ジャニーズJr.・安井謙太郎の初主演映画『ニート・ニート・ニート』が23日から公開された。メガホンを取った宮野ケイジ監督は安井を抜てきしたきっかけを「“ギラギラした”雰囲気を放つ安井君が目に留まった」と明かした。

 宮野監督は安井にオファーした理由について「キャラクター的にも“兄貴肌”だと知り、その輝きに反して、折り合いのつかない苦悩や苦労があるのではないかと、主人公の資質が見え、主人公・レンチを背負えるかもしれない」と説明。さらに安井がパーソナリティを務めるラジオ音源も耳にして、どのように言葉を発するかも確かめながら、レンチのイメージを膨らませていったという。


<ネットの反応
彼らをもっと仕事あげて欲しい

ほとんどの方が誰って思ったでしょうね。
 
デビューして欲しい。