カテゴリ:

    • カテゴリ:
    1: 2017/01/04(水)15:01:39 ID:RIr
    松本潤
    ・東京都豊島区出身
    ・堀越高等学校出身
    ・1983年8月30日生まれ
    ・A型 おとめ座 亥
    ・愛車 BMW 5シリーズ

    二宮和也
    ・東京都葛飾区出身
    ・立志舎高等学校出身(東京都墨田区)
    ・1983年6月17日生まれ
    ・A型 ふたご座 亥
    ・特技 ゲーム
    ・愛車 ベンツGクラス(ベンツゲレンデヴァーゲン)

    相葉雅紀
    ・千葉県千葉市出身
    ・東海大学付属望星高等学校出身(東京都渋谷区)
    ・1982年12月24日生まれ
    ・AB型 やぎ座 戌
    ・愛車 ポルシェ ケイマン

    櫻井翔
    ・東京都港区出身 群馬県(出生)
    ・慶應義塾大学出身
    ・1982年1月25日生まれ
    ・A型 みずがめ座 戌
    ・愛車 三菱 パジェロ

    大野智
    ・東京都三鷹市出身
    ・東海大学付属望星高等学校出身(東京都渋谷区)
    ・1980年11月26日生まれ
    ・A型 いて座 申
    ・愛車 ブリヂストン・マリポーサオム

    【嵐とかいう完全無敵の超人集団wwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/30(土) 15:33:17.91 ID:CAP_USER9
     4月に社会人となり、芸能を取材する部署に配属されて4か月が経過した。これまで数々の芸能イベントを取材してきたが、29日、芸能記者にとって最大のイベントのひとつである「NHK紅白歌合戦」の
    取材デビューをした。毎年のように実家で紅白を見ていたため、楽しそうという淡い気持ちを抱えていたが、リハーサル一日目の取材を終えた感想は“和んだ”だ。

     この日、10時半にNHKホールに到着。入り口で取材受付を済ませて、目の前にある階段を下ると、ざっと200人以上の人で、広いはずのロビーが埋め尽くされていた。多くの人が予防のためマスクを
    していて、異様な光景だ。人をかき分け、リハーサルが行われているホール内に入ると、「あ、思っていたより会場って小さいんだ」。テレビで見ると大きい会場というイメージがあったが、思いのほか狭い。
    豪華と言うより、アットホームだった。

     紅白は本番の一発勝負に近いと思っていたが、リハから本番さながらのパフォーマンスと緻密な音合わせ。視聴者に最高のステージを届けるために、局も出演者も妥協無しだ。緊張からか、マイクを持つ手が
    震えている出演者もいるほどだった。

     リハーサルは常に緊張感が漂っていた。熱の入ったパフォーマンスを見ていると、思わず取材であることを忘れてしまうことも。郷ひろみと登美丘高校ダンス部とのコラボに歓声をあげ、ゆずの熱唱に涙し、
    三浦大知のパフォーマンスに酔いしれ、歌番組でよく見る「星野源でした~!」が飛び出すと嬉しくなった。

     一方で、同時多発的に行われる囲み取材の繰り返し、巨大要塞のようなNHK本館で迷子になるなど戸惑うことばかり。紅白初取材と意気込んでいたが、夕方を過ぎる頃には身も心も疲れてきた。

     そんな疲労をほっと温かい気持ちにさせてくれたのが、人気アイドルグループ「嵐」だった。今年はメンバー主演映画・ドラマが多数公開。6年連続9度目の5大ドームツアーを開催中で、最終的に
    85万5000人の動員を見込む。紅白は9年連続出場。司会もグループで5年連続務め、昨年、相葉雅紀(35)、今年は二宮和也(34)が就任した。

     午後8時45分頃。「まもなく嵐さんの囲み取材が始まります」とアナウンスされると、その日一番の取材陣が集結。嵐は到着すると、まずフォトセッションに応じた。カメラマンから「ポージングお願いします」
    と要望を受けると、すっと、全員がガッツポーズ。相談もせず、目を合わせることもなく、期待に応える姿にデビュー18年の重みを感じた。

