カテゴリ:KinKi Kids

    1: 風吹けば名無し 2014/02/19 21:54:54 ID:BCCEvNhe
    硝子の少年                     1,791,514枚
    愛されるより 愛したい               1,644,334枚
    ジェットコースター・ロマンス            934,636枚
    全部だきしめて/青の時代              1,159,228枚
    Happy Happy Greeeting/シンデレラ・クリスマス    614,154枚
    やめないで,PURE/BABY LOVE              652,261枚
    フラワー                      1,045,977枚
    雨のMelody/to Heart                 851,870枚
    好きになってく 愛してく/KinKiのやる気まんまんソング 525,980枚
    夏の王様/もう君以外愛せない             874,580枚

    【KinKi Kidsの歴代シングル売り上げwwwww】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/13(木) 05:25:56.35 ID:???P
    TOKIOの松岡昌宏(37)やKinKi Kidsの堂本剛(34)らジャニーズ事務所の
    人気グループのメンバー5人が日替わりでMCを務めるテレビ東京系特別番組
    「トーキョーライブ! ~23:58の生放送~(仮)」(月~金曜後11・58)が、
    3月31日から4月11日までの2週間限定で放送されることが12日、分かった。

     東京タワーの大展望台に組まれる特別セットからの生放送で、
    月曜はNEWSの小山慶一郎(29)、火曜は松岡、水曜は嵐の
    相葉雅紀(31)、木曜は堂本、金曜は関ジャニ∞の安田章大(29)が
    MCを担当する。2週間限定とはいえ、豪華メンバーがそろった。

     番組オリジナルキャラクターを相手に、さまざまなテーマに沿って
    幅広いトークを展開。松岡は「深夜の生放送ほど、自分にとって
    ときめく企画はありません」と胸を躍らせている。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20140213/joh14021305040000-n1.html

    【松岡昌宏、堂本剛らジャニーズ事務所のグループのメンバーが日替わりでMC!テレビ東京系で2週間限定の超豪華番組放送】の続きを読む

    1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 2014/02/08 06:19:52
    KinKI Kidsの堂本光一(35)と堂本剛(34)が7日、都内で行われた、日本語版吹き替えを担当した映画「ラッシュ/プライドと友情」の初日舞台あいさつに登場した。

    1976年のF1グランプリの王者争いを軸に、直感型の天才マクラーレンのジェームス・ハントと、沈着冷静なフェラーリのニキ・ラウダとのライバル物語を描く。

    日本の芸能界きってのF1通の光一は、生涯5000人の女性を抱いたと言われるプレイボーイのハント、剛がラウダの声を担当。光一は「F1が大好きだから、逆にプレッシャーになった」。
    収録は、それぞれ1人で行われ、ベッドシーンについて光一が「俺、1人きりでだからね」と言うと、剛が「『エア・アンアン』。光一君が、どんなアンアンをするか楽しみでした。
    よろしければ100回でも、200回でも見てください」と話した。

    2人はイメージソングの「Glorious Days~ただ道を探してる」(3月1日発売)も歌っている。01年の「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞受賞の
    ロン・ハワード監督(59)からは「素晴らしい吹き替えの演技をしてくれた。いつか、この2人で映画を撮ってみたい」とメッセージが寄せられた。

    ソース:So-net
    http://news.so-net.ne.jp/article/detail/924361/?nv=c_cat_latest

    【【ジャニーズ】堂本光一がベッドで「エア・アンアン」】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/05 05:51:24
     KinKi Kids・堂本光一(35)の主演ミュージカル
    「Endless SHOCK」が4日、東京・帝国劇場で開幕した。

     本番前にキャストが会見。昨年9月に大阪公演を終えて間もないが、光一は
    「けいこ場でいざやってみると、あらためて気づくことがたくさんある。芝居がダメだなぁとか、
    歌がダメだなぁとか、踊りがダメだなぁとか」と満足することなく細部にわたりさらに
    ブラッシュアップできたようで、「有意義なけいこができました」と胸を張った。

     今月下旬に通算上演回数が1100回に到達する見込み。同一演目単独主演記録で故森光子さんの
    2017回(『放浪記』)、松本幸四郎の1207回(『ラ・マンチャの男』)にまた一歩迫り、9月の大阪公演と
    10月の福岡公演(どちらも日程は未定)で幸四郎超えの期待がかかるが、浮かれたところはない。
    「偉大な先輩方がいろんな記録を持っていらっしゃいますが、僕は張り合うつもりは全然ないですし、
    失礼にあたるので…。とにかく毎回お客さまに『SHOCK』というエネルギーを届けられたら」と
    謙虚な姿勢を崩さなかった。

