post_23107_1



嵐の二宮和也(34)が主演するTBS系日曜劇場「ブラックペアン」(後9時)が佳境を迎えている。

「失敗したら、共々死ね」―。二宮演じる渡海が、自身の母の手術に難航する高階権太(小泉孝太郎)に向けたセリフだ。自身は手術成功率100%を誇り、腕のない医師を忌み嫌う。傲慢な言動で医局内でさまざまな軋轢(あつれき)を生み出すさまを、巧みな表現力で見事に演じきっている。

 「渡海が常日頃、掲げているプライド、責任の高さは、割と僕にとって普通のことだったりすると思う。すごくきつく聞こえるけど、結局そこが正論だよねって。自分も、これを言うと傷つけてしまう恐れがある正論だったら選択しないけど、基本は正論で動いているところもある。ウソになったり、嫌みになったりしないように慎重に言葉は選んでいますけど、割と普通に演じています

以下全文

<ネットの反応>
ジャニーズも大所帯でいろいろ大変だけど、頑張っている人がお茶の間を楽しませてくれるといいな。

ニノの作品が好きだ。ドラマや映画、歌やバラエティも、ニノはホントに二宮和也のプロだなぁと思う。
どんどん後輩が出てきて、応援したり盛り上げてあげる立場になってきたんだろうけど、まだまだ嵐がトップだ!って走ってほしいなぁ。

ブラックペアンが、いい。
二宮和也に役者として、天賦の才を感じる。
孤高の表現、中居くん演じた『白い影』の直江先生に通ずるところもあり、竹内結子演じた志村看護師のような人がいるといいのにな、と、ふと思う。
ともあれ、明日が楽しみ。

はじっこにいて、時々皮肉を言う、、、ニノのイメージ
しかし、よく他人を見ていて、ちゃんと大好きな人、大切な人を守ってくれるのが、ニノの良さでもあると思います
役者としては、もう少し背が欲しいけど、存在感は背の高さを越えて見えるし、感情の抑揚を出すのが上手い
下町っ子らしい東京弁も好きです
ブラックペアンの主役でありながら、スパイスでもある、、、よい役をもらったなぁ~

松重豊が言っていたけど、この人は脇役を意識している。いつまでも主役は務められないから、
降りたあとのことも考えているんだろうね。主役はそのための勉強かもしれない。

いろんな役をこなすニノですがフリーター家を買う…の母にハンドクリームをぬるニノが好きでしたね。これからもずっと応援しています。

ジャニーズの人たちって若作りをずっと維持しなきゃいけないわけだけど
トウが立ってきて若作りに陰りが出てきたときどうするか
いままさにそういう前線に入るキムタクを含め
どういう変化ができるのか、注目している

すごくしっかりしてる
ちょっと見直した

いつかニノが作った映画を見てみたいですね。
デビューしてから、1年も欠かさずにコンサートを続けてこられた。
これって、やっぱすごいことですよね。
続けることの大変さ。
コンサートに関しては松潤に1番に尊敬ですけど。
嵐の5人に感謝。
20周年のコンサート楽しみにしています。

ニノがインタビューで語る言葉が好きです。
必ず、ドラマや映画の、雑誌のインタビューでは
「個人の仕事で嵐に還元できない仕事はしない」
「ジャニーズだから、嵐だから、仕事をもらえてるし、そのことに感謝してる」と言っているし、
ハワイでコンサート中に肉離れになっても最後まで踊った時、「お客さんには、時間にお金を払ってもらってると思ってるから、
僕らの勝手な都合で、できませんと言われたら、俺だったら嫌だもんね。」と言っていたのが印象に残っています。

ニノの言葉から、自分はアイドルだから、と常に考えて仕事をしているのが分かります。
ファンとして、最近では吉永小百合さんや滝田洋二郎監督がニノがいないラジオで褒めていたのがすごく嬉しかったです。