カテゴリ:KAT-TUN

    1: 2017/04/27(木) 05:08:17.70 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ 4/27(木) 4:55

     KAT-TUN亀梨和也(31)が、初のソロコンサートツアーを開催することが26日、分かった。

     この日、日刊スポーツなどの取材に応じた。7月13日の神戸国際会館こくさいホールを皮切りに、10月30日まで19カ所38公演を行い、10万3000人動員予定という。

     ファンへの思いが、挑戦を後押しした。日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」に主演中で、同局系「Going! Sports&News」でキャスターも務めるが、昨年5月にKAT-TUNが充電期間に入って以降、ファンの前に立つ機会は限られていた。
    「自分を支えてくれている方々の前に立って、直接会える生の機会がないかと考えました」。スタッフとも相談し、ソロコンサート初開催が決まった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01813883-nksports-ent

    【【KAT-TUN】亀梨和也が初ソロコンサートツアー 活動再開の布石か!?】の続きを読む

    1: 2017/04/19(水) 10:39:28.66 ID:CAP_USER9
    KAT-TUNの亀梨和也(31)と山下智久(32)がW主演の土曜日ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の第一話が4月15日に放送され、そのエンディングが物議を醸している。

    亀梨と山下が『野ブタ。をプロデュース』(同)以来12年ぶりとなる共演を果たしたことが話題となっている同ドラマ、当時同様に今作でも「亀と山P」名義でエンディングテーマを担当しているのだが、
    そのエンディング時にヒロインの木村文乃(29)と共に、“ボク運ダンス”を披露した。
    ネット上では「可愛いー!」と好評の声があがった一方で、昨年大ブレイクした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の
    “恋ダンス”と全くやり口が一緒とあって、「逃げ恥のパクリだ」と批判する声が高まっている。

    また、山下が演じている自らを神と名乗る謎の男という設定が、同作の脚本家の出世作ともいわれている『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)
    で使われた設定と酷似しているようで、焼きまわしかという声もある。
    上述のダンスも含め、至るところで二番煎じが散見されているのだ。

    「昨年大ブレイクの『逃げ恥』にあやかって、今回の“ボク運ダンス”で今年末の『NHK紅白歌合戦』を狙っているのでしょう。
    しかし、ドラマの設定にしろダンスにしろ、視聴者ですら二番煎じをあまりに強く感じてしまっていることから、業界内で“爆死確定”との声があがっています。
    制作内部でも、局から降りてきたあまりに安直な企画内容に、既にため息混じりの諦めムードが漂っているようです」(テレビ局関係者)

    こうしたテレビ業界にありがちな「二匹目のドジョウ」を狙う戦法の企画は、現場で制作に携わっている人間ほど通用するわけないと感じていて否定だ。

    ■前クールでも大失敗…ジャニーズからの依頼も?

    日本テレビは、前クールで同じ土曜日に放送されていた『スーパーサラリーマン左江内氏』でも、類似するようなダンスをエンディングで披露し、同様のバッシングの末に大失敗していた過去がある。
    初回こそ12.9%とまずまずの視聴率をマークしたものの、そんな酷評の影響もあってか、2話目以降から急降下。第8話では6.3%のワーストを記録するなど、全話平均で一桁の9.6%に沈んでいた。
    この時の教訓は、今作に全く生かされていないということになるが、その裏には、日本テレビの意思以外の作用が働いているという声もある。

    「今ドラマは元々、亀梨のソロ主演で進めていたところに、ジャニーズが山下も押し込んできたと言われています。話題性をさらに広げようと、昨年流行した“恋ダンス”風の演出を日テレに直談判したとも言われているのです。
    前クールで大失敗している日テレも、ジャニーズの意向ならと渋々OKするしかなかったとも」(前出・テレビ局関係者)

    昨今、業界内での力が日に日に衰えていると囁かれているジャニーズだが、その最たる理由は、タレントが数字を取れなくなっていることが原因だ。
    今回、亀梨と山下の共演で、数字が取れることを大きく証明したかったのだろうが、さらに窮地に追い込まれないことを願うばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1302065/
    2017.04.19 08:05 デイリーニュースオンライン

    no title

    【亀梨和也&山下智久のW主演ドラマ、パクリと二番煎じで酷評の嵐に】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 09:29:33.37 ID:CAP_USER9
    オリコン 4/17(月) 9:23配信

