1: れいおφ ★ 2013/04/05 10:26:52
    アイドル誌『Myojo』(集英社)で今年最初の号の表紙を飾ったのはジャニーズJr.だった。
    デビュー前のJr.が表紙になるのは同誌にとってもの珍しいこと。安藤拓朗編集長はこう言う。

    「今年はJr.が来る、という予感と、読者への宣言です。ブームのきっかけのひとつに
    『バカレア』がある。いつの時代も魅力あふれるJr.がいますが、特別なファン以外の目に触れることは
    なかなかなかった。バカレアのおかげで魅力あるJr.が大きくクローズアップされました」

    昨年、日本テレビの深夜枠で放送されたドラマ『私立バカレア高校』でメインを張った6人のJr.が
    大注目を集めた。彼らが”バカレア組”。
    田中樹(17)、ジェシー(16)、森本慎太郎(15)、京本大我(18)、松村北斗(17)、髙地優吾(19)の6人だ。

    同ドラマの植野浩之プロデューサーは言う。
    「身長が高く、線が細すぎないコたちを選び、彼らの得意とするアクションをやってもらいました。
    ”Jr.=かわいい”というイメージを裏切り、”かっこいい、男っぽい”という魅力が全面に出たことで、
    幅広い年齢層、男性にもファンを増やせたのでは。
    現場では”あいつには負けたくない””ここから一歩抜け出したい”という会話が普通にされています。
    他のメンバーをライバル視して、それを公言しているんです」

    http://news.livedoor.com/article/detail/7565598/

    【ジャニーズJr.ブームのきっかけ!”バカレア組” ドラマP「身長が高く、線が細すぎないコたちを選んだ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/07/12 00:37:04 ID:n58JriCJ
    秋元アナ 第1子女児出産…8月下旬出産予定「予定より早くて慌てた」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000045-dal-ent

    昨年12月25日にフジテレビの生田竜聖アナウンサー(25)と結婚した同局の秋元優里アナ(29)が11日午前3時20分、
    都内の病院で第1子となる女の子を出産した。2927グラム。母子共に健康。今年2月末に、「8月下旬に出産予定」と発表
    されていた。
    秋元アナは11日、フジテレビを通じて出産を発表。「予定より早くて慌てましたが、無事に力強い産声を聞かせてくれました」
    と早めの出産を報告した。

    【ジャニーズJr.生田斗真(28)の姪、1.5ヶ月早産】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11 19:55:38 ID:pqo0YguQ0

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11 19:56:42 ID:3pzBGITP0
    男も混ざってる?

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11 19:57:04 ID:LrxXZjLF0
    アッラー
    【【画像】ジャニオタがすごすぎると話題にwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 10:55:31 ID:Rqk2yI0z0
    何か違うんだなあ

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 10:56:28 ID:PcTczhh90
    でもいい匂いがするだろう?

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 10:58:05 ID:Rqk2yI0z0
    >>2

    香水はだめだと思うから匂いは特に感じなかったよ
    【学校でジャニーズJr.の同級生とすれ違った時に気づいたよ】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10 11:14:27 ID:S9pfT62O0
    ライブとか行くレベルで好きな奴

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10 11:15:25 ID:P3mciA+tP
    ジュニアだとたまに可愛いの居るし
    まあライブまではいかないけど

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10 11:43:09 ID:nDfvfXHd0
    俺の弟が割と好きだな
    【ジャニーズ好きな男いんの?】の続きを読む

    このページのトップヘ