1: チェーン攻撃(兵庫県) 2013/09/11 23:05:09 ID:9fSIVY5C0
    4位転落フジテレビだけがウハウハ状態 民放テレビ局「五輪」裏事情
    http://npn.co.jp/article/detail/86371021/
    2013年09月11日 20時01分 提供:週刊実話

     東京五輪開催決定に日本中が沸く反面、意外にも浮かぬ顔をしているのがテレビ界だ。
     「ソロバンを弾いて満面の笑みを浮かべているのは、3000億円の収入が入ると噂される大手広告代理店の電通や博報堂だけ。
    確かに、表向きは民放各局のCM収入は増えるが、その分、莫大な放映権料が発生するんです。200~300億円とも囁かれており、
    下手すれば年間の売り上げが吹っ飛ぶ額。皮肉だが、潤うのはカラーテレビが飛ぶように売れた1964年の東京五輪のように
    テレビ製造業に関連する企業だけ。ハイビジョンを凌駕する4K・8Kテレビなどがバカ売れするはずだ。
    テレビ局は高額な放映権料が足かせとなって、そんなに利益は生まれない」(経済アナリスト)

     さらに、早くも7年後を見据えてアタフタと慌てているのが制作現場だ。
     「業界全体の景気は良くなるが、少ないパイを奪い合って勝ち組と負け組もハッキリする。どのテレビ局が何の種目を
    放映するのかによって視聴率が違ってくる。人気の水泳、マラソン、体操などには各局が手を挙げるため、
    最後はクジ引きで各局の運命が決まってしまうんです。視聴率が取れなければ、ドヤされるのは現場。
    今後の出世にも影響するため、担当プロデューサーやディレクターは正直冷や冷やモノ」(局関係者)

     またNHK以外、制作現場は慢性的な人手不足にも悩まされているという。
     「リーマン・ショック以降、各民放テレビ局は採用人数を減らし、制作現場からも制作会社スタッフをリストラした。
    とにかく今の制作体制では東京五輪中継を成立させるのは本当に厳しい状態。'14年から新人採用を増やすと社は言っているが、
    どこまで本気か分からない。結局、中堅管理職がババを引く」(某スポーツ番組プロデューサー)

    https://si0.twimg.com/profile_images/888335635/fujitv_logo.png
    >>2以降に続く

    【東京「五輪」裏事情:4位転落フジテレビ躍進の起爆剤に? 看板女子アナ問題…「AKB48」対「ジャニーズ」?】の続きを読む

    1: 学生さんは名前がない 2013/07/18 14:19:00 ID:bEUaqk320
    全盛期を基準に

    KinKi Kids
    タッキー&翼
    KAT-TUN
    少年隊
    SMAP
    NEWS
    男闘呼組
    SEXY ZONE
    忍者
    TOKIO
    光GENJI
    しぶガキ隊
    V6

    Hey! Say! JUMP
    関ジャニ
    たのきん
    キスマイ
    ABC-Z

    異論反論は認める

    【ジャニーズのグループをイケメン順に並べてみた】の続きを読む

    1: スターダストプレス(兵庫県) 2013/09/10 20:55:52 ID:acmxnusw0
    ジャニJr.と人気アイドル熱愛騒動の裏 ジャニー社長がクビにしなかった理由
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130908/Bucchinews_663.html
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130908/Bucchinews_663.html?_p=2
    ブッチNEWS 2013年9月8日 11時00分 (2013年9月10日 20時10分 更新)

     国民的女子アイドルグループAの姉妹グループ・SのMとの熱愛お泊まり写真を『週刊文春』にスクープされてしまった
    Jr.内ユニットSNOW MANの深澤辰哉。記事によるとふたりの交際は約1年前からで、お互いの家族も公認の仲。
    Mが両親と暮らすマンションで深澤がお泊まりするなど、月に2回ほどのペースで密会を重ねてきたという。

     その男前なキャラクターで“イケメンガール”として人気を集めているMだけに、この熱愛騒動はファンにとっても
    衝撃が大きかったようだが、実はFがAメンバーに手を出したのはこれが初めてのことではない。

