カテゴリ:KinKi Kids

    1: 2017/07/24(月) 09:28:35.77 ID:CAP_USER9
     デビュー20周年を迎えたKinKi Kidsが1997年に主演した日本テレビの連続ドラマの
    スペシャル版「ぼくらの勇気 未満都市2017」(後9・00)が21日に放送され、平均視聴率が
    10・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。

     「ぼくらの勇気~未満都市」は、ある街で大地震が起きたと聞き、駆け付けた高校生のヤマト(光一)と
    タケル(剛)が主人公。大人が死に絶え、子供だけが生き残った街を舞台に、主人公たちがさまざまな
    問題や事件を乗り越えていく姿を描いた。全10回の平均視聴率は16・8%を記録。2人が歌った主題歌
    「愛されるより 愛したい」は累計160万枚を超える大ヒットとなった。

     スペシャル版では「20年後、またこの場所で会おう」と約束していた主人公たちの20年後が描かれる。
    女優の矢田亜希子(38)、嵐の相葉雅紀(34)と松本潤(33)、元ジャニーズJr.の小原裕貴さん
    (37)といった20年前のオリジナルキャストが再集結。向井理(35)、関西ジャニーズJr.の
    道枝駿佑(14)らが新キャストとして華を添えた。

     小原さんは2000年に芸能界を引退しており、今回限りの“芸能界復帰”。当時絶大な人気を誇っていた
    ジュニアでまさに“伝説のジュニア”と呼ばれていた小原さんの復帰には、「小原くんに感動」
    「伝説のジュニアだ!」「相変わらずイケメンだ」「歳の取り方が素敵」など放送後、歓喜の声が集まった。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000096-spnannex-ent

    【【KinKi Kids&嵐】20年ぶり復活「ぼくらの勇気 未満都市2017」平均視聴率10・0%】の続きを読む

    1: 2017/07/22(土) 06:46:44.36 ID:CAP_USER9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170722/joh17072205030001-n1.html

     左耳の突発性難聴を治療中のKinKi Kids・堂本剛(38)がデビュー20周年を迎えた21日、日本テレビ系「ZIP!」(月~金曜前5・50)など同局系生情報番組4本にはしご出演し、テレビ復帰した。

     先月27日に左耳の突発性難聴で入院し、今月4日に退院した剛は、KinKiの堂本光一(38)と生出演。この日放送されたドラマ「ぼくらの勇気 未満都市2017」を宣伝した。「ZIP!」では「元気は元気。あと1週間くらいは大きい音は禁止ですが」と体調を説明した。

    【【KinKi Kids】堂本剛がテレビ復帰「元気。あと1週間くらいは大きい音は禁止」】の続きを読む

    1: 2017/07/23(日) 11:04:22.74 ID:CAP_USER9
    西野カナの「トリセツ」を堂本光一が男目線でバッサリ「クッソめんどくさい曲」
    2017年7月22日 9時45分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13370814/
    no title


    21日放送の「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活SP」(フジテレビ系)で、KinKi Kidsの堂本光一が、西野カナの楽曲「トリセツ」に不満を漏らした。

    番組では、KinKi Kidsの堂本光一と堂本剛、そして吉田拓郎といった出演者が16年ぶりに一堂に会し、ゲストに古舘伊知郎を交えてトークを繰り広げた。

    古舘が吉田に、西野のヒット曲「トリセツ」が好きであることを尋ねると、吉田は同曲について持論を語ろうとする。これに、光一が割って入り「男からしたら、クッソめんどくさい曲ですよね?」「ああン!? てやつでしょ」と、辛辣な感想で笑いを誘ったのだ。

    光一が「うわ、めんどくせ~! ってやつ」と、同曲への皮肉を続けると、客席の女性からは不満げなブーイングが起きた。しかし光一は、意に返さず「いや、君たちに『えー!?』って言われても何とも思わないもん」と反論しさらに笑いを誘おうとする。

    一方、吉田は「女の子の努力に気づいてほしい」という気持ちが歌われている歌詞だと評価した。さらに、光一を指差して「それは、気に入らないわけだ、きみは!」「だからきみは、幸せになれないんじゃないのか!?」と、声を荒げるとスタジオは笑いに包まれていた。

    【【KinKi Kids】堂本光一、西野カナの「トリセツ」を「クッソめんどくさい曲」】の続きを読む



    【【KinKi Kids】ビックカメラで買い物をする】の続きを読む

    1: 2017/07/22(土) 12:27:17.78 ID:CAP_USER9
    http://news.mynavi.jp/news/2017/07/22/025/
    2017/07/22]

    アイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本光一が、21日に放送されたフジテレビ系特番『LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP』(23:00~23:58)で、「俺は結婚したいなと思ったらするよ」と発言し、ファンの間でざわつきが起こっている。