     植草克秀、前田美波里らが務めてきたオーナー役を、今回は歌手で女優の森公美子が務める。
    カンパニーを温かく見守り、若きエンターテイナーのコウイチ(光一)に示唆を与える重要な役どころで、
    光一組初参加の森は「完全に“転校生”みたいな感じ。この“学校”はレベルが高すぎて、ついていくのに
    必死です」とポツリ。

     光一から現在体重がだいたい56キロで、千秋楽に52キロまで落ちると聞かされると、
    森は「え~!体重が(光一の)ダブルスコアにならないように気をつけます」と自分を戒めて
    報道陣を笑わせた。東京公演は3月31日まで同所で。

    ソース:日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/entertainment/news/1632340.html

    【KinKi Kids・堂本光一の主演ミュージカル「Endless SHOCK」が開幕…通算上演回数の記録は意識せず】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2014/02/05 13:59:56
    KinKi Kids・堂本剛が、パーソナリティを務めるラジオ番組『堂本剛とFashion&Music Book』(bayfm)で、
    精神的な闇を抱えた十代の少女たちにメッセージを送った。
    芸能活動へのストレスなどにより、CDデビュー直後から過呼吸症候群を患ってしまった剛。
    2003年にはコンサートの途中に体調不良で倒れてしまったことを機に、
    公式携帯サイト「Johnny’s web」で過換気症候群およびパニック障害の闘病中であると告白したことが話題となった。

    2月1日放送の同番組では、剛がそれぞれに悩みを持った中高生のリスナーからのメールを紹介。
    その内容は「私、生きてる価値なんてないと思う」「たまに自分とは何なのか? 何のために生きているのか? 
    いろいろ考え、何も見えなくなる時があります」など、悲痛な言葉が並んだ。
    彼女たちはつらい日々を過ごしながらも、剛の音楽や言葉に生きる活力をもらっているようで、
    自身の悩みを記すとともに剛へのお礼を込めたお便りだった。

    リスナーからの心の叫びを真摯に受け止め、柔らかい口調でメールを読み終えた剛は
    「僕自身も十代の頃は相当、悩んでます。まぁ、急に“社会人”のような“学生”のような、みたいな時間を過ごしてきましたから」
    と、学校と芸能活動を並行していた当時は、心が追いついていなかったことを激白。

    さらに剛は、「人からね、周りにいろいろ言われることで苦しむ必要性はないです。
    まぁ十代だから、いろんなことやっぱり考えちゃうしね。周りに言われると『あ~それってよくないのかなぁ』って。
    いや、もう僕の十代なんてホント大変でしたから。自分で言うのもイヤですけど。
    でも僕、ほとんど記憶ないんです、もう。しんどすぎて。かわいそうやなと思うんですけど。
    全然覚えてないんです。自分が誰と会って何したかなんて。忙しすぎて、ほとんど寝てないから。当
    たり前よね。寝てへんかったら記憶ないよね」

    と、怒涛の日々を振り返った。
    剛が言う「大変」だった時期とは、おそらく過呼吸で苦しんでいた時のことだろう。
    多忙を極める中で精神バランスを崩してしまったのだ。

    >>2以降に続く)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8504994/

    【 KinKi Kids堂本剛、過換気症候群&パニック障害だった十代の頃の苦しみを語る】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2014/01/26 23:37:41
    ・締め固め機械(無制限)
    ・ソフトボール第3種公認審判員
    ・四級小型船舶操縦士
    ・チェンソー伐木業務
    ・食品衛生責任者
    ・COMPETITION LICENSE JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION(国内B級)
    ・小型車両系建設機械(整地用3t未満)
    ・日本綱引連盟公認審判員(シングルA)
    ・一級小型船舶操縦士
    ・小規模ボイラー取扱者
    ・小型フォークリフト運転技能士(1t未満)
    ・COMPETITION LICENSE JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION(国内A級)
    ・ラッピングコーディネーター
    ・アーク溶接
    ・日本ドッヂボール協会公認C級審判員
    ・大型特殊
    ・蕎麦打ち名人
    ・Swiftwater Rescue First Responder Class
    ・車両系建設機械
    ・アームレスリング3級審判

    【堂本光一が持ってる資格すげえええええええ】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/12/13 06:32:42
     人気デュオ「KinKi Kids」が12日、最新アルバム「L album」の発売を
    記念したスペシャルライブを東京・丸の内のコットンクラブで行った。

     デビュー16年間で過去最少規模となるプレミアムライブ。約600倍の
    倍率を勝ち抜いた120人のファンを無料招待し、一足早い歌のクリスマス
    プレゼントを贈った。2人はファンとの密着ぶりに大満足の様子だった。

