興行通信社が24日に発表した全国映画動員ランキングでは、生田斗真主演の映画『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』が2週連続で1位を獲得した。同作の土日2日間成績は動員17万7,155人、興行収入2億3,577万1,300円を記録し、前週動員比 84パーセントと好推移。累計動員62万1,758人、累計興収8億507万3,300円を突破した。


公開10週目の『永遠の0』は先週に続き2位。累計動員636万9,001人、累計興収78億2,296万2,500円。3位にはKis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔主演の『劇場版 仮面ティーチャー』が初登場。全国138スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員8万5,074人、興収1億917万9,300円を記録した。同作 の客層は女子中学生グループを核に、高校生~40代までの女性層が中心。小中学生の親子連れでの観客も多い。

 公開4週目の『抱きしめたい -真実の物語-』は前週興収比83.2パーセントで4位。累計動員98万5,271人、累計興収11億6,925万4,450円。ジャニーズ事務所の所属タレントの主演作が上位4作品を占めている。

 人気シリーズ第2弾『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』が5位に初登場。全国215スクリーンで公開された同作は、土日2日間で動員5万 8,073人、興収7,832万2,600円を上げた。『エージェント:ライアン』は6位。公開5週目の『小さいおうち』は7位。出演者の黒木華がベルリ ン国際映画祭で最優秀女優賞を獲得したことも話題となり、先週の10位から3ランクアップで累計動員は87万385人、累計興収は9億1,538万 9,200円となった。先週末の土日興収は前週比166パーセントと飛躍的な伸びを見せた。

 公開3週目の『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』は8位。累計動員26万3,475人、累計興収3億9,673万5,000円。公開3週目の『ラッシュ/プライドと友情』は9位。『大統 領の執事の涙』は10位。口コミが広がっている同作は、前週土日の興収比が91パーセント。累計動員12万9,970人、累計興収1億4,818万 2,300円となった。平日も高稼働であることもあり、さらなる広がりも期待される。公開4週目の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は11位。

 今週末は『ホビット 竜に奪われた王国』『魔女の宅急便』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『マチェーテ・キルズ』『ありふれた事件』『愛の渦』『ラヴレース』『家路』『猫侍』『グロリアの青春』などが公開予定となってい る。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


おすすめサイト記事



ポチっと押してやってください→BlogRanking

参照元: