カテゴリ:関ジャニ∞

    1: 2019/03/14(木) 15:40:42.68 ID:4Tum57WF9
    関ジャニ∞はどうなってしまうのか。

    「週刊文春」3月7日発売号で錦戸亮がグループ脱退かと書きたてられた衝撃も冷めやらぬ中、今度は3月12日発売の「週刊女性」が大倉忠義の脱退の可能性を報じたのだ。

    「錦戸くんもだけど、大倉くんも何とか考え直してほしい」「錦戸くんに続いて大倉くんまで脱退してしまったら、さすがに4人ではグループ存続不可能でしょ」
    「これ以上エイターを悲しい思いにさせないで」など、ネット上にはファンたちの悲痛な叫びが聞こえてくるようだ。

    「昨年の渋谷すばるの脱退騒動から地続きになっている問題が、いよいよ表面化してきたようです。
    歌唱力に秀でた渋谷が、アーティストとして勝負に出たという前例が、俳優業に活動を絞って行きたい錦戸に影響を与え、“歌もダンスもお笑いも”という多様さがウリだったグループの中に、
    それぞれの思いや将来の方向性において差が生まれてしまったのでしょう」(アイドル誌ライター)

    錦戸は昨年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛の弟・従道役を熱演。この脱退騒動でも、そもそもバラエティに乗り気じゃなく、俳優業だけをやっていきたいという意向があることが伝えられている。

    「役者として自信を持ち始め『関ジャニ∞』という肩書きがなくなってもやっていけるという確信があるのかも知れません」(前出・アイドル誌ライター)

    一方、大倉が脱退を希望する理由は、いささか深刻だ。

    「大倉といえば、昨年11月に有料携帯サイトのブログに、一部のファンからストーカー行為を受けていると告発。『そろそろ限界だ』と悲痛の叫びを綴り、話題を呼んだ。
    しかし、『週刊女性』によると、そのわずか1カ月後、昨年12月の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の会場ホテルに到着した大倉を“ヤラカシ”のファンが取り囲んで体当たりなどをしていたというのです。
    このときの“硬い表情”が、大倉脱退を匂わせるものだとか」(芸能ライター)

    この“ヤラカシ”とは、過激行動をして怒られても「覚えてもらった」として喜びを覚えるという非常に危険な考え方を持つファンのこと。
    ネット上には「むしろ大倉の方が錦戸より早く辞めると思ってた」という声も上がっている。

    「メンバー皆、30代半ば。グループとしてではなくタレント個人としてどんな仕事がしたいのか。お互いに別々の思いを持っているのはある意味当然。
    未熟であれば『グループあっての自分』という考え方にもなるでしょうが、それぞれが各方面で能力を発揮しているだけに、羽ばたきたい場所が見えて来ているのかもしれません。
    関ジャニ∞のファンとしてはつらいでしょうけどね」(前出・芸能ライター)

    関ジャニ∞にどんな未来が待っているのか。まだまだ予断を許さない状況は続きそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16157665/
    2019年3月14日 10時15分 アサジョ

    【大倉忠義の“脱退報道”で高まる「関ジャニ∞解散」の機運】の続きを読む

    1: 2019/03/13(水) 18:52:19.66 ID:JN3oCJqm9
    2019年3月13日18時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_69151/

    「週刊文春」が関ジャニ∞・錦戸亮の脱退疑惑を報じたことで、その後、各社が続報を伝えている。3月12日発売の「フラッシュ」によると、錦戸はアイドル業よりも優先したいことがあるのだという。

    「『フラッシュ』がテレビ局の関係者に取材したところ、錦戸には『俳優としてやっていきたい』という強い気持ちがあるそうです。また同誌では、
    『おじさんたちが歌ったり踊ったりしてワチャワチャしてるっていう』とアイドル活動について彼が話す、過去の自虐的なインタビューも掲載。やはり30を超えてアイドルでいることに関して、色々と思うところがあるのでしょう」(芸能記者)

     そんな中、同日発売の「週刊女性」は、錦戸以外にも関ジャニ∞から脱退者が出ると報じ、ファンを動揺させている。

    「記事によると、大倉も錦戸と同じように、グループのお笑い路線に疑問を感じていただけでなく、渋谷すばるの脱退によって解散を望んでいたのだとか。さらにアイドル活動に嫌気がさした決定的な出来事が、ファンの嫌がらせだそう。
    大倉は昨年、熱狂的なファンのストーカー行為などに苦言を呈し、ワイドショーなどでも大きく取り上げられましたが、それでもヤラカシと呼ばれるファンの異常行動は収まらなかったみたいです。昨年12月の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、現場の車から降りた大倉をファンが囲み、体当たりなどをくらわしていたそうです」(前出・芸能記者)