    KinKi Kidsとシンガーソングライター・吉田拓郎の異色タッグがMCを務めた同局系音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』(1996年10月~2001年3月)がこの日、スペシャル番組として16年ぶりに復活。篠原ともえも"シノラー"姿で登場し、当時と変わらぬハイテンションで番組を盛り上げた。

    光一、剛、篠原は3人とも1979年生まれ。篠原が「40歳前トリオです」と言うと、光一が「篠原、結婚してるんだっけ?」と尋ね、「してないですよ~」「何でしてないの?」「(相手が)いたらとっくにパンパカパンですよ!」「相手がおらんのか」というやりとりが繰り広げられた。
    すると篠原が「いる? 光一君は?」と逆質問。これに対し、光一は「俺は結婚したいなと思ったらするよ」と堂々と宣言した。

    光一の発言に、ツイッター上ではさまざまな憶測が飛び交い、「光一さんの言い方だと結婚する相手はいるよって感じするよな、、、しんどすぎるわ」「光一さん近々結婚匂わせ発言マジでSHOCKなんだけど!泣きそう」
    「光一さん結婚しないで……」「いつかは結婚して幸せになってほしいってもちろん思ってるけど、まだまって、、、」などと動揺の声が続出。
    「KinKi Kidsも20周年、頃合いを見てご結婚されるのいいと思います」「光一くん、男らしいし、そんな感じだろうなと変に納得してしまった」といった声もあがっている。

    【【KinKi Kids】堂本光一「結婚したいなと思ったらする」発言にファンざわつく】の続きを読む

    1: 2017/07/21(金) 10:47:17.80 ID:CAP_USER9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170721/joh17072105030002-n1.html

     左耳の突発性難聴を治療中のKinKi Kids・堂本剛(38)が20日、文化放送特番「Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kids どんなもんヤ! 3時間生放送スペシャル!~」(後10・0)に生出演した。

     冒頭で「特に治ってない。あと1週間は爆音とデカイおならが禁止です」と冗談交じりに報告。「苦い漢方を飲んだり、ありとあらゆることをしています。難しいのが『安静にして、でも体は動かしなさい』と真逆のことを言われている」と現状を説明した。

     デビュー20周年の21日には、堂本光一(38)とW主演する日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくらの勇気 未満都市2017」(後9・0)とフジテレビ系「LOVE LOVE あいしてる」(後11・0)が放送。2人は番宣のため、同日の日テレ系情報番組にはしご出演。剛は先月28日の病気公表後、テレビの生出演は初となる。

    【【KinKi Kids】堂本剛がラジオで現状報告、ドラマ番宣で難聴公表後初TV生出演へ】の続きを読む


    【来週の夜会にKinKi Kids出演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 08:07:55.03 ID:CAP_USER9
    KinKi Kidsが、ギネス自己記録を更新した。
    7月12日にリリースしたKinKi20周年記念イヤー第3弾シングル『The Red Light』が、デビュー曲から38作連続で週間ヒットチャートランキング初登場首位についたのだ。
    これにて、みずからが持っていた「37」を、さらに伸ばした。

    同作の楽曲を提供したのは、久保田利伸。
    03年に発売したシングル『永遠のBLOODS』のカップリング『Funky Party』以来、およそ14年ぶりのタッグだ。

    周知のとおり、堂本剛は左耳の突発性難聴を発症したことによって、現在治療中。
    15&16両日に開催された神奈川・横浜スタジアムのライブは、生中継による映像出演という異例の処置がとられた。
    次の生出演は、20日を予定。デビュー前の94年10月から続くラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)の3時間特番だが、剛の出演はまだ正式決定ではない。

    20周年記念をファンと盛大に過ごすはずだった今年、剛は思わぬアクシデントに見舞われた。
    悲しいのは、彼が抱えている爆弾はこれだけではないことだ。

    KinKiは19年連続で東京ドーム公演を行っており、自身が持っていた同所での連続公演年数を昨年12月23日、さらに更新。
    全54公演で、累計297万人を動員している。

    しかし、ここ4年ほど剛は、ハードなダンスを封印している。
    シングル『薔薇と太陽』で、剛がギター、光一がダンスの分担制になった理由も、これである。
    実は、膝の半月板を損傷しており、日常生活に支障をきたすほどなのだ。

    負傷前までは筋力トレーニングと無縁の生活を送っていたが、今は半月板をカバーするための太腿の筋トレを欠かさずやっている。
    可能なトレーニングメニュー、動ける幅、回数、速度には規制があり、ステップ台を使ったトレーニングはNG。