     最前列のファンとは約50センチの超至近距離。普段のドームコンサートとは違う
    「激近」ライブに、2人も異様なテンションの盛り上がりをみせた。16年の歴史で、
    動員は最も少ない120人。09年に「J album」のリリースを記念し、首都高の
    「大橋ジャンクション」で246人限定のイベントを行ったことはあったが、それをしのぐ
    プレミアムライブ。約7万2000通の応募から実に600倍ものプラチナチケットとなった。
    >>2以降に続きます)

    ソース:スポーツ報知
    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131212-OHT1T00233.htm

    【KinKi Kids倍率600倍ライブ!120人無料招待に7万2000通…最新アルバム「L album」発売記念スペシャルライブ】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/12/09 06:11:54
    KinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が6日、映画『ラッシュ/プライドと友情』の
    日本語吹き替え版アフレコ収録を行った。二人そろってアフレコをするのは、
    今回が初めてのことになる。

     光一が演じるのは、自由奔放な天才と呼ばれた実在したF1レーサーの
    ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)。プレイボーイとして知られた
    ハントだけに、「(女性との)からみのシーンがかなりあった」という。

    光一は「台本を読んだら(からみのシーンには)『AD』って書いてあったから、
    オーディオの略で元の音や音楽が入るんだと思っていたら、どうやらアドリブの
    略だったみたいで……」と苦笑い。

    それでも「しっかり頑張ってやりました」と自信を見せ、
    「吐く(嘔吐する)シーンも多かったんだけど、吐くのは
    上手みたいです」と胸を張った。(>>2以降に続きます)

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0058640
    画像:http://s.cinematoday.jp/res/N0/05/86/v1386325563/N0058640_l.jpg

    【Kinki Kids、映画『ラッシュ/プライドと友情』の日本語吹き替え版アフレコ収録…二人そろってアフレコをするのは今回が初】の続きを読む

    1: ラダームーンサルト(catv?) 2013/11/04 09:29:42 ID:IMASl4lk0
    KinKi Kidsの通算33枚目のシングル『まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを』(10月23日発売)が
    初週17.8万枚を売り上げ、11月4日付けオリコン週間ランキング1位となり、ギネス公認記録
    「デビューからのシングル連続首位記録」を更新した。2012年のシングル『変わったかたちの石』の初週売り上げが
    12万枚だったのに対し、5万枚強の売り上げ増である。

     2種類の初回限定盤および通常盤という複数バージョン商法による底上げ効果もあるだろう
    (参照:KinKi Kidsの新曲が手堅くチャート1位 ジャニーズの“巧みすぎる“リリース戦略を読む)。
    さらに、作詞に松井五郎、作曲に織田哲郎、編曲に亀田誠治を迎えた「まだ涙にならない悲しみが」は、
    これまでのKinKi Kidsの作品の中でも“名曲”と評する声も多く、楽曲の良さが売り上げ増につながった面も
    考えられる。

     1年9ヶ月ぶりのリリースとなった本作だが、いったいなぜKinKi Kidsは今のタイミングで良作を生み出すことが
    できたのか。ジャニーズ事情に詳しいライター・ジャニ子氏は、次のように分析する。

    「KinKi Kidsの2人は舞台裏では会話が少なく、一緒の撮影でも目を合わせることさえないため、
    長年“不仲説”が囁かれていましたが、最近ではその関係性に改善が見られたのか、今作では珍しく
    2人揃ってプロモーションをしています。

     ここ数年、剛さんはENDLICHERI☆ENDLICHERI名義での活動をしたり、アルバム『Nippon』で
    海外デビューを果たしたり、カバーアルバム『カバ』をリリースしたりと、いわばアーティスト路線の活動に
    尽力してきました。一方、光一さんは舞台に力を注いでいて、ジャニーズ事務所の中でも随一と言われるほどの
    実力派舞台俳優に成長してきています。

     2人は性格的に、表立って『実は相方をリスペクトしている』とは言いませんが、おたがい別のフィールドで
    活動をするうちに、ポジションが明確になり、厚い信頼関係が築かれてきたのではないでしょうか」

    http://realsound.jp/2013/11/post-148.html

    【「オレ男だけどSMAP、KinKi Kids、TOKIOは好きだわー」←他のグループと何が違うのか】の続きを読む

    KinKi Kidsの通算33枚目のシングル『まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを』(10月23日発売)が初週17.8万枚を売り上げ、11月4日付 けオリコン週間ランキング1位となり、ギネス公認記録「デビューからのシングル連続首位記録」を更新した。2012年のシングル『変わったかたちの石』の 初週売り上げが12万枚だったのに対し、5万枚強の売り上げ増である。 【KinKi Kidsが長年の不仲説を払拭!? ニューシングルが充実の仕上がりとなったワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