カテゴリ:SMAP

    1: 2019/02/16(土) 10:49:38.29 O
    中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が、3月いっぱいで打ち切られるという。14日発売の「女性セブン」(小学館)がその打ち上げの様子を報じ、
    中居正広に囁かれている「6月事務所退所説」も、とうとう信憑性を増し始めている。

    「女性セブン」によれば、2月8日の午後9時頃、中居正広は都内の居酒屋に姿を現した。
    中居が引き連れていたのは、陣内友則、アンタッチャブルの山崎弘也、おぎやはぎの矢作兼、タカアンドトシのトシ、ハリセンボンの近藤春菜。
    中居の冠番組『ナカイの窓』のレギュラーメンバーである。この夜は、3月いっぱいで打ち切りとなる『ナカイの窓』の打ち上げの席だったそうだ。

    日本テレビの正式な発表はまだないものの、『ナカイの窓』は4月の番組改編時期に合わせて終了すると見られており、
    後番組の担当にはジャニーズの後輩グループ、King&PrinceやSexyZoneが浮上しているという。

    1月から囁かれてきた中居の番組打ち切り。1月16日付の「デイリー新潮」が、中居正広が抱える冠番組5本のうち、『ナカイの窓』と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が
    相次いで打ち切りになると報じたのだ。いずれも理由は「視聴率の低迷」という。
    しかし、実際の数字はどちらも打ち切りが必要なほど悪くはない。キー局が不自然な「中居切り」へと舵を切ったことに、関係者には驚きと衝撃が広まっていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1694320/

    【中居正広『ナカイの窓』打ち切り! 6月の「決断」に注目集まる】の続きを読む

    1: 2019/01/29(火) 12:03:29.17 ID:7JqE9Z0+0NIKU
    キムタクになれなかった

    【嵐がSMAP超えれなかったのって松潤の人気が全く伸びなかった事に尽きるよね】の続きを読む

    1: 2019/02/13(水) 06:53:12.22 ID:bqWYnUE79
     近年、地上波のドラマは、視聴者層が高齢化しているという。そのためか、80~90年代の作品を“回顧”させるような配役が散見されるのにお気づきだろうか? 

     ***

     例えば、2018年10月から12月まで放送された「SUITS/スーツ」(フジテレビ系列)では、織田裕二(51)と鈴木保奈美(52)の共演が話題になった。

     もちろん2人は、1991年「東京ラブストーリー」(同)での主演カップルだ。更に第8話で矢田亜希子(40)、第9話で石田ひかり(46)もゲスト出演している。

     鈴木保奈美が27年ぶりなら、矢田亜希子とは14年ぶりの共演。2人が恋人役を演じたのは、04年の「ラストクリスマス」(同前)だ。そして石田ひかりとは「ママハハ・ブギ」(TBS系列)以来の共演といい、何と放送は89年だった。

     テレビ朝日も18年放送の「BG~身辺警護人~」で類似のキャスティングを行った。もちろん主役は木村拓哉(46)だが、第7話と最終話に山口智子(54)が出演したのだ。

     こちらは96年の「ロングバケーション」(フジテレビ系列)であることは言うまでもない。平均視聴率(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)が29.6%という化け物ドラマだった。

     一体なぜ、こんな“ブーム”が起きているのか、芸能担当記者に訊いた。

    「狭義の“バブル世代”は66年から70年生まれを指します。これより上の年齢層が、テレビドラマの視聴習慣を持っています。ちなみに“ポスト団塊ジュニア”は75年から81年生まれとされ、こちらにはテレビドラマに興味のない層も出現するというわけです。なれば勢い、バブル世代が大学生だった80年代後半の“スター”を登場させれば、メディアやSNSで話題となり、視聴率が上がる可能性も増す、というわけです」

     ちなみに80年代後半は、フジテレビの黄金期だ。バラエティだけでなくドラマも強かったフジは、82年から93年までの12年間、視聴率三冠王を達成している。この辺りに“鉱脈”が眠っていると考えて当然だろう。民放キー局の制作スタッフが明かす。

    「フジテレビが狙っているとされるのは、木村拓哉さんと唐沢寿明さん(55)が共演する連続ドラマです。実はテレ朝の『BG~身辺警護人~』で木村さんが山口智子さんと共演した時、唐沢さんもゲスト出演するのではないか、と話題になりました。週刊女性は電子版で『木村拓哉「BG」で唐沢寿明とも共演か~フジ開局50周年企画で当てた共演権の行方~』(18年3月1日付)という記事を掲載しています」

     週刊女性のタイトルにある「共演権」という単語をご存知ない方もおられるだろうが、こちらは後で詳述させていただく。

     その前に言及しておきたいのは、木村と唐沢は、共演の経験があるという事実だ。

     テレビドラマではなく映画になる。95年に公開された「君を忘れない」(渡邊孝好監督:日本ヘラルド映画)だ。舞台は第二次世界大戦末期の特攻基地。木村は海軍少尉、唐沢は大尉を演じた。

     興行成績はパッとしなかったが、他にも反町隆史(45)、松村邦洋(51)、袴田吉彦(45)、池内万作(46)といったキャスティングが“伝説化”している。

     そして先の“共演権”だが、これは09年4月に放送された「SMAP PRESENTS ドラマの裏の本当のドラマ」で登場したものだ。フジテレビ開局50周年特別企画として放送されたのだが、番組のラストで木村と唐沢の共演が“決定”したのだ。

    「順を追って説明しますと、番組の司会はSMAP。50年間で放送されたフジの名作ドラマを生放送で振り返るという内容でした。番組の終盤はSMAPに番組内容にちなんだクイズが出題され、木村さんが優勝。『共演権』が優勝商品として与えられ、木村さんが戸惑いながら抽選箱に手を入れると、『唐沢寿明』と書かれたボールが出てきたんです」(同・制作スタッフ)

    >>2以降に続きます

    2/13(水) 5:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00556464-shincho-ent

    【フジが密かに狙うキムタクと唐沢寿明のドラマ共演 95年の映画「君を忘れない」以来】の続きを読む

    1: 2019/02/13(水) 08:22:57.95 ID:6Jy9auYJ9
    Kis-My-Ft2・北山宏光が、12日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演し、ジャニーズ事務所の先輩である中居正広の意外な素顔を明かした。

    中居の自宅に遊びに行くことがあるという北山。だが中居は後輩には一切連絡先を教えないそうで、マネージャー経由でスケジュールが空いているかの確認を求められるそう。

    そんな北山はある日、彼のマネージャーから「中居さんが家でバーベキューを計画しているんですけど、どうですか?」と誘われたという。
    同じように招かれたのは、北山のほか、玉森裕太と藤ヶ谷太輔というキスマイメンバー3人と、劇団ひとりだったという。

    14時からバーベキューがスタートするということで、10分前に自宅前に集合。
    そこで、連絡先を知っているひとりが「今着いてる」と報告すると、中居から「14時からだから」と注意され、全員ギリギリまで外の路上で待たされたのだとか。

    だが自宅へ入ると、すでにベランダにバーベキューセットが全部用意してあり、
    飲み物もクーラーに入っているなどセッティングも完璧だったと北山が明かすと、有吉弘行も「ちゃんとやってくれてるんだ!」と感心。

    さらに北山が「1品目は、中居さんが前日から作っていたミネストローネ」と続けると、有吉は「へぇ、意外!」とびっくり。「一番やんない人だと思ってるから」とそのギャップに驚いていた。
    また、アンタッチャブル山崎弘也も「鐘鳴らしてるだけだから」と、『SMAP×SMAP』(同系)の人気コーナーだった「ビストロSMAP」での立ち位置を挙げて笑わせていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16012775/
    2019年2月13日 7時22分 RBB TODAY

    【中居正広、自宅バーベキューで後輩たちをおもてなし キスマイ北山が意外な素顔明かす】の続きを読む

    1: 2019/02/10(日) 22:38:01.55 ID:jkWvP2vT9
    元SMAPで俳優の稲垣吾郎(45)が9日、福島・いわき市のスパリゾートハワイアンズで、主演映画「半世界」(阪本順治監督、15日公開)の公開直前イベントを開催したことを、各スポーツ紙が報じた。

    稲垣といえば元はジャニーズ事務所に所属。そのジャニーズといえば、先月末、人気グループ・嵐のメンバー5人がそろって会見を行い、来年末でグループとして無期限活動休止することを発表していた。

    各紙によると、イベント終了後、報道陣から嵐について聞かれた稲垣は、
    「最初はビックリしました。5人で決めたことなので頑張ってほしいし、見守っていきたいと思います」とエールを送ったという。

    嵐の会見では、一部スポーツ紙の記者が活動休止について「無責任では」と質問。それに対し、櫻井翔(37)が毅然とした態度で対応。
    質問した記者に対して批判が殺到したが、“無責任解散”していたのがSMAPだった。

    「16年の年明けに事務所内での内紛が勃発し女性チーフマネジャーが退社。その後、8月にいきなり年内での解散が発表されてしまった。
    活動休止まで約2年を残してきちんと活動休止を“予告”した嵐とは大違い。解散時に“戦犯”とされたキムタクでは説得力がないので、ほかの4人からファンに対して説明責任を果たしてほしいものだ」(芸能記者)

    嵐の会見を見たとしたら、稲垣の胸中はかなり複雑だったはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1687019/
    2019.02.10 18:00 週刊実話

    【いまだに“無責任解散”についての説明責任を果たしていない元SMAPのメンバーたち】の続きを読む

    1: 2019/02/11(月) 10:41:32.92 ID:kMxU9Vaf9
    2月10日、元SMAPの木村拓哉(46)がパーソナリティーを務めるラジオ番組『木村拓哉 Flow 』(TOKYO FM)で、意外な事実が発覚し反響を呼んでいる。

    番組のマンスリーゲストとしてTOKIOの長瀬智也(40)が出演。木村も先日ゲスト出演した『ザ!鉄腕!DASH!!』の話から、TOKIOのリーダー城島の話題に及んだ。

    長瀬が「うちのリーダーと木村くんの絡みって、僕自身もあまり見たことがない」と話し出すと、木村は「そう?」と言いながら、合宿所時代の城島とのエピソードを披露。

    長瀬は「きっとね、ファンの方とかリスナーの方は、“え! 意外!”と思う方は多いと思いますけどね」と話し、さらに「木村くんが、『茂くん』っていう風に呼ぶのも」と木村の城島への呼び方について驚いた。

    2歳年上だという城島のことを木村は「『城島くん』って、あんまり言わないかな? 俺は『茂くん』って言う」と明かすと、長瀬は「素敵だなって思いますね」と感嘆した。

    「今年の衝撃は、木村拓哉が城島茂を『茂くん』呼びしていたこと」「キムタクがリーダーのことを茂くんって言ってるの面白い。 城島じゃないのが面白い」と城島への呼び方に驚きの声が上がっていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16002379/
    2019年2月10日 18時10分 女性自身

    【木村拓哉、TOKIO城島茂は「茂くん」と呼び…長瀬&ファンも驚き】の続きを読む

    1: 2019/02/10(日) 20:08:09.56 ID:wPs1VwII9
    2019/02/10 10:15
    https://asajo.jp/67225

     ジャニーズ事務所の幹部に身を置く、歌手でタレントの近藤真彦が自身のラジオ番組『COME ON! ROCKI’N ROAD』のゲストに後輩の木村拓哉を招くも、1月27日の放送で展開した“直球質問”の数々に多くの非難が寄せられる事態となっている。

     2月8日、「日刊ゲンダイDIGITAL」が「大先輩マッチが仕掛けた  木村拓哉へ“公開マウンティング”」とのタイトルで記事を配信、木村の最新作「マスカレード・ホテル」を鑑賞した近藤が後輩の演技について「いつまでやりますかね、“キムタク”(の芝居)」などと、まるで冷やかしているかのような近藤の言動を伝えた。

    “いつまでキムタクをやり続けるのか?”という少々意地の悪い質問に対し、木村は困惑した様子を見せながら「とりあえず、そうですね…。あと、じゃあ10年くらいは」と回答するも、その後も近藤からの“イジり質問”は続く。両者共にトレーニングジムへ通っていることが明かされ、近藤は「やっぱり(木村は)ジム行ってるよね?何のために?」と問うと、困惑した様子の木村へ連続して「何のために?じゃあ、“キムタク”(のために)?」とたたみかけたことを受けて、一連の近藤の振る舞いをキムタクへの“公開マウンティング”だと報じたのだ。