    本人がラジオ『堂本剛とFashion&Music Book』(bay fm)で明かしたところによると、医師からは、「踊りをやめてください」とドクターストップをかけられている。
    現在は、「踊りをやるための筋肉を付けるため」のトレーニングを続けており、同時に、今後の筋力低下を阻止したい気持ちも強い。

    本人の言葉を借りれば、「膝は裂けるチーズみたいになってる。膝がおじいちゃん」。
    手術の有無や正式な治療法は明かしていないが、相棒の堂本光一は主演ミュージカル『Endless SHOCK』で派手なパフォーマンスを見せているのに対し、剛はその真逆なのだ。

    手負いの剛。38歳の若さで背負うには過酷すぎるダブルの痛み。
    これは、若くしてアイドルという職種に就いてしまった代償か。
    今はただ、快活なメンタルで復活してくれることを願うばかりだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13349532/

    【【KinKi Kids】堂本剛、難聴だけではないもう一つのドクターストップ 膝の半月板損傷で日常生活に支障をきたすほど】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 04:39:20.17 ID:CAP_USER9
    2017年7月18日4時0分 スポーツ報知

    KinKi Kids、ギネス更新の38作連続シングル1位


     人気デュオ・KinKi Kidsのシングル「The Red Light」が、初週20万枚を売り上げ、24日付のオリコン週間シングルランキングで初登場首位を獲得したことが17日、発表された。「デビューからのシングル首位連続作品数記録」のギネス記録を38作連続へ伸ばし、21日に迎えるCDデビュー20周年に花を添えた。

     2位のUVERworldの「DECIDED」の初週4・1万枚を大きく突き放し、堂々の首位獲得だ。20周年記念曲としては今作が第3弾となるが、今年に入ってからは初のシングル。同チャートの「シングル1位獲得連続年数」も21年連続に更新。これまで並んでいたB’zの20年連続(90~09年度)を上回り、アーティスト歴代で単独最多という大記録も打ち立てた。

     97年のデビュー曲「硝子の少年」から、1度も1位を明け渡したことはない。堂本剛(38)は「いろんな人の愛情あっての記録だけど、記録にこだわって物づくりをした時点でクリエイティブじゃない」との思いを抱く。今作は久保田利伸(54)が作詞作曲。経験のないソウル感あふれる一曲。堂本光一(38)は「集大成というより、新たな一面を出せた。こういう新たなチャレンジをしていける喜びを、また頂けたこと、幸せに感じる」と記録にこだわらず、新たな音楽を追求する姿勢で記録更新を続ける。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170717-OHT1T50244.html

    【【KinKi Kids】ギネス更新の38作連続シングル1位】の続きを読む

    1: 2017/07/15(土) 23:58:17.18 ID:CAP_USER9
     6月下旬に左耳に突発性難聴を発症し、音楽番組への出演などをキャンセルしている人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛(38)が、15日に放送されたパーソナリティーを務めるbayfm78「堂本剛とFashion&Music Book」(土曜・後10時)で、自身の病状について初めて語った。

     入院中は4時間あまり点滴を受けたり、鼓膜に注射を打たれたことなどを赤裸々に話し、症状については「耳鳴りがひどくて右の耳をふさぐとあまり聞こえなくなる」「音が小さければ曲を作っていくとかそういうことは出来るかもしれないけど、ライブをやるとか爆音を聞くとかそういうことに耐えられるかとなると、残念ながら今の僕は耐えられない」と具体的に語った。

     「将来の耳のこととかちゃんと、周りも含めて深くとらえないといけないからと、ドクターストップをかけさせてくださいと。僕の未来を守って下さった」と医師の判断があったことを明かし、「大きなご迷惑をおかけしたんですが、慎重にいかないといけませんと言われていまして。(ジャニーズ)ウェブでメッセージしたかったんですが、退院してからと言われまして」と、ファンへの思いをのぞかせた。今後は、鍼などの治療を受けながら様子をみるという。

     21日にCDデビュー20周年を迎え、15、16日に横浜スタジアムで行われる記念公演に出演予定だった。しかし、剛は中継のみで出演し、会場には堂本光一(38)がひとりで立つことに。苦渋の選択をせざるをえなかったことについて、剛は「使い物にならない。プロとしての仕事はできない」と言い切った。しかし、一方で「今の経験を歌に、歌詞にしていくとかしてみたいなと」と前向きな言葉もあった。

     また、心配する周囲から「蜂の子のつくだ煮がいいとか、謎の情報がとんできたりして、蜂の子のつくだ煮を食べたりした」と明るい口調で話し、回復のために珍味にトライしたことも告白していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000381-sph-ent

    【【KinKi Kids】突発性難聴の堂本剛、ラジオで初めて症状を語る「ライブや爆音を聞くことに今の僕は耐えられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