6df02ad6



 嵐の松本潤が、1月3日放送の『嵐ツボ』(フジテレビ系)で、コンサートの演出をめぐって1時間激怒したことを明かした。

 2014年開催の『ARASHI BLAST in Miyagi』で、5人がゴンドラに乗ってフライングする演出があった。だが、リハーサルでうまくいかなかったのに、海外から招いたスタッフに緊張感があまり感じられなかったという。本番で実際に動かないトラブルがあり、松本は怒りを隠せなかった。

「緊張感がなかったわけではないけど……海外のスタッフさんが俺らのレギュレーションがわかってなかったんだけど、何かヌルくて…。なのに失敗があったから、本番が終わって1時間ガチギレ! 全然怒りがおさまらないの」


<ネットの反応>
ジャニーズだけじゃなく、どのアーティストもライブやコンサートはそれまでの多くの練習やリハーサルを重ねて、
それをファンに見せることができる場所であり、絶対に100%成功させたい、完璧なものにしたいと考えるのが普通なんじゃないかな
松潤がキレたのもわかるしそれが普通だと思う

松潤にとって故障でファンにみせられないなんて考えられないんだよ。
去年のソースの話と言い、マネージャーや嵐のメンバーから出るネタは面白すぎる。
怒りがみたくて風呂行かなかったとか、散々楽しんできちんと松潤をなだめるところまでケアしてるところとか、本当に嵐はチームワークが良い。
 
いろいろ言われるジャニーズですが
ステージ演出や、エンターテイメントの豪華さは
やはり圧倒的なスケールと技術力だと思う。
ジャニーズ系には行ったことなかった人が
派手でスゴすぎて、他にない衝撃を受けた!
と驚きまくった感想を言ってたのもリアル。
実際、違う歌手が取り入れたことも
ジャニーズは何年も前からやってたな
と思ってしまうようなこともよくある!
ムービングステージなんかは、良い例。

きっとニノは自分がいなきゃこの場が収まらないと判断して風呂に行かなかったんだろうけど、
それをゲキ切れを見たいから…と面白おかしく変えて話すところが実にニノらしい。
次の日にもまだライブが有るしスタッフとの連携を考えると冷静な誰かが居ないとダメなわけで。
咄嗟のチームプレイが素晴らしいと思う。
ここまでこだわって、やっとあの圧巻なライブになるんだと納得しました。
 
いい加減にされては困るということでしょう
下手したら怪我や事故もおきますからね
そこにはお金と時間をかけていろんな所から
来ているし人もたくさんいるしその時だけの
大切な時間を楽しみにしている人がたくさんいるのだから!
人によってはそれが初めてのライブや
最後のライブかもしれない…
まさにやったことないからできないとか
プロとしてはどうなのと言う思いから
どうしても許せなかったんでしょうね。
 
松潤はファンのために毎回毎回新しいこと考えてくれて凄いと思う。
「松潤がキレた」ってエピソードを上手く笑いに持って行くニノも流石ですね。

そのコンサートに行っていました。前日のワイドショーでゴンドラがある事を知り、楽しみにしていたのに、
故障で動かず急遽アリーナへのトロッコ?フロート?に変更になり、天井近くのスタンド席だったので、
その時はガッカリしました。でも飛んでる途中で故障するよりは良かったと思ったし、それはそれで思い出になったけど‥。
今回その事で1時間も怒っていたことを知り、なんだか少し報われた気持ちになりました。
 
こういうプロ意識の高さがジャニーズの絢爛豪華な舞台を支えている要因なのかも。
より良いステージに挑戦する姿勢は観客にダイレクトに伝わるからね。
 
それだけ真剣じゃないとあんな舞台は作れない
嵐さんじゃない他のジャニーズさんのステージだけど、それはそれは素晴らしい
多くの人を虜にするだけの実力も価値もある
近くでタレントさんが見た胃とか、そう言うんじゃない全体の雰囲気や力がすごい
散々悪く言われるジャニーズだけどあのステージを見たら何かが変わると思う

切れるのは当たり前だと思います。そんなことも微笑ましい話にしてしまうところが、嵐ですね。
嵐のライブには驚きました。
歌える、踊れる、オーラがすごい。
よくテレビのあとでどこまでが生歌とか騒がれるけど、そんなの関係無くなる、圧倒的なものがありますね。
演出とそれをこなす力量、歌声、ハーモニー、ソロ、とにかく全部が想像を越えていました。