ベム"復活にファン歓喜「かっこよすぎ」- ベラ役の椿鬼奴との小芝居にも反響】の続きを読む

    このページのトップヘ