1: 2020/04/02(木) 22:35:55.58 ID:/kZ0xXiK9
    今年1月のメジャーデビュー以来、快進撃を続けているジャニーズの人気アイドルユニット『SixTONES』。4月7日には『バナナサンド』(TBS系)にゲスト出演する予定だったが、突如として予告映像から存在が消え、ネット上でさまざまな憶測を呼んでいるようだ。

    『バナナサンド』は、お笑いコンビの『バナナマン』と『サンドウィッチマン』がMCを務めるトークバラエティー。テレビ雑誌などの情報によると、4月7日の放送では「SixTONES」から通称〝J2〟コンビと呼ばれるジェシーと田中樹が出演することになっていた。

    しかし3月31日の『バナナサンド』で放送された予告映像では、俳優の綾野剛がゲストとして紹介されており、「SixTONES」の名前は消滅。突然のゲスト変更に対して、ファンからは、

    《何で急に? コロナとか不祥事とか不安過ぎる》
    《バナナサンドのゲストがJ2から綾野剛になってる。やめて……怖い》
    《いきなり名前が消えるって何やらかしたの。まさか文春砲でも来る?》
    《今すぐにでもJ2の安否確認とバナナサンドの件の詳細が知りたい……》

    など、不安の声が続出している。

    https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9583629

    【【 SixTONES 】番組出演が“突如取り消し”でファン騒然「まさか…怖い」「文春砲?」「コロナ?」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2020/04/03(金) 15:46:06.05 ID:V0e38RU49
     タレント山瀬まみ(50)が3日、TBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」に生出演し、前日に行われた日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」(土曜19・00)の収録の様子を明かした。

     番組は今後も志村さんの名を残したまま継続する。山瀬は「『志村どうぶつ園』って、志村さんの名前が入った番組だから、守っていきたいなって、昨日はみんなで決意を新たにしたところです」と、出演者同士で誓い合ったという。収録もいつになく力が入ったようで、特に「飼育係」という肩書で出演している嵐・相葉雅紀(37)は気合満点だったという。山瀬は「園長不在という非常事態だけど、相葉くんの気合とかも本当に(すごかった)。『僕が頑張ります!』みたいな。だから、みんなちょっと肩に力が入りすぎて、震えてるくらいな感じだった」と話した。

     一方の山瀬の肩書は「園長秘書」で、「秘書、無職になっちゃった」と寂しそうに話していた。

    2020年04月03日 11:50
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/03/kiji/20200403s00041000116000c.html

    【山瀬まみ、志村さん死去後初「志村どうぶつ園」収録模様明かす「相葉君の気合が…」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2019/01/29(火) 17:41:39.078 ID:xo9rvH4i0NIKU
    *1位 973,310枚 週間1位 1999/11.03 「A・RA・SHI」
    *2位 881,192枚 週間1位 2013/03/06 「Calling/Breathless」
    *3位 828,952枚 週間1位 2016/05/18 「I seek/Daylight」
    *4位 707,030枚 週間1位 2010/05/19 「Monster」
    *5位 701,686枚 週間1位 2010/03/03 「Troublemaker」
    *6位 693,869枚 週間1位 2010/11/10 「果てない空」
    *7位 662,801枚 週間1位 2009/03/04 「Believe/曇りのち、快晴」
    *8位 659,061枚 週間1位 2008/08/20 「truth/風の向こうへ」
    *9位 650,102枚 週間1位 2012/03/07 「ワイルド アット ハート」
    10位 647,391枚 週間1位 2011/11/02 「迷宮ラブソング」    

    【嵐 CDシングル売上TOP10の曲、当然お前らは全部知ってるよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2019/02/01(金) 15:36:40.151 ID:YM/qEvlX0
    ブレーキ=大野
    だよな

    【嵐を車に例えると エンジン=相葉 ハンドル=櫻井 タイヤ=松潤 ボディ=二宮】の続きを読む

    このページのトップヘ