    「近藤は木村よりもキャリアが長く、多少高圧的な姿勢になることは仕方がないですが、自らもジムに通っていながら、木村へ“何のために通ってるの?”といった質問をする姿はリスナーには不快に思われたようで、ネット上にも『威張り散らされたキムタク気の毒だなぁって印象』『自分もジム行ってるのに、何の為に?って質問がすごい投げやり』『マッチの上から目線のところは好きになれない』『後輩をいじめて楽しいですか?』との指摘が続出してしまっています。キムタクが“いじられる側”に回ること自体はかなり稀ですが、近藤は過去にもジャニーズの後輩がMCを務める番組にゲストで出演した際の高圧的な振る舞いに批判が集まっていました。最近は“パワハラ”や“イジり”には厳しい目が向けられますから、今回のような絡み方はネガティブに解釈されてしまうのかもしれません」(エンタメ誌ライター)

     長年にわたって“カッコイイ男像”を追求し続け、映画やドラマでも独自のスタイルを貫き通してきたキムタク本人は、今回の先輩からの容赦なき指摘をどのように受け止めたのだろうか。少なくとも“あと10年くらい”は「キムタク」を続ける意志があるようだが…。

    (木村慎吾)

    【木村拓哉を“イジり倒した”先輩・近藤真彦に非難殺到!】の続きを読む

    1: 2019/02/11(月) 12:57:41.92 ID:kMxU9Vaf9
    主演映画『マスカレード・ホテル』が公開中の木村拓哉(46)。先月18日の公開から1週間で、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)1位を獲得。
    翌週も引き続き首位となり、好調な滑り出しを見せている。

    この宣伝を兼ね、木村拓哉は同じジャニーズ事務所の先輩、近藤真彦(54)がパーソナリティを務めるラジオ番組
    『COME ON!ROCKIN’ROAD』(FM COCOLO)に4週に渡りゲスト出演していたが、その内容が毎週かなりの“ぶっちゃけトーク”となった。

    第一回目、1月13日出演時には、これまでアイドルとしてのイメージを頑なに貫いてきたのか、妻である工藤静香(48)やその娘たちとの日常の話を、
    公の場ですることはあまりなかったが、先輩・マッチのナビゲートでリラックスムードなのか、家庭の話が多く飛び出し、工藤と娘との親子ゲンカを仲裁した話などが披露された。

    [wezzy_blogcard 63000]

    その翌週1月20日放送回では、冒頭の主演作『マスカレード・ホテル』についての話題に。
    このあたりからマッチのぶっ込み具合がネットで騒がれ始める。小説家・東野圭吾氏のベストセラー小説を基にした本作で木村は、
    連続殺人事件の新たな犯行現場になると目された一流ホテルに潜入捜査するエリート刑事・新田浩介を熱演している。この放送では、作品を観たマッチの、先輩ならではの歯に衣着せぬトークが繰り広げられた。

    映画を見た夜、夢に木村が現れ「ワンシーン、ワンシーンね、顔の表情変えてるの、わかってくれました?」と映画の感想を求められた近藤は、
    「1カット、1カット大切に、計算して撮ってるな感がスゴく見えたのよ。だから、そのこだわりを俺に伝えたいんだなっていうのが夢に出てきちゃって」と謎の夢トーク。
    肝心の演技や木村の登場シーンについては「わざとらしい」と突っ込んだ。

    <最初出てきて、髪の毛グシャグシャで、髭面で出てくるじゃん。刑事の役で。その時にパッて(ホテルマン仕様に)変わるじゃん。
    もう、あの出てきた瞬間に『あ、キレイになるんだろうな。コイツ』って思ったんだ。

    わざとらしいんだもん! あの汚さが、なんか」「あのパッてキレイになるのはさ、『か~! 木村やっぱ狙ってるわ、これ』と思った>
    <逆三角形にうま~くシルエットがあって。あれなんかね、外国の、ちょっと体作ってるいい俳優っぽく見えたよ。狙ったの、これも? 全部狙ってるな!>
    <お前、ホテル(から)バーッて最後出てって。1人でホテルの方、振り向くじゃん。振り向いてポケットかなんか、手入れて。ちょっとどっちかに体重片寄っちゃってさ。
    そのポーズ見てて、『またコイツ狙ってるわ』っていう。『もうホントに、カッコよさを追求してるな』っていうさ>

    どの作品に出演してもキムタクになってしまうという世の声を受けてなのか、ビシッと決まりすぎているスクリーンでの木村について、同じジャニーズ事務所の先輩としては、そのあざとさを指摘したくなったようだ。
    ただ、“キメキメのキムタク”は木村拓哉一人で狙って作れるものではなく、演出、メイク、照明など多くのスタッフの手が掛かった作品でもあると思うが。

