2016年01月

    1: 投稿日:2016/01/13(水)08:18:30 ID:ZaZ
    木村→東山ポジ
    中居、草なぎ、稲垣、香取→番組降板、仕事減少


    本気で考えたけどこんなもんやろ

    【SMAPの今後予想してみた】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/01/30(土) 00:17:22.92 0.net
    ヤバイ
    no title

    【【画像】嵐、櫻井翔の上半身wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/01/29(金) 20:41:11.81 ID:kPkW+mEpaNI
    48Gでいえば研究生総動員みたいな感じか

    【ジャニーズJr. 人数多すぎだろ・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮がジャニーズの先輩に言いたいことwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/01/29(金) 02:37:40.15 ID:gprN9WNOa.n
    思い出せん

    【KinKi Kidsの二人が出てるドラマで感染病にかかって無人の街に閉じ込められてサバイバル生活するのってなんだっけ?】の続きを読む


    【【生誕祭】本日1月31日はHey! Say! JUMP・薮宏太さんのお誕生日! おめでとおおおおおおお】の続きを読む


    【【生誕祭】本日1月31日はSMAP・香取慎吾さんのお誕生日! おめでとおおおおおおお】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/01/30(土) 17:18:54.25 ID:CAP
    ◆MステのジャニーズJr.転倒続出でツイッターに悲鳴

    29日にテレビ朝日系で放送された「MUSIC STATION」(金曜・後8時)に出演した、
    「勝利&健人 with ジャニーズJr.」のパフォーマンスで、ローラースケートでの転倒が相次ぎ、
    ツイッターにファンの悲鳴があふれた。

    帝国劇場で27日まで行われていた舞台「ジャニーズ・ワールド2015-2016」の世界をスタジオで再現するという企画で、
    Sexy Zoneの佐藤勝利(19)と中島健人(21)が、同舞台に出演していたジャニーズJr.80人を引き連れて出演。
    舞台のエンディングで歌っていた「Hi Hi JET」を披露した。

    しかし、曲が始まってすぐに、佐藤や中島が歌う後方に登場したローラースケートを得意とする
    4人組ユニット「Hi Hi Jet」の猪狩蒼弥(13)が、床の表面に滑るようにして転倒。

    その後も同様に、同グループの井上瑞稀(15)、橋本涼(15)も転倒、羽場友紀(15)もふらつく姿がテレビに映った。

    ツイッターでは「舞台では転んだのを見たことないのに、猪狩くんどうしたの?」
    「とりあえず、床が滑りやすかったことは把握した」「これ、悔しくて絶対泣いてるよね」などのつぶやきが殺到。
    この日は80人のジュニアが出演していたため、Hi Hi Jetのファン以外からも嘆きの声が続いた。

    猪狩は、家族がローラースケートチームの指導などをする環境で育ったため、中学1年ながら腕前はプロ級。
    帝国劇場のステージでは転倒することはほとんどなかった。
    この日の床はよほどローラー向きではなかったようで、エンディングではローラーシューズを脱いで
    靴下でポーズを決めていた。

    スタジオの床は通常、使用する番組によってパネルやシートで張り替えられる。
    この日はカラフルな衣装のイメージに合わせたのか、床はカラフルな色やきらきら光るシルバーなどに装飾されていた。

    Kis-My-Ft2などローラースケートを武器とするグループの場合、
    そのために滑りにくい素材を使用するとみられるが、この日はそこまでの対策はとられなかったようだ。

    それだけに「今後は床に合わせてローラーの抵抗を上げるやすりとか粉とか、何か対策を取ってほしい」との冷静な意見も。
    また、AKB48の演出で使われたスモーク用のドライアイスで床面が湿っていたのではないか、との声もあがっていた。

    それでも、ジャニーズJr.のユニット、Snow Manのアクロバット、Mr.KINGのバトン、
    Snow ManとSixTONESによるフリースタイル・バスケットやファンカション、
    佐藤や中島も加わってのイリュージョンなど他のパフォーマンスは大成功。

    ギネス記録を持つジャニー喜多川社長(84)らしい演出で、ジャニーズらしいショーを披露。
    出演していた氣志團の綾小路翔は「俺もジャニーズになりたいです」と圧倒された表情で話した。

    ツイッターにはその後、「帝国劇場の2時間半が5分に凝縮されていて泣いた」
    「これぞジャニーズ!こういうのが見たかった」「SMAPのもやもやが吹き飛んだ」などの声があがっており、
    SMAP騒動で暗くなりがちだったジャニーズ・ファンを元気づけたようだった。