     フォトセッションを終えると、囲み取材。ホールの入り口にある階段をメンバーは4段ほど上がり、それを報道陣が下から見上げる形式で行われた。取材が始まる前に報道陣が録音するために後ろから前へ、
    次から次へとボイスレコーダーが手渡され、最前列に陣取っていた人はそれを床に置いていたが、約50個をさばききれずにいた。すると、嵐のメンバーは前へと差し出されているレコーダーをすっと手に取り、
    床に置いたのだ。恩着せがましいのではなく、「はいはい」「これも?」と自然に。そんなことをさせていいのかと内心冷や冷やしていたが、周囲にいる先輩記者たちは、その姿に焦らず。“嵐だから”と
    許される光景に驚かされた。トップアイドルに登りつめても、決しておごらず、自然の振る舞いにも優しさを持ち合わせている。謙虚で庶民的な感覚の5人が愛される理由が分かった気がした。

     嵐は取材中、今年1年を漢字で「和」と表現した。「今年はSexy Zoneのみんなとイベントをやったり今ツアーを回らせていただいて5人でいたり、なにより二宮和也先生の“和”という字を
    嵐としては推したい」と櫻井。大変恐縮だが、疲れた心が嵐の行動で和んだので、記者の紅白デビューも漢字1字で「和」とさせていただきたい。(記者コラム)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000096-sph-ent

    【嵐の人気の秘密を垣間見た… 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/30(土) 19:25:40.98
    嵐・二宮和也、AKB48のリハーサルに興味津々 “30パターン予習”に「なんで断らなかったんだ?」<紅白リハ2日目>

    【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月30日】「第68回 NHK紅白歌合戦」で白組司会を務める嵐の二宮和也が30日、東京・NHKホ
    ールで行われたリハーサル2日目に参加。この日、AKB48のリハーサル時に二宮は興味津々だった。

    二宮和也、AKB48の紅白リハーサルに興味津々

    AKB48は今年の紅白で、パフォーマンスする楽曲を視聴者投票で決める企画を実施。上位3曲が本番でメドレーとして披露される
    。現在投票中で本番で歌唱する楽曲はまだ決定していないため、リハーサルはダミー曲で実施。

    AKB48のスタンバイ前のMC時、企画に伴い「30パターン覚えた」という指原莉乃に、二宮は「なんで断らなかったんだ?」とい
    う素朴な疑問をぶつけ、自身もアイドルグループだが同企画のようなことは「やったことがない」としつつ大変さを察していた


    AKB48がステージでスタンバイを始めると、二宮は様子を興味深そうに見守りながら、自身が感じた気持ちを次々に声に出しは
    じめた。

    同グループは人数も多いため「1分で(フォーメーション)できるってすごくない?」という感想や「見るものとしては楽しみ
    ですよね」「撮る方も大変だぁ~」「すごいなぁ」「渡辺(麻友)さんはラストステージになる」などと矢継ぎ早にコメント。


    また、客席にいる関係者らにも、AKB48のフォーメーションを確認している様子を見られることについて「貴重なんじゃないで
    すか?」と声がけしていた。
    なお、昨日の音合わせと同様にこの日も「大声ダイヤモンド」(以下センター・松井珠理奈)「ほねほねワルツ」(渡辺)「11
    月のアンクレット」(渡辺)がリハーサルされた。

    AKB48がパフォーマンスする投票対象曲は?

    投票対象は、これまでに発表されたメジャー・シングル50枚の表題曲に、NHKにゆかりの深い3曲(「ほねほねワルツ」・「履物
    と傘の物語」・「365日の紙飛行機」)を加えた計53曲。本番は、投票の上位3曲を“AKB48紅白スペシャルメドレー”としてパ
    フォーマンスする。

    AKB48グループ、紅白でパフォーマンスする“紅白選抜”48名は?


    最終候補10曲(エントリー順)

    ・夕陽を見ているか?
    ・大声ダイヤモンド
    ・言い訳Maybe
    ・Beginner
    ・恋するフォーチュンクッキー
    ・希望的リフレイン
    ・#好きなんだ
    ・11月のアンクレット
    ・ほねほねワルツ
    ・365日の紙飛行機
    https://mdpr.jp/music/detail/1737830

    【【悲報】嵐・二宮和也 「AKBの紅白投票企画、なんで断らなかったの?」wwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/08/23(水) 20:53:15.74 0
    は?