     この報道に対し、良識あるファンからは「歌謡祭の時、様子おかしいと思ったらそんなことが…」「もしこれで脱退になったら私はヤラカシを絶対許さない!」「そういう奴らは通報してもいいと思う。関ジャニを崩壊させないで!」と怒りの声が殺到している。

     一部ファンの暴走が収まらない限り、今後、アイドル業に嫌気がさすメンバーは増え続けていくかもしれない。

    【【ヤラカシ】錦戸亮に続き大倉も脱退望む 関ジャニ∞を崩壊に追い込んだ“真犯人”、ファンら「絶対に許さない」】の続きを読む

    1: 2019/03/12(火) 12:18:52.91 ID:RiSLrJSj9
    芸能界が蜂の巣をつついたような騒ぎに陥っている。嵐の活動休止騒動の衝撃もさめやらぬ中、今度は「関ジャニ∞」の錦戸亮(34)に脱退騒動が持ちあがったのだ。キー局編成関係者は語る。

    「脱退を報じた『週刊文春』が発売されるや、各メディアは一斉にジャニーズ事務所に裏取りに走る事態となった。毎年恒例となっている関ジャニの5大ドームツアー開催発表を間近に控え、現場はピリピリムードです。当のジャニーズは記事を全否定しています」

     しかし実際は「文春」が報じた通り、錦戸のグループ脱退は避けられそうにないという。そればかりか話し合いがこじれ、錦戸はジャニーズ事務所からの退所まで申し出ているという話まであるのだ。

    「錦戸の意志は固い。ジャニーズ幹部の説得にも一切、耳を貸さないようです。彼が徹頭徹尾、主張しているのが関ジャニ∞の活動休止プラス解散要求です。彼はメンバーや関係者に『すばる(渋谷)が脱退した時点で全て終わっていた』と話しています。余りにかたくなな態度にジャニーズ幹部も最後は説得を諦めたそうです。当然、話し合いは物別れになった。最悪の事態ですよ」(事情通)

     目下、ジャニーズ事務所を悩ませているのが錦戸の関ジャニからの「脱退発表」のタイミング。現在、錦戸が出演している月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)の最終回OA時期が第一候補に挙がっているようだが……。

    「ジャニーズとしては、“天敵”の『文春』の記事をあえて肯定するようなことだけは避けたい。もちろん錦戸の了解を得てからの話になるが、GW明けに発表される公算が高そうだ」(民放編成関係者)

     それにしてもなぜ錦戸はグループ脱退にこだわるのか。

    「役者に専念したいということだそうです。俳優の鈴木亮平と事務所の先輩である岡田准一に影響されたようです。鈴木とは昨年、出演したNHK大河ドラマ『西郷どん』で共演。役のために体重を極端に増減する姿を錦戸に見せ感激させた。岡田はジャニーズ事務所内に“岡田部”という演劇ボランティアサークルを立ち上げ後輩に殺陣や演技について教えこんでいるんです。そんな岡田を見て現状を考えさせられたそうです」(事情通)

    ■タッキーとの確執

     一方で、こうした証言とは裏腹に水面下では別の話も飛び交っている。ジャニーズの新会社の社長に就任したタッキーこと滝沢秀明(36)との確執だ。

    「今後はタッキーが所属タレントの人事権を掌握していく。多くのタレントや女優らと浮名を流してきた錦戸をタッキーは認めていないというんです。錦戸は新体制のなかでは、このまま残留しても、未来がないと考え、将来を悲観しているとも」(業界関係者)

     いずれにせよデビュー当時の8人から、錦戸が脱退すると、ついに5人となってしまう関ジャニ。錦戸の決断次第ではジャニーズ全体が揺らぐことになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000006-nkgendai-ent

    【 錦戸は説得拒否…関ジャニ脱退不可避でジャニーズに再激震】の続きを読む

    1: 2019/03/12(火) 17:23:40.27 ID:XSC1NlKN9
    ジャニーズで、嵐に次ぐ人気グループ関ジャニ∞メンバーの錦戸亮(34)が、グループ脱退に向けて事務所と協議を進めていると、
    3月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じ、ファンや業界関係者に大きな衝撃を与えた。

