images



ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「大好きなジャニに会いたいけど、チケット外れちゃった……」

「それならエキストラをやってみたら?」

 ジャニヲタなら、一度や二度はこんな会話をしたことがあるはず。なかなか会えない自担と“仕事”できるエキストラは、ヲタにとって大チャンス!

エキストラとはいえ、あくまで立場は演者のひとり。ファンやお客さんではありません。ここをしっかりわきまえないと迷惑になってしまいます。具体的には、指定と違う目立つ服装をしてきたり、興奮して騒ぐなどは論外です。もちろんタレントさんに握手を求めることも厳禁。

また、撮影現場で見聞きしたことをSNSで拡散したり、盗撮や密録なんてもってのほか。ルールを守って作品に協力する気のない人は、参加を慎むべきですね」

 先日、私の友人も中島健人さん主演映画のエキストラをしてきたそうで、うらやましくてなりません(笑)。目をこらしていると“エキ募集”はけっこうありますから、「これは!」と思うものがあったらぜひチャレンジしてはいかがでしょう?

 もちろん、ルールはしっかり守りましょうね!

以下全文