    【櫻井←うん 大野←まあええわ 松潤←わかる 二宮←おう相葉←】の続きを読む

    1: 2017/12/29(金) 06:42:10.91 ID:CAP_USER9
     『カルテット』『あなたのことはそれほど』『陸王』と、2017年ドラマは多数の良作を輩出しながらも、爆発的ブームには至らなかった印象がある。「そろそろ、大ブームを」という期待もかかる2018年1月期のドラマは、各局ともに力作がラインナップ。はたして、社会現象を巻き起こすドラマは出現するのか、注目作の見どころを紹介する。 高視聴率獲得に期待がかかる『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/2018年1月18日より毎週木曜21時)は、木村拓哉が、脚本家・井上由美子とタッグを組み、ボディーガード役に扮する人間ドラマ。木村と井上は、これまで『GOOD LUCK!!』『エンジン』という2作品でタッグを組んでおり、『GOOD LUCK!!』では平均視聴率30.6%、『エンジン』では平均視聴率22.6%(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と驚くべき視聴率を叩き出している。それだけに、本作では、どれほどの数字が得られるのか、注目度も高い。共演には江口洋介、斎藤工、菜々緒、石田ゆり子らが顔をそろえる。

     ジャニーズで言えば、嵐の松本潤が主演する『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS系/2018年1月14日より毎週日曜21時)の前評判も高い。2016年4月期に放送されたリーガル・エンターテインメントドラマの続編で、松本と香川照之がコンビを組み、隠された事実を解き明かすストーリー。シーズン1では平均視聴率17.2%と同クール内でトップを記録した人気作品で、前作での榮倉奈々に代わり、木村文乃が登場する点も話題だ。本作の魅力は、何と言っても松本が演じる主人公・深山大翔のキャラクターにある。99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追求する型破りな弁護士で、趣味は料理。ストレス発散に極上料理を友人らに振る舞い、親父ギャグを呟いて一人満足する。そんな魅力的なキャラクターを、松本が見事に体現。まさに松本の当たり役で、本作は松本の代表作の1つといえるドラマであろう。 予告編が公開されて以降、視聴者からの反響が大きいドラマとして、石原さとみ主演の『アンナチュラル』(TBS系/2018年1月12日より毎週金曜22時)も挙げたい。2016年に社会的ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子による最新作で、解剖医を主人公に死の裏側にある謎や事件を解明していく法医学ミステリーだ。明るくキュートなイメージの役柄が続いた石原だが、本作では一転して、シリアスな役どころで新境地に挑む。

    https://news.infoseek.co.jp/article/hwchannel_20171229_5342403/
    https://news.infoseek.co.jp/article/hwchannel_20171229_5342403/?p=2

    『Mother』『Woman』そして、『カルテット』と極上ドラマを次々と連発している脚本家・坂元裕二が広瀬すずとタッグを組む『anone』(日本テレビ系/2018年1月10日より毎週水曜22時)も注目作だ。全てを失った少女が、ある老齢の女との運命的な出会いから、真実の人間愛を見つけていく物語で、広瀬は人生初のベリーショートヘアでこの役に挑む。

     このほかにも、吉岡里帆の連ドラ初主演作で、桐谷健太・向井理との三角関係を描く『きみが心に棲みついた』(TBS系/2018年1月16日より毎週火曜22時)、山崎賢人がクズ男役で連ドラ初主演する『トドメの接吻』(日本テレビ系/2018年1月7日より毎週日曜22時30分※初回は22時から)、東村アキコの人気コミックを芳根京子でドラマ化する『海月姫』(フジテレビ系/2018年1月15日より毎週月曜21時)など話題作も豊富。

     ジャニーズ主演作も多く、木村、松本のほかにも、『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系/2018年1月9日より毎週火曜21時)では亀梨和也、『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系/2018年1月13日より毎週土曜22時)では山田涼介、『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(東海テレビ・フジテレビ系/2018年2月3日より毎週土曜23時40分)では滝沢秀明が主演と、そろい踏みの状態。この中から、大ブームを巻き起こす作品は出るのか。期待しながら、放送を待ちたい。(文:嶋田真己)