    『文春』によると、今夏までには、脱退するかどうかの結論が出るといい、さらにジャニーズ事務所を退所する可能性もあるという。

    グループでもトップクラスの人気を誇る錦戸の脱退、退所騒動に揺れる関ジャニだが、
    加えて錦戸以外にも脱退を希望しているメンバーがいると、3月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。

    「そのメンバーというのは大倉忠義(33)です。大倉は以前から一部の過激なファンによる悪質なストーカー被害を受けていました。
    大倉は長年、沈黙を貫いていましたが、さすがに我慢の限界に達したのか、昨年11月に自身のブログでストーカー被害を告白。
    “身勝手な行動が精神的に辛いです”“普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ”(原文ママ)とつづったほどです。
    ブログの文面からも分かるように、執拗なストーカー被害に、グループ脱退や芸能界引退を考えていたといわれています」(女性誌記者)

    実際、大倉の関ジャニ脱退の意向は、ジャニーズ事務所内でも大きな問題になっていたといわれる。

    「昨年大倉は、事務所サイドに“もう疲れました。辞めさせてほしい”と訴えたそうです。

    しかし、昨年いっぱいで渋谷すばる(37)がグループから脱退し、事務所を退所することが決まっていました。
    おそらく錦戸のメンバー間での孤立も始まっていたでしょうから、そんな状況で事務所サイドとしては大倉が辞めることをもちろん認めるわけにはいかない。
    必死の説得があったと聞いています」(前出の女性誌記者)

    『文春』に脱退話が報じられた錦戸は、昨年4月に行われた渋谷のグループ脱退会見で、他のメンバーが「残念」
    「できれば残ってほしかった」と涙を浮かべる中、「自分がやりたいことを見つけたすばる君の決断を尊重したい」と、渋谷の背中を押していた。
    同じく、大倉も「一緒に7人で夢を追いかけていきたかったですけれど、すばるくんがそういう夢を持ったのであれば、応援するべきなのかなと思いました」と、
    渋谷の脱退と退所に理解を示していたと『週刊女性』は伝えている。

    「大倉も錦戸と同じように、“渋谷がいてこその関ジャニ”という思いを持っていたようで、渋谷が辞めるのであれば解散してもいいと思っていたようですね。
    そんな大倉をどうにか引き留めようと、藤島ジュリー景子副社長は、大倉と横山裕(37)を関西ジャニーズJr.の指導役に指名。“西の滝沢秀明(36)”になって、後輩の育成をしてほしいと依頼したそうです。
    新たな役割を与えて芸能界、事務所への興味を引き続き持たせようとする狙いでしょうか。
    横山は4月に行われる関西ジャニーズJr.の新ユニット『Aぇ!group』の舞台をプロデュースするなど、早くもその活動が見えている。

    ただ、大倉の場合はそれがないのが気になりますよね……」(前同)

    ■大倉からのメッセージ公開も、ファンは疑心暗鬼

    3月12日、今年“デビュー15周年イヤー”を迎える関ジャニの、全国5大ドームツアーの公演日程(7月14日~9月3日)が発表された。

    今回のツアーについて、メンバーを代表し、大倉が「15年間のさまざまな関ジャニ∞をつめ込んだ、僕たちなりの“王道ライブ”にできればなと思っています」
    「すべての方に感謝を込めて」「全てのeighter(関ジャニ∞ファン)に笑顔になってもらえる、最高で最強の“プレゼント箱”を持って6人楽しみに会場でお待ちしています」とコメントしている。

    前出の女性誌記者は言う。

    「夏ツアーの情報公開は、12日の早朝4時。『週刊女性』の“大倉脱退”の記事を受けて、大倉にコメントを出させたように見えますね。つまり、“大倉は決して辞めませんよ”というメッセージです。
    また大倉のコメントの“6人”からも分かりますが、錦戸のツアー参加も明らかになりました。ただ脱退説は否定せず。
    そうしたことから、このツアーの発表だけでは、関ジャニファンの不安は拭えず、ネットなどでも疑心暗鬼の声が広がっています」

    錦戸に続き、大倉にも飛び出した「脱退報道」。嵐の活動休止後、ジャニーズ事務所を支えていくといわれている関ジャニだが、このまま空中分解への道を進んでしまうのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1728419/
    2019.03.12 16:00 日刊大衆

    【大倉忠義にも「脱退」報道! 関ジャニ∞崩壊への足音】の続きを読む

    1: 2019/03/10(日) 11:51:11.26 ID:tfEgfKoC9
    3月7日発売の週刊文春が報じた関ジャニ∞錦戸亮(34)の脱退&ジャニーズ事務所の退所情報。嵐の活動休止に続く衝撃的なニュースに芸能界にも衝撃が走っている。

    「関ジャニ∞が出演するテレビ番組の中には“Xデー”に向けて、すでにキャスティングに動き始めたところもあるとか。錦戸だけの脱退になるのか、それともグループ自体が活動休止や解散になるのか。
    それによって番組の対応も変わるでしょうから、関係者は彼らの動きを注視しているところでしょうね」(テレビ局関係者)

    昨年は同じ関ジャニ∞の渋谷すばるが事務所を退所。2月28日にはサイトを開設し、独立後初となる公式発表を行った。

    「渋谷はグループ所属時から、アイドル的な活動よりも音楽志向が強かった。脱退会見でも、音楽を追求するために海外を拠点にすることを明かしています。
    精力的に活動しているKAT―TUNの元メンバー、赤西仁の存在も大きかったんじゃないですかね」(スポーツ紙デスク)

    赤西は2014年にジャニーズを退所。現在は大手事務所に所属せず活動しているが、ユニバーサルミュージックと業務提携して音楽活動を行っている。

    「かつてはジャニーズを辞めると、テレビはもちろん、音楽活動に支障を来すことがたくさんありました。元光GENJIの諸星和己は独立後に自身が設立したインディーズレーベルでCDをほそぼそと出しています。
    ところが最近は、赤西だけでなく元KAT―TUNの田口淳之介やSMAPを辞めた『新しい地図』の3人も、メジャー契約しています。つまり、事務所を辞めてもミュージシャンとして活躍できることが証明されたわけです。
    “CD不況”も影響していると思いますが……」(音楽業界関係者)

    ■活躍の場がテレビ主体だと…

    これまで、ジャニーズを辞めて最も成功したのは本木雅弘といわれてきた。アイドル路線を完全に脱却し、俳優活動一本に絞ったことが成功の理由といわれた。

    「バーターやCMがあまり絡まない映画や舞台はジャニーズを辞めた人も活躍しやすい傾向があります。本木がブレークしたきっかけも、寺での修行をコミカルに描いた映画『ファンシイダンス』でした。
    元男闘呼組の高橋和也も、名バイプレーヤーとして存在感を増しています。ただ、テレビにはいまだに“ジャニーズタブー”が残っています。

    週刊文春の記事の中で村上信五が関ジャニ∞の活動休止に強く反対したとありましたが、彼は番組MCなどテレビ色が強いため、ジャニーズを離れると厳しくなることが分かっているのでしょう。
    中居正広の“残留”が濃厚といわれているのも、やはり活躍の場がテレビ主体だからでしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

    放送中の「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)でも主演の錦戸は俳優一本で十分食べていける。そこが、中居や村上との大きな違いだろう。

    3/10(日) 9:26配信 ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000004-nkgendai-ent

    【<関ジャニ脱退報道の「錦戸亮」>嵐の活動休止に続く衝撃的なニュースに芸能界にも衝撃!残留濃厚な中居正広との“明と暗”】の続きを読む

    1: 2019/03/10(日) 14:26:23.61 ID:PQmTU75v9
    3月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、『関ジャニ∞』メンバーの錦戸亮(34)が、グループ脱退に向けてジャニーズ事務所と協議を続けていると報じた。

    1月27日の『嵐』の活動休止会見に続き、超人気グループの関ジャニメンバーの脱退情報は、ファンと多くの業界関係者に衝撃を与えた。

    「錦戸は現在、月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)で主演を務めています。
    『文春』によると、同ドラマの放送終了後、早ければ今年の5月にも関ジャニを辞める方向で事務所と話し合いを進めており、
    さらにグループ脱退だけでなく、今夏にもジャニーズ事務所を退所する可能性まであるということです」(女性誌記者)