    「深澤はかつて、同ユニット所属の親友・渡辺翔太の紹介で、元AのOと交際していたことがあるんです。
    渡辺はAの肉食系女Sと高校の同級生で仲が良く、そのころはJr.とAのお食事会(合コン)を頻繁に企画していましたから、
    誰と誰がくっついたとか、こっそりヤってた…とか、けっこう近いところでドロドロしてたんですよね。
    深澤も例外ではなく、Oと交際中に(現チームBの)Fにも手を出しちゃっていろいろモメたみたいですよ。
    まぁ、Oの方もすぐに平成生まれグループHのAに乗り換えていたからどっちもどっちですけど(笑)」(3年前まで事務所にいた元Jr.)

     今回スクープされたMも、肉食系女Sや親友・Kのすすめでこの食事会に積極的に参加していたものの、
    その性格ゆえかすぐに誰かと交際に発展することはなかったという。

    「ノリが悪いわけじゃないんだけど、他の女の子たちみたいに軽く手を出せるタイプじゃなかったですね。
    付き合うなら真剣に…ってムードを漂わせていたし、ちょっと重いなーって」(同)

     その後、MはSNOW MANのメンバーらと友達として交流を続け、時間をかけて深澤と恋人関係へ発展したという。
    プレイボーイだった深澤も最近では心を改めたのか、一途に彼女を想っているということだ。

    http://images.star-pedia.com/big/2012515/CLONUZVHYQ.JPG
    >>2以降に続く

    【【AKB】SNH宮澤佐江(23)を喰ったジャニーズJr深澤辰哉(21)、元AKBの「O」と現チームBの「F」も喰っていた】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/09/11 06:30:34
     「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(20)が主演する日テレ系
    人気ミステリードラマの最新作「金田一少年の事件簿 
    獄門塾殺人事件」が来年新春に放送されることになった。

     山田版「金田一―」が再び帰ってくる。今年1月に放送され好評だった前作
    「―香港九龍殺人事件」に続き、主人公・金田一一(はじめ)役を演じる
    山田は「1年ぶりに演じるということで、感覚を取り戻している最中です」と話す。

     今作は、一や川口春奈(18)演じるヒロイン・美雪がスパルタ予備校
    「獄門塾」に入塾。マレーシアのジャングルでの強化合宿中に
    連続殺人事件に遭遇し、謎解きが始まっていく。

     開局60周年記念番組にふさわしく、マレーシア最大の
    テレビ局「Media Prima」との共同制作が決定しており、
    海外ロケも行われる。

     「―JUMP」の有岡大貴(22)、元台湾グループ「飛輪海」
    (フェイルンハイ)のメンバーでブルネイ人俳優のウー・ズン(33)など
    前作のキャストも続投。

     また獄門塾の教師を北村一輝(44)が、一に推理勝負を挑む
    ライバル・高遠遥一を成宮寛貴(30)が演じ、パワーアップした
    「金田一―」になりそうだ。

    ソース:スポーツ報知
    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130911-OHT1T00053.htm
    画像:no title


    no title

    no title

    no title

    【Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演する日テレ系「金田一少年の事件簿」が新春に復活】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/09/11 05:46:47
     アイドルグループ「NEWS」が15日に結成10周年を迎えるのを記念し、
    新曲「愛言葉~てをひいて~」のライブ映像が無料でストリーミング配信される。
    同日午前0時から24時間に限り、所属レコード会社ジャニーズ・エンタテイメント」の
    ホームページで。

     1曲全てをネットで配信するのは、ジャニーズ事務所
    所属の歌手、グループでは初めての試み。

     メンバー自ら作詞、作曲した新曲を、7日の東京ドーム公演で
    6万5000人のファンに披露した模様が配信される。

     NEWSは7、8月には東京・秩父宮ラグビー場を皮切りに
    神戸、札幌、仙台、福岡、大阪、名古屋の7都市を巡るツアーを行い、
    23万2000人を動員した。(共同)

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130910/joh13091018010001-n1.html


    【ジャニーズ初の試み!NEWS結成10周年で映像配信】の続きを読む

    このページのトップヘ