     KAT-TUNの亀梨和也が主演し、12年ぶりに山下智久との共演を果たした日本テレビ系連続ドラマ
    『ボク、運命の人です。』(毎週土曜 後10:00)第一話が15日放送され、初回視聴率が12.0%
    だったことが17日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

     同ドラマは運命の恋を全力で信じ、何度フラれても運命の女性へと立ち向かっていく男・誠(亀梨)と、
    運命などは信じずそれを頑なに拒む女・晴子(木村)、そして、2人のかみ合わない運命の恋を
    後押しする自称・神の謎の男(山下)が織りなすラブコメディー。

     エンディングでは『修二と彰』以来のコンビ結成となった「亀と山P」が担当する主題歌
    「背中越しのチャンス」に合わせ、亀梨、山下、木村がキュートな“ボク運ダンス”を披露して、
    話題を呼んでいる。

     第一話では、女運がなく悲しい恋愛をしてきたサラリーマンの誠が都内の会社に異動してくる。
    ある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男が現れ、これまで誠に女運がなかったことは
    「他に運命の人がいるからだ」と告げる。そこで差し出された写真には、面識のない女性・
    湖月晴子が映っていた。実は晴子と誠はこれまでも運命的に導かれながらも、すれ違い続けて
    いたという。神の言葉に半信半疑になる誠だったが…。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000343-oric-ent

    【亀梨&山P『ボク運』初回視聴率は12.0%の好発進】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 05:03:03.26 ID:CAP_USER9
    サンケイスポーツ 4/17(月) 5:00

     タッキー&翼・今井翼(35)らジャニーズタレント総勢129人が16日、東京ドームで「ジャニーズ大運動会2017」を開催した。

     運動会は、野球大会を含めて今年で16回目。Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2らが50メートル走やPK対決など過去最多の8種目で競い、4万5000人を沸かせた。

     紅白に分かれて対戦した野球では、“乱闘”が勃発した。白組の攻撃だった二回表、打席にKAT-TUNの中丸雄一(33)、マウンド上には中山優馬(23)。
    中山が投じた直球が内角をえげつなくえぐると、中丸は“激怒”。これに、KAT-TUNの同僚でもある紅組監督の上田竜也(33)がベンチを飛び出し、中丸とつかみあいに。その瞬間、両軍がマウンド上に集結した。

     今月4日の阪神-ヤクルトで、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)が阪神の矢野燿大・作戦兼バッテリーコーチ(48)を突き飛ばした乱闘を彷彿させる騒ぎに発展かと思いきや、輪の真ん中で中丸が突如、胴上げされた。

     お約束の乱闘パフォーマンスで爆笑を誘った中丸だったが、「俺がやりたかった乱闘と違う!!」と再び挑発。続く2球目でも“乱闘騒ぎ”となるが、結局胴上げされ、再び4万5000人の笑いを誘った。波乱含みの試合は、紅組が12-11でサヨナラ勝ちした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000503-sanspo-ent

    【「ジャニーズ大運動会」KAT-TUN中丸Vs上田“乱闘”・・・】の続きを読む

    1: 2017/04/16(日) 00:16:19.83 ID:CAP_USER9
    亀梨&山下智久主題歌で木村文乃のボク運ダンス話題
    [2017年4月15日23時43分]

     KAT-TUN亀梨和也(31)と山下智久(32)共演の、日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」(土曜午後10時)の第1話が15日、放送された。

     そのエンディングで、亀梨と山下のユニット「亀と山P」による主題歌「背中越しのチャンス」(5月17日リリース)が流れる中、2人と木村文乃が踊るダンス“ボク運ダンス”が、早くもインターネット上で話題となっている。

     エンディングでは2人が、木村を挟む形で歌い、踊る。身ぶり、手ぶりを交えて軽快に踊る。劇中で亀梨は主人公の誠、山下は謎の男、木村はヒロインの晴子を演じる。亀梨と山下がユニットを組むのは、05年の同系「野ブタ。をプロデュース」の主題歌「青春アミーゴ」を歌った「修二と彰」以来12年ぶり。