    さらに27日の放送回では、“狙いすました格好よさ”だけでなく、キムタクというアイドルの存在自体を問う根源的な質問を、マッチは突っ込んだ。
    放送終盤でいきなり、木村に問いかけたのだ。

    <いつまでやりますかね、キムタク>

    これを受けた木村は「いつまで?」と少し考えたのち「とりあえず、そうですね……。
    あとじゃあ、10年ぐらいは」と返したが、マッチはそれで納得するような男ではなかった。
    ふたりともジム通いをしていることに話題が移ると、マッチは「やっぱりジム行ってるよね? 何のために?」と再び質問。
    困惑する木村にさらに「何のために? じゃあ。キムタク?」とかぶせていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1687859/
    2019.02.11 10:05 wezzy

    【近藤真彦「いつまでキムタクでいるの?」】の続きを読む

    1: 2019/02/09(土) 18:38:24.86 ID:R6odJppp9
    ――解散といえば、SMAP解散以降、メンバーの中でも木村さんは急激に老けたように感じます。ネットでは「顔のたるみがすごい」「ストレスで老け込んだ?」という声も上がっています。木村さんが老けた原因は何だと分析されますか?

    高須「まず、男女ともに、ある程度ふっくらしているほうが肌の張りはキープしやすい。年齢は下だけど、香取慎吾くんなんかは、肌の張りを保ちやすい、いい体形だと思います」

    ――中居正広さんは木村さんと同級生ですが、中居さんのほうがシワやたるみが目立たないような……?

    高須「もともとの肌質やライフスタイルの違いもあるだろうけど、キムタク&静香夫妻の肌ダメージの大きな原因はサーフィンじゃないかな。似た肌質の持ち主でも、インドア派とアウトドア派とでは30歳以降の肌はグッと差がつくんだよ。それくらい紫外線は肌の敵です!」

    ――潮風が似合うかっこいい彼も、30歳以降は要注意ですね! 紫外線以外に原因は考えられますでしょうか?

    高須「ストレスだね。ストレスは肌を老化させ、幸せは肌をきれいにするんです。元SMAPメンバーのことや家族のことなど、いろいろ思い悩むこともあるのでしょう。後輩もなんだかバタバタしているしね。嵐の櫻井翔くんの“アンパンマン化”もストレスが原因だと思うよ」

    ――確かにSMAP解散以降、ジャニーズ事務所は少しバタついている印象があります。メンタルと肌は直結してしまうんですね。

    高須「自律神経が整うと全身の血の巡りが良くなり、肌や体調もいい状態になるんです。あとは、明るい顔をしている人は筋肉も上がる、暗い顔をしている人は筋肉も口角も下がるから注意したほうがいいね!」

    ――表情も影響するんですね! 気をつけます。ところでネットにあがっていた「キムタク、白髪染めに失敗」説ですが、ミドルエイジに差し掛かったら白髪とどう付き合うべきだと思いますか?

    高須「顔はいい年なのに、髪だけ真っ黒に染めていたら変でしょ! 最近、女性有名人でも“脱・白髪染め”宣言をしている方が増えているけど、グレイヘアは芸能界でも大人のポジションにいきましたよ、というアピールにもなる。僕はキムタクのグレイヘア化は大賛成だね」

    全文 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190209-00014451-jprime-ent

    【木村拓哉の急激な老け込みのワケを高須院長が分析!「紫外線」「ストレス】の続きを読む

    1: 2019/02/09(土) 09:05:54.50 ID:vVNE8Fjv9
    映画俳優・木村拓哉の勢いが止まらない。
    昨年8月公開の映画『検察側の罪人』は骨太で重厚なストーリーで、キムタクが「善と悪の一線を越える」という難役に挑みながらも、興行収入約30億円とスマッシュヒット。
    今年1月18日から公開が始まった映画『マスカレード・ホテル』も公開わずか7日で累計動員100万人を突破し、「興収50億円は堅い」といわれるほど大ヒット中なのである。ある映画関係者は本作の魅力を次のように語る。

    「前作の『検察側の罪人』はキムタクにとってかなりの異色作でしたが、今回の『マスカレード・ホテル』はどこを切り取ってもキムタクらしい王道の作品。
    キムタクが本作で初の刑事役に挑戦というのも意外でしたが、大人気ミステリ作家・東野圭吾がキムタクを主人公に想定して書いた原作を映画化したというだけあって、本当にハマッてます。

    監督はキムタクの代表作『HERO』のドラマと映画も演出したフジテレビの鈴木雅之。気心知れた2人なので、息もぴったりといった感じです。
    今まで東野圭吾原作の映像作品としては、福山雅治が主演したガリレオシリーズの『容疑者Xの献身』(2008年公開、興収約50億円)がダントツのヒット作だといわれていますが、今回はそれを超えるのではないかという勢い。
    キムタクと福山という、芸能界的には絶対に共演しない2人が同じ作者の原作映画で競ってるわけですから、ある意味“キムタクと福山の代理戦争”ともいえる。これは目が離せませんよね」

    木村拓哉は現在46歳。一方の福山雅治はこの2月6日で50歳を迎えたばかり。共にトップ俳優である同年代の2人に関しては、「絶対に共演はしない」という“伝説”が語られて久しい。
    それはある週刊誌の記者が、「“この2人のどちらかが雑誌の表紙を飾れば、もう一方を同じ号に掲載してはいけない”という“忖度”が働く」と認めるほど、マスコミ業界においても確かに存在するものだという。

    ●“キムタク行政”の結果、役者陣が少々小粒?

    福山のガリレオシリーズは、2007年に放送されたテレビドラマ版がヒットし、前述の『容疑者Xの献身』の続編にあたる映画『真夏の方程式』(2013年公開)も、興行収入33億円と実績を残している。

    やはり、「東野圭吾作品といえばガリレオの福山」というイメージが一般的には強いだろう。

    「東野圭吾ファンには周知の事実ですが、キムタクが主演した映画版の原作としての『マスカレード・ホテル』には、前日譚となる第2作『マスカレード・イブ』、
    そして『マスカレード・ホテル』のその後を描き、主人公の刑事が再びホテルで潜入捜査をする第3作『マスカレード・ナイト』が存在します。
    今回、『マスカレード・ホテル』が50億円を突破すれば、フジテレビで2作目を連ドラ化しつつ3作目を映画化、というのが規定ルートでしょう。
    視聴率が取れず不振にあえぐフジテレビは、相当色めき立っているそうです」(前出の映画関係者)

    見事シリーズ化が実現すれば、フジテレビにとっては「ガリレオシリーズに次ぐドル箱企画」を手に入れたも同然。
    関係者からはそれほどの大きな期待を寄せられているわけだが、一方で「確かに『マスカレード・ホテル』は上質のミステリ作品としては安心して観れますが、フジテレビならではの“粗さ”も目立つ」と水を差す人も。

    「物語のほとんどがホテル内で進行する一幕モノという意味では、同じフジテレビ色の強い映画『THE 有頂天ホテル』(2006年公開、監督/三谷幸喜)と比べてしまいますよね。
    しかし、役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子らをはじめとして錚々たるメンツが一堂に会していた『THE 有頂天ホテル』に比べれば、『マスカレード・ホテル』の“布陣”はどうしても見劣りします。
    基本的には『HERO』を中心とした鈴木雅之組の役者が多く、制約の多いキムタクとの兼ね合いもあって、人気俳優をそこまで多くは出せないんです。
    興収60億円を突破した『THE 有頂天ホテル』は、三谷幸喜という天才のもとに役者たちが集いましたから、どこを切り取っても当時の人気俳優が出てきます。
    そこは、“キムタク行政”をうまく仕切れなかったフジテレビの限界ともいえるでしょうね」(某映画配給会社社員)

    とはいえ、とにもかくにも現在は大ヒット街道を爆走中の『マスカレード・ホテル』。一方で、ガリレオシリーズの最新作小説『沈黙のパレード』が昨年10月に発売され、「福山でぜひ映像化を!」と望む声が早くも上がっている。
    はたしてキムタクは、福山雅治から「東野圭吾作品の“真の主人公”」という金看板を奪取することができるのか? この“代理戦争”から、しばらくは目が離せそうにないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1683294/?page
    2019.02.07 19:00 ビジネスジャーナ

    【共演NGな木村拓哉vs福山雅治の戦争勃発?】の続きを読む

    このページのトップヘ