    スポーツ報知 2016年1月30日14時17分
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160130-OHT1T50035.html

    【MステのジャニーズJr.転倒続出でツイッターから悲鳴】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】大野、新ドラマヒロインをおもてなし】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/01/30(土) 12:38:39.18 ID:CAP
    【崩壊SMAP25年目の真実(13)】SMAP分裂騒動の源流となった「禁句」――。
    解散こそ回避できたものの、SMAP解散騒動はいまだ芸能界やテレビ業界を揺らし続けている。
    さらに、近く移行するであろう藤島ジュリー景子副社長(49)をトップとするジャニーズ新体制にも暗い影を落としている。
    25年間、最前線で活躍を続けてきたSMAPをこれほどの窮地に追い込んだ、そもそものキッカケはいったい何だったのか。
    本紙の取材で判明したのは、ある幹部が放ったエキセントリックな「決して言ってはならない言葉」だった――。

    今回の騒動の幕引きを図るため身を引いたSMAP育ての親のマネジャー・I女史(58)。
    ある業界関係者は「近い人には『自分は芸能界からいなくなるが、4人をよろしく』とお願いしているそうです。
    それに、まだ家にも帰れない現状と漏らしているようです」。

    もともとこの騒動の発端となったのは、ジュリー氏とI女史が候補と目されたジャニーズ事務所の後継者問題といわれている。

    「社長のジャニー喜多川さんが『あの子はボクが作ったグループをダメにしちゃうから』と
    ジュリーさんのマネジメント能力を買っていなかった。その代わりにほれ込んでいたのがI女史の手腕でした」とはある芸能プロ幹部。

    確かに、SMAPでバラエティー番組もこなせるアイドルグループという路線を確立したのをはじめ、
    個々のメンバーの魅力的な見せ方や、番組枠を獲得する手腕はさすがのひと言に尽きた。

    「その後、任された『Kis―My―Ft2』や山下智久など、すべてが成功したわけではないですが、
    キスマイにブサイクなんだからと番組タイトル(キスマイBUSAIKU!?)にしてまでバラエティー路線を歩ませ、
    大成功に導いたのはI女史の手腕でしょう」と同関係者も話す。

    バックにジャニー社長が付き、多くのテレビ局にも多大な影響力を持ったI女史。
    一時期はジャニーズの後継者はI女史ではないかという声が高まったこともあった。
    すると当然、おもしろくないのはジャニー氏の親族ジュリー氏だろう。そのジュリー氏が5年前の秋に“決定的なひと言”を放っていたという。

    「後継者問題が水面下でいわれ始めた2011年の秋口でした。
    ジュリーさんがマネジメントしていたタレントのスタッフが、I女史管轄のタレントを掛け持ちしていたことがあったんです。
    ジュリーさんはそのスタッフを呼びつけてこう言ったんです。『アンタもどっちに付くか決めなさい!!』。
    そのひと言でジュリーさんにとってI女史が“目の上のたんこぶ”だったことが、広く知れ渡ってしまったんです」(同関係者)

    事務所内に敵対する2つのグループがあることを明白にしたのはジュリー氏本人だったのだ。

    一方のI女史にすれば「売られたケンカ」だったのかもしれない。

    実力もあって業界からも一目置かれているI女史が目障りで、それが今回の“追放劇”にまでつながったことは間違いない。
    そんなジュリー氏が、近く社長に就任しようかというのが今後のジャニーズの流れだ。
    事務所内での争いに終止符が打たれ、これでジャニーズも安泰との報道もあるが、
    そう単純でもない。むしろ、今回の騒動が会社の屋台骨を揺るがしかねないとの見方もある。

    「I女史がやってきたタレントのプロデュースをジュリーさんができるのか、ということです。
    嵐を国民的アイドルにまで押し上げ『Hey!Say!JUMP』を“第2の嵐”とまで言わせるようになったその手腕は見事なのでしょうが、
    SMAPのように、長期間、メンバーそれぞれを売れるのか、との疑問はまだ残ります」と別の芸能プロ幹部。

    当然、ジュリー氏の周囲にも有能なスタッフはいるだろう。それでも前出の幹部は「やっぱり何かと仕事を持ってきていたのはI女史です。
    それにグループを一から育てるプロデュース能力はI女史ならでは。稀有(けう)な存在だったんです」と強調する。
    I女史が抜けた穴は、ジャニーズにとって決して小さくはないようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000003-tospoweb-ent
    東スポWeb 1月30日(土)7時20分配信

    【SMAP分裂騒動の発端は「決して言ってはならない言葉」だった】の続きを読む

    このページのトップヘ