     インターネット上では「『修二と彰』以来だから(主題歌の)発売日が楽しみ」「コンビが面白い」「ダンスも良かった」「ドラマ自体、面白い」などと絶賛、今後への期待の声が相次いだ。


    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1808460.html


    ∥画像∥
    KAT-TUNの亀梨和也と山下智久のユニット「亀と山P」が歌う「背中越しのチャンス」に乗せて“ボク運ダンス”を披露する木村文乃(C)日本テレビ
    no title

    no title

    【亀梨&山下智久主題歌で木村文乃の「ボク運ダンス」が話題に】の続きを読む

    1: 2017/04/13(木) 09:46:02.18 ID:CAP_USER9
    4月9日放送の『行列のできる法律相談所3時間SP さんまvs怒れる美男美女軍団!!』(日本テレビ系)で、
    KAT-TUN亀梨和也(31)が山手線に乗っても周囲の人々に気づかれないことを告白した。

    今回、亀梨がこの番組にゲスト出演したのは、同局で15日から放送される主演ドラマ『ボク、運命の人です。』の告知と、
    サブタイトルにあるように怒れるエピソードを持った美男だからだ。

    ジャニーズの後輩、Kis-My-Ft2横尾渉に貸したつもりでいるウォレットチェーンが戻ってこないことを含め、いくつかのエピソードを披露した亀梨。
    中でも、“会話が成立しない女性が苦手”ということについて、共演者が活気づいた。車のキーを持っているのを見て、
    「車持ってるんですか? 意外~!!」と言われ、スーパーに行くという話をしても「意外~!!」と言われるという、
    亀梨の戸惑いを吐露した際に、「スーパーに行くことは意外ですよ!!」とレギュラー出演者の磯野貴理子が急にヒートアップしたからだ。

    東野幸治が「電車も乗らないし、事務所の車があって、ドアtoドアの生活をしているイメージ」と磯野をフォローすると、
    亀梨は、「友達と男2人で、有楽町で映画見て、恵比寿まで山手線に乗ったりとか……」と、芸能人イメージを払拭するエピソードを語り始めた。

    MCの明石家さんまは「騒動になれへんの?」と質問。
    「なるのかもな? と思って、10年くらい(電車に)乗ってなかったんですけど、
    最近乗ったら意外とならない」と自虐的に返答。
    先日も、買い物に行くためにマネジャーの車から降りたとき、周囲の人がスマートフォンをいじっていたため、バレたのかもと亀梨はビクビクしたのだそう。
    でもよく見ると、スマートフォン向けゲーム『ポケモンGO』のモンスターを探していただけで、亀梨の思い過ごしだったとか。ホッとするやら、寂しいやら、恥ずかしいやらといったところだろう。

    とはいえ、この番組で電車に乗ったことを明らかにしてしまったために、ネット上でファンがざわついている。
    もちろん、電車の中で亀梨に会えるかもしれないと、期待感を膨らませている人ばかり。
    せっかく10年ぶりに復活した電車乗車だったが、今度は亀梨自身がレアなモンスターのようにファンに探されてしまう!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1300031/
    2017.04.13 09:00 デイリーニュースオンライン

    【【KAT-TUN】亀梨和也が意外な日常を告白】の続きを読む

    1: 2017/04/11(火) 19:14:39.89 ID:CAP_USER9
     KAT-TUNの亀梨和也(31)が11日、都内で行われた日本テレビ系主演ドラマ「ボク、運命の人です。」(15日スタート。後10・00)の試写会で歌手・山下智久(32)とのにツーショットを披露し、“絶縁状態”の時期があったという秘話を打ち明けた。
     中学時代からの友人である山下と2005年の限定ユニット「修二と彰」以来、12年ぶりにタッグを組み、スペシャルユニット「亀と山P」として今作の主題歌を手がけた。
     亀梨は「ケンカして口も聞かない時期もあった。思春期は大変。でも、こうして一つの作品を作れるのは運命を感じている」と再会を喜んだ。撮影中も楽屋に戻らず前室で話し込んでいるといい、「(以前に)2人で焼き肉を食って、カラオケに行った。『修二と彰』を歌っちゃいましたね。僕の家で飲んだりする」と、プライベートも明かした。
     山下も「どんな球でもキャッチしてくれる。中学生から友達なので、あうんの呼吸じゃないですけど自由に解き放てる。2人しか出せない部分を自然に醸し出せていると思う」と、亀梨への信頼感を口にした。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/11/0010087050.shtml