    そんな大荒れの最中、3月11日に、関ジャニの新たなコンサートツアーの日程が発表されるという。

    「そこでは、渦中の錦戸のツアー参加も発表されるようです。ただ、その一方で、錦戸の脱退を完全に否定するコメントも出さない、と噂されています。
    それは事務所と錦戸がいま話し合いを進めているから。ジャニーズ事務所としては、昨年いっぱいで関ジャニを脱退、事務所を退社した渋谷すばる(37)に続き、
    グループ内でトップクラスの人気を誇る錦戸にまで辞められるわけにはいかない。ジャニーズは何がなんでも残留させるために、錦戸の説得を続けているようです。

    ただ、錦戸の気持ちは脱退、退所の方向でもう動かないだろうとも聞こえてきています」(芸能プロ関係者)

    『文春』によると、渋谷の脱退表明後、残りの6人のメンバーで
    今後の関ジャニの方向性について何度も話し合いが行われたそうですが、錦戸以外の5人が前向きな提案をする一方、
    錦戸だけは「メンバーが1人でも欠けるなら『関ジャニ∞』という活動も終えるべき」と強く主張したという。

    「錦戸が“解散”を口にしたことに対し、横山裕(37)を筆頭に他のメンバーは相当憤ったといいます。
    これ以降、錦戸はメンバー間で完全に孤立してしまっており、今や錦戸だけグループの会合にも呼ばれないとも聞こえてきます。そんな状況では錦戸としてもこれ以上、
    自分が関ジャニでグループでの活動を続けることは現実的に難しいと判断したのではないでしょうか。
    それでも彼が、今後、新たに行われるコンサートツアーに参加するというのなら、
    それは、“最後にファンに直接挨拶をしたい”という気持ちからのことかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

    2018年の関ジャニのコンサートツアーは、7月15日の札幌ドームを皮切りに、
    ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、東京ドーム、福岡ヤフオク!ドームと、7月から9月半ばにかけて全5か所計14公演。
    さらに追加で11月に京セラドーム大阪で2公演を行い、約75万人を動員した。

    「例年通りであれば、夏のコンサートツアーになります。昨年は11月に追加公演がありましたが、今年はできないのでは。
    理由は、錦戸の退所問題が、今夏に決着がつくと言われていること。
    おそらくそこで錦戸とジャニーズの契約が切れるのだと思います。もしかすると、コンサートツアー自体も、例年より短いものになるのかもしれませんね」(前同)

    夏のコンサートツアーに参加するのだとすれば、言われている関ジャニからの“5月脱退”はないだろう。
    しかし、その後の脱退、ジャニーズ事務所退所説は消えない。
    錦戸は、コンサートでファンにどんな表情を見せるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725361/
    2019.03.10 11:00 日刊大衆

    【錦戸亮『関ジャニ∞』夏ツアー参加へ!「脱退問題」はなお継続中】の続きを読む

    1: 2019/03/08(金) 08:44:35.81 ID:73yly1yp9
    錦戸亮が関ジャニ∞から脱退すると、7日発売の「週刊文春」2019年3月14日号(文藝春秋)が報じている。
    不祥事による突発的な脱退ではなく、かねてから事務所と協議していたというからひとまず安心ではあるが、
    しかしジャニーズ事務所からも退所するとなれば、この後の活動に深刻な影を落とすことになる。

    「週刊文春」によれば、ことの発端は昨年の渋谷すばるのグループ脱退だったという。錦戸は渋谷脱退後のグループ活動について話し合いを重ねる中で、グループの解散を主張。
    しかし、ほかのメンバーは全員解散に反対したという。

    ジャニーズ事務所も錦戸の説得を試みたが、錦戸は頑として考えを曲げず、メンバー間の溝は深まるばかり。
    結局、錦戸はグループから孤立した上、ジャニーズ事務所からも鼻つまみ者と見なされているそうだ。

    ジャニーズ退所すれば活躍の場は奪われる

    俳優業が順調な錦戸は、昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で重要な役どころを演じ、現在放送中の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)にも主演中。
    視聴率は二桁をキープし評判も上々だ。2008年放送の連続ドラマ『ラスト・フレンズ』(同)でDV男性役を演じて以降、役者としての錦戸の演技力は間違いなく高く評価されている。

    それならば、錦戸はグループ活動を辞めジャニーズを退社しても、役者としての第二の人生へ進めばいい――と言いたいところだが、
    しかしジャニーズ事務所から離脱すれば、非情なことに錦戸は地上波の連続ドラマというフィールドには立てなくなってしまうだろう。

    それはSMAP解散後の「新しい地図」の活動を見れば一目瞭然だ。

    ジャニーズ事務所を退所したタレントは、唐突に地上波のテレビ出演が途絶える。
    独立後、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3人がテレビから不自然に姿を消したその裏には、ジャニーズ事務所の圧力やテレビ局側の忖度が働いていると見られる。
    決して円満な話し合いを経ているとは言えない錦戸脱退・退所の内情が事実とすれば、錦戸も「干され」てしまうことは、容易に想像がつく。

    草なぎ剛は連ドラから消えた

    これまでにもジャニーズ事務所からの退所、独立という例は存在している。

    錦戸の親友であり2011年にジャニーズを退所した赤西仁は独立し、現在ソロアーティストとして世界を股にかける成功をおさめている。
    赤西と同様、渋谷すばるもアーティストとしての活動に入ると見られているが、すでに公式サイトを始動しファンを安堵させていた。

    しかしたとえば、役者として評価の高い草なぎ剛は、ジャニーズ時代は定期的に地上波の連続テレビドラマで主演を務めていたが、
    2017年9月に退所してからは映画や舞台がメインとなった。

    日本のドラマや映画で活動するには、いずれかの芸能事務所に所属することが無難だ。
    しかし、あのジャニーズを敵に回してまで錦戸を獲得する事務所があるかは不明である。SMAPメンバーでさえ移籍を断られ、新事務所を設立した。
    結果的に、新しい地図はネット戦略も奏功し、それまで築いていた信頼関係から仕事を失うようなことにはならなかったが、錦戸はどうだろうか。

    錦戸亮の覚悟とジャニーズ事務所の決断

    錦戸は関西ジャニーズJr.のころから約20年間も在籍しているのだから、ジャニーズの強大な権力については重々承知しているはず。
    それでも退所の意向であるとすれば、かなりの覚悟があるのだろう。または長年のアイドル業に疲弊し、自由な人生を求めて――と捉えることもできる。

    そんな錦戸には、追い風が吹いているかもしれない。
    「週刊文春」でも伝えられているが、公正取引委員会が芸能界の歪な権力構造や、事務所移籍を制限されるような状況が独占禁止法の規制対象に当たるとして、
    ジャニーズ事務所への調査を始めているという。
    芸能界に長年蔓延っていた慣習がそう簡単になくなるかは不明だが、是正すべき問題であることは確かだ。

    錦戸が歪な権力構造のせいで芸能界を去るという事態になれば、ジャニーズ事務所に批判の矢が飛ぶことは間違いない。
    ジャニーズ事務所も決断を迫られていると言える。

    http://dailynewsonline.jp/article/1722362/
    2019.03.08 07:05 wezzy

    【錦戸亮の覚悟とジャニーズ事務所の決断 「俳優」としての独立はあり得るか】の続きを読む

    1: 2019/03/08(金) 07:34:27.02 ID:AjwDD6dh9
    嵐の活動休止に関する衝撃も冷めやらぬなか、またもやジャニーズ事務所を揺るがすニュースが飛び込んできた。錦戸亮が関ジャニ∞から脱退する意向を固めたというのだ。
    現在はジャニーズ事務所からの退所に向けた話し合いも進んでいて、夏までには結論が出る予定だという。

    「週刊文春」(文藝春秋)2019年3月14日号によれば、事の発端は、渋谷すばるの関ジャニ∞脱退。
    昨年の渋谷すばる脱退後、残った6人はこれからのグループ活動について話し合いを重ねたが、そのなかで錦戸亮は関ジャニ∞の解散を強く主張したそうだ。

    錦戸亮は<ひとりでも欠けるなら、関ジャニの活動も終えるべきだ>との意見を述べたが、これに横山裕と村上信五が激怒。
    他のメンバーも錦戸亮の提案には乗らなかった。しかし、錦戸亮の決意は固く、事務所の説得にも首を縦に振らない。
    そうした反発を受けて、現在では<一刻も早く追放すべきだ>との声まであがり始めていると伝えている。

    関ジャニ∞は新体制での再起をアピールしていたのだが……

    SMAPが悲劇的なかたちで解散させられ、嵐も2020年いっぱいで活動休止する。
    その後のジャニーズ事務所を支える役割を期待されたのは、嵐に次いで多くのファン数を擁するベテランの関ジャニ∞だ。

    だが2018年7月には渋谷すばるがグループを脱退。
    同年いっぱいをもってジャニーズ事務所からも離れている。また、昨年は安田章大が立ちくらみで転倒し、背中と腰を骨折。
    全治3カ月の大ケガを負っていたことも明かされた。
    このケガの公表と同時に、2017年2月には髄膜種を患って腫瘍摘出の手術を受けていたことも明かされている。

    関ジャニ∞は対外的には、こうした不安要素を「乗り越える」ドラマを提示してきていた。

    2018年7月からは新体制で5大ドームツアーを行い、9月には台北公演も実現させた。

    <本当 本当 夢じゃなくて/終わらない旅を続けよう/難しい事は後にして/始まるんじゃない 始めるんだぜ!!>と歌うシングル「ここに」(9月5日リリース)は、その象徴といえる。

    それだけに、水面下では真逆の動きがあったことに驚きを隠せないが、実は、この「週刊文春」報道前から、メンバーからは微妙に関係がうまくいっていないことを予感させるような言葉が出ていた。
    大倉忠義と安田章大の証言「今も歪みっぱなし」

    3月5日に出版された「音楽と人」(音楽と人)2019年4月号では、関ジャニ∞メンバー全員のソロインタビューが掲載されているのだが、
    そのなかで多くのメンバーが、「現在でもグループのなかで微妙な波があること」を証言し、また、「グループの終わり」を示唆するような発言をしているのだ。

    たとえば、大倉忠義は<嵐が過ぎ去ってひと段落ついたけど、なかなか波は収まらず(笑)、流れに身を任せてる感じです。
    でもこういう時だからこそもっと頑張らなきゃと思うので、グループとして動き出した時、熱量高くやっていければなと思っています>と、“波”を示唆。

    安田章大も<メンバーが減るっていう大きな出来事があって……自分たちがどうなっていくのかを考えながら走っていましたね。
    メンバーの負担も大きかっただろうし、自分自身は身体のことがあったので、再スタートするのは容易じゃないなって実感はすごく強かった>としつつ、このように語っている。

    <今現在もどこか歪みっぱなしのような気がします>

    大倉と安田の言葉からは、シングル「ここに」でグループの再起を高らかに歌ったのとは、また別の状況があることが読み取れる。

    横山裕と村上信五がグループ消滅を示唆するような発言

    「週刊文春」記事では、錦戸による「関ジャニ∞解散」の提案に対し、横山と村上は一際激しい怒りを吐露したとされる。では、横山と村上はどのように語っているのか。

    横山は3月6日にリリースされる42枚目のシングル「crystal」の歌詞にある<僕らは旅人>という歌詞についてインタビュアーに聞かれると、
    <でも旅なんて、いつまでも続くもんじゃないな、と思います。
    形あるものは終わるし、絶対なものなんてないんだな、って。そう思いたくないけど、思わざるを得ないことが多いです。
    考えたくなんかないですよ。楽しく仲間と続けていけるなら、そりゃみんなそうしていきたいでしょ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1722289/
    2019.03.08 06:05 wezzy

    【錦戸亮脱退で関ジャニは解散? 横山裕と村上信五が「グループ消滅」を示唆する思わせぶりな発言】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 16:34:10.56
    ジャニーズ事務所所属の錦戸亮(34)が、関ジャニ∞から脱退する意向を固めていることが、「週刊文春」の取材でわかった。

    「かねてから事務所と協議を進めており、すでに脱退の意思を表明しています。またジャニーズ事務所の退所に向けた話し合いも進んでおり、夏頃までに結論を出す予定です」(錦戸の知人)

    関ジャニから錦戸が抜けることになれば、2005年の未成年飲酒問題で脱退した内博貴(32)、昨年末の渋谷すばる(37)につづく3人目の脱退となる。

    今年1月末に活動休止を発表した嵐に代わり、関ジャニはジャニーズ事務所の屋台骨を支えていく存在と見られていた。
    関ジャニのメインボーカルであり、現在放映中の月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)で主役を務めるなど、グループきっての人気を誇る錦戸の脱退は大きな波紋を呼びそうだ。

    ジャニーズ事務所に対し錦戸の脱退について尋ねたが、期日までに回答はなかった。

    3月7日(木)発売の「週刊文春」では、関ジャニの存続をめぐる横山裕、村上信五ら他メンバーとの確執、ジャニーズ事務所との契約問題、ジャニーズでタレントの退所が相次ぐようになった背景などを詳報している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00010954-bunshun-ent

    【【悲報】錦戸亮が関ジャニ∞を脱退へ】の続きを読む

    このページのトップヘ