    【キムタク、松潤の主演作が早くも話題に! 石原さとみと『逃げ恥』脚本家のタッグにも注目】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/24(日) 22:29:33.31 0
    終わってる

    【嵐、羽生結弦、山崎賢人、星野源 ←こんなのが人気出る今の日本wwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    紅白ランキング_総合



    1: 2017/12/28(木) 14:33:42.57 0

    【2017紅白1番楽しみなアーティストは?男性は乃木坂、女性は嵐】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/27(水) 10:05:18.23 ID:CAP_USER9
    嵐・松本、結婚は「したいと思う」
    2017.12.27(Wed)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/27/0010852102.shtml

     嵐の松本潤が27日、TBS系「ビビット」で、事務所の先輩のTOKIO・国分太一と対談。結婚について「したいと思う」と率直な気持ちを語った。
     番組では国分と松本の“サシ対談”の模様を放送。嵐が誕生した経緯や、売れなかった頃の荒れていた話などを語り合った。

     その中で、国分は結婚について質問。
    松本は「考えたことない訳じゃないけど、なんか、タイミングみたいのがないと、どうにもならない」と本音をポ口リ。既婚者の国分も「タイミングだよ」とアドバイスした。
     更に国分は「普通の男性なら、34歳は結婚してたりするからね」と松本の年齢は結婚していてもおかしくないと指摘すると、松本も「自分の周りも多い」と同調。
    そして「(結婚の)意識はあります。でも普通に暮らしている人と状況が違うことも理解しているから、後はタイミングなんですかね」と改めて“タイミング”という言葉を繰り返した。

     その後、「(結婚は)したいと思います」と結婚願望はあるとコメント。「お子さんがいる人もいるし、友達の子供がいて楽しいし、いいなと思う」と子供も欲しい気持ちを明かしていた。

    【【嵐】松潤、結婚は「したいと思う」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/27(水) 00:20:32.90 ID:CAP_USER9
    「Mステ」で松潤に触った観覧客に嵐ファンがブチ切れ!
    2017/12/26 18:14
    ?http://asajo.jp/43825
    ?no title


     羨ましすぎる展開にファンの嫉妬は最高潮に!?

     嵐の松本潤が22日放送の音楽特番「ミュージックステーション スーパーライブ2017」(テレビ朝日系)で、ファンであれば誰もが羨ましがるファンサービスを見せ、ファンをザワつかせた。

     この日の大トリを飾った嵐はメドレーで3曲を披露。最後の「Love so sweet」では、メインステージからサブステージにメンバーたちは移動しながら歌った。
    サブステージへの外周通路は、スタンド最前列から手を伸ばせば届くぐらいの距離感。
    観覧客は目をキラキラさせて見つめていたのだが、松本はその中の一人に自ら手を伸ばして触れ合い、その女性が嬉しそうにはしゃぐカットが映された。

     まさかのサービスに観覧客が感激するのは当然だが、テレビを観ていた嵐ファンからは
    「悔しくて、家で悶絶してしまった」「今、あの女触ってたよね」「絶対許さない」といった物騒な声が上がるなど、
    羨ましいというより、嫉妬に燃えるファンもいたようだ。

    「2015年の同ライブでは、サンタの仮装をした女性が二宮和也の腕をガッチリ掴んでいる瞬間が放送されたことがありました。
    その時は女性がやり玉に挙がり、誹謗中傷を浴びるという事態に。今回は、明らかに松本の方から手を差し伸べていたのですから、ファンも大目に見てほしいですね」(エンタメ誌ライター)

     最近では、嵐と乃木坂46のスペシャルコラボで嵐の曲の歌詞を間違えてしまった乃木坂の齋藤飛鳥が嵐ファンに叩かれ、謝罪したこともあった。
    嵐ファンのエネルギーは凄まじいだけに、大事にならないことを願うばかりだ。

    (田中康)

    【嵐、松潤に触った観覧客にファンがブチ切れ! 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/12/23(土)17:14:15 ID:5yU
    WISHとかLove so sweetとかそりゃ国民的アイドルにもなりますよ

    【実際嵐の全盛期って曲めっちゃ良かったよなwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