    【【KAT-TUN】亀梨和也、山Pとの“絶縁状態”明かす】の続きを読む

    1: 2017/04/08(土) 12:54:46.77 ID:CAP_USER9
    昨年3月末にジャニーズ事務所を突然退社した、元KAT-TUNの田口淳之介(31)が約1年ぶりに本格的な芸能活動を再開。
    5日発売のシングル「Connect」でソロ歌手としてメジャーデビューした。
    日刊スポーツの取材に応じ、解散後から1年間の生活やこれからの活動などについて語った。

    ◆今までの活動を否定?

    「なぜグループ及び会社を辞めたのか?」という問いに対しては、「30代に入り今が人生の岐路と考え、組織とは違う方向に行く決意をした。
    自分の好きな音楽や得意なダンスで、表現者として求めてくれる人に伝えたい」と答えた。

    また「脱退せずにソロ活動をするという選択はなかったのか?」という問いに対しては、「単純にソロでやりたいからという理由で辞めたわけではない」と答えたものの、
    うがった見方をすれば、グループ活動では表現者として伝えられないために、KAT-TUNを辞めたとも捉えらえる。

    このインタビュー記事に対し、女性向けのネット掲示板「ガールズちゃんねる」でも、ほとんどの意見が批判的である。


    「自分勝手な人なんだね」
    「”オレは悪くない”感がスゴイ」
    「まだ残ってるメンバーは、いい気しないだろうね」
    「なんか…この人応援してもらってたファンの人達に申し訳ないとか思わないんですかね?」
    「ジャニーズの看板がなきゃ輝けないと思う」
    「お前に需要はない」

    ジャニーズで独立騒動と言えば、やはりSMAPの件が思い起こされるが、この時は事務所がメンバーの自由意志を束縛したという印象が強く、
    その後グループは解散となってしまったが、個々のメンバーに対する応援はより強まることとなった。

    そうなると、今回の独立した田口に対しファンは応援しそうなものだが、今回のケースは単なる自分の身勝手で辞めたとの印象が強いため、ほとんどが批判的な意見になってしまった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1298376/
    2017.04.07 21:00 DOKUJO [独女]

    no title

    【KAT-TUNを辞めて1年…ソロデビューの田口淳之介にネットでは身勝手の声が続出!】の続きを読む

    1: 2017/04/06(木) 07:38:04.82 ID:CAP_USER9
    今月15日にスタートする新ドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)で主演を務めるKAT-TUNの亀梨和也が、
    3日に放送された同局のバラエティー番組「しゃべくり007 SP」で“休日に家から出ない理由”を明かし、話題になっている。

    この日、休日の過ごし方を聞かれた亀梨は「家出ないですね。ちょっと長い休みだったら出ますけど、1日とかだったら全く出ないです」と告白。
    そこにはアイドルならではの悩みがあるようだ。

    MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から「出たくないの?」と聞かれると、「例えばカフェに行っても、僕は休みですけど、気付かれたときに
    『あっ、亀梨がいた!』ってなるわけじゃないですか。
    だから(外でも)亀梨でいなきゃなってやっぱり思うんです」と吐露。

    常に髪型もばっちり決まったイメージの亀梨だが、「普段は毛先遊ばせていないんで(笑)」といい、「休みなので“あ~”と(ぐだぐだ)していても、
    見た人は『亀梨なんか今日(毛先)遊ばせてなかったよ』みたいになるので」と語って笑いを誘っていた。

    放送後、ネット上では「亀梨かっこいいな~ 確かにスターは休みでもフラっと外出れないよね」「休みの日でも外では亀梨でいないといけないってどんだけプロ意識」
    「休みの日のカフェでも亀梨でいなきゃってアイドル魂はアイドルのかがみ」など称賛の声が上がっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12897850/
    2017年4月6日 7時15分 シネマトゥデイ

    【【KAT-TUN】亀梨和也が休日に家から出ないワケとは!?】の続きを読む

    1: 2017/03/27(月)21:26:30 ID:UPD

    【KAT-TUNデビュー当時の衝撃wwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